0117 再度懲戒請求へ詐欺事件アラカルト

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、こんばんわ。今日は天気が悪いね。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

コメント1  再度懲戒請求へ

明らかな既成の不法行為のみを懲戒請求事由とするので、不当なとか知らないとかは理由にならない。ブログにひな形はあげるが、参考あるいはダウンロードして懲戒請求するか否かは個人の自由である。

 とりあえずは刑事告発している弁護士を対象とする。

 しかし、北星学園で原告募集した際、弁護士以外は300人しか集まらなかったよな。

まあ、佐々木亮、北周士、嶋﨑量、そのた悪徳弁護士のみなさん。心配無用だよ。

君たちの脅しは充分効いている。懲戒請求でこれだけの裁判をぶっかけられたら、みんなビビってやらないよ。

 東京弁護士会も神奈川県弁護士会も日弁連もみな友達だろう。また、「懲戒請求制度は弁護士の非行を糾すものだ」「犯罪は非行ではない」と言って守ってくれるだろう。

 懲戒請求対象弁護士は全員が複数の懲戒事由を抱えている。現時点ではまったく問題はないが、事由ごとに処理と除斥期間、消滅時効が違うので、個々に「余命特設ページ告発用紙リンク」で確認していただきたい。

コメント2  詐欺罪の民事の賠償請求権の消滅時効期間は3年

①損害賠償請求権の消滅時効は損害および加害者を知った時から進行する。

詐欺罪の被害者は、事件から20年以内で、損害および加害者を知った時から3年以内であれば、詐欺罪の加害者に対して損害賠償を請求できるということになる。

 これに対して、詐欺罪の加害者は、事件から20年が経過するか、詐欺罪の被害者が損害および加害者を知ったのち3年が経過すれば、損害賠償の請求を受けないということになる。

②詐欺罪の民事の時効期間は何年?いつから進行するか?

消滅時効

民事  損害賠償請求権の消滅時効

起算点 損害および加害者を知った時から進行

期間  3年

効果  被害者は損害賠償請求できない

詐欺罪の慰謝料は、詐欺罪の民事の賠償請求権と同じ意味で使われる。

詐欺罪の慰謝料請求権の時効期間は、詐欺罪の民事の賠償請求権の消滅時効期間と同様に3年である。

③詐欺罪と罰則

 詐欺罪の懲役刑の相場は、事件によってさまざまである。

詐欺罪の懲役の法定刑は、刑法によって懲役10年以下と定められている。要するに一つの詐欺罪の懲役刑は懲役10年を超えないということである。

 ただし、複数の詐欺罪を1回の裁判で扱った場合や、前にも詐欺罪で有罪になったことがある場合は更に長い刑になることがある。

 初犯で被害金額が小さい場合は、詐欺罪で有罪になっても執行猶予が付くことが多いが、

社会問題化している懲戒請求に関係する詐欺事件ということから、いろいろな意味で社会的な影響が大きいのと、当事者が弁護士、それも集団ということであるから、まず執行猶予はつくまい。振り込め詐欺などと同様の特殊詐欺であり、悪質であるから、初犯であっても懲役実刑になる可能性が高い。

コメント4 三宅雪子のインタビュー記事から

・日弁連としては、2017年12月25日の会長声明以来、外向きの発表はしていない。今後する予定は今のところもない。

・この大量懲戒請求について、訴訟の提起など特段のアクションの予定はない。

・懲戒請求制度の見直しの予定はなし(その後、内部からの声で話し合いは持たれているようだ)

・懲戒請求をする人に相手(弁護士)に名前が通知されることを記載するなど周知したらどうか?=特にコメントなし

「インタビューは答えてくれないよ」と事前に聞いていたが、思ったよりは丁寧な対応だった。

しかし……ここまでの事態になっても日弁連は動かないのか、と驚く。会員の弁護士らに何かあっても守ってくれない。このような弁護士会という組織には多くの問題があるように感じた。しかも、日弁連は加盟していないと事実上弁護士活動ができないので、入らないという選択肢はない。

.....日弁連は必死に動いてるよ。メディアも神原元裁判での和解者情報はすべて把握しているよ。だけど知っていても公開はできないでしょ。知らないのは三宅さんあなただけだよ。余命だって知ってるよ。

コメント5  懲戒請求書がアップされた

告発事由は実際のリンク先懲戒請求書に記載されている。

住所氏名は必須。今回は記載年月日を記入していただきたい。これは要注意である。

今回、捨印は必要ない。

001 佐々木亮

002 佐々木亮

003 北周士

004 北周士

005 金竜介

006 倉重公太朗

007 嶋﨑量

008 嶋﨑量

009 神原元

010 宋恵燕

011 姜文江

012 田畑淳

013 西川治

014 山岡遥平

015 山田祥也

016 兒玉浩生

017 向原栄太朗

018 佐々木亮

019 北周士

020 佐々木亮

021 北周士

広告

0116 官邸メール更新余命143号

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、こんばんわ。今日も暑かったな。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、金哲敏、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

余命143号  神奈川県弁護士会の個人情報提供は外患罪

要望

神奈川県弁護士会の懲戒請求者の個人情報開示は、いかなる理由があれ、現状でもあきらかな売国行為であり、外患援助罪に相当すると思量する。

(外患援助罪)第82条

日本国に対し外国より武力行使があったとき,これにくみしてその軍務に服し,その他これに軍事上の利益を与える罪であり,死刑または無期もしくは2年以上の懲役が定められている。

4月11日 H31年(ワ)第364号   33万円×6名=198万円

5月10日 H30年(ワ)第4751号  3万円×5名=15万円

5月10日 H30年(ワ)第368号   3万円

6月13日 H31年(ワ)第364号   33万円

6月13日 H31年(ワ)第364号   33万円

7月11日 H31年(ワ)第1064号  33万円×9名=297万円

 以上の件はいずれも嶋﨑量が原告である裁判で、懲戒請求が不当とされ、まとめられて判決を受けたものである。

 これらの訴状にはすべてに神奈川県弁護士会綱紀委員会が提供した懲戒請求者一覧が添付されている。個々の事件において、被告人以外の者はなんの関係もない。にもかかわらず、日本人の住所氏名という個人情報が公開され、仮想敵国外国人弁護士にもさらされ、関係する裁判に利用されているのである。

 神奈川弁護士会は、個人情報の目的外流用を意識しており、売国行為は確定しているが、肝心な法整備が遅れている。早急なる外患罪の適用法整備を要望する。

コメント1  神原元和解金詐欺事件について

調査書を提出された方が881名である。トータルでは1100名をこえるだろう。

神原元、宋恵燕、姜文江、それぞれの住所氏名、和解金の要求額は調査書でわかっているのだが、整理すると、訳がわからなくなる。とにかく和解金要求額がばらばらである。

神原元の要求額 50万円、100万円

宋恵燕の要求額 50万円 100万円

姜文江の要求額 50万円 100万円

 以上の組み合わせなのだが150万円、200万円、250万円、300万円まである。 統一性がまったくなく、理解しがたい状況である。

従前のアンケートで訴額は当初、弁護士ひとりあたり、1000万円が圧倒的だったが、基本は訴訟グループが自由に決めればいいだろう。

その民事損害賠償提訴についての大まかな参加条件にふれておきたい。

神原元、宋恵燕、姜文江の示談要求額分類は以下の通りである。

150万円  414名

250万円  449名

300万円    7名

未記入、誤記入 11名

神原元予告訴訟総額  4億3850万円

宋恵燕予告訴額総額  6億5600万円

姜文江予告訴訟総額  6億5600万円

受領和解金(神原訴訟却下時点)

神原元      1,119,666円

宋恵燕      1,119,666円

姜文江      1,119,666円

民事訴訟提起の条件

対象者

①神奈川県弁護士会

訴訟1件に対して、懲戒請求者全員の個人情報を提供し、目的外使用を黙認し、現状も何らの対応をしていない神奈川県弁護士会の責任は重い。これは詐欺という刑事犯である。

②神原元

③宋恵燕

④姜文江

資格者

1.武蔵小杉合同法律事務所から送られた封筒あるいは通知書、合意書なるものを所有している方。とりあえず1点でも確保しておいていただきたい。未開封のものがあれば、そのままで結構である。提訴時、証拠として公証人に認証させることになる。

2.被害当事者本人訴訟となるため、必ずご自身が出廷できる方。自営業、無職、年金者が理想である。

3.損害賠償請求金額が大きいため5名~10名をグループとする。

4.民事と同時に刑事告訴が可能な方。(数グループでまとまり警察に告訴する)

5.前提として、懲戒請求ができる方。

6.いきなり50名、100名とはいかないと思うが、まずは2ないし3グループが先行すればいいだろう。

.....まず、他の佐々木亮と北周士の和解金詐欺事件とは別に刑事告訴と民事損害賠償請求を始めよう。なお、来月からは別途、大きな取り組みがはじまる。1審がほぼ終わり、高裁への控訴が進んでいる。最高裁まではもう一息だ。

参考に詐欺罪についてランダムだが簡単にまとめておこう。

①詐欺の刑罰は懲役10年以下である。未遂も罰せられる。既遂件数と金額、そして未遂の件数が桁違いに多いから、規模からいって実刑は免れないだろう。

②神原元、宋恵燕、姜文江3名の複数犯に神奈川県弁護士会が関与しているから、起訴されるとかなり重い刑になりそうだ。

③佐々木亮と北周士の場合は代理人弁護士合わせるとかなりの人数になるのと関与の度合いが違うので民事は少々難しいが、刑事告訴は一緒だからな。こちらも並行して進める。

言い訳できない複数犯で、集団的組織犯罪といっても過言ではない。

④まあ、オレオレ詐欺は特殊詐欺だが、和解金詐欺も新手の特殊詐欺ということになろう。 詐欺には罰金刑がない。起訴されれば確実に懲役である。警察にも検察にもよろしく挨拶しておくことだな。

⑤詐欺は刑法246条に規定されており「人を欺いて財物を交付させた」場合に成立する。神原事件と佐々木亮、北周士事件では少々、状況が違うが、本質は同じである。

コメント2  詐欺事件弁護士の懲戒請求について

さすがに、和解金を取っておきながら、約束を破って提訴するのは詐欺だろう。「提訴を取り下げたらOK」とか、「ミスだったからごめん」で済む話ではない。

この懲戒請求には事由が二つある。

①詐欺行為。

②和解書の奴隷条項である。

現在、検察に刑事告発しているが、まず、手順として懲戒請求を準備する。

前回は法の規定は何のその、「知らない」「関与していない」「ツイッター」はすべて言い訳だった。犯罪行為は品行方正とは言えないだろう。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

上記の弁護士は、明らかな複数の懲戒事由を抱えている。

ブログにひとりひとり、犯罪事実をあげてアップするので、内容を吟味した上、ダウンロードして送付していただきたい。その際、記載日の年月日の記入を忘れずにwww

コメント3  日弁連で未処理の懲戒請求書

日弁連に問題のある傘下弁護士会のいくつかが懲戒請求されている。すでに除斥期間ぎりぎりだと思うがどう処理したのかな?

 弁護士全員が提訴されて、泡を食って受理しないとした懲戒請求書は返しなさいよ。少なくとも、個人の住所氏名が記載された有印私文書だぜ。

 とりあえず弁護士会は公務員もどきであるから、最低限、個々に返戻する義務がある。返還訴訟なんて無様なことにならないうちにちゃんとしなさいよ。

コメント4  諸悪の根源マンセー日弁連近況

日弁連(日本弁護士連合会)は、中本和洋会長名で大量懲戒請求事件についての声明を2017年2月25日に出してからほとんど動きはない。

談話は以下の通り(日弁連HPより)。

全国各地における弁護士会員多数に対する懲戒請求についての会長談話

近時、当連合会や弁護士会が一定の意見表明を行ったことについて、全国の21弁護士会に対して、900名を超える者から、その所属弁護士全員を懲戒することを求める旨記載した書面が特定の団体を通じて送付されてきている。

これらは、懲戒請求の形をとりながらも、その内容は弁護士会活動に対して反対の意見を表明し、これを批判するものであり、個々の弁護士の非行を問題とするものではない。

弁護士懲戒制度は、個々の弁護士の非行につきこれを糾すものであるから、これらを弁護士に対する懲戒請求として取り上げることは相当ではない。

私は、本年12月21、22日開催の当連合会理事会において、各弁護士会の会長である当連合会理事にこの旨をお伝えした。

各弁護士会においてしかるべく対処されることを期待する。

弁護士懲戒制度は、基本的人権を擁護し社会正義を実現することを使命とする弁護士の信頼性を維持するための重要な制度である。

すなわち、弁護士は、その使命に基づき、時として国家機関を相手方として訴えを提起するなどの職務を行わなければならないこともある。

このため、弁護士の正当な活動を確保し、市民の基本的人権を守るべく、弁護士会には高度の自治が認められているのであって、当連合会及び弁護士会による弁護士の懲戒権はその根幹をなすものである。

当連合会は、この懲戒権を適正に行使・運用しなければならない責務が存することを改めて確認するとともに、市民の方々には、弁護士懲戒制度の趣旨について更なるご理解をいただくようお願いする。

2017年(平成29年)12月25日

日本弁護士連合会

会長 中本 和洋

.....なんかしらけたことを言ってるね。まさに厚顔無恥である。それにしても市民はないだろう。ここは国民だよな。この「市民」という言葉ひとつでこの中本和洋の思想と立ち位置がわかる。もう、弁護士自治も日弁連そのものもいらないね。

0115 官邸メール更新余命142号

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、こんばんわ。今日も暑かったな。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、金哲敏、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

コメント1  141と違うのは目的外流用

余命142号  嶋﨑量の個人情報公開は外患罪

要望

(外患援助罪)第82条

日本国に対し外国より武力行使があったとき,これにくみしてその軍務に服し,その他これに軍事上の利益を与える罪であり,死刑または無期もしくは2年以上の懲役が定められている。

 被告発人嶋﨑量は原告として提起した以下の損害賠償請求裁判のすべてに勝訴している。4月11日 H31年(ワ)第364号   33万円×6名=198万円

5月10日 H30年(ワ)第4751号  3万円×5名=15万円

5月10日 H30年(ワ)第368号   3万円

6月13日 H31年(ワ)第364号   33万円

6月13日 H31年(ワ)第364号   33万円

7月11日 H31年(ワ)第1064号  33万円×9名=297万円

 以上の件はいずれも単独の行為が不当とされ、まとめられて判決を受けたものである。

 これらの訴状にはすべてに神奈川県弁護士会綱紀委員会が提供した懲戒請求者一覧が添付されている。個々の事件において、被告人以外の者はなんの関係もない。にもかかわらず、住所氏名という個人情報が公開され、仮想敵国外国人弁護士にもさらされ、関係する裁判に利用されているのである。

 神奈川弁護士会からの個人情報の目的外流用であり、売国行為は確定しているが、肝心な法整備が遅れている。早急なる外患罪の適用法整備を要望する。

.....先日、送付された「北周士を懲戒しない」という東京弁護士会綱紀委員会からの通知に首をかしげた方は多かったろう。そしてまた対象者1名以外は白紙空白だったのにも驚いたことだろう。

 これは神奈川県弁護士会の神原元や嶋﨑量に対するマスキングなしの個人情報提供を、東京弁護士会はしておりませんというアリバイつくりであって、実際には、まったく同じように個人情報は提供されていた。

そのため、その情報を使って大量の和解書、合意書詐欺が発生している。

 神原元、宋恵燕、姜文江の和解書、合意書詐欺は確定しているので、嶋﨑量と佐々木亮の詐欺と、現在、地検に告発している詐欺とあわせて、具体的な民事訴訟を準備している。

 現在、報告を受けているのは11件であるが、それぞれの責任内容に差があるだけではなく、具体的な被害の慰謝料がばらばらなので、調整に手間取っている。

神原元、宋恵燕、姜文江の和解金詐欺では200万円~250万円という金額が提示されているので、最低でも、弁護士一人あたり1000万円での訴訟という線になろう。 しかし、集団提訴では、巨額となるので、最終的には各自で民事訴訟ということになろう。

 神原元、宋恵燕、姜文江の詐欺事件では、武蔵小杉法律事務所から送付された封筒と通知書、合意書なる書面が必要である。とりあえず封筒だけでも結構である。

 内容については「貴殿~」としており、特定できないように細工されているが、それはそれだ。また、ご家族等で複数の未開封の封筒があれば、ご連絡をお願いする。

 公証人を利用するなど準備をしたい。

 書面の日付けが2018年5月10日と2018年5月14日のものが圧倒的に多いが、こだわる必要はない。ただし、時効の問題があるので、注意が必要である。

 なお、すでに和解されている方が23名おられるが、神奈川県弁護士会リストから削除されたわけではなく、嶋﨑量へ提供されたリストには掲載されている。もし、提訴された場合は泣き寝入りすることはない。とりあえずは連絡いただきたい。

0114 官邸メール更新余命141号

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、おはよう。今日も暑かったな。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、金哲敏、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

余命141号  個人情報保護法違反

要望

(個人情報保護法違反)第84条

第42条第2項又は第3項の規定による命令に違反した者は、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

被告発人嶋﨑量は原告として提起した以下の損害賠償請求裁判のすべてに勝訴している。4月11日 H31年(ワ)第364号   33万円×6名=198万円

5月10日 H30年(ワ)第4751号  3万円×5名=15万円

5月10日 H30年(ワ)第368号   3万円

6月13日 H31年(ワ)第364号   33万円

6月13日 H31年(ワ)第364号   33万円

7月11日 H31年(ワ)第1064号  33万円×9名=297万円

 以上の件はいずれも単独の行為が不当とされ、まとめられて判決を受けたものである。

 これらの訴状にはすべてに神奈川県弁護士会綱紀委員会が提供した懲戒請求者一覧が添付されている。個々の事件において、被告人以外の者はなんの関係もない。にもかかわらず、住所氏名という個人情報が公開され、さらされているのである。

 これとセットで「不当懲戒請求に対する提訴予告通知書兼提訴前和解のご提案」なる文書が上記メンバーに送付されている。

 売国行為は明らかであるが、提訴するには、きちんとした法整備がされていない。

 この件は佐々木亮弁護士と北周士弁護士とともに和解条件にもかかわらず新規に提訴が行われたことから詐欺事件としても告発されている。早急な対応を要望する。

コメント1 個人情報保護法守秘義務違反

簡単な話、日韓断交、戦争状態になったときに、在日朝鮮人弁護士、つまり、敵国となる韓国に、日本人の個人情報を垂れ流す行為が許されるかということである。世界中、どこを見ても現状は仮想敵国であるが、近々、開戦の可能性のある敵国人に司法がのっとられているというような国はない。

 有事外患罪適用は当然として、それも誘致罪であることを明確にし、有事勃発の場合には、告発を待たずに対処できる法整備を急げという要望である。要するに、愛国無罪、つまり、主権者たる国民による処理の法整備を急げということである。

コメント2 陸上自衛隊予備3等陸佐から脅迫?

陸上自衛隊予備3等陸佐兼弁護士ということだが、この状況は間違いなく陸上自衛隊予備3等陸佐の肩書きを使っている。

当人は気がつかずに、弁護士目線で無防備な発信をしているが、さすがにこれはまずいね。

 これは自衛隊が少なくとも50年にわたって営々と築き上げてきたイメージを一気にダウンさせるものである。とにかく品位がない。自衛隊は早急に処分する必要があるだろう。

以下は坂本正幸語録である。ツイッターの詳細は前稿を参照されたい。

現状、落ち着き次第、早速、官邸メール事案としてアップする。

文民統制への疑念。

岩屋毅防衛大臣の責任。

自衛隊内の処分。

また、民間人への確信的脅迫行為として告発する予定である。

坂本正幸@sakamotomasayuk

17時間17時間前

弁護士への懲戒は最も重いと二度と弁護士ができないというものなのだから、安易な請求は平手打ち程度というけど、それなりの対応が必要だし、タマをとりにいくのと同程度の覚悟を持ってもらってもよい

坂本正幸 さんのツイログ    ttp://t.0o.gs/2/1/69456833

坂本正幸@sakamotomasayuk

4月26日

弁護士に対する懲戒請求は匿名ではない 懲戒請求というペーパーを提出することは誰にでもできるが、内容が何であっても不問に付されるものではなく、違法と評価されることもある 違法と評価されたときの損害賠償責任を負う 損害額は事案によりけりだが数十万以上 ということも知らせておかないと

坂本正幸 さんのツイログ    ttp://t.0o.gs/2/1/69456833

坂本正幸

@sakamotomasayuk

弁護士/ベトナム・ミャンマー進出/ハーフコース振興協会会員#67/法政大学教授/ゴルフ(B.I.F契約アマ)、ラッパ/日本ねむねむ協会会員番号5番/無法協会員/陸上自衛隊予備3等陸佐/情報法制研究所上席研究員

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

5W1Hをきちんと吟味して具体的に、詳細に書いてあったから、被疑者とされる人に負担をかけてよい、となる

負担をかけるために告訴告発なんてのは間違い

なお、弁護士に対する懲戒請求も虚偽告訴の罪に該当するので被害者が告訴したら変わるかも

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

告訴や告発は結構ハードル高い

それは刑事法を知らないでけしからんで出して来られても困るからなので、ある程度やむを得ない

過去に告発状受理して捜査にまで至ったときは、告発状をそのまま起訴状に使えるレベルまで吟味して作り上げたとき

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

検察に告訴告発は直告と言って通常取り上げられず、汚職などの政治犯、背任などの経済犯くらいしか扱わない

これは警察には荷が重いから

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

今回、虚偽告訴として扱うとしたら、教唆でよめい本体も危ないのでは?

そこまで真剣に警察が取り上げるかは別だけど

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

そもそも最高裁に指揮権ってのは日本じゃないので、どこの話をしてんだか?

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

大量にまた来たとなれば、暇はないが刑事として立件して教唆で上げることも考えてもよい

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

有事に俺が何をするのかわかってないね(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

なんでこんなに幼稚なんだ?

これで納得できるのがわからん

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

なお、自衛隊法みたら何するかは明らか(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

これだけでおかしいと思うのが普通だと思うんだがなぁ(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

フォローする @sakamotomasayukをフォローします

その他

返信先: @sakamotomasayukさん、@banana_weeklyさん、他2人

なんか削除したらしいけど、昔、予備自衛官を隠密みたいに書いてたよなぁ(笑)

さすがに実態と違いすぎて削除するくらいの判断はしたようだ

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

いや、なんか昔予備自衛官についてのエントリーがあったので検索かけたらなくなってたんだよね

そんな、柳生の草じゃないんだし(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

なんか削除前に読んだときは、隠密みたいに考えてた内容だったよ

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

守秘義務なければ説明したいわ(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

そもそもリストって公開だよね(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

その他

首相主催の桜を見る会に招待されたこともあるがw

0113 官邸メール更新余命140号

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、おはよう。今日も暑かったな。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、金哲敏、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

コメント1  余命140号  和解金詐欺事件

要望

弁護士による懲戒請求裁判が50件をこえている。その中で起きた2名の弁護士による詐欺事件である。

佐々木亮 (東京弁護士会)

北 周士 (東京弁護士会)

(詐欺) 第246条

1.人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。

2.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

 被害者が、被告発人、佐々木亮、北周士、嶋﨑量弁護士に対し、和解の申し入れをして、署名捺印、指定口座へそれぞれ5万円、合計15万円の振り込みも完了したにもかかわらず、事件番号「令和元年(ワ)第16126号損害賠償請求事件」として提訴された詐欺事件である。佐々木亮、北周士、は和解契約書に明らかに違反しており、この件だけではなく、他の方々もこのような詐欺被害に遭われている可能性があると思量し、告発している。合意書の「奴隷条項」も異常である。早急な対策を要望する。

.....第一次告発段階では、領収書、示談書、和解書その他、すべての証拠が添付されている。第二次以降は告訴の準備中である。

コメント2 津田大介君資料

2017.6.4 16:00

【ニュースの深層】産経ニュース

朝鮮商工連-国税庁の「税金特権」合意あったのか 北の核・ミサイル開発資金どこから?

ttps://www.sankei.com/premium/news/170604/prm1706040004-n1.html

在日本朝鮮商工連合会(朝鮮商工連)と国税庁の間に5項目の合意事項があると主張する朝鮮総連発行の便覧「朝鮮総連」

 核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮の開発資金には、バブル期などに行われた在日朝鮮人からの巨額の送金も含まれていると指摘されてきた。パチンコ、不動産、金融、飲食業など在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下の商工業者でつくる在日本朝鮮商工連合会(旧・在日本朝鮮人商工連合会)は、昭和51年に国税庁との間で合意を行い団体交渉権が成立した-と主張している。納税に関する在日特権は存在するのか。「合意」関係者の多くは既に故人となっているが、平成10年当時の取材を基に検証した。(地方部編集委員 渡辺浩=元社会部国税庁担当)

 団体交渉権を主張

(1)朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する

(2)定期、定額の商工団体の会費は損金(経費)として認める

(3)学校運営の負担金に対しては前向きに解決する

(4)経済活動のための第三国旅行の費用は、損金として認める

(5)裁判中の諸案件は協議して解決する

 これは、平成3年に朝鮮総連が発行した便覧「朝鮮総連」に掲載されている朝鮮商工連と国税庁の「5項目の『合意事項』」とされるものだ。

 朝鮮総連や朝鮮商工連は在日朝鮮人の納税について「課税権は本来、共和国(北朝鮮)にあるが、日本の法律に従って日本当局に納税しているだけ」とした上で、「植民地支配という歴史的事情を無視して日本の税法を機械的に適用すべきではない」と主張してきた。

 朝鮮商工連は「合意」を根拠に、一般納税者には認められていない団体交渉権が成立したととらえ、確定申告や税務調査への対応は原則として個人で行わず、朝鮮商工連傘下の商工会を窓口にするよう呼びかけてきた。

 米政府の国家経済会議専門エコノミストを務めたマーカス・ノーランド氏は1995年にまとめた調査報告書で「朝鮮総連関係の企業が日本の国税庁から特別の優遇措置を黙認されていることを日本政府関係者も非公式に認めている」と記述している。

 「合意」には「五箇条の御誓文」という隠語が存在するが、日本の民主主義の原点を示した明治天皇のおぼしめしに例えるのはあまりに不謹慎だ。

 社会党議員が仲介

 北朝鮮当局はパチンコ店などの商工業を営む在日朝鮮人を「小ブルジョア」として蔑視していたが、1970年代半ばから、その経済力を利用し始めた。76(昭和51)年6月30日、金日成主席は朝鮮商工連の訪朝団に対して「在日同胞商工業者は祖国の社会主義建設に積極的に寄与すべきである」との談話を出した。

 国税庁側の記録によると、金主席の談話の1カ月余り後の8月6日、朝鮮商工連の李鐘泰副会長、洪文権商工部長らが、社会党の高沢寅男衆院議員(後の党副委員長)とともに国税庁を訪問。田辺博通長官(後の中央監査法人会長)、田口和巳所得税課長(後のダイエー専務)が応対した。

 朝鮮商工連側は

(1)税金問題のすべてを朝鮮人商工会と協議して解決する

(2)「脱税」を口実にした不当な「査察」「特別調査」等の政治的弾圧をやめる

(3)朝鮮商工業者の取引銀行、取引先等に対する調査は本人の承諾を得る-などを求める要望書を田辺長官に手渡した。

 高沢氏は社会党最左派の理論集団、社会主義協会の論客で、朝鮮総連と親密な関係にあった。

 10月27日には高沢氏が田口課長を衆院第1議員会館の自室に呼び、李副会長、洪商工部長、高沢氏、田口課長の間で会談が持たれた。朝鮮商工連側が「合意が成立した」としているのは、このときだ。

 高沢氏が「先日は長官に会ったが、きょうは課長が具体的な問題を解決してほしい」と切り出し、1時間半にわたって話し合いが続いた。田口課長は「(朝鮮商工連と)お互いに信頼しあって仕事をするよう指導する」と発言した。

 筆者の取材に対し、会談当事者の李元副会長は「詳しいやりとりは覚えていないが、あれから国税当局の対応が変わり、税金の申告はスムーズに受理された」と話した。一方の田口元課長は「陳情を受けただけで、約束めいたことは言っていない」と主張した。

 仲介した高沢氏は「在日朝鮮人の人権にかかわる問題なので陳情に立ち会った。国税庁幹部が陳情内容に理解を示した以上、合意したととられても仕方がない」と朝鮮商工連の主張を弁護した。

 産経新聞社に抗議団

 国税当局が特定の団体に納税に関する便宜を図ることなどあるのだろうか-。田口元課長の証言を信じれば、朝鮮商工連が陳情でのやり取りを都合良く解釈した可能性がある。

 だが、ある国税OBは「朝鮮商工連のことは分からないが、共産党と友好関係にある民主商工会(民商)関係の申告書には、民商のミを意味する『三』という符号を書き込んで区別していた」と証言する。

 朝鮮総連系の出版物には「しばらくの間は5項目の合意にしたがってかれら(在日朝鮮人商工業者)の税金問題はスムーズに処理された」との記述があり、当初は国税当局が配慮していたとも考えられる。

 平成10年11月29日付の産経新聞(東京本社版)が「合意」をめぐる双方の主張を報じると、国税庁は「合意」が存在しないことを職員に周知徹底するよう各国税局に通達し、国会答弁でも繰り返し「合意」を否定した。

 一方、報道10日後の12月8日、朝鮮商工連の約50人の抗議団が産経新聞東京本社を訪れ、「私たち在日同胞商工人は、差別されこそすれ、何人からも『特別な扱い』を受けたことはない」「こうした一連の情報は、米・『韓』・日の情報・謀略機関がわが国と朝鮮総連、在日朝鮮人の間にくさびを打ち、陥れるためにでっち上げたものである」と謝罪と訂正を求める抗議文を手渡したが、「合意」の有無には触れなかった。

 小池百合子氏「貢ぐ役」

 平成5年7月、武藤嘉文外相は訪問先のシンガポールで記者団に「パチンコの金(利益)がだいぶ(北朝鮮に)行っているようだ。何千億円と行っている」と発言。

 後任の羽田孜外相(後の首相)も同年12月、日本記者クラブでの講演で、在日朝鮮人による本国送金が年間1800億~2000億円に上るとの情報について「額についてそういう情報もあることは聞いている」と述べた。

 ただ、送金額はバブル崩壊によって激減したとされる。現在では北朝鮮への制裁措置によって日本からの送金は原則禁止されている。

 11年7月6日の衆院大蔵委員会で小池百合子氏(現・東京都知事)は「合意」について質問した後、こう述べた。

 「もともと人権擁護団体で始まった朝鮮総連の歴史というものには深く敬意を表するところもある。しかし、いつの間にかそれが北の政権のお財布代わりになってしまった、そして貢ぐ人たちが在日の人になってしまった、貢ぐお金がバブルの崩壊でなくなってくると今度は北に入国しようと思っても拒否されてしまう、そういう実態もある。これまで在日の方々は、結果として貢ぐ役を務めていたことになって、お金がなくなって金の切れ目ということになると今度はぞんざいな扱いを受けているという、私は大変気の毒だと思わざるを得ない」

 在日朝鮮人が祖国発展のために金を送る気持ちは分かるし、北朝鮮に住む親族を人質に取られた形で献金を迫られる事情も同情できる。だが、日本列島に向けられる核ミサイルがその金で作られてきたとしたら、送金者の罪はあまりに大きいのではないか。

 【用語解説】在日本朝鮮商工連合会 昭和21年に在日本朝鮮人商工会連合本部として結成。在日朝鮮商工人の企業権、生活権を守る権益擁護団体としている。27年に在日本朝鮮人商工連合会に改称。34年に朝鮮総連に正式加入した。平成16年に「人」を抜いて現在の名称に変更した。本部は東京・上野。現在、全国に46の都道府県商工会と151の地域商工会、82の経理室がある。

0112 官邸メール更新余命139号

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、おはよう。今日も暑いな。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、金哲敏、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

余命 139号  有印私文書偽造行使

要望

以下3名の弁護士が刑事告発されている。いずれも事実関係ははっきりしている。

佐々木亮 (東京弁護士会)

北周士(東京弁護士会)

嶋﨑量(神奈川県弁護士会)

(有印私文書偽造行使)

有印私文書の場合、3ヶ月以上5年以下の懲役(刑法159条)

 懲戒請求書が真正に有効であるためには、期日入りの本人の署名捺印が必要であることを神奈川県弁護士会自らが示している補正依頼(通知)がある。

 これのないものは懲戒請求書としては無効である。しかし現実には記載日のない、あるいは他人の書いた記載日をもって、損害賠償請求裁判がおこされ、1度の公判で即日結審、訴額が満額認められるという異常な裁判が行われている。総理の早急な対応を求める。

 以下は懲戒請求書の記載日が空白のまま、提訴されている件である。

「平成31年(ワ)第4974号」  東京地裁(佐々木亮、北周士)

「平成31年(ワ)第4974号」  東京地裁(佐々木亮、北周士)

「平成30年(ワ)第11428号」 大阪地裁(佐々木亮、北周士)

「平成31年(ワ)第69号」    広島地裁(佐々木亮、北周士)

「平成31年(ワ)第364号」   横浜地裁(嶋﨑量)

「平成31年(ワ)第1064号」  横浜地裁(嶋﨑量) 以上

.....以上の件については、すでに第一次告発で、裁判所に提出した証拠と同じものが添付されている。しかしながら、裁判官に問題があり、証拠が無視され、反映されないまま判決という異常事態が続いている。

 まあ、それはそれとして告発、告訴は粛々と進めていこう。

<コメント3 まとめ役がいない単独告発

2016年10月から第六次にわたる全国地検外患罪キャンペーンでは、日本再生大和会でまとめて、記載日の年月日も記入しないで、できるだけ検察で処理しやすいように配慮した。懲戒請求書も同様である。

 東京地検には段ボール33個、約4万4000通の告発状が押し寄せたと聞いているが、すべて返戻されたようだ。しかし、今回は日付けの記入から発送まで直通であるから、たとえ100分の1でも大変だね。もっとも現状は11件だからそうでもないか。

 告発対象者はグループであるし、有印私文書偽造行使と詐欺に告発罪状がしぼられていること、また、起訴要件に複数あるいは大量という条件はないので、検察のやる気次第だな。あてにはできないが、期待はしたいね>

<コメント4 簡易な告発手段(何人も.....)

刑事訴訟法第239条

①何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

②官吏または公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、

告発をしなければならない。

 今後、告発案件が増える。選択肢が多くなる。また、大量だとか、あおっただとか騒ぎ出すかな。もう、その手は通じないがな。まあ、告発が身近になったことは確かだ

.....コメント3.4は前稿記事だが、従前の告発手順だと1ヶ月かかるが、現行だと1日でできるようになったという意味である。そんなところに、こんな記事が飛び込んできた。陸上自衛隊予備3等陸佐が口出ししちゃまずいだろう。

早速、官邸メール事案としてアップする。

文民統制への疑念。

岩谷防衛大臣の責任。

自衛隊内の処分。

また、民間人への確信的脅迫行為として告発する。

坂本正幸

@sakamotomasayuk

弁護士/ベトナム・ミャンマー進出/ハーフコース振興協会会員#67/法政大学教授/ゴルフ(B.I.F契約アマ)、ラッパ/日本ねむねむ協会会員番号5番/無法協会員/陸上自衛隊予備3等陸佐/情報法制研究所上席研究員

坂本正幸

@sakamotomasayuk

8月9日

その他

5W1Hをきちんと吟味して具体的に、詳細に書いてあったから、被疑者とされる人に負担をかけてよい、となる

負担をかけるために告訴告発なんてのは間違い

なお、弁護士に対する懲戒請求も虚偽告訴の罪に該当するので被害者が告訴したら変わるかも

坂本正幸

@sakamotomasayuk

8月9日

その他

告訴や告発は結構ハードル高い

それは刑事法を知らないでけしからんで出して来られても困るからなので、ある程度やむを得ない

過去に告発状受理して捜査にまで至ったときは、告発状をそのまま起訴状に使えるレベルまで吟味して作り上げたとき

坂本正幸

@sakamotomasayuk

8月9日

その他

検察に告訴告発は直告と言って通常取り上げられず、汚職などの政治犯、背任などの経済犯くらいしか扱わない

これは警察には荷が重いから

坂本正幸

@sakamotomasayuk

8月9日

その他

今回、虚偽告訴として扱うとしたら、教唆でよめい本体も危ないのでは?

そこまで真剣に警察が取り上げるかは別だけど

LQ

@LQ76130865

8月9日

その他

門前払いだとは思いますけど、二回目なので虚偽告訴で立件してくれないかなあとも思っています。

なんか余命信者は、余命が元官僚で安倍総理と二人三脚というデマを信じていて、安倍総理の指揮権発動があるとかいう戯言も言ってますので、自身が刑事立件されたら目が覚める人もいるかも。

坂本正幸

@sakamotomasayuk

8月9日

その他

そもそも最高裁に指揮権ってのは日本じゃないので、どこの話をしてんだか?

坂本正幸

@sakamotomasayuk

8月9日

その他

大量にまた来たとなれば、暇はないが刑事として立件して教唆で上げることも考えてもよい

バナナ麩人(夜のお味噌汁)

@banana_weekly

11 時間11 時間前

その他

あら大変!

《....この坂本が100名ほど追加された有事外患罪リストのメンバー入りしているね。》

坂本正幸

@sakamotomasayuk

11 時間11 時間前

その他

有事に俺が何をするのかわかってないね(笑)

バナナ麩人(夜のお味噌汁)

@banana_weekly

11 時間11 時間前

その他

東京地裁で説教ですね(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

11 時間11 時間前

その他

なんでこんなに幼稚なんだ?

これで納得できるのがわからん

坂本正幸

@sakamotomasayuk

11 時間11 時間前

その他

なお、自衛隊法みたら何するかは明らか(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

11 時間11 時間前

その他

これだけでおかしいと思うのが普通だと思うんだがなぁ(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

フォローする @sakamotomasayukをフォローします

その他

返信先: @sakamotomasayukさん、@banana_weeklyさん、他2人

なんか削除したらしいけど、昔、予備自衛官を隠密みたいに書いてたよなぁ(笑)

さすがに実態と違いすぎて削除するくらいの判断はしたようだ

バナナ麩人(夜のお味噌汁)

@banana_weekly

11 時間11 時間前

その他

返信先: @sakamotomasayukさん、@LQ76130865さん、@1A2nJqqvTlDjxp2さん

なかなかウォッチしてますね(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

11 時間11 時間前

その他

いや、なんか昔予備自衛官についてのエントリーがあったので検索かけたらなくなってたんだよね

そんな、柳生の草じゃないんだし(笑)

バナナ麩人(夜のお味噌汁)

@banana_weekly

11 時間11 時間前

その他

防衛 治安出動、とか表示してあるのでそこから得たのでは?

過去logに色々書いてあったような…… 有事の際、予備自衛官が云々と

坂本正幸

@sakamotomasayuk

11 時間11 時間前

その他

なんか削除前に読んだときは、隠密みたいに考えてた内容だったよ

坂本正幸

@sakamotomasayuk

11 時間11 時間前

その他

守秘義務なければ説明したいわ(笑)

坂本正幸

@sakamotomasayuk

11 時間11 時間前

その他

そもそもリストって公開だよね(笑)

バナナ麩人(夜のお味噌汁)

@banana_weekly

10 時間10 時間前

その他

安倍総理の号令・・・

坂本正幸

@sakamotomasayuk

10 時間10 時間前

その他

首相主催の桜を見る会に招待されたこともあるがw

バナナ麩人(夜のお味噌汁)

@banana_weekly

9 時間9 時間前

その他

指揮権発動が(笑)

話し変わりますけど、リプは後日で宜しいので。

坂本先生的には、トンでも地裁裁判官と言える方は何名か把握してますか?

悪魔の提唱者

@6CLW77Y102

4 時間4 時間前

その他

返信先: @sakamotomasayukさん、@banana_weeklyさん、他2人

余命が自発的に実態と違うから削除したのではありません。

前のブログは「小倉先生」が発信者情報開示請求訴訟に勝訴し、名誉毀損案件として「非公開」に強制的になっただけです。

image001

0111 官邸メール更新 余命138号

悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、おはよう。今日も暑そうだね。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、金哲敏、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

コメント1 余命138号  悪徳弁護士刑事告発はじまる

要望

弁護士の詐欺事件として刑事告発がはじまっている。

本件は横浜地検に告発された。

得体の知れない怪文書が「通知書」「合意書」として懲戒請求者に送付されたもので、個人情報の漏洩とその目的外使用の問題だけではなく、関係民事訴訟の訴訟理由がすべて否定され棄却されたことから、「通知書」「合意書」なる怪文書の根拠が失われ、詐欺行為が確定している。

 個人情報に関し、漏洩と目的外使用については神奈川県弁護士会と日本弁護士連合会にも責任がある。また、被告発人の行為は、以下の罪名に該当し、看過できないので、厳重に処罰されたく、ここに告発するとして、以下、3名の弁護士が刑事告発されている。

(詐欺)第246条

1.人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。

1.前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

神原元(神奈川弁県護士会)

宋恵燕(神奈川県弁護士会)

姜文江(神奈川県弁護士会)

通知書の要求額は150万円、200万円、250万円である。

 この通知書、合意書なる詐欺文書は2019年8月5日にも送付されている。早急な対応を要望する。

.....官邸メールにも弁護士名が登場する有名な事件である。非常に巧妙に仕掛けられており、まさに詐欺のプロ集団のなせる技である。

 具体的な告発情報であるが、すでに内容はすべて把握している。この通知書を送付された被害者は確認しただけで約1000名を超えている。

 開封後の通知書には「貴殿は...」とあって、加害者と被害者の特定が焦点となるが、損害賠償請求ならともかく、事実証明であれば、無開封の通知書がいくらでもある。告発、あるいは告訴で犯罪者の処罰を求めるのには不足はない。少なくとも武蔵小杉の封筒と通知書があれば、詐欺行為の被害者であることは認定できる。

 現在は告発状態であるので、通知書は武蔵小杉から送付された封筒共々、大切に保管をお願いする。

コメント2 懲戒請求と告発の違い

懲戒請求書の送付先は対象弁護士の所属する弁護士会である。そこでお手盛りの審査が行われる。また、その処分は大甘で、かつ、ないに等しいのが実態である。

 しかし、「懲戒請求を違法とする訴訟提起」となるとあきらかに弁護士法の枠を逸脱する事案となるから、国権による処罰を求めるということになる。つまり、告発は刑事事件である。本件も詐欺罪ということになれば罰則は10年以下の懲役である。

 告発も告訴も当事者の違いだけである。本件は懲戒請求の憲法上違法かどうかという問題になれば争いにならない。要は法律審理で有罪か無罪かの話である。

コメント3 まとめ役がいない単独告発

2016年10月から第六次にわたる全国地検外患罪キャンペーンでは、日本再生大和会でまとめて、記載日の年月日も記入しないで、できるだけ検察で処理しやすいように配慮した。懲戒請求書も同様である。

 東京地検には段ボール33個、約4万4000通の告発状が押し寄せたと聞いているが、すべて返戻されたようだ。しかし、今回は日付けの記入から発送まで直通であるから、たとえ100分の1でも大変だね。もっとも現状は11件だからそうでもないか。

 告発対象者はグループであるし、有印私文書偽造行使と詐欺に告発罪状がしぼられていること、また、起訴要件に複数あるいは大量という条件はないので、検察のやる気次第だな。あてにはできないが、期待はしたいね。

コメント4 簡易な告発手段(何人も.....)

刑事訴訟法第239条

①何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。

②官吏または公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、

告発をしなければならない。

今後、告発案件が増える。選択肢が多くなる。また、大量だとか、あおっただとか騒ぎ出すかな。まあ、もう、その手は通じないがな。

コメント5 津田大介君情報

渡邉哲也認証済みアカウント

@daitojimari

フォローする @daitojimariをフォローします

その他

御尊父様が在日特権を作った高沢寅男さんの私設秘書さんでしたか、労働貴族のエリート様ですね。【東京すくすく】父は会社勤めせず、労働運動や政治活動ひとすじ

16:29 – 2019年8月10日

T. S.@tstateiwa

フォローする @tstateiwaをフォローします

その他

返信先: @anonymous201504さん

津田公男さんは社青同、社会主義協会の専従を長く務めた方で、現在、社会主義協会本部でボランティア専従をしています。昨年は私といっしょに中国に行きました。社会主義協会本部HPは津田さんの息子さんが経営しているIT会社に管理運営を委託していると聞いていますが、..ttp://roudousyaundou.blogspot.com/2012/02/blog-post_25.html

2:59 – 2018年11月10日

ジャーナリスト 津田大介さん 闘う両親に育まれたジェンダー観

添田隆典

(2019年5月26日付 東京新聞朝刊)

家族のこと話そう

家族との思い出を振り返る、ジャーナリストの津田大介さん=名古屋市で(太田朗子撮影)

父は会社勤めせず、労働運動や政治活動ひとすじ

 リベラルな思想を持つ両親の元で育ちました。父親は60年代に学生運動にかかわったのを機に、大学卒業後は一度も会社勤めをすることなく、労働運動や政治活動に身をささげてきました。10年ほど、社会党副委員長を務めた元衆院議員の高沢寅男さんの私設秘書も務めていました。

 もの静かな性格だけれど、酒が入ると冗舌。「酒を飲むのが仕事だ」と、毎晩のように飲み歩いていました。休日になると労働組合の関係者が家に集まり、酒を片手に議論に花を咲かせていました。

 でも、子どもに自分の政治信条を押しつけることはなかった。家にいることが多かったので、父親と遊んだ記憶はすごくあります。小学生の夏休みには2週間、車で東北などにも連れていってくれた。高校に入ると「もう一人前の個人なんだから、自分の道は自分で決めろ」と。大学卒業後、就職試験にすべて落ち、アルバイトしかあてがなかったときも楽観的でいられたのは、いろんな生き方があることを父親が身をもって教えてくれたからだと思います。

 母は労災で後遺症 家計支えつつ裁判を闘った

 2歳年下の母親とは労組の集まりなどで知り合ったようです。母親は地元の女子高を卒業後、上京して国立大の職員をしていました。僕が7歳のころ、職場で労災事故に遭い、安全配慮に問題があったとして国を相手に裁判を起こしました。頸椎(けいつい)損傷の大けがで後遺症が残ったにもかかわらず、大学側が半年間しか療養補償を認めないのはおかしいとの思いがありました。

 母親は10年間、裁判を闘いましたが、最高裁で敗訴が確定しました。訴訟をしながら大学に勤め続けたので、精神的にもつらかったと思います。僕や2歳下の妹の学費が必要だったし、父親の収入が不安定だったから、辞めるわけにはいかなかった。心配性だったので、放任主義の父親と子育てを巡ってよくけんかもしましたが、家計を支えていたのは母親でした。

 父は率先して家事 母も「尊敬している」と支え合う

 一方で、父親もけがを機に体調を崩しがちだった母親に代わって、炊事や掃除、洗濯を進んでやっていました。今は70代後半ですが、あの年代の男性ではすごく珍しいこと。母親も「お父さんのことを尊敬しているから支えたい」って。互いが違うかたちで支え合っていたと思います。

 そんな両親の関係は僕のジェンダー観に決定的に影響を与えました。芸術監督を務める「あいちトリエンナーレ2019」でも、男女平等の観点から、招待作家の男女比を1対1にしました。二人ともあまり口にすることはありませんが、僕の仕事について喜んでくれているみたいです。

つだ・だいすけ

 1973年生まれ。東京都出身。98年、早稲田大社会科学部卒業。政治情報サイト「ポリタス」編集長。早稲田大文学学術院教授。ネットメディアやジャーナリズムを専門に幅広く発信。名古屋市などで8月1日~10月14日に開催する国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督を務める。

[元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年5月26日]

ウェブからテレビに進出した、日本でもっとも「信頼できるジャーナリスト」と旧世界メディア界隈から位置づけられている津田大介氏の「沖縄基地反対派に肩入れするスタンス」が何からくるものか調べていたら、大変興味深い事実を発掘しました。

父親が長年社会党関連団体の専従役員を務め、今も「社会主義協会」の雑誌に原稿を書いています。なおもう一つの所属団体「社青同」には池上彰氏も所属していたと言われています。津田大介氏がNHKでこのうえなく重用された理由が見えてくるように思えます。

 しかし資料を見れば見るほど完全な反安倍政権であります。津田大介氏は2019あいちトリエンナーレの芸術監督に就任されたそうですが、本当にこの方で大丈夫なのでしょうか。大村知事は自民党からも推薦されていましたよね?

以下、津田大介氏に関する情報を投稿いたします。

■労働者運動資料室サイト管理人よりttp://roudousyaundou.blogspot.jp/2013/01/blog-post_31.html

2013年1月31日木曜日

朝日新聞「おやじのせなか」理想追い思想押しつけず(津田大介さん)

本日(2013.1.31)朝日新聞朝刊の週一回連載インタビュー「おやじのせなか」(大阪本社版では26面)に、ジャーナリストで「ウェブで政治を動かす!」(朝日新書)などの著者津田大介さんが登場しています。長く社青同、社会主義協会の専従役員を務め、現在は協会本部ボランティア専従である津田公男さんのご子息です。(紙面に名前は出てきませんが)

今日の時点では朝日新聞HPに転載されていないようですので、朝日新聞HPでは会員制ページ掲載ですので、要旨をまとめておきます。(略)

■社会主義協会

102-0072東京都千代田区飯田橋1-8-8 ASKビル4階

TEL 03-3221-7881

■月刊『社会主義』2014年度の特集テーマ ttp://www.kyokai.gr.jp/kako-2015.html

2015年10月号 640 津田 公男  「15年『防衛白書』と新安保法制」

月刊『社会主義』2014年度の特集テーマttp://www.kyokai.gr.jp/kako-2014.html

2014年11月号 629 津田 公男  「特定秘密保護法の廃止を」

2014年10月号 628 津田 大介  「今なぜ『憲法改正』か」

2014年5月号 623 津田 公男  「国家安全保障戦略とは何か」

2014年2月号 620 津田 公男  「新『防衛計画の大綱』がめざすもの」

2014年1月号 619 津田 大介  「ネット選挙解禁、若者の政治意識は変わるのか」

月刊『社会主義』2013年度の特集テーマttp://www.kyokai.gr.jp/kako-2013.html

2013年11月号 617 津田 公男  「安倍政権の「積極的平和主義」は何をめざすか」

2013年5月号 611 津田 公男  「危険きわまりない安倍政権の軍事政策

■ブーリキー@tincanscarecrow

【新左翼断想16】みんなが大好きな池上彰さん。彼も社青同だったそうだけど、社青同は三派あった。1.向坂逸郎(社会主義協会)派=ソ連崇拝、2.太田薫派=労組中心、3.新左翼系=革労協、第4インター、構造改革派。多分3ではないでしょう(笑)。

1:05 – 2013年7月13日ttps://twitter.com/tincanscarecrow/status/355961130822270976

■ブーリキー@tincanscarecrow

【新左翼断想17】池上彰さんが慶応大学に入る前、社青同の三代目委員長を退任した深田肇氏は、「チュチェ思想研究家」であり「北のスポークスマン」としても有名な人だった。我が国における北崇拝の歴史は古いんだね(笑)。

1:10 – 2013年7月13日ttps://twitter.com/tincanscarecrow/status/355962386965987329

■津田大介?認証済みアカウント@tsuda

8)●なぜ沖縄に対するヘイトがここ数年で増えたのか?

翁長知事誕生で本土に向けた情報発信が強化された。自民党が圧倒的に強い中政府に対して真正面からNoを突きつけてる。そんな自治体は全国どこを見てもないため、結果として本土メディアで沖縄が取り上げられる機会が増えた。 #クロ現プラス

7:12 – 2017年5月15日ttps://twitter.com/tsuda/status/864121306626760704

■『津田大介 日本にプラス』(CS テレビ朝日チャンネル2)

10/11(火) #230

沖縄の新聞は本当に『偏向』しているのか~ジャーナリスト安田浩一氏に聞く“沖縄の新聞”と“高江ヘリパッド問題”ttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/tsuda/contents/lineup/0230/

安田浩一(ジャーナリスト)

「沖縄の2つの新聞社はつぶさないといけない」…自民党勉強会における作家百田尚樹氏の発言を受け、沖縄2紙の幹部、さまざまな世代の記者、県民の思いを聞いたのがジャーナリスト安田浩一氏だ。そもそも「偏向」とは何なのか。そしていま最も緊迫する「高江ヘリパッド問題」の行方は?

■沖縄タイムス+プラス ニュース

津田大介さん・安田浩一さん、「ニュース女子」問題でMXテレビ出演辞退 2017年1月19日 沖縄タイムス+プラス ニュース

ニュース女子 安田浩一 津田大介 ヘイトスピーチ 沖縄ヘイトttp://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/80431

 東京の地上波テレビ局、東京MXテレビの番組「ニュース女子」が沖縄県東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設の抗議行動に関し事実と異なる報道(2日放送)をした問題で、ジャーナリストの津田大介さんと安田浩一さんが18日までに同局が放送する別のニュース番組への出演を辞退した。「取材がずさんで事実でない」「報道に値しない」と2日の番組を批判している。

 2人が出演を辞退したのは、同社が毎週月-金曜に放送する「モーニングCROSS」。津田さんは1月と2月に出演予定だったが辞退。17日付で自身のツイッターに「『ニュース女子』について何らかの検証や総括がない限りは出演しないつもり」と投稿した。安田さんは1月に予定していた出演を取りやめた。

 本紙の取材に対し津田さんは「2014年11月の知事選以降、沖縄で取材して感じる基地問題の現状とは明らかに異なる内容だ。取材もずさんで、事実ではない」とコメントした。

 東京MX側は16日の番組後に「さまざまなメディアの沖縄基地問題をめぐる議論の一環として放送した」と見解を公表。これに対し津田さんは、番組を検証する姿勢が見られず対応がひどいと指摘。「ネットの書き込みと同レベルの内容を放送すれば、視聴者へ与える悪影響は大きい。地上波テレビ局としての責任を感じてほしい」と求めた。

 安田さんは「現地の人に話を聞く、裏取りするという取材の基本ができていない。抗議行動をおとしめるデマで、報道に値しない」と批判した。

■『津田大介 日本にプラス』(CS テレビ朝日チャンネル2)

11/20(木) #70

普天間“辺野古移設にNO” 初のオールロケ!

津田大介が見た沖縄県知事選挙スペシャルttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/tsuda/contents/lineup/0068/

津田大介キャスターが全編沖縄で取材を行う初のオールロケスペシャルは、沖縄県知事選を取り上げる。米軍普天間飛行場の辺野古移設問題に反対する翁長候補が10万票差で移設容認の仲井真候補に勝利したが、政治家、経済人、市民はどう行動し、どう選択したのか。本土からは見えない沖縄の複雑でねじれた実像を津田大介が徹底取材した。

■『津田大介 日本にプラス』(CS テレビ朝日チャンネル2)

7/2(木) #124

津田大介オールロケ第2弾!“移設反対”で国と対峙…

津田大介が半年ぶりに取材した“沖縄の民意”ttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/tsuda/contents/lineup/0124/

去年11月沖縄県知事選をオールロケで取材した津田大介が半年ぶりに沖縄を取材!辺野古移設をめぐり翁長知事が政府と対立する中、津田大介が半年前に取材した政治家、経済人、市民などを取材。“沖縄の民意”がどこにあるかを確認する。また訪米で厳しい現実を突き付けられた翁長知事の今後の戦略は?渾身のオールロケ第2弾。

■『津田大介 日本にプラス』(CS テレビ朝日チャンネル2)

7/18(月) #209

津田大介沖縄オールロケ第3弾!繰り返される米軍関係者の犯罪と”日米地位協定”ttp://www.tv-asahi.co.jp/ch/tsuda/contents/lineup/0209/

繰り返される米軍関係者による凶悪事件。その背景にある日米地位協定の抜本改定に動かない政府に怒る沖縄県民。おととし・去年と沖縄オールロケで取材した津田大介が、3たびオールロケで沖縄を取材。県民大会、慰霊の日、大田元知事、地元与野党政治家、若者たちなどの取材を通じて、沖縄の人々の本音と知られざる日米地位協定の実態に迫る。