1142 余命本4外患誘致罪

9月10日に余命本4となる「外患誘致罪」が発売される。
外患罪というのは余命が初期から在日や反日勢力の駆逐には唯一無二の手段としてきたものだが、今の今まで、誰にも注目はもとより警戒もされていなかった法律である。
確かに有事法であることと、適用対象がまともに反日メディアであれば完全に封印されて国民に知られるわけがなかった。
この敵味方がまったく念頭にない法律を適用するにも高いハードルがあった。まず、有事という環境が必須で、国内の在日や反日勢力の駆逐には最低でも北朝鮮有事と、理想をいえば中国有事が必要だったのである。
余命本4外患誘致罪の起稿時点では竹島事案だけで、これでは韓国関係だけしか扱えず、半端な記述となっている。対象案件もなかった。にもかかわらず「外患誘致罪」というタイトルにしたのは、昨年7月9日からの一連の安倍総理の対応を見ると一括駆除、外患罪適用が見えていたからである。
稲田防衛相でGOサインが出たときに立ち後れしないためにはこのタイトルと安倍総理の運、つまり中国との紛争、北朝鮮との関係悪化がおこるものとして保守勢力のまとめと外患罪事案の集団告発適用の戦略をたてて動いてきた。妄想と願望が入り交じった戦略であったが、結果は尖閣問題が起き、北朝鮮は潜水艦発射SLBMで理想の環境が整ってしまった。運は理屈ではないから恐ろしい。
これによって中国案件では沖縄新聞2紙も翁長知事も鳩山、村山元総理も外患誘致罪に問われることになった。北朝鮮事案では朝鮮人学校への補助金を支給している知事も外患誘致罪に問われることになる。そもそも教育機関とは言え、法律で禁止されていることを紛争当事国に資金援助しているのである。生活保護費支給を含めて告発対象となった。
この外患罪の恐ろしいところは、その行為が国家、国民にとって黒白だけ、つまり有罪か無罪だけを問われるところにある。売国行為があるから告発されるのでまず無罪はありえない。
対外存立が法意であるから国が決めたことを現場が無視するような行為は、いかなる理由があろうと考慮されない。国の決めや方針、命令を現場が勝手に裁量することは事案によっては国の存亡にかかわるからだ。
よく人道問題としてユダヤ関連で杉原千畝が語られる。確かに人道的には立派な行為をしたことに間違いはない。しかし、一歩間違えば日独という国家レベルに悪影響を与えかねない状況であっただけに、国益上、彼の行為は国として容認できるものではなかった。
これにより杉原千畝は国からすべてを剥奪されたが問題の本質を間違えてはならない。
植村、朝日新聞記事は、記事の国益にとって害の有無だけが問われる。単純に考えれば有罪。言い逃れはできない。
個々の例については別に述べる。

1141 おまたせしました

二週間も死んだふりしていれば何かよからぬことをやっていると思うのは、余命読者の常識である。まさにその通り、100%シナリオ通りに余命劇場の最終幕まで一気に進んでしまった。
目的ブログであるので、「日本再生大作戦」を優先して投稿コメントがなおざりになってしまったが、いずれ全部アップするつもりである。ご了承いただきたい。
これからしばらくは、テーマ別に区切って発信する。通常はA4サイズ5枚程度にまとめるのだが、当面はとらわれないで発信する。

.....伏見事案
8月3日に地検へ提訴、17日に事情聴取の連絡がはいっている。内容は、資料に挙げてある中にでてくるみなさんの誹謗中傷に関するもので、被害届の有無、告訴、告発の有無、そして具体的なわかる限りのトラブルの内容提供であった。
余命はいくつか情報補提供をいただいているが、それはすべて非公開を前提にしているので、今回のように原告への要請についてはまったく応じていない。ただし、地検から直接、捜査情報として求められたときは、資料として提出する旨をお断りしておく。
意味があまりわからないのだが、以下のようなみなさんの名前が書き込まれている。もちろん、余命もみなさんとは一切の面識も情報のやりとりもない。

「余命にあなたからの被害を届け出たのが確実なのは
花菱
ぱよぱよ日記(yosh)
豆腐おかか
信濃太郎
真太郎
不確定なのは
大和心への回帰
TK
楚練」

後述するが、地検の対応が早いのでしばらくは様子見で対応されたい。なお9月10日以降は外患罪を付加した集団告発のリストにも入っているから原告代表になるのもいいだろう。その際は連絡させていただく。

今回の地検の対応は過去の例を考えると異常に早い。告発からは数日で対応している。
参院選中の青山氏への公選法違反ということで何件か通報があったようだが、それとは事案が違う。内容的に警察をはじめとする行政、国税局その他、官公庁の対応についての記述が、真偽はともあれ放置するわけにはいかないレベルだったのが主な理由のような気がするが、もしそうだとすれば、そちらの方からも告発されるだろう。
過去の例からは、単独での告発は、うやむや不起訴とか棚ざらし無視もあり得たが、今回はまともに起訴まで進みそうだ。その過程でリアルタイムにすべてが明らかになる。
この刑事告発は事実関係で争える事案ではないから、起訴されれば決着は早いだろう。
余命は関係がないが、原告から提供されれば裁判の状況は当然アップするつもりである。

1140 御報告2

二代目余命です。いろいろとご心配とご迷惑をおかけしました。
長老は明日から復帰します。本日は休ませております。
当の本人からは言いづらい面があると思いますので、体調含めて、ここ10日間について御報告いたします。

体調の問題ですが、昨年、私が家庭の事情で帰郷した時は、まだ、完全な孤高のブログでした。ところが約一年で様変わりしております。書籍化はもちろん、猛烈に輪が広がっているのです。ご承知のように余命の日本再生への手法は特異です。在日や反日勢力に真正面からぶつかる目的ブログです。
個人ブログの限界を考慮した場合、相手方の巨大組織と対決するには外患罪と集団告発しかないとして進めてきた妄想プロジェクトが驚いたことに、今、奇跡的に実現しようとしています。しかし、さすがにここからは個人では無理ですね。このままでは残念ながらもちません。
これが私たちの最大の課題となっております。

.....横浜地検から伏見告発について動きがありました。豆腐のおかかさんをはじめ、攻撃を受けているサイトの情報について問い合わせがあったようです。この件は長老が扱うことになります。

.....ジャパニズム32と有田ヨシフの研究で概略、おわかりいただけたかと思いますが、今後の保守連携については「竹島」が焦点となります。デモと集団告発というシナリオに
尖閣問題で中国が有事対象となり、外患罪の告発が可能となりました。
この外患罪という法律について、在日や反日勢力はまったく知らないようで、こちら側も、余命の読者以外はわかっていないようです。そういう状況の中で、参院選、都知事選と目くらましがあって、集団告発態勢までできあがってしまいました。
私は26日までこちらで官邸メールを担当します。
従前、長老から指示された内容は中国事案を追加した以下のようなもので、できるだけ早くまとめたいと思っております。また、余命41号~余命53号まで再掲しておきました。

まず、安倍総理大臣およびその閣僚については我々は心から敬意を表するものである。
従前、官邸メール余命41号~53号まで外患罪適用について要望をした。余命91号からは実際に告発する際の手続きについての要望である。
韓国との竹島問題だけでなく、中国との尖閣問題も大きく浮上してきた。もはや中韓ともに有事状況である。この事態に鑑み、至急、以下の点について対応されるように要望する。
1.竹島も尖閣諸島も日本領であることを国民に周知させること。
1.竹島、尖閣諸島は日本領であることを警察および検察に周知徹底させ、告発がこの関係を理由に受理されないようなことがおこらないようにすること。
1.個人はともかく、法人や組織については具体的に施行規則が法制化されていない。朝日新聞の慰安婦問題を例にとれば、記事責任者と少なくとも社主の告発が常識的対応となるが、告発までに何らかの政府見解を示されたい。現状ではこのまま進むことになる。
朝日新聞の場合は、社員全員が対象ということにはならないが、北星学園大学のような集団での反日弁護士告発や反日学者グループのメッセージについては確信犯であるから全員が対象となる。この場合代表者だけで告発要件を満たすかどうかも早急に検討されたい。1.竹島奪還デモはいかなる理由があろうとも日本国内においては反対はできない。ここへの抗議やカウンターは外患罪の現行犯として対処するよう関係機関に徹底すること。
1.ネットにおける暴言や誹謗中傷も外患罪の対象となることを明記すべきである。
1.知事の裁量権として憲法違反である在日への生活保護費支給や、朝鮮学校への補助金支給は、前者は外患援助罪、後者は紛争当事国への反日資金の提供として外患誘致罪が適用される事案である。
1.民主党政権時代には大臣の裁量に多くの問題がある。これは追求されなければならないし、法できちんと処罰しなければならない。
1.沖縄は外患誘致罪の候補が目白押しだ。余命本4が発売の9月10日にはドンパチが始まっている可能性まである。
1.告発は個人でも組織でもできる。訴訟と違いハードルが低い。通報と考えていいだろう。殺人事件を目撃、警察に通報というようなもので、犯人が誰かとかの捜査やその他は通報者に責任はない。別に代理人としての弁護士など必要がないのである。
1.告発状、あるいは告発委任状の受け入れについての検討。個々の告発をまとめるか、あるいは委任状を集めて集団告発とするか。また数万と予想される告発状の取り使い、割り振りをどうするかというような問題は現状、白紙である。
1.数ある保守組織に対し,告発の原告団への参加呼びかけも重要である。
とりあえず、以上を考慮してまとめてもらいたい。

テーマ 余命41号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
現在、日本固有の領土である島根県竹島は、韓国により武力占拠され、毎年竹島は韓国領として韓国三軍による防衛演習が実施されている状況である。
外患罪は戦争や武力衝突が実際になくても、竹島のように国あるいは組織によって武力占領されたような場合には適用条件を満たすとしている。
李ラインの時代からの占領がなぜ10月25日をもって適用条件下となったかについては、明らかに当該国あるいは組織が意志をもって占領しているという形が絶対必要条件であり、占領といっても実際に漁師や一般人が住んでいる状況は武力占領とはいえなかったのであるが、日本の領土竹島に対し、韓国が自国の領土竹島の防衛演習と宣言した時点で外患罪のいう武力占領があったときという条件を満たしたということである。
外患罪には外患誘致罪、外患援助罪、外患予備罪・外患陰謀罪がある。いずれも「本罪の保護法益は国家の対外的存立である」とされ、他国の攻撃に対し、日本が国としての存立の維持を保護する法として規定されている。
ここで安倍総理に質問である。
私たちは元朝日新聞記者植村隆氏の捏造記事発信とその後の行為は外患罪事案だと考えているが総理のお考えは如何。もし外患罪のいずれかに抵触されると思われるのであれば速やかにしかるべき対応をとられんことを強く要望するものである。

テーマ 余命42号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
外患誘致罪の保護法益と同様に、外患援助罪は日本の国家としての存立を貶め、危うくする行為から日本を守ることを法益とする。
本罪の行為は日本国に対して敵国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えることである(刑法82条)。軍務に服することは、敵の組織する軍隊に参加することであり、戦闘への参加の有無、役割(兵站、諜報、医療等)に関わらない。また軍事上の利益を与えることとは、軍務に服さず協力することであり、その態様は、敵軍に協力し軍事行動を行う、兵站・諜報活動等の後方支援、占領地域において占領政策への協力等全ての形態を含むという、これこそまさに利敵、反国家売国行為のことである。
ここで総理に質問である。
朝日新聞は他紙と違い、在日朝鮮人の本名を隠蔽し、通名のみを報道しているが、これは敵国人の犯罪を隠蔽し、日本人の犯罪にすり替えようとする悪質な反国家行為であると私たちは認識している。これについての総理のお考えは如何。もし提議を是認されるのであれば速やかにしかるべき対応をとられんことを強く要望するものである。

テーマ 余命43号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
朝日新聞の慰安婦捏造事件は一応、謝罪というかたちになっているが、世界規模で日本を貶めた行為であるにもかかわらず、海外における謝罪は皆無であり、当然、日本国民の納得できるかたちにはなっていない。
すでに官邸メール余命9号で外患罪の法整備について要望を出しているが、過去に適用例がなく、まず告発、提訴の初期段階からアバウトな状況である。少なくとも対象組織に対して、この関係の法的環境を早急に整える必要がある。
ここで安倍総理に質問である。
現状で、外患罪適用対象企業に対する法的告発手続きを邦人~個人のレベルで内閣法制局はどう解釈しているのか、これについてどう対応するつもりなのか見解を伺いたい。
もし国権レベルですでに対応できるのであれば早急に対応されんことを強く要望する。

テーマ 余命44号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
本罪の行為は日本国に対して敵国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えることである(刑法82条)。軍務に服することは、敵の組織する軍隊に参加することであり、戦闘への参加の有無、役割(兵站、諜報、医療等)に関わらない。また軍事上の利益を与えることとは、軍務に服さず協力することであり、その態様は、敵軍に協力し軍事行動を行う、兵站・諜報活動等の後方支援、占領地域において占領政策への協力等全ての形態を含むということだが、これこそまさに利敵、反国家売国行為のことである。
ここで総理に質問である。
フジテレビはスポーツ中継にて、日本国歌をカット、韓国国歌を流す。日本優勝式典をカット。呼称を日韓でなく、韓日とする等、日本の国旗、国歌を貶め、本来あるべき呼称をあえて侮辱する反国家行為を行っていたが、私たちはこれは明らかに外患罪事案であると考えている。総理のお考えを伺いたい。
もし、外患罪その他に抵触すると判断された場合は即刻、しかるべき対応をとられんことを強く要望するものである。

テーマ 余命45号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
中国戦時動員法制定に関し、新聞やTVは、緊急かつ重大ニュースにもかかわらず一紙以外は全く報道せず、また韓国における戦時動員令の改正についても報道がない。
これは予想される敵国の宣戦布告ともいえるような戦争準備法を報道しないという明白な日本国家を貶める利敵行為である。
ここで総理に質問である。
私たちは、これは明らかな外患罪適用事案であると考えているが、総理のお考えは如何。
もし適用対象と思われるならば、即刻、しかるべき対応をとられんことを強く要望するものである。

テーマ 余命46号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
日本の政治は良くも悪くも日本人が決めるものだ。にもかかわらず、これに外国人参政権を導入しようとするものがいる。明らかな売国行為であり外患罪対象事案である。
在日本大韓民国民団(民団)が次期衆院選で、永住外国人選挙権付与に賛同する民主、公明両党候補を支援することになった。民団は衆院選を選挙権付与の「天王山」と位置づけており、選挙戦に一定の影響を与えそうだ。民主党の小沢代表は11日、東京都内であった民団中央本部の会合に出席して連携を確認。「我々が多数を形成すれば、日韓の残された懸案を着実に処理します。ご理解いただき大変ありがたい」と謝意を伝えた。
小沢氏は2月、韓国で就任直前の李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談し選挙権付与への積極姿勢を表明。党の諮問委員会も「付与すべきだ」とする答申を出した。
民団側はこうした経緯をふまえ、鄭進団長らが9月、民主党本部に小沢氏を訪ねて支援の意向を伝えていた。民団は在日韓国人ら約50万人で構成。民主党側は、日本国籍を取得した人を含めた有権者への呼びかけなど、「かつてない規模の支援が見込まれる」(小沢氏側近議員)と期待している。民団の支援は賛成派候補を集中的に後押しすることで膠着(こうちゃく)状態を打破する狙いがあり、将来の「民公連携」の誘い水になる可能性もありそうだ。(2008年12月12日 朝日新聞)
ここで安倍総理に質問である。
私たちは問答無用の外患罪対象事案であると考えているが、総理のお考えは如何。

テーマ 余命47号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
韓国が竹島を韓国領と宣言し、防衛演習を実行した段階で、外患罪の適用条件が整っている。過去において河野談話、村山談話が特アにつけ込まれ、利用されて、世界に日本国家をいかに貶める元凶となったかは国民すべてが怒りをもって認知しているところである。
ここで安倍総理に質問である。
談話以前に外患罪法は存在したものの適用条件が満たされず適用例は一度もない。今回適用条件が整ったことで、遡及して過去における外患罪事案が立件できるかどうかをお伺いしたい。もし可能であれば、即刻、しかるべき対応をとられるよう強く要望するものである。

テーマ 余命48号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
昔民主党に菅直人という総理大臣がいた。6000万円をこえる不透明な政治資金の流れと左翼朝鮮市民団体に拉致問題がからんで大スキャンダルとなるところであったが、東北地震により追求が頓挫している。
現在、北朝鮮の核開発問題であらためて制裁が強化される事態となって、この問題が浮上してきた。これは国民が等しく危惧してきた問題であり看過できるものではない。
ここで総理に質問である。
この3年で法的環境がかなり整備されている。とりあげるタイミングとしては絶好だと思われるが総理のお考えは如何。もし可能であれば、即刻、しかるべき対応をとられるよう強く要望するものである。

テーマ 余命49号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
朝日新聞の、捏造された南京虐殺報道、慰安婦報道は日中、日韓関係を悪化させた主要因であり、反国家犯罪の典型例であるが、それに輪をかけ、わざわざ南京虐殺記念館まで出かけて謝罪という愚行を演じたものがいる。村山、鳩山の元総理である。
ここで安倍総理に質問である。
日韓関係は竹島不法占拠で外患罪適用条件を満たしているが、中国事案はそうではない。
しかしそれがなくても外患罪の適用な可能だと思われるが総理のお考えは如何。

テーマ 余命50号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
在日本大韓民国民団(民団)が次期衆院選で、永住外国人選挙権付与に賛同する民主、公明両党候補を支援することになった。民団は衆院選を選挙権付与の「天王山」と位置づけており、選挙戦に一定の影響を与えそうだ。民主党の小沢代表は11日、東京都内であった民団中央本部の会合に出席して連携を確認。「我々が多数を形成すれば、日韓の残された懸案を着実に処理します。ご理解いただき大変ありがたい」と謝意を伝えた。
小沢氏は2月、韓国で就任直前の李明博大統領と会談し選挙権付与への積極姿勢を表明。党の諮問委員会も「付与すべきだ」とする答申を出した。
民団側はこうした経緯をふまえ、鄭進団長らが9月、民主党本部に小沢氏を訪ねて支援の意向を伝えていた。民団は在日韓国人ら約50万人で構成。民主党側は、日本国籍を取得した人を含めた有権者への呼びかけなど、「かつてない規模の支援が見込まれる」(小沢氏側近議員)と期待している。民団の支援は賛成派候補を集中的に後押しすることで膠着(こうちゃく)状態を打破する狙いがあり、将来の「民公連携」の誘い水になる可能性もありそうだ。(2008年12月12日 朝日新聞)
ここで安倍総理に質問である。
民団という外国人組織の選挙運動は違法であり、応援する者、応援される組織なり個人は公職選挙法違反に問われると思うが、総理のお考えは如何。

テーマ 余命51号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
押し紙問題が騒がれている。週刊新潮によれば、新聞販売店主の告白として、朝日新聞30%、読売新聞40%、日経新聞20%、産経新聞26%、毎日新聞74%が水増しの店もと報道されている。
これは第三種郵便の規定に抵触する恐れがあるだけでなく、明らかな詐欺行為である。
反日メディアが、この不当行為で得た収益を反日行為の資金とすることは完璧な外患罪事案である。
ここで安倍総理に質問である。
すでに公正取引委員会でも対応し、余命ブログでも40万読者、100万pvに拡散されている事案であるが、政府としての対応は如何。早急な対応を強く要望するものである。

テーマ 余命52号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
昨年12月16日に、「北星学園大学」への抗議電話2回で第三者による「業務妨害」での「告発」という告発があった。
「植村隆」を擁護する、左翼集団「負けるな北星の会」の弁護士438人が代理人になり、募集した告発人352人が「たかすぎ」を札幌地検に、業務妨害で告発したものだ。
1人の抗議電話者に、438人の弁護士は、誰がみても異常行為である。
この「負けるな北星!の会」(名称マケルナ会)はゆうちょ銀行にカンパ口座を持っているが、政治団体としての登録は確認されていない。
(マケルナ会口座)
活動支援のカンパ(1 口 500 円・何口でも)をお願いします。
かんけい送金先:ゆうちょ銀行振替口座
記号02720-4 番号70218
ここで総理に質問である。
元の案件が外患罪事案である以上、この告発関係者に対してはそれなりの対応が必要だと思うが、総理のお考えを伺いたい。また、しかるべき対応を要望するものである。

テーマ 余命53号 外患罪適用について
ご意見、ご要望
「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の会員らが6年前、徳島県教職員組合で罵声を浴びせた行動をめぐり、県教組と当時の女性書記長(64)が在特会側に慰謝料など約2千万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、高松高裁であった。生島弘康裁判長は、「人種差別的思想の現れ」で在日朝鮮人への支援の萎縮を狙ったと判断。女性の精神的苦痛を一審より重くとらえ、倍近い436万円の賠償を命じた。
在特会をめぐっては、09~10年の京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)周辺での抗議行動を京都地裁が「人種差別にあたる」と認定。1200万円余の賠償を命じる判断を支持した大阪高裁判決が14年に最高裁で確定している。
ここで安倍総理に質問である。
次々に在日による訴訟が起こされ、次々に敗訴し、裁判所は賠償判決を出している。正義の法の番人である裁判官であれば納得もするが、私たちはもはや司法を日本を貶める機関としてしらけきってみている。この現状をどう思われるかお聞きしたい。

1139 御報告

御報告

二代目余命です。
三代目は大丈夫です。
更新はありませんが、事態は100%余命のシナリオ通りに進んでいます。
まず、以上、ご安心いただいてから御報告いたします。

.....長老の体調については新事務所のほうで見ておりますからご心配はいりません。ただ、安静にという点では問題がありまして、15日には九段へまいりました。大変重要な顔合わせがあり、キャンセルができなかったのです。また、9月10日発売予定の「余命三年時事日記3」の校正その他については締め切りという時間的制約と余人ではつとまらないことから安静とはかけ離れた状況が続いております。あと、最低3日程度はかかるかと思います。
この新著につきましては、余命がいなくても大丈夫という形作りと「日本再生大作戦」の実戦本となります。その意味で新著発売は最優先の案件で、無理せざるを得ないのです。 投稿コメントの対応が遅れておりますが、私の方も手がいっぱいで閲覧もできない状況です。申し訳ありません。
20日には解消できるよう頑張りますので、どうぞご了承下さい。

二代目余命のニックネームは「疫病神」です。
2015年5月5日、余命ブログ終了日に長田達治恫喝メッセージで延長戦。
2015年8月10日、またもや余命ブログ終了ご苦労さん会当日に余命ブログ遮断となればやむを得ないかなとも思うのですが、逆に考えれば、それがあったおかげで現在、余命ブログが継続し、書籍にまでなっているのです。現余命と相談して、万が一に備えた予備パソコンの設定も私が行いました。復活は2日後で早かったのですが、偽余命談議に大変苦労をいたしました。そして、そこでまた致命的なミスをしでかします。従前、コメントを拒否していた設定をチェックし忘れたため、現状のような惨事の元凶をつくってしまったのです。
しかし、みなさんとのコメントのつながりが情報拡散につながり、その書き込みを通じて、青林堂とのつながりができ、書籍化につながっていることを考えれば、「疫病神」は適切ではないのではないかと思っております。

昨年9月はじめに帰郷してからは、ほとんどノータッチでしたので、書籍化を含めて8月までの流れは、まさに情弱、現在もスタッフからレクチャーを受けている状況ですが、いくつかわかっている部分について御報告いたします。
10日11日の余命会議の内容は別にして、8日に私が上京した一番の理由は竹島事案を主とする外患罪適用についての具体的な官邸メールの作成でした。ただ、対象が韓国事案だけでは外患罪告発要件は満たしていても、いわゆる外患誘致罪「有罪は死刑一択」の適用案件はなく、迫力のないものになっておりました。
この件、従前、長老から話があったときに面白い話を聞いております。
「安倍総理は戦後の総理大臣の中で神社ができる可能性がある唯一の人物だ。
なにしろ幸運のかたまりで、彼の進むところみな信号が青になる。稲田防衛相となったとき、突然北朝鮮がミサイルをこっちに向けてぶっ放したり、尖閣諸島に艦船大動員というような紛争勃発で中国、韓国、北朝鮮すべてが外患罪適用対象国になるなんてことが、妄想とか願望とかでなく、かなりの確率であり得ることを頭にいれておくように」と指示されておりました。
ところが結果として、官邸メールの余命91号~にはそれを考慮しておらず、結果として、8日の尖閣諸島への中国漁船大集結とか北朝鮮の秋田沖へのミサイル発射により、恒常的ミサイル撃墜態勢の構築とかで、事態が激変してしたため書き直しが必要となってしまったのです。したがって現在書き直し中です。
中国との紛争勃発は鳩山元総理や村山元総理、また翁長知事や沖縄の反日新聞等が外患誘致罪に問われることになりました。これも現在、検討を始めております。
また、ばらばらに告発を予定していた事案については、一括として扱えるようになったため、告発の委任状をいただいて集団告発することになりました。

中国、韓国、北朝鮮が外患罪対象国となった意味は大変大きく、在日や反日勢力にとっては最悪の事態となる可能性が高いと思います。
なにしろ非常に間口の広いアバウトな刑法です。実際には適用された例はなく、施行については数々の問題はありますが、基本的に未遂、既遂は問われず、有罪か無罪かが問われるもので、有罪は最低でも1年以上の懲役刑です。
現在、訴訟中の元朝日新聞記者植村の慰安婦記事事件では、もし外患罪で告発されたのであれば、その記事の正誤とか背景は問題にならず、たとえ人道上とかその他の理由があったとしても、国益に照らしての有罪か無罪かが問われます。
要するに行為そのものが国益というレベルで有害か無害かという簡単な売国奴対処法です。
つまり、よほど軽微でない限り、対外存立が法意の外患罪事案に裁量権とか情状酌量は存在しないのです。
裁量権の問題では朝鮮人学校への補助金の問題があります。紛争対象国の学校への援助は明らかな外患援助罪です。また生活保護費支給についても紛争対象国国民については人道的措置としての裁量権は認められず外患罪告発事案となります。
したがって現在、各地方県知事が支給している朝鮮人学校補助金や生活保護をはじめとする医療保護費至急事案等は受給者のみならず知事が外患援助罪に問われる事案でもあるのです。
川崎における6月5日デモでは有田や福島という国会議員や在日の連中がデモを妨害しました。しかし、この件をよく分析すると、届け出は対共産党デモであり、ヘイトデモではありません。流れからして明らかに外国人である在日が絡む政治妨害デモであり、その勢力と通謀して行動している有田や福島は在日韓国人と同様、外患罪で告発されても反論はできないでしょう。公園をかさなかった担当者や福田川崎市長も対象となるでしょう。
もちろん対象は新聞やテレビその他メディア全体に及び反日ネットは駆逐されるでしょうし、中国や韓国の国防動員法を無視したような対応は編集担当者と組織代表がとりあえず告発対象となりますね。検察も大変ですね。告発をどう処理するかの段階で過去に例のない事案の処理をしなければならないのです。通常の扱いでは、遅滞を理由に検察が告発対象になりかねません。売国奴法は恐ろしいのです。
弁護士や学者は当初から諸悪の根源として標的ですから、これも大変ですね。
今は、告発や委任状の取り扱いについて検討の最中です。
対象案件が多いのと、ひとり10通ということで計算すると20万~40万程度と予想しておりますが、どのように振り分けるかという問題です。いずれアンケートをとることになるかと思っております。
事態が予想を超えるスピードで動いております。細切れになりますが、できるだけこのようなかたちでも発信するようにするつもりです。

1138 お知らせ

お知らせ
二代目余命です。
いくつかお知らせがあります。

1.余命の体調の件
1.じゃあの氏の件
1.官邸メールの件
1.余命合同会議の件
1.今後の方針

.....余命の体調の件
心配な状況ではありません。8日からですが、極度の夏ばてといってよいかと思います。スタッフ一同監視の下で安静にさせております。意外と回復が遅いので、これから数日は私が投稿記事の整理に当たることになりました。よろしくお願いいたします。

.....じゃあの氏の件については、スタッフも事態の把握が遅れました。調査の結果12日になってこちらのミスであることが判明いたしました。これについては長老爺の謝罪コメントが出ております。
「今回の件についてはミスが重なった。初投稿、おかしな文言、URL、と疑えば簡単に不適切投稿として削除すべき案件であったにもかかわらず、チェックをせず、結果として真逆の記事を掲載してしまうことになった。弁解の余地がない。じゃあの氏には心から謝罪申し上げる。また読者のみなさんにも多大なご心配とご迷惑をおかけしてことをお詫び申し上げる。
該当記事は削除した。今後はこのようなことが二度と起きないように、引用やURL入りの記事には厳しく対応したい」

なお、「日本再生大和会」の疑念については、少なくとも伏見君一派を除く保守のみなさんが立ち上げからすでにオープンに会議にも利用されております。「百聞は一見にしかず」一度のぞかれたらいかがでしょう。浄財がどのように使われているかが一目瞭然になるかと思います。

.....官邸メールの件は、外患罪案件が竹島で構成されていたため、直前の尖閣問題の緊張で、書き換えが必要となり、止めております。ただ流れとしては日韓問題に中国事案がダブるほうが安倍政権には国内対策には追い風となります。この件は後述いたします。

.....余命合同会議の件
このたびの合同会議は新事務所で開かれました。15日で4年となることと、長老の年齢と体調の問題もさることながら、安倍総理のシナリオがあまりにも進みすぎており、余命プロジェクトの新たな調整が喫緊の課題でした。
具体的には余命戦死後のブログの対応で、長老より、予定納税と資産の分離が通知され、葬儀はすべて段取り済みであること、また全員、参列不可が厳命されました。
私が家庭の事情で動けないため、はっきりと申し上げることはできませんが、有事対応には、四代目が選任され、現状の把握と今後の方針が確認されております。
相手のあることですので水面下で進めている案件が多く、戦線のいろいろなところで凹凸があり、現状認識にもかなりの温度差があります。その最たるものが余命本4号です。
「余命三年時事日記 外患罪」がすでに脱稿、9月10日に発売されます。余命本シリーズで書かれていた外患罪事案が、具体的に告発事案として取り上げられ、書籍には集団告発に対応して原告参加の委任状まで添付の予定と事態が大きく進んでいるのです。
中国との尖閣問題もエスカレートして、中韓ともに外患罪の告発が現実の問題となりました。余命の対応は事態に即したものであることがおわかりになれるかと思います。

.....今後の方針
ジャパニズム32モンスター対談にありますように、具体的な連携については「竹島」を掲げた運動になります。中国との尖閣紛争は明らかな外患罪事案として、鳩山元総理、村山元総理、翁長知事や沖縄新聞2紙や現地反対勢力も当然、対象となります。
私たちとしては「日本再生」に安倍総理が動きやすい環境作りを継続していくことになろうかと思っております。

.....明日から、投稿の整理にかかります。とりあえず緊急のお知らせとさせていただきました。よろしくお願いをいたします。   (二代目余命)

1137 巷間アラカルト197

あわの國
新聞の広告の中にケーブルTVの案内が入ってました。
かなり以前からケーブルTVはあり、光サービスに変更された際にソフトバンクが指定業者となり今に至っています。
今回の案内はその指定業者の変更です。
ケーブルTVは第三セクター方式ですので、市議の意向が入り込む余地があるかと思われますが、この時期に業者の変更は考える所があります。
単なる偶然なのか、裏で何かあるのか気になりますね。
私はネットは以前からYahooBBを使っていて、光回線が家に繋がっている現在ももADSLのままです。携帯もソフトバンクだし、ユーザーからすればソフトバンクのような反日の立ち位置の企業が今後どのようになるのかも楽しみ?の一つです。この状況でそれらを変更しない私もある意味脳天気かもしれませんが…

剛田たけし
渡邉哲也 ‏@daitojimari 7時間7時間前
国際テロ規制を満たす為に必要な共謀罪創設に合わせ、外患罪 外患誘致、内乱罪の最低刑引き下げが必要 最低刑を引き下げる事で、立件が容易になると同時に国際テロ指定ができる。

カミカゼ ‏@mynamekamikaze 7時間7時間前
カミカゼさんが渡邉哲也をリツイートしました
その通りだと思う。
司法権だけでなく、それを補う形で行政権でも多少融通が利くよう、立法(国会与党)にも働きかけるべきかと思われる
例えばテロ対策やそれに伴うガサでも、司法権(裁判所)だとタイムラグや情報漏れの恐れもあるので。
アメリカは対テロ予防法の一環として、国家情報長官(実質CIA)を主として、テロ対策を推進してる。ま、日本じゃアメリカのような情報機関(ないとは言わないが、現状では限定的)の動きは難しい。
逆に、欧州はというとフランスを例に挙げると、内務省国家警察総局(警察庁)の国土監視局(国交省)にテロ対策課が置かれ、国内テロについては、同総局の総合情報部(警備部)が情報収集に、同総局の司法警察局(公安)が捜査に当たっている。
つまり、内閣の行政権で取り締まりができる。
このフランス方式、警察庁も実はかなり前から目をつけてる
立法府や行政府でうまくいけば、日本でも迅速なテロ対策ができる。
渡邊さんとの意見も併せて、こういうものも視野に入れて、対策すべきだろうね。
とのことです。官邸メールに取り入れていただけないでしょうか?

とろりん。
余命様、余命スタッフ様、いつもありがとうございます。
>竹島奪還作戦→売国奴あぶり出し→売国奴告発→在日特権の剥奪→半島へお帰り
日本に紛れ込んだ国籍離脱証明未提出の帰化人はどうなるのか心配です。
日本からの問い合わせに韓国が応じてくれれば、良いのですが。

.....別に心配することはない。離脱していなければ朝鮮人だ。それだけの話だ。

うさぎもちこ
お世話になっております。余命じい様、親族の登録を快諾くださり、どうもありがとうございました。
「1133 巷間アラカルト195の日本人様」が仰られたことは、「418 2016年1月14日時事」にて同じく恐怖を感じ、投稿いたしましたが、戸籍ロンダリングや財産狙いではなく、「同じ苗字とは同族婚になるため」日本人を相手に…とは、初耳でした。とても興味深いです。
尼崎事件の二の舞を避けるためにも、是非とも魅力的な異性を見つけたいところではございますが、なかなかどうして思うように参りません(´・ω・`)差別レッテルを避けるためにも「民族」「国籍」「遺伝子」とは言わず「顔とスタイル(体型)を一番重視」なんて言ってるものだから、周りから別の意味の大顰蹙を買っている日々でございます…でも、見てればなんとなーくわかりますよね、顔と骨格で(・ω・)!(うさぎもちこ)

草きつね
余命プロジェクトチーム様いつもありがとうございます。
安部総理からは「天時不如地利 地利不如人和」がにじみ出ていましたね。戦えば必ず勝ち、戦うまでもなく目的を達する。余命読者として初心にかえることが出来ました。
まずは竹島奪還運動での保守勢力結集による人の和を、10日の書籍と合わせて楽しみにしています。地の利はおおよその見当はつきますが…。あと、8/9ひらめ様のコメントでのGOサイン解説がとても分かりやすく助かりました。ありがとうございました。

スカ太郎
いよいよ竹島案件ですかw
不謹慎ながらワクワクしてきましたwww
尖閣領海侵入の中国船も一緒にだったらいいのにな
安倍さん、稲田さん、期待してます

.....中国も一緒だよ。これは安倍総理のはめ手で、鳩山も村山も外患誘致罪の告発が可能となった。これ有罪、即、死刑ね。翁長も沖縄新聞2紙も同罪である。10日に官邸メールで取り上げる。

うさぎもちこ
いつもお世話になっております。
③…外患罪適用により背後の安全を確保した後の、コソボ方式ですね。
余命じい様の「近付かないように気を付ける場所」「火種になりそうだなと言われた場所」へは、近付きません。

.....望外のシナリオ進展で、平和的手段の駆逐が可能となっている。

日本の希望
いつも拝見しています。
都内の某所でビル管理の仕事を請負でしていますが、ビルオーナーが数年後にはその地域一体が買収される危機にあるようです。Mタワーのやり方が汚いらしく、裏社会も関わってるとかでその地域一体のオーナー達は立ち退くよう圧力がかかっているのではないでしょうか。
ただここを拝見し、最近の保守への大きな流れと売国奴のあぶり出しと滑落、裏社会勢力の分裂などがリアルなニュースとして感じられようになり、今後の展開次第では裏社会の今までの常道手段が通じなくなるのではと思ってます。
「竹島は日本の領土」いよいよ日本の大掃除が始まる事に期待しつつ個人でできる事と日本人が団結してできる事を焦らず煽らず惑わず分裂せずに一つ一つクリアしていければいいですね。

田舎ママ
有権者の多い老人を覚醒させよう
老人会へ捧ぐ替え歌   「芸者ワルツ」 神楽坂はん子

中国侵略でアジアがゆれる 傍若無人のあさましさ
乱れる国内 暴発寸前!ガス抜き反日、目くらましでしょう

空では日本に攻撃態勢 最初の一手を出させたい
尖閣付近で領海侵犯 これが大戦のはじめでしょうか

キンペーの赤い舌 戸惑う国に 協力しようと誘ったわ
中国責めて 団結しよう! どうせ一緒にゃ暮らせぬ特亜

気強く反撃 いずもに心神 キンペー涙の負け戦
遠く泣いてる在日スパイ 失脚つらさが身にしみるのよ

まかろん
余命様、冗談おっしゃるんだ…笑いました
③は…深い
安倍首相の尖閣への態度は、世界に日本人の忍耐強さを強調するのにも役に立ってますね
敵であっても、人の命を軽々しく扱わない日本人の姿
世界がそれを認めない?認めないのは下辺連中
世界を動かす力のある人達は日本の事をよく見ている
日本人は日本人であるから日本人の事がよく分からない
世界を見てすぐテロ起こしたり、デモ起こしマスコミに煽られて、日本は悪く言われてるとする
確かに世界的に慰安婦問題で日本人を悪者にし、関係のない日系の子等に心無い仕打ちをするカスもいる
日本から金が盗れるとばかりに煽るバカのトップもいる
でもそういうのは知的下辺底辺連中
本当に世界的に力を持つ人達は日本をとても評価している
一時期円が買われてたのも、日本や日本人に安定感安心感がある証拠です
マスコミのヤラセは世界的にしてるから、何時でも日本を悪くしようとしてる
安倍首相は分かっているから今はまだ耐えている
世界で日本の味方をしてくれる先進国は無いから、時を待っている
しくじったら負けるから
チャンスは一度きり
戦闘前はドキドキしますね…
私の周りで毎日遊んで暮らす底辺カスストーカーには嫌がらせでも何でもさせて「遊ばせない」作戦
ライフプライスゼロな連中の最後の足掻き、楽しませて貰ってます
投稿受け付けない、の人は今までも書き込みありましたが、出ない部分で何かあったのでしょうか?それとも元々怪しかった?いきなりでちょっとビックリしました
長々失礼致しました
本格的に暑くなりました
余命様、スタッフの皆様、どうかお身体を一番に考えてください
お気をつけください
いつもありがとうございます

ななこ
余命様、スタッフの皆様、炎暑の中日本再生へのご指導いつもありがとうございます。読者の皆様もより一層覚悟が強まっているように感じられます。
医拳士改め医戦士様、いつも至誠天に通ずるようなコメントにはハッとさせられますが、本日の内容には深く心打たれ思わず画面の前で祈るような気持ちになりました。
そして安倍首相誕生前後の、印象深い出来事を思い出しました。自民党の支持者の方々の反応です。何かの会合で来賓で安倍首相がいらしたときに、女性党員がやや熱狂的に写真撮影をしていたかと思います。いつも冷静な方々が顔を上気させて初めてみるような至福の表情で写っているのです。
そのときふと「安倍さんは、皆の心のプリンスなのだ」と思いました。人間性も政治家としての器も目指す仕事も素晴らしいのですが、それ以上に日本を背負う由緒正しい大きな家の王子様(今は立派な王様ですね)として皆に心寄せられている。それを見て、「政治の世界に本物のプリンスがいる」と感動したことを思い出しました。
プリンスが英邁な王に変わっていく遠大なドラマを見ているようです。歴史が刻まれる過程に居合わせていることに、身が引き締まる思いです。

おかちゃん
どうやらこのまま民進は蓮舫が代表に決まりそうですね。
蓮舫の無能さ、反日はここにおられる方々ならご存じでしょうが、すでにマスコミでは蓮舫称賛がはじまっております。
そうなると無党派層や、政治に疎い方々はあっさり騙されてしまう可能性もあります。
いまだに蓮舫が選挙区で一位をとるあたり、どうしても心配になってしまいます。
今の自民1強を崩しては日本再生はますます遠ざかります。
当面の敵に蓮舫も加えてしっかりと潰していきたいですね。

さざれ石
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
今日は広島市原爆投下の日ですね。合掌。
台湾の国営中央通訊社配信のニュースからの要約です。

国営中央通訊社北京5日電16:59 陸學者:中梵早在改善關係 突破有可能
カトリック協会香港教区の湯漢枢機卿は今日5日文書を公開し、バチカンと北京が司教任命で一応の結果を達成した、すべての愛国教会および地下教会が組み合わさり1つの完全な「中国カトリック教団」になる、この1つの中国カトリック教団が司教候補者を推薦し、ローマ教皇が任命することに賛成すると発表した。
湯漢枢機卿はまたバチカンと中国双方の「外交関係樹立の事前協議」を支持している。
「外交関係樹立の事前協議」につながるバチカンと北京が司教任命で一応の結果を達成したことについて、中国の外交学者・殷弘氏は中央通訊社記者のインタビューに答えて、中国当局はここ数年既に積極的にバチカンと関係を改善し、双方の突破口打開は可能なことだと述べている。
湯漢枢機卿の文書については、自分は具体的な内容は定かではないが、バチカンの前法王と現在の法王は中国との関係改善を続けてきたし、中国当局もここ数年来積極的に関係を改善している。この過程は一度減速したが、いつも進んでいると話す。
また中国は馬英九前政権の初期には既にバチカンと関係改善を展開していた、従って現在の蔡英文政権の両岸関係の立場や陳建仁副総統のバチカン訪問計画と直接関係はないし、このように台湾と関連付ける見方に「あまり賛成しない」と述べている。
国営中央通訊社香港5日電11:49 天主教港區主教:冀促進教廷與大陸對話
カトリック協会香港教区の湯漢枢機卿は今日5日、「中國教會與普世教會的共融合一」と題する文書を聖神研究センターのホームページで発表した。
愛国教会とは中国政府公認の中国天主教愛国会に属するカトリック教会、地下教会は中国政府の介入を拒むカトリック教会を意味するようです。
外国語を読んで聞いてわかることと、それをきちんとした日本語になおすことは別の作業だと痛感しております。自分の勉強不足がバレバレです。
東京五輪開催の頃には、日本の新聞テレビの海外ニュースがまったく必要なくなる無料自動翻訳サービスが始まっているかもしれませんね。以上です。

オレンジチョコ
参院選の選挙違反摘発
8/6北海道新聞に載った記事ですが、ネット上では見当たらないので。
北海道新聞 2016/8/6朝刊 35面
市職員 公選法違反疑い 参院選 週明けにも書類送検 名寄
【名寄】7月10日投開票の参院選道選挙区で、再選した民進党現職の徳永エリ氏(54)陣営の選挙運動をした疑いが強まったとして、道警捜査2課などが、公選法違反(特定公務員の選挙運動禁止)の疑いで、名寄市税務課の男性職員(42)を週明けにも書類送検することが6日、捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、男性職員は選挙運動が禁止されている税務職員という立場にありながら、徳永氏を支援する集会で、徳永氏のプラカード式立て看板を掲示するなどの選挙運動をした疑いが持たれている。
男性職員は名寄市税務課の主査で、市職員労働組合の組合員。市職労が加盟する連合北海道は、今回の参院選で徳永氏を全面支援していた。
公選法は、公務員の地位を利用した選挙運動を禁じているほか、選管職員、徴税吏員(徴税を担当する税務職員)、検察官や警察官など、より公平性を求められる特定の公務員については一切の選挙活動を禁止している。
徳永氏はテレビリポーターなどを経て、2010年の参議院道選挙区で初当選。
現在は民進党道蓮代表代行で、今回の参院選では約56万表を獲得し、再選を果たした。

1136 軍事関連27

高速冷房
現余命さん、二代目さん、スタッフさんこんにちは。

8月10日から新ステージへとの事ですが、偶然(?)にも、ちょうど1年前の8月10日はSo-net時代の余命ブログが遮断。
私達読者が見れなくなった日でもあります。
当時の事を思い出すと、怒りと憤りを覚えますが、結果として在日、反日共が、余命ブログの規模の拡大と拡散と貢献してくれましたね(笑)
その件に関して3つほどまとめてみました。

1、新余命ブログに青林堂から書籍化のメールが届き、余命書籍3冊が発売されてしまった!
やはり書籍化は大きいかったですね。
しかも昨年12月から僅か半年で3冊発売!
そしていずれもアマゾンベストセラー!
旧余命ブログが遮断されなければ、書籍化は不可能だったかも?
余命読者には最強の書籍、在日にとっては最悪の書籍で(笑)
改めて書籍化していただいた青林堂さんには感謝!

2、旧余命ブログの削除で保守系サイトのコメ欄が大荒れ!今まで知らない方々も余命ブログを知ってしまう事態に!

2015年8月10日NewsUS様のコメント欄から引用

余命ブログが見れない。
俺だけか?
Posted by 高速冷房 at 2015年08月10日 15:32
余命3年時事ブログにアクセスできないよ!
在日の妨害??
Posted by ll at 2015年08月10日 15:33
とうとう余命にまで来たか…
Posted by a at 2015年08月10日 15:35
余命さんにアクセスできなくなった!!
「お客さまがお探しのページは見つかりませんでした。」
15:25分にはブログ見えたが、30分頃から見えない!
俺だけか? みんな確かめてくれ。
Posted by at by at 2015 at 2015年08月10日 15:39
余命が見れないよ!と思ったらもう※来てる。
やっぱり、見れないんだ。ついにSo-netが奴らに屈した?
Posted by 名無し at 2015年08月10日 15:40
余命ぶろぐが削除されとるよ
一大事((((;゜Д゜)))))))
Posted by おい at 2015年08月10日 15:49
余命3年へのアクセス不可だわ
何かあったかなあ?
最近の内容はかなり重いからねえ
敵も死に物狂いで潰しにかかってるのかも?
でもネットでの情報拡散は止められないよ
消せば消すほど広がるというのはネットの真理だもんねw
Posted by   at 2015年08月10日 15:51
余命サイト見れなくなってる!
ザイニチども、とうとうやりやがったな
絶対許さない。
余命さんの転載サイトも攻撃される可能性あるから、必要な情報は各自保存の上、拡散をお願いします。
Posted by 背乗り注意 at 2015年08月10日 15:53
(引用終わり)
まだまだありますが僅か20分の間でこの混乱。
他の保守サイトなども同じように混乱しておりました。
そのコメントの数々を見て、余命ブログを知り、そして覚醒された新規さんも多い事でしょう。

3、もともと余命プロジェクトは2015年8月10日に終了するはずだった!?
余命書籍2にもあるように本来なら8月10日に終わるはずだった。
にも関わらず、突然So-netから遮断!
結果、余命プロジェクトは新余命ブログを立ち上げ、大量の官邸メール、すみれの会支援、大和会支援などなど…。
旧余命ブログよりも、数倍規模が大きくなってしまいました(笑)
今となっては、ある意味遮断したSo-net、在日には感謝です(笑)(笑)(笑)

.....ソネットの削除については、余命への通知が複数の在日組織からの削除要請とあって、普通この手の削除要請には依頼者が明示されるのに、最初から隠蔽しているという不思議な対応であった。そして明示がないまま、突如の遮断である。
このあたりは過去ログ「余命ブログ削除の裏側」に記述してある。
5月5日も8月10日も、余命ブログの終了は運営費の問題であった。アフィブログではないからブログからは1円も収入はない。現余命のバックアップだけでの運営では限界がある。ましてやボランティア活動をいくつも抱える年金爺である。放置が最良の策だったのである。結局遮断して大事になってからの放置作戦は証文の出し遅れだった。
風邪をこじらせて肺炎になってから、大量に風邪薬を投与しても手遅れだよな。
まあ、結果が出たら一冊書こう。

こたママ
皆様、いつもありがとうございます。
稲田防衛相起用の報道について、AFP通信の山口真理記者の記事は、米国での他社報道と比べてもピカイチで酷いです。それに呼応したリテラの小杉みすず記者の記事「稲田朋美防衛相の軍国主義思想にロイター、AFPなど海外メディアが一斉に警戒感! でも日本のマスコミは沈黙」(ttp://lite-ra.com/2016/08/post-2472.html)がまたわざとらしくて腹立たしい。手口が伏見氏とそっくりなのは偶然でしょうか。

いよいよ、なのですね。
忌々しい「ジャーナリズム」のお清めも始まるのですね。

日本に居住する者については日本人・在日朝鮮人・帰化人・外国人に関わらず外患罪対象として、国外に逃亡した反日記者たちの扱いはどうなるのでしょうか?日本に入国できなくなるだけ、あるいは同盟国アメリカからは身柄引き渡しもありとか?
例えばWSJの林由佳記者は2015年8月からワシントン勤務、関口陶子記者は2015年7月を最後に記事を挙げていません。また、NYTの大西哲光氏はカナダ国籍を取得して世界各地を飛び回っているようです。訪日してエボラ騒ぎを起こしていましたっけね…(こたママ)

主婦です
ちょっと思ったことですが・・・
8月3日に秋田県沖に落ちたミサイルに、自衛隊が情報を掴めなかったから対応していなかったとか・・・そんな話もありますが、そんなはずないですよね。
青森県と京都府のXバンドレーダー(アメリカ軍のAN/TPY-2)で、朝鮮半島は全域見張っています。なにか打ち上げたらすぐ分かる。
気象衛星ひまわり8号は、日本近海は2.5分に一回観測していて、夜間も赤外線で2kmの範囲の精度で地表を見つめているようです。移動式発射台とか色々見えそうですが・・。
ついでに他の人工衛星の「だいち2号」は、地震や火山活動による地殻変動や隆起などの地表面の動きを数cmの精度で捉えることができます
太陽光ではなくで観測を行うので、昼夜、天候を問わず観測できるのが特長です。
とか、海水温度、大気中のオゾンとかのガス濃度を観測する衛星やら、通信衛星やら、いつの間にかお空から一杯見守ってくれているみたい。
ちょうど組閣時期だったから、防衛大臣にミサイルを見逃した泥を被ってもらって、後任者がミサイル防衛予算増額ゲット!?
だったらいいなあ(笑)

こんなのも見つけました。
<宇宙基本計画 内閣府 H28>より
しかしながら、平成 25 年 1 月の「宇宙基本計画」策定後、我が国の宇宙政策を取り巻く環境は大きく変化している。
我が国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増し、我が国の安全保障上の宇宙の重要性が著しく増大している。
一方、我が国が自前で宇宙開発利用を行うための宇宙産業基盤は揺らぎつつあり、その回復・強化が我が国にとって喫緊の課題となっている
安倍首相、やる気ですね。
この路線で行けば、米軍との安全保障条約でもより対等の立場に立てる。
ユーラシア大陸の情報を掴めば、米国も日本を無碍にはできない。
日本の主権を取り戻すのだ!! (主婦です・熱暴走気味)

かたかごの乙女
かたかごの乙女改たかさごの乙女
余命様、皆様お疲れさまです。
いよいよ、竹島奪還大作戦の始まりですか❗️
ただいまは外務省の金庫の中に眠っている書類。
野田政権時に李明博大統領が竹島に上陸したことを受け、日本政府は数ヶ月かけてハーグの国際司法裁判所に、竹島の日本の領有権を確認する、国際司法裁判の訴訟手続きの書類。
オランダはハーグ国際司法裁判所にいよいよ提出する運びになったのでしょうか…

.....「竹島奪還大作戦」というのは「在日、反日勢力駆逐作戦」だからね。竹島奪還運動にヘイトスピーチ法で抵抗はできない。よって日韓関係をいじることはない。

AIKOKU
.....安倍総理も余命も狙いは③である。すでに3年前から、そして最近も続けてヒントを記述している。余命は2015は極限値。安倍総理は2016年は精算の年と言ってきたことをお忘れかな。エッ、③がない????。

③とは何ぞや? 在日朝鮮人の排除が目的ならばと私の錆びかけた頭で考察してみました。
一つ目は、余命さんは稲田防衛大臣がきっかけと言ってましたので、まずは終戦の日に堂々と靖国参拝を行う。このことで火病にかかった特亜の暴発を期待する。
中国の指導部と軍も一枚岩ではなさそうで、これは日本やアメリカにとってプラスはあってもマイナスはない展開では。
二つ目は、希望的ですが、韓国の経済をつぶすことで(スワップ停止やサード配備による中国からの制裁など)もう在日の資産しかあてにできないとパクおばさんに思ってもらうこと。
1000年恨むおばさんが来日する予定もあるらしいですし、この時に祖国へのお引き取りの話があるという展開。韓国主導なら大歓迎ですし、在日も怒りの先がパクおばさんですしね!
長い文章になりましたが余命さん当たっていますでしょうか?

.....安倍総理の究極の平和作戦だからね。もうすぐわかるよ。

田舎ママ
ネットニュース 産経新聞
中国海警局の公船2隻が7日午前、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に侵入した。外務省の杉山晋輔事務次官が中国の程永華駐日大使に強く抗議したが、同日午後にも2隻、夜に1隻が領海侵入。杉山氏は2度にわたり程氏に抗議した。また中国公船6隻が相次いで領海外側の接続水域に入り込み、尖閣周辺で確認された中国公船は6日の計7隻から計13隻に増えた。尖閣周辺で同時に確認された中国公船の数としては過去最多。周辺では約300隻の中国漁船が航行しているとみられ、中国公船と中国漁船による接触事故も発生している。
7日午前10時ごろ、尖閣周辺の領海に中国海警局の公船2隻が相次いで侵入、約35分にわたり航行し、接続水域に出た。この事態を受け、杉山氏は7日午前11時25分ごろ、程氏に「主権侵害であり断固として認められない。現場の緊張を著しく高める一方的なエスカレーションで決して受け入れられない」と抗議した。
しかし、7日午後にも中国海警局の公船2隻が相次いで領海に侵入したほか、同日夜にも1隻が侵入した。中国当局の船が尖閣周辺の領海に侵入したのは5日以来で、領海侵入したのは「海警2166」「海警33115」「海警35102」「海監8003」の4隻。「海警33115」は2度侵入した。
海保の巡視船が領海から出るよう警告すると、「中国の管轄海域で定例のパトロールをしている。貴船はわが国の管轄海域に侵入した」と応答があった。
中国公船は5日にも中国漁船と同時に領海侵入しており、その際も杉山氏が程氏に抗議したばかり。日本政府による抗議は3日連続となった。尖閣の領有権を不当に主張する中国が、日本政府による連日の抗議を無視する形で対日攻勢を強め、東シナ海は緊迫の度合いが増している。
以上引用終わり
日本はいつブチ切れるでしょうか?現状を報道しないので、周りは全く危機感がありません。上陸されるまで何もしないのでしょうか?それも作戦ってあり得ないと思うのですが。

時事真実
余命様、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。
領海侵犯する中国は、撃沈していいレベルと思いますが事情もいろいろあるのでしょうね。
8月15日全閣僚の靖國参拝をして、全世界にアピールすべしと官邸メールしたところです。
10日から新展開との事。暑い日が続きます。ご自愛ください。

.....中国の日本への本格的進行は不可能であることはわかっている。安倍政権としては、これを利用して国内の売国奴の一掃を図ろうとしている。よって、一時的に上陸も容認するかもしれないな。機雷の準備も整っていて、p1とp3cで1日で500は航空敷設できる。軍事的には何も問題はない。

真太郎
防衛出動は、総理の命令だけで可能であり、国家承認は事後で構わないとする理由をもう少し詳しく説明します。

事態対処法⇒『事前の国会承認を原則とする』(←例外があるとを含みを持たせている。)
国際平和支援法⇒『事前の国会承認を例外なく求め』
更に言えば、総理の事態対処の決断に国会で反対した者はそれだけで外患誘致罪になるので反対出来ない。
(防衛白書より抜粋)
•事態対処法制などの改正
•事態対処法において、わが国が対処すべき事態として、武力攻撃事態等に加え「存立危機事態※1」を新たに追加。
•存立危機事態に際しても、自衛隊の主たる任務であるわが国の防衛のため、防衛出動を命ずることが可能になるとともに、武力攻撃事態に際しての防衛出動と同様、『事前の国会承認を原則とする』など、関連する法律について所要の改正を実施。

•国際平和支援法の制定(新規)
•国際社会の平和及び安全の確保のため、「国際平和共同対処事態※2」に際し、わが国が国際社会の平和と安全のために活動する諸外国軍隊等に対する協力支援活動、捜索救助活動、船舶検査活動の実施を可能とする。
•対象となる諸外国軍隊等の活動については国連決議などを要件とし、国際平和共同対処事態に際し「現に戦闘行為が行われている現場」では実施しないなど、他国の武力行使との一体化を回避する措置を規定。
•『事前の国会承認を例外なく求め』、自衛隊の活動が2年を超える場合には再承認が必要。