0198 神奈川県弁護士会答弁書

「正義の悪党」「悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量、小倉秀夫君、みなさん、おはよう!元気かね。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

コメント1  プライバシー侵害損害賠償訴訟答弁書

完全にピンボケ答弁書になっている。訴訟関係であれば、個人情報の開示は許されるということなのだろうが、さすがに無理だろう。訴状の個々の部分の対応関係はそのままに、とりあえず全文を記載しておく。嘘を隠すにはまた嘘をつかなければならない。そしていいわけは長文になる。

 神奈川県弁護士会は、前回の照会書がよほど気になっているようだが、まあ、このままいくと嶋﨑量と心中ということになるのは必至である。

 なぜそこまで必死になるのかわからない。たぶん強烈に都合の悪いことがあるのだろう。 受付の日付と懲戒請求書の記載日に疑惑があり、暗に事務員の関与にまで言及しているのはアリバイつくりか?

しかし、それは事実関係を認めているようなもので、現場は大迷惑であろう。

 この名古屋の件は京都地裁のプライバシー侵害損害賠償裁判の関係だと思うが、たぶん移送申し立てが出ているはずだ。高松地裁、仙台地裁ほか、全国でかなりの提訴があると聞いている。すでに訴額が10億円を超えているという事案であるから、逃げが効かない状況である。

 答弁の理由に「本件請求と同趣旨の請求をしており、本件訴訟は重複する訴えの提起を禁止する民事訴訟法第142条に違反する不適法な訴訟である」とのたまわっている。

 じゃあ、嶋﨑量、佐々木亮、北周士の懲戒請求裁判はどうなの?という話だよ。

 まさにダブルスタンダードである。弁護士よ恥を知れ!!

584e0a_615624f0f8f64ba19e2b9e2089a272b2_mv2

584e0a_820e9838e2ee4b1e885dc2fe3c7c637b_mv2

584e0a_f067c28daf704b70b6cb37b5b4a57164_mv2

584e0a_8a5517ad727c44d8a430b4e85b5d6b74_mv2