0192 訴訟2題

 悪徳弁護士トリオプラスワン」「悪徳弁護士詐欺集団」「在日コリアン弁護士プラス反日弁護士集団」「諸悪の根源日弁連」......。

 神原元、佐々木亮、北周士、嶋﨑量君、みなさん、こんばんわ!元気かね。

 それにしても、和解者に謝罪させ、金を取った上に提訴とは、まさに鬼畜、法匪のなせるわざである。この件、一歩間違えば、戦後最大のスキャンダル、造船疑獄レベルまで発展しかねない。安倍総理の指揮権発動が楽しみだね。

 訴訟において、原告が犯罪を犯した場合に、その代理人の責任がどこまで及ぶか非常に興味がある。訴因に関与している場合の割合である。

 今般、和解金詐欺事件が発生した。直 接には「令和元年(ワ)第16126号損害賠償事件」であるが、代理人に嶋﨑量がおり、この関係には「和解のご提案」なる怪文書を送付している西川治、山岡遥平のような弁護士がいる。刑法犯であることは間違いないが罪状の特定が難しい。

 すでに、代理人弁護士を含めて、全員が告発済みである。

佐々木亮、北周士、嶋﨑量、神原元、金竜介、宋恵燕、姜文江、西川治、山岡遥平、兒玉浩生、倉重公太朗、田畑淳、向原栄大朗、山田祥也。

告発という以上、もちろん刑法犯であるが、それぞれの行為に合った罪状で告発している。

事実証拠で固めており、法のプロとはいえ、逃げるのは難しいだろう。

     今後の提訴について①

嶋﨑量や佐々木亮、北周士の提訴時効があるように、こちら側にも提訴時効がある。

ここ数稿でアップしている乙第4号証と乙第5号証がそれで、いずれも9月である。

 2019年10月8日の東京弁護士会会長声明が本当ならば、そして乙第2号証、乙第3号証が事実ならば、そして、乙第5号証と乙第6号証が、神奈川県弁護士会から提供された真正な資料であるならば、神原元と宋薫燕リストに懲戒請求日が空白にもかかわらず、提訴された者、あるいは氏名をさらされた者には、損害賠償の権利が発生する。

プライバシー侵害損害賠償

有印私文書偽造行使

不当提訴

いずれにしても平成29年(綱)第14619号~14804号ということから、令和2年中には時効がくる。あきれたことに、この約半数の方が提訴されているのだ。ただ、とられるのは勝手だが、少なくとも提訴すれば100万単位のゲットが可能である。泣き寝入りすることはないと思うので、心当たりのある方はお問い合わせをどうぞ。

584e0a_3811a0a54d9143fa82868844c8523699_mv2

584e0a_d1887def01ef41648b7c281c79c04392_mv2

584e0a_95c75e9492684eb6b19bb7d0a1a19825_mv2

584e0a_b1d18c91b7114c41bdc53325a96e6b3b_mv2

584e0a_d36a20b09046470bad4ed66ec6505df8_mv2