日別アーカイブ: 2019年5月31日

0042 偽造懲戒請求書⑪

弁護士ドットコム

弁護士を懲戒請求した際に書いた住所・氏名をもとに記者会見を開かれて、誹謗中傷されたなどとして、懲戒請求者の8人がそれぞれ、東京弁護士会に所属する金竜介弁護士ら2人を相手取り、損害賠償100万円の支払いをもとめた訴訟の第1回口頭弁論が5月29日、東京地裁であった。弁護士側は、請求の棄却をもとめた。

●原告は、弁護士を懲戒請求していた

弁護士の懲戒請求は、「余命三年時事日記」というブログが発端となって、2017年に全国レベルで大量におこなわれた。このブログは、朝鮮学校への補助金交付などを求める各弁護士会の声明に反発して、読者に懲戒請求を呼びかけるものだった。

原告8人は2017年、金弁護士ら2人を含む東京弁護士会に所属する弁護士18人に対して懲戒請求をおこなった。このうち8人は、名前から在日コリアンと推認されるだけで、東京弁護士会は2018年4月、金弁護士ら2人を懲戒しないと決定した。

制度上、懲戒請求者の住所・氏名は、対象弁護士に知らされることになっている。

.....偽造懲戒請求書とは言えないのかな。不備で受け付けられない懲戒請求書が偽造されて損害賠償請求裁判の事実証明に使われているのだ。

<このブログは、朝鮮学校への補助金交付などを求める各弁護士会の声明に反発して>

じゃないよ。「憲法違反」だといっているのだ。弁護士得意のすり替え詭弁か。情けない。

コメント1 思い出の保守速報(森田浩美裁判長)

「保守速報」の記事掲載、差別と認定 地裁が賠償命じる

大貫聡子 2017年11月16日19時41分

 ネット上の差別的な投稿を集めて掲載され、名誉を傷つけられたとして在日朝鮮人の女性が、まとめサイト「保守速報」を運営する男性に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であった。森田浩美裁判長は、運営者に名誉毀損(きそん)や差別の目的があったと認定し、200万円の支払いを命じた。

 訴えていたのは、大阪府東大阪市在住のフリーライター李信恵(リシネ)さん(46)。原告の弁護団は、まとめサイト運営者への賠償命令は「我々が知る限りで初めて」と評価した。運営者側は控訴する意向。

 判決によると、運営者の男性は2013年7月から約1年間、保守速報に、匿名掲示板「2ちゃんねる」などに書き込まれた李さんを差別や侮蔑する投稿を、編集した上で掲載した。

 判決は、李さんへの「頭おかしい」「朝鮮の工作員」といった表現は、社会通念上許される限度を超えた侮辱にあたると認めた。「日本から叩(たた)き出せ」などの記述は排除をあおり、人種差別にあたると判断。容姿などの揶揄(やゆ)も挙げ「名誉感情や女性としての尊厳を害した程度は甚だしく、複合差別だ」と述べた。

 運営者側は「情報の集約に過ぎず違法性はない」と主張していた。しかし判決は、表題の作成や情報量の圧縮で内容を効果的に把握できるようになったと指摘。「2ちゃんねるとは異なる新たな意味合いを有するに至った」とし、引用元の投稿とは別に、憲法13条が認める人格権を侵害したと結論づけた。

 判決後に会見した李さんは「大人も若い世代も見るまとめサイトに差別があふれていてはいけない。被害が認められてほっとしている」と述べた。「ネットにはフェイクニュースやデマもあふれている。判決が自浄効果をもたらせばいい」とも語った。

 ヘイトスピーチに詳しいジャーナリストの安田浩一さんは「ほかのまとめサイトへの抑止力になることを期待したい」と話す。だが訴訟のハードルは高く「掲示板やSNSの運営者自身が、差別的書き込みを取り締まるなどの取り組みが必要だ」と指摘する。

(大貫聡子)

.....懲罰的金額と判決内容から、かなりの偏向裁判官という認識だったが、それが大阪地裁から東京地裁にきており、今般の金竜介と哲敏裁判の担当裁判長だというから驚いた。真打ち登場で結果が見えているのつまらないが、本件は国民注視、公開裁判みたいなものだから在日の勝ちにもっていくには少々やりにくいだろう。

コメント2 有印私文書偽造行使の追加

令和元年5月29日現在で確定している有印私文書偽造若しくは有印私文書偽造行使の対象者。

 神奈川県弁護士会綱紀委員会と事務局は弁護士の有印私文書偽造行使が確定したあとの有印私文書偽造という流れになる。訴訟のような目的外行使が伴わない場合、記載日の記載だけでは犯罪要件を満たさないからだ。

 東京弁護士会も同様であるが、東京弁護士会は神奈川県弁護士会とは違い、受理印のない、つまり受付印のない、受付窓口で除外されたと思われる不備懲戒請求書に記載日を記入して裁判に使用していることから極めて意図的で悪質性が高い。

 本件は、提訴は大阪地裁であるが原告は佐々木亮と北周士で東京弁護士会所属であることにご注意。

大阪地裁 第22民事部 平成31年(ワ)587号

裁判長 龍見昇

裁判官 新海寿加子

裁判官 菅野裕輝

書記官 白井克典

原告 佐々木亮と北周士

代理人 弁護士 山田祥也

佐々木亮

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

北周士

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

兒玉浩生

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

倉重公太朗

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

嶋﨑量

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

田畑淳

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

向原栄太朗

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

山田祥也

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  M

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  K

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  T

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  I

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  H

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  Y

有印私文書偽造行使  平成31年(ワ)587号  S

広告

0041 偽造懲戒請求書⑩

偽造にもいろいろあるが、とにかく、このケースは悪質である。

弁護士会事務局の窓口のいくつかは、記載日が未記入の懲戒請求書を不備欠格として受理しなかったことはわかっている。

 その記載日が未記入で受付されなかった懲戒請求書に記載日の年月日を記入し、事実証明として損害賠償請求裁判に使ったのが佐々木亮と北周士である。

 また、事由の違う事件を合わせて提訴しており、まさに法匪としかいいようがない。

事件がダブっているのは事由の違うものが併せて提訴されているもので間違いではない。

 この事件は横浜地裁神原元7億2000万円訴訟、金竜介哲敏と3本の流れで進行しているが、元は一緒なので近々、まとまり次第、刑事告発することになるだろう。

北周士

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

佐々木亮

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

兒玉浩生

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

倉重公太朗

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

嶋﨑量

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

田畑淳

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

向原栄大朗

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

山田祥也

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 Y

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 T

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 K

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 O

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M

有印私文書偽造行使 平成30年(ワ)39431号 M