2665 2018/08/19アラカルト①

尖閣諸島は沖縄、竹島は島根。
お盆休みを利用して住民票のある役場へ個人情報開示請求に行きました。ちょうどお昼時で、職員らしき人が黙祷されている様子があり少し安心しました。
何故か緊張した雰囲気の担当者を相手に2年分の調査依頼内容を所定の書類へ記入しました。2週間をめどに調査検討して連絡するとのことでした。
今後に関しては、当該自治体では情報を取られた場合に本人に通知することはしていないため、定期的に同様の申請をする必要があるとのことでした。
個人情報を勝手に取られても本人には知る術がない、たとえ自分のように請求しても取った側の情報が開示されない(事がある)というのは個人情報保護法の観点からおかしいという点を強く指摘しました。
戸籍は別の自治体にあるため、そちらは別途請求する予定です。

 

日本発信
皆様お疲れ様です!私は960人会の一員の筈ですが、投稿を兼ねて決意表明の意味で書き込みさせていただきました。
アメリカでも日本でも…フェイクニュースに騙されるな?
けれど相変わらず何がフェイクニュースなのかさっぱり不明のまま。
どこが?だれが?何を?どう【5W1H】全てが曖昧。
そしてこのフェイクニュース問題、言論機関の頂点であるTV・新聞が大騒ぎしていることが何より意味不明であり馬鹿馬鹿しくて可笑しくなります。
ネットも含めて、【あらゆる情報伝達網の頂点にいる】【全て自己解決可能な報道機関】【寧ろ問題解決義務のある】側からわざわざ問題提起しているというのですから滑稽です。
ネット上に限らず重大な嘘捏造の情報はもはや犯罪です。
言論機関の頂点に鎮座している報道機関がまるでネット社会の被害者であるかのような論調のフェイクニュース騒動。
報道番組やドラマまで作って…もう馬鹿さ加減丸出しですね。
【自分たちの立ち位置・社会的使命・与えられた能力】を自ら全否定できるなど職務放棄宣言しているようなものです。プライドというマスコミの辞書にはないようです。
報道機関は国家・国民の利益に関わる事実については、誤情報・捏造に関わらず整理分析して発信する義務も能力もある筈です。
ネット上に重大なフェイクニュースがあるなら、寧ろ取り上げて詳細を大々的に報道しなければならない事件です。
本来そうならないように、問題に発展する前に解決できるアンテナ・情報網を持っているはずなのですが。
あらゆる情報伝達網の頂点にいて自己解決可能な報道機関側は事実を曖昧にすることなく5W1Hで正確に詳しく報道すればフェイクニュースは限りなく自然淘汰されるはずです。それがマスメディアの能力です。その能力を自己否定するメディアが滑稽です。
小学生の教科書にも載っています
読み書きのツボ
いつだれがどこでなにをした【5W1H】という情報伝達の基本。
当たり前の仕事をしていくだけで全て解決することです。
もう現存放送局はこんなことさえやらず、毎日しつこく同じニュースを使いまわして垂れ流す余裕があるのにフェイクニュースで大騒ぎして恥ずかしくないのでしょうか?
そもそも…フェイクニュースは【性善説に基づき信用信頼されている報道機関による捏造・印象操作・情報操作・言論弾圧】を指していると思っていましたが。

 

風車の弥七
胡散臭いNHKの訪問者とは、犬・・・あっち系(朝鮮人)でねーの?
余命漫画読まさせていただきました。日記よりも内容がコンパクトにまとまっていました。今まで漠然としていましたが、やはり余命様が一番問題視しているのが在日韓国朝鮮人なんですね。あとの反日日本人、中国人などは、彼らが片付けば(半島へ帰化人を含め一人残らず帰国してもらう)なんとでもなると。
ここからは私の希望です。すべてのことが片付いたあとNHKを解体して、在日史(共産党などを含む)の大河風再現ドラマ・ドキュメンタリーを見てみたいですね。
今までお花畑の人達も興味を持ち、毎日のように学校で、職場でその話題で持ち切り、次の日曜日まで待てない。1年かけてじっくりと放送すれば、なぜ在日が帰国しなければならなかったか理解できるでしょう。
本当は今見れれば、覚醒しない日本人はいないんだけどなあ(今できないのが悔しい)。

 

踊る愛国者
毎年この季節になるとNHKが戦争特集をたくさん、これでもかというくらい放送します。戦争大好きなんですねNHKは。
悲惨な戦争は二度と起こすまい、というのは賛同できるとしても、いかにして戦争を起こさないかということがほとんど述べられておらず、とにかく戦争を放棄すべきだの一点張りで、結局のところ侵略者が来たら土下座して命乞いすれば許してもらえるという幻想を押しつけようとしているようにしか見えません。
たとえば刃物を持った強盗が押し入ってきたときに土下座して許しを乞えば被害を受けずに済むのでしょうか。ナンセンスです。
戦争を起こさないためには、戦争にならざるを得ないような状況に追い込まれないような外交戦略や、手出しをすればタダでは済まないと相手に思わせるような防衛力が必要です。
NHKは中共や朝鮮人のための放送局ですから、日本が武力放棄して土下座して命乞いするような国である方が当然都合がいいわけですね。NHKには吐き気がします。

 

琵琶鯉です。
翁様、事務所の女神様、先日は、お電話頂きとても嬉しかったです。正直、夏の暑さがぶっ飛び元気になりました。
さて、NHKの中村雄一郎氏が、都内を弁護士会から流失した懲戒請求者の名簿片手に徘徊しているようですね。
法律の専門家が、個人情報を公共放送(NHK)に流している。確かNHKにはシバキ隊の今織里氏がまだ、在籍してましたよね。まりん様などからデータを頂いておかれてはいかがでしょうか。
どうぞ、ご検討のほど宜しくお願いします。(琵琶鯉)

 

余命様
ぴぐじと申します。いつもお世話になっております。
今頃で大変恐縮に存じますが、幾つかご連絡申し上げます。なお、コメントは初めてです。
先ず、武蔵小杉合同法律事務所からの5/17付「通知書」の件ですが、姜文江、宋惠燕両弁護士を代理した神原元弁護士が、1名につき慰謝料5万円(計15万円)を請求し、添付「合意書」の返送&上記慰謝料振込無き場合は、更に、計250万円(神原50万円、姜100万円、宋100万円)の慰謝料を請求する損害賠償請求訴訟を提起する、という内容のものでした。本件いまだに放置しておりますが、当方の宛名には黄色のマーカーで下線が引いてありました。
次に、個人情報開示請求の件ですが、過去3年間請求は無かった旨の7/13付「保有個人情報不開示決定通知書」が当方居住の市役所より送付されて来ました。念の為、今後第三者からの開示請求があった場合の本人宛通知制度の適用を申請致しました。
追伸
先日、余命様より自宅にお電話賜りました。どなたか別の方宛の間違い電話だった様に思うのですが、突然の「余命です。」のお言葉に気が動転して仕舞いました。普段、外部からの電話には極力警戒して対応しておりますので、余命様に失礼がなかったか心配致しております。なお、その日は、余命様の爽やかなお声のトーンが頭に残り、とても幸せな気分で過ごせました。時節柄お身体ご自愛下さいませ。

 

NHK?襲来
今回はハンドルネームを変えます!
我が家にもとうとうNHKの中村と名乗る人物が来ました。
「一切心当たりが無い」と言って相手にしなければ良かったかな?と今頃思っていますが(笑)ついつい相手をしてしまいました。
『余命blogのことで聞きたいことがある』と言うので、
私が『どうして私の個人情報を知っているのか?』と聞いても、『それは言えません』の一点張りでした。
なので『私も何も言えません』と伝え、それで110番致しました。その後は警察官の方が対応して下さり、
その後『余命三年時事日記』というblogについてしつこく聞かれた旨お伝えしました。
あまり詳しく書くと、中村御一行様(3人だったそうです)に身バレして、粘着されると嫌なので、これ以上書きませんが、もっと具体的な内容が必要でしたらご連絡下さい。
と言っても、それ程内容のある会話でも無かったですが…。
警察の方が、取材目的ならまず取材の申し入れがある筈ですよね…と仰っていましたが、本当に取材という言葉は1度も使わず『聞きたいことがある』とまるで個人的な質問みたいな言い方を通していました。
腹を括っている私でも、とても嫌な感じを味わいましたので、やはり恫喝目的でしょうか?

 

匿名
とりあえず以下のご報告です。
NHKの中村と称する方からの取材の申し込みがありました。
ドアフォン越しでの対応でしたが、午前と夕方、同じ日に2回来られたようです。いずれも私は不在でした。
午前は家族が対応して本人不在であることをお知らせしましたが、何やらしつこく私の情報を聞き出そうとしていたようです。
夕方の時はみな留守でしたので、ドアフォンの記録に残るのみでしたが、残る映像から判断する限り複数人(最低4名)おられるようでした。110番するに至る顛末となればまたご連絡したします。
個人情報の開示請求の履歴の有無について、住民票についての問い合わせをしておりましたところ、先週、該当の請求が1件あったという報告がありました。
ただ、最初の窓口では請求者の開示までは扱っておりませんでしたので、今週になって別窓口にてその開示を求める手続きをいたしました。現在、開示可否の判断待ちです。
(覚悟はしておりましたが、いずれも都内ですので先方もやりやすいのでしょうかね)
960人の会の調査票についてはお送りしたはずですので安心しております。

 

はちべえ
いつもありがとうございます。
お盆前に懲戒請求の結果が出たので取りに来て欲しいと役所から連絡が来ていまして
本日取りに行って来ました。
過去3年分の戸籍と住民票を調べてもらいましたが戸籍の方は何もなし、
住民票の方も取得は既知のものともう一つありましたが、今回気になっていた請求先ではありませんでした。
あちこちなんだかやかましいようですが気にせず参りましょう。
暑い日がまだまだ続きますので皆さまどうかお健やかにお過ごし下さいますよう。

 

realize
余命様
スタッフの皆様
毎日の御活動ありがとうございます。
NHKのナカムラを名乗る人物(声からして男性)から電話がありましたことをお知らせします。

 

サッチン
余命様、余命PTの皆様、
昨日16日にNHK中村雄一郎なる人物が来て、外出中の録画画像だけでなぜわかったのかを説明不足でした(汗)
どなたか御指南されましたが検索したらすぐ本人画像が出てきて、それと見比べてあいつが来たとわかりました。

 

中越農民
本日8/18の14:10頃にNHKのタカヒラを名乗る男より電話ありました、余命三年時事日記についてかなりしつこく取材という名の脅迫めいた話をしていました、お前は既に射程内に入っているぞ、てな感じなんですかね?
市役所への個人情報開示請求の件、該当なしでした、ついでに開示請求があった場合のお知らせも申しこんで来ました。
ところで960人の会に参加できてますでしょうか?5万円の振り込みも済んでいます。

.....OKだよ。

 

日本の小石
余命様、スタッフの皆様、この暑さの中 毎日の御活動 誠にありがとうございます。
960人の会の登録に 小生分含まれていますでしょうか。
お忙しいところ申し訳ありませんが、御確認をお願い申し上げます。 調査表はお送りしました。
(昨日 発信しましたが、送信出来たのかどうか どうも判別しずらく再送致しました。申し訳ございません。)

.....調査票は届いていない。大至急お願いしたい。

 

MGY
余命様,スタッフの皆様,日本再生の活動を有難うございます.
ご存じとは思いますが,行橋市の小坪しんや市議のHPに弁護士会を含めた各士業の懲戒請求についての回答があり,昨日のエントリーで弁護士会の回答内容が公開されておりました.
結論から申せば懲戒請求者の情報(氏名及び住所が明記された懲戒請求書の副本または謄本)は各弁護士の元に添付して送っているとの事です.
またその情報の開示の根拠規定は各弁護士会の「網紀委員会及び網紀手続規定」中の「調査開始の通知」に関する規定であって,この規定の運用について問題があると弁護士会は考えていないみたいです.
ここに記述した内容はHPのほんの一部ですが,非常に大事な情報と思いますので,コメントさせて頂きました.

 

さとし
「在日朝鮮人から見た韓国の新聞」ブログを運営している元在日3世(現在は帰化済み)の金田正二さんが書いた「差別された韓国で気づいたふるさと日本」という本を読みました。
本は在日社会の内情をよく表していて「余命本」に書いてあることが「本当だ」ということを裏付ける内容になっていると思います。金田正二さんはまだ帰化していない在日や反日帰化人に考えを改め、日本のために行動する様にさとしているのですが・・・・はたして間に合うのか・・・
いずれにしろいろいろ参考になる本だと思いますので紹介いたします。

広告