日別アーカイブ: 2018年7月21日

2611 2018/07/21アラカルト④

藤原
余命さん、余命スタッフの皆さん、こんにちは。お久しぶりです。
暑いですね……。
生来身体内部的に抱えている問題と、法事で頭と体力がグロッキー気味状態ですが――長芋や豚肉等精力付けて、粛々と直押し・夏の暑さを凌いで・ストレス解消を図り、私なりに頑張ってます。
余命さん、余命スタッフの皆様、何時もありがとうございます。
ですが忘れずに、お体と精神をお労り下さいますよう。
上記に挙げた身体状態ですが、ボーと余命記事の 2606 と 2607 を視てた為だか、一つ事柄を思い出しました。
下記に挙げますが、すいません長文です。
それと、既にご存知の事柄でしたら、無駄足?というのか? どういう文言だか表現になるのか――ともかく、お手数をおかけしてしまう事となりますが、ご容赦頂ければ有り難いです。
↓     ↓
【ジュネーブ発=李相英】国連社会権規約委員会による日本政府の報告書審査に際して今月28日からスイス・ジュネーブを訪れている朝鮮学校オモニ代表団が、「高校無償化」制度からの排除をはじめとする日本政府の朝鮮学校に対する差別的政策の不当性を国連の場で訴えた。
28日夕方(現地時間)にジュネーブ入りした代表団のメンバーは、日本審査を前日に控えた翌29日、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)で行われた日本NGO主催のランチタイムミーティングと社会権規約委員会主催のNGOセッションに参加し、朝鮮学校「無償化」不適用と地方自治体の補助金不支給問題について発言した。
同代表団は南珠賢・全国朝鮮学校オモニ会連絡会代表を団長に、東京朝鮮中高級学校オモニ会の尹京蘭さん、群馬朝鮮初中級学校オモニ会副会長の金敬淑さん、大阪府朝鮮学校オモニ連絡会会長の玄順愛さん、東京朝鮮第6初級学校の保護者の宋恵淑さん(在日本朝鮮人人権協会部長)の5人。
一行を代表して発言した宋恵淑さんは、2010年4月、日本政府が社会権規約13条に基づいて「高校無償化」法を施行し、今日までに39校の外国人学校が就学支援金支給の対象とされたが、朝鮮学校に対してのみ、朝鮮半島情勢などを理由に2年半もの間適用の結論が先送りされ続けた挙句、ついに今年2月、制度適用に関する省令をわざわざ「改正」することによって朝鮮学校を「無償化」制度から排除したと、この間の経緯について説明した。
また、「無償化」からの除外によって在日朝鮮人の子どもたちが民族教育を継続的に受ける権利が著しく侵害されているだけでなく、このような政府主導の露骨な差別を背景に、東京や大阪、神奈川など一部の地方自治体が補助金を停止または削減する事態が起こっていると指摘した。
宋さんは、日本政府ならびに地方自治体のこのような措置は朝鮮学校に通う子どもたちの学習権に対する著しい侵害、明確な社会権規約違反であり、政治・外交問題を理由にして朝鮮学校の子どもたちの学習権、民族教育の権利を奪うことは決してあってはならないと述べた。
そのうえで、日本政府に対し社会権規約委員会が、
▼朝鮮学校の「高校無償化」からの排除を即時撤回し、その対象校とすること、
▼マイノリティ学校に対する制度的差別を見直し、日本の学校と同等の支援を行うよう法整備を行うこと、
▼地方自治体による朝鮮学校への補助金支給停止を撤回すること、など4項目の内容を勧告することを要請した。
代表団のメンバーは社会権規約委員会の委員らに対するロビー活動も展開。群馬朝鮮初中級学校オモニ会の呼びかけによる「私たちの夢、私たちの心プロジェクト」を通じて日本各地から集まった折り鶴の一部を会場に持ち込み、準備した資料に添付、委員らに配った。朝鮮の民族衣装であるチマチョゴリをまとったオモニたちの姿は会場でもひときわ目を引いた。
彼女らの積極的な訴えに多くの委員たちが足を止め、耳を傾ける様子が会場のいたるところで見受けられた。
鶴の刺繍が施されたチョゴリを着た群馬朝鮮初中級学校オモニ会副会長の金敬淑さんは折り鶴を「ノリゲ」のように衣装に着け、事前に覚えた英語のアピール文を駆使しながら会場内を走り回っていた。
「この折り鶴は朝鮮学校に通う子どもたちの希望であり、『無償化』に賛同する多くの人々の名前が一羽一羽に書かれています。
多くの委員たちが真剣に話を聞いてくれたのでよかった」と手ごたえを感じていた。
ジュネーブ滞在3日目の30日(現地時間)、代表団のメンバーらは国連人権高等弁務官事務所で行われる日本政府報告書の審査を傍聴するほか、前日に引き続いてロビー活動も行う予定だ。
ttp://chosonsinbo.com/jp/2013/04/0430sy/
【総連】「在日朝鮮人への差別反対!」「朝鮮学校無償化を!」オモニらチマチョゴリ姿で座り込み日本代表団に抗議-ジュネーブ(画像あり)
ttp://kimsoku.com/archives/7856192.html
【ジュネーブ発=李相英】スイス・ジュネーブを訪問中の朝鮮学校オモニ代表団は滞在3日目の4月30日、国連人権高等弁務官事務所で行われた社会権規約委員会の日本政府報告書審査を傍聴したほか、朝鮮学校に通う子どもたちの権利保障や「高校無償化」制度の即時適用などを訴える街頭宣伝や座り込みを高等弁務官事務所周辺で行った。
日本全国の同胞や日本人有志、海外在住同胞たちの思いが込められた折り鶴を託された代表団メンバーらは、「できることは何でもしよう」と、持ち前の度胸と行動力で積極的に活動を繰り広げた。
午前の審査終了後のランチタイムには、横断幕と折り鶴を手に会場周辺の街中を行進し、ジュネーブ市民に主張をアピール。
その後、人権高等弁務官事務所前の通りの一角で座り込みを行った。
会議に出席している日本政府代表団と傍聴に訪れたNGOメンバー、同事務所の職員ら大勢の人々が行き交う場所でのデモンストレーションはインパクト抜群。
日本からやってきたNGO諸団体の女性メンバーらも座り込みに合流した。
メンバーの言葉に耳を傾け、激励の言葉をかける人々も少なくなかった。
「日本政府代表団だけは、目も合わさず素通りでしたけどね」(大阪府朝鮮学校オモニ連絡会会長の玄順愛さん)。
この日行われた日本政府報告書の審査では、満席のため当初、通訳用のヘッドフォン設備がない席に座っていたメンバーたちだったが、弁務官事務所職員のはからいで日本政府代表団が座る真横の国際NGO用の傍聴席に通された。
日本政府代表団に無言の圧力をかけるチマチョゴリ姿のオモニたち。しかし、日本政府側の答弁は彼女たちを失望させるものだった。
「朝鮮学校は総聯や北朝鮮と密接な関係にあり…」「日本国民の税金が」「国民の理解が得られない」
といった日本で散々耳にしてきた発言を国連の場でも聞かされることになったオモニたちの表情は険しく、抗議したくてもできない悔しさに顔をゆがめていた。
「こんなに悔しくて腹立たしい経験は初めて」と尹京蘭さん(東京朝高オモニ会)。
群馬朝鮮初中級学校オモニ会副会長の金敬淑さんは会場を出た瞬間、こらえてきた涙があふれたという。
オモニたちはこのまま黙っているわけにはいかないと、会議終了後すぐさま弁務官事務所前に陣取り、建物から出てきて帰りの車に乗り込む日本政府代表団に向けてあらん限りの抗議の声を上げた。
玄順愛さんは、「日本政府の発言には腹が立つけど、私たちの主張に賛同してくれる人々が多くいること、おかしいのは日本政府なんだということをあらためて強く感じた」と話していた。
【総連】「高校無償化からの朝鮮学校除外の不当性をジュネーブで訴える」在日オモニ代表団、国連社会権規約委参加に28日出発[04/23]
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1366717282/
【総連】ジュネーブ着のオモニ代表団、朝鮮学校無償化および補助金・在日朝鮮人への日本の差別を国連に訴え★4[04/30]
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1367340858/
【国連】社会権委の韓国人委員「朝鮮学校の生徒は在日韓国人も多く差別」→日本側「総連との関係を改め1条校になれば高校無償化対象」[05/02]
ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1367459737/
引用元:ttp://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1367460173
朝鮮学校の校長からはこれまたりっぱな「犯罪者」が輩出いたしております。
日本人拉致の犯人として国際指名手配 「朝鮮学校の元校長 金吉旭」
ttp://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&c2coff=1&q=%8B%E0%8Bg%88%AE%81@%9Df%92v%81@%92%A9%91N%8Aw%8DZ&lr=lang_ja
北朝鮮と共謀しコカインを密輸しした覚醒剤の密輸で国際指名手配 「朝鮮学校の元校長曹奎聖」
ttp://www.google.co.jp/search?num=50&q=%91%82%9a%f5%90%b9%81@%8ao%90%c1%8d%dc%81@%92%a9%91N%8aw%8dZ&ie=SJIS&oe=SJIS&hl=ja&lr=lang_ja
↑    ↑
……続報見掛けないんですよ、上記の件。
なので【国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が朝鮮私塾無償化拒否は差別ではないと認定し、日本国の主張が認められた】のだと、私は解釈しています。
朝鮮私塾側が勝訴すれば、声だけデカイ朝鮮種族のことだから、盛大に喧伝する筈ですし。
後、【横断幕と折り鶴を手に会場周辺の街中を行進し、ジュネーブ市民に主張をアピール。
その後、人権高等弁務官事務所前の通りの一角で座り込みを行った。】←の件。
【行進と座り込み――スイス側の許可を取ったのだろうか?】(※+折り紙と折り鶴は日本人の文化だ:怒。文化窃盗……こういう小さい事、一つ一つの罪、全部厳罰が下ります様に。まともらしい呉善花氏、以外の朝鮮人に)
此の辺りのスイスの制度がどうなっているのかと、許可が必要ならば許可を得たのかどうか、不明です。
ですが余命記事の 2606 と 2607 で出ている弁護士さん達は差別だの何だのと、無理やりで無体な主張をしていますね。
此の解釈、本当だとすれば、差別レッテル張り攻撃を破るのに役に立つと思うのですが、どうでしょう?
ほぼ毎日ネットを見ているのですが続報がわからないので、余命さん側で確認と照会が必要になります。
以上です。すいません、お手数をおかけします。
懲戒請求や裁判の勝利にお役に立つと良いのですが。
長文乱文失礼致しました。
(藤原)

 

安濃津の化け猫
余命様 スタッフ様
いつもありがとうございます。
気になる記事がありましたのでご連絡まで。
韓国団体が国連に報告書提出 日本政府の朝鮮学校差別を指摘
朝鮮日報 Chosun Online 記事入力 : 2018/07/17 23:22
ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/17/2018071703369.html
【ジュネーブ聯合ニュース】日本政府が朝鮮学校を高校無償化の適用対象から除外したのは教育を受ける権利の侵害であるなどとして、韓国の43の市民団体が共同で日本政府の差別や人権侵害を指摘する報告書を国連人種差別撤廃委員会に提出した。市民団体側が17日(現地時間)、発表した。
国連人種差別撤廃委員会は来月16~17日に、日本政府の報告書を審議するが、朝鮮学校の扱いに関する日本政府の措置も議題の一つに含まれる。
市民団体側の報告書は、高校に相当する朝鮮高級学校を卒業しても、高卒と認定しないことや、朝鮮学校の生徒が修学旅行で訪れた北朝鮮から持ち帰った土産品を税関で押収するなど、人権侵害が拡大していると指摘。朝鮮学校をそのほかの外国人学校と同等と認定し、高校無償化や補助金支給でも差別しないよう訴えた。
(以上)
日本政府の説明が気になりますが、審議は来月なんですね。
みずほ銀行からの借入金の返済期日と日朝外相会談と合わせて楽しみにしています。

 

chbyw
連日のご活躍に敬意を表します。
弁護士佐々木亮をからかってみました。
「全員を訴える」との言質を摂りました。
3年(時効期間)以内に提訴しないと、脅迫罪が成立する。と理解しています。
刑事告訴をお考えの方の一助になれば。と思います。
やり取りの概略は ttps://twitter.com/ssk_ryo/status/1017675033617920001
をご覧ください。  chbyw 拝

 

しばらくは匿名で
質問です。
訴訟費用5万円の件ですが、
>訴訟金額は1名あたり1000万円を予定している。これにかかる印紙代その他は5万円強である。
ちょうど5万円のお振込で良いのでしょうか?
端数分は無視してよろしいのでしょうか?

.....5万円は訴訟費用ということで、基金的運用をする。よってちょうどで結構である。経費は当分、うずしおとやまとでまかなえる。この件は逐一報告していく予定だ。
訴訟対象その他の詳細は26日お知らせの予定である。

 

四季の移ろい
余命さんへ。
水分(←リアル水分。とにかく水。絶対に水。H2O。H2O!)はこまめにお取り下さい。
熱中症だけじゃ無い、心筋梗塞や脳梗塞や脳血栓等を始めとしたあらゆる病気予防、あらゆる健康阻害予防、動悸息切れ他体力低下予防の為にも。どうか切なるお願いです。余命さん、お水飲んで下さい。水分取って下さい。古い考えに凝り固まらないで、今の医療知識における水分補給の大切さをどうかご自身でネット検索して知って頂きたいです。
余命さんの体調不良で死ぬ思いをする人間がたくさんいるんだよ。逆に喜ぶ人間も。それをきちんと知ってほしい。
敵国外国人による日本人民族浄化から逃れるための余命さんの活動は、決して排外によるものでは無い。余命さんがなさる活動、それはあるべきものをあるべき所への活動です。
それは結局は双方や多数の為を思っての活動です。そしてみなさんそれを知っている。
もし女性なら観音様と云いたい所ですが…余命さんは不動明王ですかね。よく判らんけど。
あ、あとあの野間とかいうしばき隊と親和なおねだりたかり脅迫YouTuber、私を余命さんブログのスタッフと思い込んでいるのですね。吃驚w
偽装にもなっていない(←w)偽装保守で、『朝鮮人学校補助金支給要求声明』やしばき隊やらのりこえネットやら沖縄の過激派総動員とかもだし、そもそも左翼の資金源には「一切」触れないのに余命さんの寄付金には「異常な」こだわりを見せる、つまり(恐らく資金の力を知っているが故の)告発等の余命さんチーム活動費となる寄付が集まらないように画策努力&第三者の読者投稿を装い(←内容から確信)つつ相手はハンドルネームだから罪には問われないとの卑怯な犯罪回避方法で私を脅迫した「悪魔の提唱者」氏のブログで見ました。
全く誤認も甚だしい。ばっかみたいw きっとスタッフさんのどなたかと間違えているのだろうが、脅迫YouTuberの認識のトンチンカンぷりが露呈。
とにかく余命さん、水分は取って下さい。お願いです。(四季の移ろい)

.....依頼の件は、近日中にアップする。ありがとう。

 

手袋
振込みページにも書き込みましたが、今日訴訟費用5万円振り込みました。
また役所にて開示請求もしてきました。
時間がかかりますが、開示請求の結果はわかり次第お知らせいたします。

広告

2610 2018/07/21アラカルト③

あまむし
【日本精神(和の精神=神が神々と人間と自然を生む思想)の復興がキーポイント】
「2605 2018/07/16アラカルト①」〝イオンのバベル〟氏の投稿文を拝見させて頂きました。反日勢力と共産主義革命の実体を知る上で、示唆に富む素晴らしい考察であると感心いたしました。
《もし、上部構造自らがその状態を目指すとすれば、自らを消滅させること-破壊させることになる。さらにいえばこれは上部構造の自爆である。このように上部構造の上部構造による上部構造に対する完全なテロリズムが上部構造による共産主義革命である。このように理解すれば、これは様々な巧妙な逆説的論理や情報操作などを用いて、長期間にわたって上部構造を徐々に衰滅させていくようなことも革命なのである。それは労働者が行うような単純な暴力的革命である必要は全くない。・・・・これが上部構造における隠れ共産主義を可能にしている理由であり、それは個人の内面に関わる問題であるがゆえに、それを他者が把握することは非常に困難なのである。》全く御指摘の通りと思います。
ここに指摘されているところの、《上部構造における隠れ共産主義を可能にしている》《上部構造の自爆》が、何故行なわれているのかについて、さらに考察を進めてみたいと思う次第です。
「上部構造」を構成せしめている存在とは、「人間の意識」に外ならない。人間社会において、その構造形態を作り上げている原因は、それを構成している所の〝人間〟であり、その〝人間の意識〟〝人間の意志決定〟が、その社会構造を決定していることは、否定できない事実である。唯物論者は、その原因を〝環境や物質的条件〟であると主張するだろうが、〝環境や物質的条件〟は〝人間の意志決定〟の前提としての意味は大きいが、〝人間の意志決定〟そのものではないのであり、〝人間の意志決定〟は、〝環境や物質的条件〟を完全に超越しているのである。何故なら、〝人間の意志決定〟こそが、〝人間の創造活動〟の原動力であるからである。もし、唯物論者が言う様に、〝環境や物質的条件〟だけによって、社会構造が決定されるのであれば、もはや人間は〝物質的法則〟によって左右される機械的存在であり、〝人間の自由意志や創造力〟は存在しない事になってしまう。 しかし、現実的にそんなことは全くあり得ないが故に、唯物論者の説は完全に否定せざるを得ないと言える。(マルクスの称えた〝唯物史観〟なるものは、この間違った唯物的ドグマに基づく〝捏造物〟であるが故に、社会的大混乱をこの一世紀人類は経験したのである。)
つまり〝人間の意志決定〟こそが、「上部構造」のみならず、一切の社会構造を決定する主要な原因(要素)であるということになる。では、何故《上部構造の自爆》つまり「上部構造の主要な原因(要素)たる〝人間の意志決定〟の自爆」行為が、意識的もしくは無意識的に行なわれているのかを、考察しなければならない。「自爆行為」とは「自己否定(自己破壊)」に外ならない。「自己否定」が何故生ずるかと言うと、それは「自己の存在を嫌っている」からである。人間と言うものは極めて単純なものであり、「嫌っていない」存在に対しては、「否定」の感情は起こらないように出来ている。「自爆行為(自己否定)」が行なわれているのは、その「上部構造」を構成している「構成要因」が「自らの存在を嫌っている」からに外ならないと言える。
では何故「上部構造の存在を、構成要因自らが嫌っているのか」について考察しなければならなくなる。その答えも極めて単純と言える。それは、「自らが構成している〝上部構造〟の存在意義」について、「価値を認めていない」からと言える。人間は「価値を認めない」事に対しては、「嫌う」という基本的感情が生ずるのである。言葉を変えれば「愛していない」とも言える。「愛している」というのは、「価値を認めている」ことの別名とも言える。例えば、道端に〝小判〟が捨ててあったとする。それを見た猫は〝小判〟を愛さずに素通りするだろう。それは何故か。猫は〝小判〟の価値を認める事ができないからに外ならない。しかし、多くの人間は〝小判〟に価値を認めるであろうから、〝小判〟を愛して拾い上げようとする。「猫に小判」は誰でも認める真理であるが、「価値の本質」を見つけることのできない人間も又、猫と同じく「大切な価値」をみすみす捨て去る事になるのは、仕方がないことと言える。
つまり、「上部構造の自爆」を目指そうとしている構成要因の心理状態は、「上部構造を嫌っている(愛していない)」からであり、それは「上部構造の価値を認められない」からであると言い得るのである。故に、意識的にせよ、無意識的にせよ、「上部構造の自爆(否定・破壊)」をせざるを得なくなるのである。
では、「上部構造の価値を認められない」とは、一体どういう事かと言うと、「上部構造の価値を知らない」ということと同義である。ここで、「上部構造」とは一体何を差しているかを確認しておきたい。〝イオンのバベル〟氏は《資本主義社会の上部構造に属する人々 、すなわち政界、官界、教育界、学会、法曹界、マスコミなど》と指摘されている。つまり、「上部構造」とは、「資本主義社会の上部構造」と書かれているのであるが、実際的に破壊されている実体(ターゲット)は、「日本社会における上部構造」である。つまり、「共産主義革命」の目的は、「資本主義社会の破壊」の様に見えてはいるが、「国家の破壊」であり、日本においては「日本国家(日本の価値観)の破壊」ということになる。
結局、「上部構造の価値を知らない」という意味は、「日本天皇、日本国家、日本民族、日本の歴史、日本の文化伝統、日本精神、日本の使命等を知らない」ということになるのである。さらに、《その中にはかなり無意識的な共産主義者もいるだろう。それ以外の人々にその影響は計り知れないほどを及ぼされている。無意識的な影響の連鎖となると、ある保守の論客が言ったように「思想ウィルス」として伝染していく、と捉えるのが良いのかもしれない。》との、〝イオンのバベル〟氏の御指摘は的確であり、「思想」の問題に帰結するのである。
ここで一つの結論を述べるとすれば、その「思想」の問題とは、「日本の価値観(日本天皇、日本国家、日本民族、日本の歴史、日本の文化伝統、日本精神、日本の使命等)」の欠落(無知)ということになるのである。
それでは「思想ウィルス」が伝染する条件と、伝染しない条件を明確化させておかねばならない。それは簡単である。「日本の価値観(日本天皇、日本国家、日本民族、日本の歴史、日本の文化伝統、日本精神、日本の使命等)」を自覚(保有)している人間に対しては、「思想ウィルス」は伝染しないのである。
何故なら、「ウィルス」とは、「病原菌(害を与える存在)」に対する〝抗体(免疫性)〟を所持していれば、「ウィルス」は伝染し得ないからである。「ウィルス」が伝染するということは、その人間が〝抗体(免疫性)〟を持っていない、つまり、「その病原菌には害がある」という事実を知らないから、その「病原菌」の体内侵入を無抵抗に許してしまうのである。そして感染して自己の身体を害する。「ウィルス」に対する伝染を防止する方法は、「害を及ぼす病原菌に対する知識を所持しておくこと」、つまり〝抗体(免疫性)〟を備えることによると言い得る。「反日思想ウィルス」に対する〝抗体(免疫性)〟とは、「反日思想ウィルスには害がある」と知る事であり、その為には、「日本の価値観(日本天皇、日本国家、日本民族、日本の歴史、日本の文化伝統、日本精神、日本の使命等)」を明確に知ることと言える。
〝イオンのバベル〟氏の考察を進めた結果、「上部構造の自爆(否定・破壊)」の原因が、「日本の価値観(日本天皇、日本国家、日本民族、日本の歴史、日本の文化伝統、日本精神、日本の使命等)」の欠落(忘却・無知)に行き着くことが判明した。そして、「反日思想ウィルス」の伝染を防止する方法は、究極の所「日本の価値観(日本天皇、日本国家、日本民族、日本の歴史、日本の文化伝統、日本精神、日本の使命等)」を知る事であり、呼び覚ますことであることが判明したのではないだろうか。
次にもう一つ重要な問題を考察しておかねばならない。それは、「資本主義社会」と「日本社会」の違いについてである。一見この両者は同一視され勝ちだが、実は全く別物と言える。〝イオンのバベル〟氏も、《つまり、日本以外の西洋などでは、その階級差から来る不平等を是正しようという動きが強く生じる。そこからマルクス主義などの共産主義思想が生まれてきたのである。
その前提となる社会状況が、西洋と日本ではすでに異なっている。これはどういうことかというと、西洋が社会主義、共産主義思想などでめざした社会状況は日本ではある程度達成されており、日本における保守とはすでにこの達成された状況を守ることなのである。 これが戦後、保守政党である自民党が西洋における社会民主主義的な政策を実行できた理由ではないだろうか。》と指摘されている通り、日本社会は「支配・被支配」の構造を持っていない、世界的に見て極めて特殊な国家構造(価値観)を持っていることを、まず理解しておかねばならないであろう。
現代世界において、世界は「資本主義社会」と、その対極に位置する所の「共産主義社会」又は「社会主義社会」によって構成されているかの様に見えるが、実は、「資本主義社会」も「共産主義社会」「社会主義社会」も、その根底においては、同一の思想源流から派生したものであることを理解しておかねばならない。
それは何かと言うと、「支配・被支配」の「唯物二元論」思想に基づいている、ということである。その思想的源流は、『旧約聖書』文明に由来していると言える。その思想は、(1) 「神が土の塵から人間を創った」という「物質人間(唯物)思想」と「支配・被支配(二元論)思想」、(2) 「神の約束(契約)を人間が破った為に〝原罪〟が存在する」という、「原罪思想」に象徴されている。この「物質人間(唯物)思想」と「支配・被支配(二元論)思想」と「原罪思想」によって、「資本家」が「労働者」を搾取するという「支配・被支配」に基づく「資本主義思想」が生れ、一方に於いて、「唯物史観」に基づくマルクスの「共産主義思想」が生まれたと考えられる。共に、『旧約聖書』を信ずる所の「ユダヤ人」による創作物と考えてよい。
この「資本主義社会」と「共産主義社会(その同系列としての社会主義社会)」の両者は、互いに対立しつつ、両者間での闘争の繰り返しによって、「原罪の贖罪作用」(罪があると信じているが故に、苦しむことによって、その罪を消そうとする行為)で、不幸を招いていると観察し得る。
つまり、精神分析的に見れば、これらは「自己破壊願望」と言える。世界の過去の歴史は、この二極対立(資本主義と共産主義等の二極対立)に基づく、「闘争」と「支配・被支配」の歴史であり、それは人類の「自己破壊願望」の苦しみの歴史とも考えられる。
この「唯物二元論」に基づく「二極対立の闘争の歴史」を、どのように解決すべきかという切実な課題に対する〝答え〟を、人類は今まさに求めていると言える。
一方、日本古来からの思想を最も簡単な言葉で表現するとすれば、それは『古事記』で語られている通り、「神が神々を生む」「神が人間を生む」「神が自然を生む」という「生む思想」と言い得る。この「生む思想」とは、「生む神」と「生まれた神々」「生まれた人間」「生まれた自然」の一切は、「親なる神」と同根の「神」であるということになる。 「親豚が生んだ子豚は、同根の〝豚〟である」のと同様に、「神が生んだ人間は、〝神〟である」という事にならざるを得ない。
この思想は言わば「唯神一元論」とでも言い得るものである。ここで注目すべきは、『旧約聖書』の思想は「神が人間を土の塵で創った」という思想であり、『古事記』の思想は「神が人間を含む一切万物を〝生んだ〟」という思想の、根本的相違である。前者は「唯物二元論」とも言うべき思想であり、後者は「唯神一元論」とも言うべき思想である。この思想の違いが、それを信ずる人間(民族)の幸不幸を大きく左右するのである。
即ち、日本古来の『古事記』の思想には、「支配・被支配」「唯物二元論」「原罪」の思想は元々無いのであって、『旧約聖書』文明の「支配・被支配」「唯物二元論」「原罪」の思想とは、全く対極に位置する思想と言える。従って、「日本社会」の根源に位置する思想には、「支配・被支配」「唯物二元論」「原罪」の思想が無く、その真逆の「一体(愛)」「唯神一元論」「罪無し(禊祓いで罪が消える)」という思想なのである。ユダヤ民族と日本民族の双方が、過去数千年に経験した歴史的実証を観察すれば、それらの思想の違いによる影響力の相違は歴然としていることに、誰しも疑いの余地がない程である。
以上の考察によれば、「資本主義社会」と「日本社会」の違いとは、『旧約聖書』と『古事記』の思想の違いであると言い得る。
前者は「支配・被支配」「唯物二元論」「原罪」の思想であり、後者は、「一体(愛)」「唯神一元論」「罪無し(禊祓いで罪が消える)」の思想と言い得る。因みに釈迦やキリストが説かれた思想は、後者の思想に属すると言うべきと考えられる。
しかし、残念ながら、特にキリスト死後の〝キリスト教会〟の説く教えは、『旧約聖書』の「原罪」の思想、「支配・被支配」の「唯物二元論」の思想を払拭しきれないが為に、前者の思想を色濃く反映していると観察される。
又、一部仏教思想においては、釈迦が前半生で説かれたところの「小乗仏教的思想」を色濃く説いている為に、釈迦が晩年に説かれた「大乗仏教的思想」の真髄に穿ち入らない恨みがある。小生の観察によれば、『古事記』の思想は、釈迦やキリストが説かれた思想に属する物であると考えられる。人類文明は、『旧約聖書』的前者の思想から、「釈迦」「キリスト」『古事記』的後者の思想によって、完成して行くものと考察される。
〝イオンのバベル〟氏御指摘の《つまり、日本以外の西洋などでは、その階級差から来る不平等を是正しようという動きが強く生じる。そこからマルクス主義などの共産主義思想が生まれてきたのである。その前提となる社会状況が、西洋と日本ではすでに異なっている。
これはどういうことかというと、西洋が社会主義、共産主義思想などでめざした社会状況は日本ではある程度達成されており、日本における保守とはすでにこの達成された状況を守ることなのである。これが戦後、保守政党である自民党が西洋における社会民主主義的な政策を実行できた理由ではないだろうか。》という意味は、以上の考察によって、理解できるのではないだろうか。
つまり、「資本主義社会」と「日本社会」は、決定的に違いがあるのであり、現在社会の一時期的側面から見ると、一見「資本主義社会」と「日本社会」は同一のように受け止められ勝ちであるが、実は全く異質なものであることを、「日本民族として」よくよく理解しておく必要があると考えられる。
さらに、前述した如く、『旧約聖書』を信ずる所の「ユダヤ人」による創作物である、「資本主義制度」と「共産主義制度(社会主義制度)」は、その本質において、同一のものであることを理解しておく必要がある。昨今この事実は明確に証明されつつあり、元ウクライナ大使の馬渕睦夫氏は、「グローバル主義(資本主義)」と「共産主義」は同根である事を立証しておられるので、是非共、馬渕氏の講演記録や著書を参考にされたい。
さらに、《共産主義に染まった人間が法曹界に入るということは、法を守るためではなく、破壊するために入るのです。上部構造の消滅ということが前提にあるので、どのような矛盾した行為も正当化されます 。法律の恣意的な解釈、運営も当たり前のことなのです。》と、〝イオンのバベル〟氏御指摘のように、現状の「司法」の概念自体が、「国家破壊」や「支配」を目的とした存在であることを知らねばならない。これら「西欧の法の概念」は、『旧約聖書』の思想(ユダヤ思想)から派生したものであり、「日本古来の法の概念」とは本質的に相違していることを理解しておかねばならないと考えられる。
〝あまむし〟の過去の投稿で、《この「法律(律法)による支配の構図」を理解するには、『旧約聖書』に遡る必要がある。ユダヤ民族は「神との契約」を交わした。それが『旧約聖書』である。「神が条件(契約)を創り、人間がそれに従う」この思想が「契約の思想」である。・・・この「神との契約を人間は守らねばならない」という思想は、自ずから、「支配・被支配」の思想として、人間同士、国同士、民族同士の間の「支配・被支配」の関係を築き上げて行く事となった。何故、西洋社会が「契約社会」であるのかの、本質的説明はこれで理解できる。》と記した様に、ユダヤ人が活用した「司法」の目的は、「国家破壊」と「支配」にあると言える。
一方において、「日本古来の法の概念」は、『古事記』の思想である「唯神一元論」から派生しているものであり、「『旧約聖書』派生の法の概念」とは、全く相違していることを知らねばならないであろう。
(余命「2546」の「あまむし」投稿文参照。ttp://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/06/05/2546-日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった23/)
「国家破壊」と「支配」の概念の上に立った「司法」「日弁連」が、本質的に「反日勢力」であり、「日本国家破壊」の衝動に駆られているのは、至極当然と言える。
「日弁連」の弁護士諸氏が、何故「反日的工作」を無意識的にせよ行なっているかというと、『旧約聖書』思想に基づく「法の概念」に、洗脳されているからと言えるのである。 何故そうなるかと言えば、今回この考察で論じた様に、彼らが「日本の価値観(日本天皇、日本国家、日本民族、日本の歴史、日本の文化伝統、日本精神、日本の使命等)」の欠落(忘却・無知)という罠に嵌まってしまったことが、最大の原因であると言えるのである。
さらに、それは何故であるかと言えば、戦後73年間に亘る「洗脳教育」「マスコミによる洗脳」「日本の価値観の破壊」によるのである。
このような事を阻止するには、「日本の価値観(日本天皇、日本国家、日本民族、日本の歴史、日本の文化伝統、日本精神、日本の使命等)」の復活が必須であり、「法の概念」にあっては、聖徳太子の『十七条憲法』や、明治天皇の『五箇条の御誓文』に見られるような、「日本精神(和の精神=神が神々と人間と自然を生む思想)」に基づくところの、『日本古来の法の概念』を取り戻す必要があるのである。
結局のところ、安倍総理や余命プロジェクトの方向性は、誠に正しいと言える。「日本精神(和の精神=神が神々と人間と自然を生む思想)」の復興がキーポイントであると断言できる。
「日本精神(和の精神=神が神々と人間と自然を生む思想)」の復興が進めば、自動的に一切の問題は解決に向かうであろう。(あまむし)

2609 2018/07/21アラカルト②

たんかん
左翼や朝鮮系弁護士が「反差別」を根拠に、反日工作などやりたい放題やっているので、一応奴らに釘を刺しておきます。
左翼や朝鮮系弁護士は差別を絶対悪だと主張していますが、それは果たして真実でしょうか?
例えばアフリカのある国に、ヨーロッパから大量の白人が移住し、その国の政治や経済を乗っ取ったとします。その場合、その国に先祖代々暮らしている黒人たちは、「白人はヨーロッパに帰れ」と主張する筈です。長年、白人による黒人差別に苦しめられたアフリカの黒人ですら、異人種による国家侵略に対しては、このような差別反応を示す筈です。
差別は国家の独立と国民主権の維持に必要不可欠なものだと分かります。
また、僕はここ数年足を踏み入れていないのですが、以前、東京の足立区には、区中のあちこちに「オウム(真理教)は足立区から出て行け!」という幟が立っていました。これは自分たち足立区民の命をオウム真理教信者たちのテロから守るための行為だと思われます。
つまり足立区民はオウム真理教というカルト宗教団体のテロを『予防』し、自分たちの命を守るために、オウムへの宗教差別を行っていた訳です。
このように差別には、国家の独立と国民主権を守り、犯罪や重大なトラブルから国民を守る効果があります。
戦後の国際社会では、ナチスドイツによるユダヤ人差別や欧米による黒人差別などへの反省から盛んに差別反対が唱えられ、左翼や在日韓国朝鮮人たちはその国際社会の反差別の風潮を利用して様々な悪事を働いている訳ですが、しかし本来、差別は国民自治に必要不可欠な概念なのです。
国家にとっての犯罪とは、人体にとっての病気のようなものです。そして病気への対処法は大きく分けて二種類あります。『治療』と『予防』です。
犯罪が起きた場合、その犯人を逮捕し、刑務所に放り込むのは当然ですが、それではある意味手遅れと言えます。なぜならすでに被害者が出ているからです。殺人事件が起きてから殺人犯を捕まえても、殺された人が生き返らないことを考えれば、殺人犯の逮捕は手遅れだったと容易に理解できるでしょう。殺人犯の逮捕は、国家を人体に例えれば病気の『治療』にあたると言えます。そして全ての治療行為は本質的に手遅れだと言えます。
ならば、自分が病気に罹る前に、あらかじめ病気に罹らないように対処しておけばいい、という考えが当然浮かぶと思います。これが『予防』です。予防は病気のリスクから命を守る賢いやり方です。
この予防行為を国家に置き換えればどうなるでしょうか?
例えばある国で殺人事件が起きたとします。悲惨な殺人事件の発生は二度と繰り返してはならない。ならば『予防』しなければならない。ではどうすれば殺人事件の発生を予防できるでしょうか?
人を殺しそうな者を、実際に人を殺す前に見つけておいて、あらかじめ逮捕しておく?そんな事、出来る訳がありません。それをやってしまえば明らかに冤罪です。実際に人を殺してもいないのに、こいつはその内に人を殺しそうな奴だから、などという理由で逮捕されたのでは、国民はたまったものではありません(笑)。
ここで分かるのは、警察や司法の力で犯罪の発生を未然に予防することは、基本的に不可能だということです。
警察や司法が犯罪の予防の主体となりえないのだとしたら、では何が主体となるべきなのでしょうか?それは「社会」です。
社会が、地域社会を構成する地域住民たちが、そして国家を構成する個々の国民自身が、自分たちの身の周りから危険だと感じる人物を排除し遠ざけることで、犯罪やトラブルは『予防』できるのです。これは我々国民が普段から日常的に行っているありふれた行為です。
例えば金髪に髪を染めた派手な服を着た男が、ガムをクチャクチャ噛みながら「お嬢さんを下さい」と言ってきたら、世の大抵の父親は「お前のような男に娘はやれん!」と言うでしょう(笑)これは娘を犯罪やトラブルから守るための、親によるごく常識的かつ良心的な差別です。
この男は態度は悪いですが、本当はとてもざっくばらんで性格のいい、仕事のできる、将来大金持ちになる可能性のある奴なのかもしれません(そんな事は多分ないでしょうが。多分。笑)。しかし父親はこの男を客観的な証拠によってではなく、自らの「主観」によって、娘はやれないと判断し、男を差別した訳です。
差別は客観的な証拠(つまり法律)によってではなく、国民の「主観」によって行われるからこそ、様々な犯罪やトラブルに柔軟かつ適切に対処できるのです。
予防のない医療が考えられないように、差別のない安全な社会など考えられないものです。特に子供や女性や老人や病人や障害者などの社会的弱者こそ、社会を安全にするための差別を必要としていると言えるでしょう。
もちろんこの世の全ての差別が正しいとは言えません。それはナチスドイツのユダヤ人への迫害や戦前の欧米の黒人差別などを見れば明らかですが、しかしこの世の全ての差別が間違っている訳ではないのです。
例えて言うならば、客に他の客の残り物を食べさせるような間違った商売もあるが、人々の役に立つ正しい商売もあるようなものです。
世の中に間違った商売と正しい商売があるように、世の中には間違った差別と正しい差別がある。世の中には商売や差別に限らず、全てにおいて道徳的に間違ったことと正しいことがある。当たり前です。
左翼や在日韓国朝鮮人たちは、ナチスドイツによるユダヤ人差別や欧米の黒人差別などの一部の悪質な差別を、この世の差別の全てであるかのように拡大解釈して世間に広め、自らの悪事と保身に利用しているのです。
差別の「差」は、身長差・温度差などという言葉からも分かるように、「性質や特徴の違い」を表す言葉、「別」はこれは現代の日本での用法とは少し異なるのですが、「わける」という意味の言葉です。辞書には「別=わける」との用法も載っています。
つまり差別とは本来、「性質や特徴によって物事を主観的に分類すること」を差す言葉であって、「偏見や悪意によって他者に迫害を加えること」という意味の言葉ではないのです。それは差別のほんの一部の意味に過ぎません。
ラーメン屋が他のライバル店に対してスープの味付けで「差別化」を図っても、ローソンがセブンイレブンに対して品揃えやサービスで「差別化」を図っても、そこには偏見も悪意もありません(笑)。ただ商売があるだけです。差別という単語には本来、他者への偏見も悪意も含まれていないのです。ただ一部、差別が偏見や悪意をもって使用されることもある、というだけです。差別を偏見や悪意に基づいて使用しないように、国民の道徳教育に力を入れ、気をつければいいだけなのです。
我々人類がすべきことは、差別の意義を否定して反差別を主張することではなく、差別の持つ意義と問題点を正しく理解し、愛国心と博愛精神(世界平和)と民主主義に立脚して、差別反対論と差別擁護論の間に立ってバランスを取ることなのです。
そうしてこそ差別の持つ問題点が排除され、肯定的な面だけが抽出されて、国家の独立と国民主権の確保と、世界平和と、誰もが安心して暮らせる安全な社会が実現され、日本の在日韓国朝鮮人問題も、欧米で問題となっている不法移民問題も、より良く解決されるのです。
我々人類はそろそろ20世紀的で左翼的な、悪意と狂気に満ちた古い反差別イデオロギーの洗脳から抜け出して、21世紀的な善意に満ちた新しい差別思想に立たなければならないと思いますし、またそのような21世紀的な道徳と善意に基づいた新しい差別思想に立脚してこそ、我々日本国民にはあの邪悪な左翼や在日韓国朝鮮人と正々堂々と戦う物心両面の準備態勢が整うのだと思います。
長文、失礼しました。

 

トシフミ
余命さま、スタッフの皆さま、毎日の激務ありがとうございます。
若い頃、ユダヤ人長老の「日本人に謝りたい」という書籍を読みました。再読したく古本を探しましたが万円単位で諦めましたが、そこには日本国憲法がユダヤ人の作成したワイマール憲法の丸写しで、戦後GHQによりわずか2週間の短時間につくられた欠陥憲法であると述べています。
第一次大戦後のドイツ国民は賢明で真理に反するとワイマール憲法を破棄したそうです。
日本国憲法の支柱は、フランス革命で成功した「自由」と「平等」です。
「自由」と「平等」は、共存できない、絶対に相容れない概念である。
凡人が考えても〈自由にすれば平等にならない、平等にすれば自由は制限される〉と思います。
はたして平等とは、存在するのでしょうか。
「自由」と「平等」という非両立性の矛盾を隠すため、GHQは「民主主義」という概念を用いたと書いています。
日本という民度の高い「和」の保たれた国家に「自由・平等」を持ち込むと「和」は破壊され混乱をまねき崩壊すると警告しています。
日本国憲法に被害者意識と権利意識を感じるのは、当時のユダヤ人が迫害と差別の中での自分たちの権利主張であったといいます。
彼の日本分析は細かく核心をつきビックリしましたが、仔細は忘れました。
また、欧米においてユダヤ人は職業として多く弁護士と医者になっていて、理由はその国民の秘密を握ることだと話しています。
余命ブログで弁護士会がいかに前近代的な中央集権的な組織であるかが理解できました。「自治」は、都合の悪い愛国弁護士を色々な理由をつけ会から除名、失職させる権限が密室で可能だということです。
同じ弁護士会という組織の弁護士が敵味方に分かれて茶番劇を演じているだけの裁判だとしたら、弁護される側が高い弁護料を払い喜劇です。
弁護士会が欠陥憲法の中での日本破壊組織であることは間違いありません。
反日日本人という売国奴ですが、末路は悲惨です。
亡命したとしても、その国で人知れず処刑されます。
売国奴は、どこの国でも信頼されませんし不正工作活動を知る不都合な存在は抹殺します。
日本にいても同じかもしれません。

 

RK
余命様、スタッフの皆様、関係者の皆様、
本当にありがとうございます。これら一連の事に関わることができて感謝してます。
あとになって私も関わっていたと、声を大にして言える日が来る事を願ってます。
さて「ミカンの実」さんが夢占いで吉兆のご報告をされていましたが、私も吉兆のご報告をしたくコメントしました。
先月、静岡県にある正蓮寺において双頭蓮が咲きました。
双子の蓮です!
双頭蓮は突然変異で、古くから「良いことが起こる前兆」と言われていて、大変おめでたい吉祥の蓮なんだそうです。
手元に写真がありますが、私ではここに貼る方法が分からないのが残念です。ググると画像が出てきます。
なんか身近でこういう事があると、嬉しく、後押しされている気になり、心強く感じました!
頑張ります!

 

たぬき野おなか
余命爺さま、PTの皆さま、読者の皆さま
お元気でいらっしゃいますか。この度の豪雨被害に遭われた大勢の皆様にお見舞い申し上げると共に何かお力添えしたく、自衛隊の活躍を扱ったSNSにいいね!を押す毎日です。どうか、苦しみを越えて前に進むことができますように・・・
さて、ご存知かと方も多いと思いますが「反日勢力無力化ブログ」というブログを僭越ながらご紹介申し上げます。現在起きている事象を過去の写真や出典を示しつつ記事を上げていらっしゃるブログで、大変参考になります。
昨日の記事から
(転載はじめ)
敗戦国という自覚がない北朝鮮、絶賛武装解除中!
北朝鮮
2018/07/1817:42 – –
アメリカによる北朝鮮武装解除が進行中のようで、危機感を抱いたのか北朝鮮が「朝鮮戦争終戦宣言を優先しろ!」とわめいています。
アメリカにとって戦争はビジネスなので必ず勝利しなくてはならない、だから北朝鮮を完全に武装解除して、それから攻撃するのは当然のことです。
もしアメリカが北朝鮮を攻撃するなら、11月の中間選挙後でしょうね。
サヨクは日本人に言論封鎖をかければ、それでずっと日本にいられると思っているようですが、敵国アメリカの会社に自分の居場所を通報して、本当にバカだなあと思います。
思想的・民族的祖国の後ろだてがなくなったのに在日サヨク、敵国アメリカの会社にBANBAN自分の居場所を通報中w
YouTubeはこれまで3回通報でアカウント凍結だったのが1回で凍結になるよう、規約が変ったそうです。
時代はナショナリズム(民族主義)へと移行しているのに、いまだに頭の中が100年前の日本のサヨク。100年前の共産党のスローガン「日本帝国主義は世界の敵、日本人に危害を加えるのは世界平和のため」。
アメリカが北朝鮮を攻撃したときの敵国民通報先
終戦後、朝鮮人が在鮮・在満日本人の居場所を連合軍に通報したのをマネすればいいんですね。
日本の過去の失敗は悪に善で報いたことです。悪は善も悪用するのです。
日本に朝鮮人を混ぜたのはアメリカなので、オススメの通報先はトランプ大統領です。汚鮮されておらず、筋金入りのナショナリストなので。
また、アメリカは物質至上主義なので通報の仕方は「このままじゃアメリカの利権、権利が侵害されます」というスタイルが有効と思われます。
・トランプ大統領Twitter:https://twitter.com/realDonaldTrump
・ホワイトハウスTwitter:https://twitter.com/WhiteHouse
・在日米軍司令部Twitter:https://twitter.com/USFJ_J
・防衛省 電話:03-5366-3111(代表) FAX:03-5261-8018
【米軍進駐を拍手で迎える朝鮮人】
朝鮮人は白人を神のように崇拝したが、連合国の対日政策で利用されただけだった。
【朝鮮戦争】
日韓併合時代、事大朝鮮人が日本を裏切って米ソにすりよった結果。朝鮮と中国という白人崇拝事大民族がいる
朝鮮人が日本に忠実だったなら、アジアにおける植民地を拡大したかったアメリカ、一国社会主義では経済が成り立たないので属領を求めていたソ連にすりよっていけばこうなると理解できたはずである。自業自得の戦争だったのに思想的に認めていない日本に逃げてきて、日本人のSNSアカウントを凍結、言論封鎖を実行した民族。
(転載おわり)
>日本の過去の失敗は悪に善で報いたことです。悪は善も悪用するのです。
過去日本人は立派だったがナイーブ過ぎた。また失敗を繰り返しては滅びてしまう。今は滅びを覆す為に有効な手段を行使する局面ですね。自分に出来る事で無理なく明るい日本の未来を。

 

ぴん
すれ違いの話ですがご容赦ください。
最近来日した韓国人なのですが、C型肝炎ウイルスに感染しており、どうやら日本人のパートナーに感染させてしまいました。その日本人パートナーは日本の社会保障を利用してウイルスの排除ができたのですが、その費用はなんとすべて込みで600万円。自己負担は微々たる金額です。
ここまでならまあ何とか許せるのですが、その韓国人、日本の在留許可をもっており、日本の健康保険に加入しており、彼にも治療を受けさせたいとそのパートナーが言ってきています。おそらく日本人のパートナーはどれだけ医療費がかかるか知らないのだと思います。
この「外国人の高額医療費」はもともと民主党政権の小宮山厚労大臣の時代に外国人の健康保険加入条件が緩和されたことに由来します。これを悪用して外国人が日本に来日して高額医療を受けています。当然この費用は健康保険料や税金で賄われています。気分的には本当に不快です。
 この社会保障については健康保険料だけではなく、生活保護費でも問題になっています。来日して間もない中国人が大挙して生活保護を申請し、その申請が通ってしまっています。
皆様にこの問題を知っていただきたく記載させていただきました。

2608 2018/07/21アラカルト①

日本國大変化(ダイヘンゲ)
私の拙いコメント載せて頂いて有り難うご居ます。
余命さん及びスタッフの皆さん、そして同志の皆さんとの結びつきを強く感じます。
有り難うございます。
さて、我々のような5万円はキツイという者が訴えられた場合の反訴についてです。
反訴しなくても答弁書だけで済ませることもできます。
簡易裁判所なら期日ごとに書面を出すだけで法廷に出席する必要はありません。
しかし、私は反訴請求すべきだと思います。
ただ反訴ということになると貼付印紙代のネックがあります。
これを避けるために、反訴における一部請求ということを考えてみました。
反訴で、相手方と同額の賠償請求するのなら、印紙代はいりません。
雑費程度で済みます。
雑費とは郵券のことです。
この額は相手の数にもよりますが、それでも2万円はいかないと思います。
(相手側が一人で6,000円程度。一人増えるごとに2,000円程度の加算となっています。)
さて一部請求ですが、裁判所は一部請求の旨が明示されていれば、これを認めるという扱いです。
例えば1.000万円のうち原告の賠償請求額と同額(例えば100万円)を請求すると請求原因欄に記載します。
これによって一部請求〈100万円〉の扱いが認められることになります。
で、残りの900万円はどうなるかということですが、これについては、かっての裁判所の取り扱いは「時効は中断せず訴訟継続中(裁判中)に時効が完成してしまう」というでありました。
それを避けたければ、残額900万円については100万円の訴訟が行われている時に請求を拡張(請求額を1,000万円に増やす。)せよというのでありました。
これでは、あまりにひどいというので、現在では、裁判所は裁判上の催告(民法上の時効中断事由の請求と同視する。ただし、判決確定後6か月以内に訴訟を起こさねばならない。)なる概念を立て判決確定後6か月以内に訴訟を提起すれば時効完成前の権利行使だという立場を取っている。
これは、100万円についての判決確定後6か月以内に残額900万円について訴訟を提起できるということです。
しかし、私の言いたいのはこのことではありません。
一部請求ということでは、貼付印紙代がキツイという方と5万円の貼付印紙代okの方との共同した訴訟(集団訴訟延いては選定当事者訴訟。)が可能になるのではないかということなのです。
やり方は
① 全員で一部請求するということ
② 5万円の方たちがそれぞれ1,000万円請求、キツイ方は原告と同額を賠償請求(1000万円の一部請求を明示する。)して集団訴訟にする。
ということです。
なお、一部請求にはいくつかのメリットがあります。
一部請求は試験訴訟の一面を持ちますが我々が勝訴すれば彼らの訴えの不当性が明らかになります。
必ずしもこの訴訟は額の問題でもないので、このような考え方をしても良いかなと思います。
なお、他面では私は彼らを経済的方面から破綻させて我が國に居座るメリットはないのだということを強く自覚させたいとも思っています。
それから自己紹介のようで恐れ入りますがお聞きください。
私は、かって公務員で滞納整理・滞納処分の関係を専門的に扱っていました。
滞納処分というのは滞納者の財産調査から始まります。
この財産関係の資料を豊富に持っているのが税務署それから市町村税務課、一段下がって都道府県税務関係部署です。
この財産調査が終わると次は差押え財産の特定です。
特定したら差押えということになります。
差押えは差押え財産の種類によって手続きは一様ではありません。
不動産などは、財産として発見することも差押えをすることも最も簡単な部類に属します。
預貯金も発見することには多少の困難を伴いますが、発見すれば直ちに差押えて取り立てることができます。
私は特殊な財産として鉱区権を発見して差し押さえをしたことがあります。
なお、差押えをしたからと言って直ちに取り立てができるわけではありません。
預金債権などは直ちに取り立てることができますが、不動産などは公売(裁判所の場合は競売と呼ぶ)しなければなりません。
なお、公売に付したからと言って買い手がつく保障があるわけでもありません。
そうなると差押えしたまま放っとくということになります。
なぜ放っとくかと言うと、何時まで経っても時効中断のままですし
この不動産を処分するにはこの差押えを解除しなければならないので滞納金の回収も見込めるということです―――
それから公売(競売)が終わると配当ということになります。
不動産などのように登記・登録を要する場合には、事後それなりの手続きが必要です。
私は公売ではなく競売で、賠償額のみならず訴訟費用その他一切の雑費を執行裁判所に申し立てる(私は同伴しました。)ようアドバイスし取り立てさせたことがあります。
某弁護士は「ネトウヨの尻の毛まで抜いて再起不能にする」とホザイテいますが、さて、どうなりますかな―――
このことは私の怒りを駆り立てていますから少そしたら訴訟費用一歳まで取り立てたいと思います。
いろいろ書いてきましたが、これは私見なので、我々の側の結びつきを弱めてはならぬので、万事、余命さんの指示には従いますのでよろしくお願いします。

 

かんちゃん
いつも感謝しております。とり急ぎ投稿します。
7月26日から1カ月位、田舎に帰省する用事が出来まして今、次の事とで困っています。田舎にはネット環境が無い為に余命3年時事日記の最新の投稿が見れない事と、もし裁判所から通知書が来ても自宅は不在で何の対応も取れない事です。特に裁判関係は直ぐに対応出来ないので、凄く心配しております。何か良いお知恵があればご享受下さい。

 

2599年生まれ
余命様、PTの皆様、ご苦労様です。
お気付と思いますが7月15日以降ミラーサイト号外官邸メール、余命官邸メールが激減しています。送信もやり難くなっています。妨害?サイト側の不具合?何方か詳細が判れば教えて下さい。御忙しいところ申し訳御座いません。

 

名も無き支持者
余命様はもうご存知と思われますが「2604 2018/07/14アラカルト②」におけるアンチレッド様の櫻井光政とテキサス親父日本事務局に対する寄稿記事の続報となります。

櫻井光政@okinahimeji
懲戒の濫請求については対象弁護士に弁明を求めない簡易な手続で議決できるよう規則を改正する方向で進んでいます。当会でも8月上旬に改正,施行される予定です。これまで特別送達によっていた決定書の送付も特定記録郵便で済ませることになります。
23:35 – 2018年7月16日

櫻井光政@okinahimeji
懲戒濫請求者に対して100万円の損害賠償請求訴訟を起こして5万円しか認められなかったから原告の実質敗訴という鋭い指摘をして下さる方は,ぜひ濫訴請求した方にお祝いの言葉を述べてあげてほしい。きっと喜ぶと思うよ。
6:03 – 2018年7月6日

櫻井光政@okinahimeji
当職が懲戒濫請求者に対して起こした損害賠償請求訴訟の判決が出ました。認容額は5万円です。
取敢えずお約束通りご報告します
21:26 – 2018年7月4日

 

轟木龍藏
余命の皆様、スタッフの皆様、ここに参集される皆様
お疲れ様です。いつも貴重なメッセージを有難うございます。
さて、縦椅子のブログからの紹介です。「支那共産党政権後の支那」のために、地方自治を導入するべきだー危機的状況でも崩壊しない支那共産党政権のカラクリからー
2018/07/18 6:10:00
ttp://app.m-cocolog.jp/t/typecast/729543/604929/89653768
支那の現状と近未来予測について、2人の支那人?の対談です。
当ブログの常連さんには目新しい情報は少ないかもですが。
なぜトランプ大統領はプーチン大統領に会ったのか?
国の内外で大きな動きがありそうです。
1人でも多くの日本国民の覚醒を。出来る事をひたおしに。
日本を取り戻しましょう。
轟木龍藏拝

 

安倍首相応援!
今日はみたま祭最終日だったので、暑い中、必死な形相(汗だく顔)で参拝に行って参りました。御神籤も引きました。全てが良い暗示、勿論訴訟も「叶う」。これで戦い戦いに向かえます。献灯の名は自分のを確認して早々に帰ってきました。それでも色々用事があると半日仕事です。この暑さは神様が溜め込んできた怒りかなと思えます。日本人の怒りも、この暑さでは溶けてしまう…やはり秋まで待て、かな。靖国神社の御霊方々は、やたら私を褒めてくださるので照れてしまいます(笑)。嬉しいんですけど、持ち上げて「ちゃんとやれよ」とされてるのかな、上手いな。頑張ろうっと。本当に暑いです、余命様は昨年まで体調不良が多かったように思えましたが、今年夏は大丈夫ですか?実は…とか無しですよ。どうかご自愛くださいませ。 余命名の献灯は探せませんでした(私の半分は溶けてましたので)。見たかったです。でも本当は、本名出せる日本になるのが一番いいんでしょうか。私は「一般ど素人愛国日本人」の代表名みたいで、余命三年時事日記の表記は好きですけど。長くなりました、申し訳ありません。失礼致しました。 毎日活動、ありがとうございます。

 

轟木龍藏
余命の皆様、スタッフの皆様、秘書様
いつもご苦労様です。
国内の動きもよくわかりませんが。世界の動きはもっとわかりません。様々な情報が実に様々に入り乱れ何が正しくて何が嘘なのかの見極めは難しいです。ただ総理としっかり手を握られていると考えられるトランプ大統領の動きには注目しています。他は全く油断出来ないと感じています。
懲戒請求の流れは、余命様の読み通りに相手が動き出した様に見受けられます。かなり手強いと思いますが、ここに参集される方々の本望を達成すべく立ち向かうものと考えます。
1人でも多くの日本国民の覚醒と日本を取り戻し明日の世代に渡したいと願います。
出来る事をひたおしに。

追記
余命の皆様、スタッフの皆様
いつも有難うございます。
さて、朝日新聞さんが、懲戒請求訴訟を取り上げていますが、旗色鮮明です。
ttps://www.google.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASL7D5S4GL7DUTIL04K.html
また本ブログの開示請求も出ています。
ttps://www.google.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASL7F43V5L7FPTIL017.html
「諸般の事情」で無罪判決の出る時代です。予断を許しませんね。
世論が動けば大丈夫でしょうが。
出来る事をひたおしに。
轟木龍藏拝

 

友海
余命爺様、スタッフの皆様、酷暑の中お疲れ様でございます。
先に在日弁護士が提訴してきたのですね。佐々木弁護士も北弁護士も7月中にとのことですが、私のほうは東京弁護士会のお手紙が来ておりますので、余命爺様の指示待ちでいつでも動けますのでお声掛け下さい!
ミルキー様のコメントで、告訴を取り下げの手紙とか情報が錯綜しておりますのでややこしいですが、自作自演の可能性も十分ありますよね。
神原元と川崎デモ集団訴訟が目の前にありますので、拙いながら応援しております!

 

安濃津の化け猫
余命様、スタッフ様
いつもありがとうございます。
こちらの記事のほうが分かりやすいでしょうか。
韓国弁護士団体、国連に日本国内の朝鮮学校差別実態報告書提出
[ⓒ 中央日報日本語版] 2018年07月18日11時17分
ttp://japanese.joins.com/article/296/243296.html
韓国の弁護士会と市民団体などが日本国内の朝鮮学校差別の実態に対する報告書を提出したと明らかにした。
民主社会のための弁護士会は17日、「わが団体をはじめとする43の市民社会団体がスイス・ジュネーブの現地時刻基準で16日に日本の朝鮮学校と生徒らに対する差別と人権侵害実態を盛り込んだ連帯報告書を国連人種差別撤廃委員会に提出した」と明らかにした。
今回報告書に盛り込まれた日本政府の差別と人権侵害行為は、学歴不認定、高校無償化制度排除、教育補助金支給中断、幼児教育無償化政策排除、修学旅行のみやげ品没収などだ。これに対し弁護士会は朝鮮学校学歴認定、高校無償化制度に朝鮮学校を含める、教育補助金支給、幼児教育無償化政策に朝鮮幼稚園を含める、修学旅行みやげ品没収慣行の是正などを勧告した。
弁護士会によると、来月16~17日に予定された国連人種差別撤廃委員会の日本政府報告書審議主題のひとつとして朝鮮学校と生徒らの教育権保障に対する日本政府の措置が選定されているという。
一方、6月28日に北朝鮮への修学旅行から帰ってきた神戸朝鮮高級学校の生徒たちが関西国際空港に到着するや日本の税関に記念品やプレゼントを全て没収されるということが発生した。これについて、朝鮮総連中央本部は先月29日に記者会見を行い、「お土産まで取り上げたのは暴挙」と述べたうえで、米朝和解の流れが出てきた中で、「唯一、日本政府だけが敵対行為に固執し、子どもの人権を踏みにじっている」などと非難した。
(以上)
韓国の弁護士会が朝鮮学校の、ねぇ・・・。
韓国学校ではないんですね。

 


どうも【左翼=パヨク】の方々の物言いは【正確さ】に欠けますね。
特に朝鮮系の方々は、自分達が批判されると「人種差別だ!!」と御喚きになりますが、ここから既に間違っております。
甚だ【遺憾】ですが、我々の【人種】は【モンゴロイド=黄色人種】という同一のカテゴリーに入ります。
【黄色人種=日本人】が【黄色人種=朝鮮人】を、どのようにして【差別】するのでしょうか?
まぁ、私としては、【我々日本人】は黄色人種で一向に構わないが、朝鮮人が【別人種=白人】であった方が、ナンボかスッキリして宜しいと思いますが…
言葉と論理は正確に使いましょうね。