日別アーカイブ: 2018年5月19日

2527 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑥

朝鮮人に脅されてお金を払いますか?
姜 文江
宋 恵燕
神原 元
余命のおかげ
余命様、PTスタッフの皆様、いつもありがとうございます。
2519にも投稿しましたが流れてしまったようなので、もう一度(笑)
私のとこにも武蔵小杉合同弁護士事務所からお手紙?届きました。
ということは。。。第5次分から全員なんでしょうかね?
取り急ぎご連絡まで。

.....1日100件以上の投稿がある。時系列で見ていきたいのだが、事象の展開が早く、また件数が多いので、未処理の山となっている。ご承知の通り、せんたくチャンネル小野誠氏の関係でスタッフを全員避難させているのであらゆる業務が停滞中である。
せんたくチャンネル小野誠氏については通知書を配達証明で送っているが戻ってきており、あいかわらず所在不明である。しかし、しかるべき措置はとっているので近々、片付くだろう。

 

お多福
こんにちは、2度目のコメントになります。
1度目は、2511 2018/05/11アラカルト①で承認待ちになっていますが、その後のブログを拝見させていただき、心も落ち着き、自分もしっかり頑張ろうという気持ちになりました。お導きありがとうございます。
私のところにも、武蔵小杉合同法律事務所から、通知書1枚、合意書2枚届きました。内容は、2520 日本人と朝鮮人の戦いが始まった②での匿名希望様のと同じで、日付のみ5月17日になっていました。
私も皆さんと同じく、ご指示をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

 

定雀
余命様・スタッフの皆様、いつもありがとうございます。
5/19武蔵小杉合同法律事務所から通知書1通・合意書2通が届きましたのでご報告致します。内容は北山様と同一です(日付は5/17日です)。各弁護士会からの封書と共に保管しておきます。
それから、4/22の記事にありました「ご都合の細部について調整」の件、書籍代金が不足していたりしましたでしょうか?メールは傍受の危険があると理解しましたので電話番号も記載しておきます(下記ウェブサイトの欄に携帯番号を記載しておきます)。
寒暖差の激しい季節です。皆様お体にはお気を付け下さい。
失礼致します。

 

aspic
ああ、弁護士会会長が朝鮮学校に補助金支給せよとの要求を出したのは総連の命令だからか。
しかしアメリカにも突っ張っている北朝鮮が、日本国内ではテロ団体にも指定されず、いじめと称する犯罪を犯しても訴追もされないでいられるのはよほど連合国側の都合のよいように動かされているのか、朝鮮人と縁を結んだものが増えてしまっているのだろうと思う。
特に平等面と被害者面をばらまくハザールユダヤ人の悪党が問題だ。アメリカなどは日本は自国憲法に文句があるならさっさと改憲すればいいと言ったそうではないか。
中朝の手先が改憲を必死で阻んできたのであろう。
こんな汚い奴らが日本の社会の障害になっていると世界にしらせていくしかあるまい。
山ゆりのごとく
余命様、スタッフの皆々様何時もありがとうございます。
本日武蔵小杉が私の元にも参りました。へたれ者の私は、ちょっと心臓バクバクですが、心を強く持ちたいと思います。
ご指示お待ちしております。
皆様お体に気を付けて下さいませ。

 

とんちゃん
こんにちは、私のところにも武蔵小杉から皆様と同じ通知書と合意書2通が届きました。弁護士たるものが一国民の懲戒請求者に対して恫喝ともとれる同意書なるものを送ってくるとは、前代未聞です。怒りしかありません。この通知者は法的根拠もなく、支払いの義務もありません。皆様と共に最後まで戦う所存ですので、今後とも宜しくお願い致します。

 

邦彦
今日 5/19 武蔵小杉合同法律事務所から
通知書と合意書が届きました。
以上 ご連絡致します。

 

茶と白のセタ飼い
武蔵小杉から皆様と同じ脅迫文書が届きました。来月からあちらさんはテロ支援組織として指定されるようで、盛大な祭りが始まるのが楽しみであります。テロに屈せず!反日に止めを刺すまでもう少し!

.....今、削除するための範囲指定しているところだ。

 

The Big Picture!
本日(5月19日)、普通郵便にて、我が家にも武蔵小杉法律事務所から通知書と合意書2通が届きました。
訴訟になった際に「そんな郵便は届いていない」「受け取った覚えがない」と言われたときにどうするのでしょうか。
また、なぜ住所や名前が分かっているのでしょうか。
弁護士会が教えたって事ですか??? それダメでしょう。
まあ内容は「北山考察」の通りです。
できれば通知書に記載されている平成19年4月24日最高裁判所第3小法廷判決の全文を添付してほしかったです。
それと「虚偽告訴罪に該当します」と書かれていますが、これはどう考えても脅しでしょう。「該当するかしないかを決める」のは裁判所ではないのですか。
本当、弁護士さんって怖いですね。
以上、ご報告まで。

.....反訴の準備をしている。これは大切な証拠となるので保存しておいていただきたい。普通郵便で送付しているのは、反訴の場合に、そんな郵便物は送っていないという逃げに使うためだから、いかに意図的に詐欺行為をしているかがわかるだろう。

 

町会請求
諸兄の皆様おつかれさまです。
当方にも通知書が来ました。早い方で5月16日到着。
1週間という期間をかけて到着し続けていることから考えて全員に通知書がいくものと推測します。
このような封筒で送られてきました
封筒
ttps://imgur.com/a/Rzkd13Jhttps://imgur.com/a/Rzkd13J

AIKOKU
余命翁様、スタッフの皆様、ここに集う同志の皆様、日本再生へのお働き大変お疲れ様です。
久しぶりに投稿します。本日(5/19)武蔵小杉合同法律事務所から、通知書と合意書が届きました。
日本国民として、私たちの血税を反日国北朝鮮の管理する学校へ支給することは納得がいきません。
憲法89条に違反しているにも関わらず、憲法や法律の専門家集団である弁護士会の発する補助金支給要求声明は普通の感覚を持つ人なら「それは違うだろう」と思うはずです。私もそう思い、私たちに与えられている権利である懲戒請求をおこしました。
その結果、何故このことで慰謝料を支払ったり、和解の為の合意書が必要なのか? 頭おかしいとしか思えません。
提訴があったら、反訴に参加する予定ですが私用で10日程家を空けます。今後の戦略のご指導よろしくお願いします。

 

御隠居
余命様、スタッフの皆様、そして日本再生を支援されている皆様、お疲れ様です。
早速ですが、本日(5/19)長野県弁護士会より懲戒請求事案の回答が届きました。対象弁護士4名の懲戒請求に対し「懲戒しない」という定番の回答でしたが、今回は長野県弁護士会も佐々木弁護士と足並みを揃えて同様に自爆したいようです。
対象弁護士の主張に【佐々木弁護士のツイートを採用】してコメントを作成されています。併せてパソコンよりツイート画面をコピーしたものが添付されています。
添付画面は、ささきりよう(18:41-2017年9月18日の書き込みから9月19日のくそ爺だが真面目、「面白い。興味がある。」迄の部分と信濃太郎@神州再生ブログの書き込み「弁護士の先生にも保守派はいる。~後は事が始まってみないと分からない、というのが事実。」
に対しての、ささきりょう1:00-2017年9月20日「刑事は検討中だけど~私は懲戒請求した当人たちの責任を伺うつもりだから同事件は射程外。」とhiro@hennjinn・2017年9月20日の「有事が発生して、外患誘致罪・共謀罪が適用されたら~彼らのツイッターを見ていると必死さが伝わります。」迄書き込みのコピー、弁護士渡邉恭子@過眠症で 上記信濃太郎@神州再生ブログに対する反論「保守派と名の付けば自分達の味方をしてくれるはずだと思ってるところがまだなんともイタタ。保守派と言っても弁護士も議員もこれらさすがにダメだと思う。(損害賠償請求の代理人になるくらいはもちろん正当な業務だからしてくれるとは思う)けど。。。の画面コピーです。そして、最後に一枚、「これは決定書、議決書の謄本である。」の字体を倍画の大きさで主張し、
平成30年5月8日
長野県弁護士会 金子会長印のみ朱印を押してあります。
ちなみに、決定書、弁明書の印はコピーです。
とりあえず、ご報告迄

 

taimei
余命様、スタッフの皆様、
昨日、私のところにも「貴殿」宛の通知書と合意書二枚が武蔵小杉合同法律事務職より届きました。
また本日は長野県弁護士会より渡邉恭子弁護士他3名を懲戒処分としない旨の決定通知書が配達証明にて届きました。
こちらもご報告申し上げます。
実は一件、受け取りをせず、某弁護士会に戻ってしまった懲戒請求の調査結果があるのですが、このまま放っておいて構わないでしょうか。
郵便局の不在票を見た覚えがなく(家人が間違って捨てた可能性大)、保管期間が過ぎて返送されてしまいました。
このことを知らせる手紙が弁護士会より届いたのですが、決定通知書の受領が必要ならば、手紙と印鑑を持って訪ねて来いとのことです。
過去に神原弁護士から嫌なことをされたという某弁護士が、「今回の大量懲戒請求に関して同情しない」といった内容のツイートをあげられ、それを沢山の保守系の方々がリツイートしたりいいねをしているのを先日見かけました。
しかしこの方はその後に、「でも佐々木・北弁護士の方には寄付をした」とツイートされていました。
以前も「自分は保守寄り」と言いつつ、自ら進んで佐々木弁護士を擁護するツイートをあげた弁護士さんもいらっしゃいましたね。
このように反日弁護士を擁護される弁護士や、それこそ実は裏で反日勢力と繋がっていましたなんていう弁護士もまだまだ沢山いそうです。
今回のことで心配なことがあるならば、個別に弁護士に相談した方が良いというアドバイスをネットで多々見かけますが、「この人は懲戒請求の対象になってないから大丈夫」なんてことは私は簡単に思わないです。
代理人受任の申し出が多くの弁護士さんより来たようですが、金額的に全く合わないとは、皆様、とても高額な費用を提示されていらっしゃるのでしょうか。
どなたか信頼のできる方がいて下さると皆様の心にも強力な+αになるのではと個別には思ったりしています。
とにかく、これから、ですね。
長々と大変失礼致しました。

.....すでに、反訴の準備にはいっている。先ほど幹部会議があり、戦闘開始を指示した。第一弾は靖国神社みたま祭りの献灯である。余命三年時事日記での献灯となる。
寄付金口座の凍結も解除したので、いよいよだね。

 

貧者の一灯
余命爺様、スタッフの皆様、いつも有難うございます。
本日(5月19日)、武蔵小杉から例の怪文書(?)がやっと届きました。これで私も日本人対在日朝鮮人の戦いに参戦できます。ワクワクしてきました。

.....向こうは負ければ強制送還、最悪外患罪死刑まである事案だから、真っ青になっている。こちとらは負けても単純な金銭支払いですむ。現状では負けもあり得ず、わくわく感となれば結果は見えている。戦後70年の精算がこんなに簡単にできるのか、シナリオを書いた自身が信じられない思いである。

 

TO子
私にも今日、脅迫状が届きました。
全く怖くありません。こんなの想定済みで参加してますし、仮に勝ち負けの判らない戦いだったとしても参加していますし、負け戦になったとしても寝返る事はありません。
日本人は目に見えない物を信じる事が出来ます。まだ余命様は見えないし勝敗も見えないけれど、私は自分で決めたからには最後まで責任は自分。全く後悔なんて無いですし、この先も一緒に、力不足ではありますがよろしくお願い致します。

 

青空
余命様、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。
まだかまだかと待っていた武蔵小杉合同法律事務所からの通知書・合意書がようやく届きました。
読めば読むほど、なぜこのような脅迫・恐喝を受けねばならないのかと怒りを覚えます。
そして、日本を取り戻さなければならないんだと改めて強く感じました。
余命様そして日本を思う同士の皆様の力強いコメントに励まされます。
これからも皆様と共にひた押しに進んで参りたいと思います。

 

らいむ
こんにちは。本日やっと私にも武蔵小杉合同法律事務所から普通郵便で届きました(^-^)
ただ、神原元、姜文江、宋惠燕の3名からで、神原50万、残り2人100万請求するとの事です。
佐々木、北の名前はありません。
複数お詫びや和解の連絡があるので電話してくるなとの事です。
さてさて、これからどんな展開になって行くのやら。ワクワクしてきましたというと不謹慎でしょうか?
無視されるのが1番嫌なパターンだと思っていたので。

.....二人の在日朝鮮人弁護士は1000万円ずつ、神原元弁護士も1000万円の損害賠償請求を予定している。川崎デモ事件における代理人虚偽申告事件の5人の弁護士は、順次、告訴していくが、金額、順序その他は未定である。
佐々木、北弁護士その他約20名はそのあとになる。川崎デモ事件の関係は6月中にはメディアの提訴の予定である。
テロリストと北朝鮮朝鮮関係も6月半ばとなる。総がかりだね。

広告

2526 日本人対在日朝鮮人の戦いが始まった⑤

KG
始まったようですな。
朝鮮で始まると思っていたら、国内から始まったようです。
不良弁護士も、意図せずなのか、パンドラの箱を開けてしまったようです。
事は簡単で、テロリスト養成朝鮮学校に税金を差しあげろという憲法違反の会長声明は、間違っていました。ごめんなさい。会長の犯罪行動を放置していた会員全員も、不徳と無能無知の極みでしたごめんなさい。もうしません。と、謝れば済むのに、逆ギレして、俺の仕事邪魔しやがって気分害したから訴えるもんねというのが、今です。
大学で憲法学んで、試験して、弁護士になったのに、東大出て国民の敵になった政治家のように、一般国民を恫喝するいっぱしの日本の敵になったのが、彼らです。
まぁ、1000人から訴えられたら生活できないだろうなと予想していましたが、それより先に有名税で事務所の電話が鳴り止まず生活に支障をきたしているようですが、誰が電話しているのでしょう。このブログの人は、早く訴えろと待ち構えているのですから、そのような詰まらない電話はしませんでしょうけど。テレビ観た人が、電話してるのでしょうか?全く、現実は思いもよらないことで、同じような結果をもたらしているようです。 これから、恫喝裁判が進んで、その原因が朝鮮問題として明らかになれば、電話の本数も増える一方になるでしょうね。何しろ国民の大多数は、ウヨクです。
とはいえ、一定数いるサヨクのカンパが集まっているようなので、それで生きながらえてください。
サヨク弁護士はツイッターとみずほ銀行が好きなようです。ツイッター社とみずほはテロ支援していると認識されていたようですが、そうなのでしょうか。
不良弁護士のツイート見ていて、感じました。
絶対負けられない戦いですが、今は1000対数名の戦いです。日本人と在日の人口比に似ていますので、勝ちましょう。
これは懲戒請求の問題ではなく、憲法違反の声明とそのお仲間問題です。
此処は、日本です。

.....余命とか余命三年時事日記とかのワードが出てきませんな。記者会見では確か1回佐々木が言ったような気がするが、まあ、事前にきつく止められていたんだろう。それっきりでしたな。テレビでも同様だったそうだが、何を考えているんだろうな????
この懲戒請求事件?は、これから本格的な訴訟となれば、いやおうなく余命が表に出てくるわけで、懲戒事由が「朝鮮人学校補助金支給要求声明」であることは日弁連が北朝鮮テロ国家支援組織であり、神原元弁護士をはじめとする左翼弁護士は在日朝鮮人と強いつながりをもち、川崎デモ事件のような日本人攻撃をする日本人の敵であり、その主力はISテロ組織とつながる国際テロリスト集団であることが露見している。
この懲戒請求事件?は北朝鮮がテロ支援国家への支援組織の特定あぶり出しと、在日朝鮮人と反日組織の特定あぶり出しである。欧米班はすでに準備完了、今月末までに欧米各国関係機関に情報提供することになると聞いている。はじまりましたな。

 

沈丁花
こんばんは。
皆さんご承知の通り、昨日(5/17)、朝のワイドショー(羽鳥のって言ってたんでテレ朝ですね)が懲戒請求の件を放映していましたね。
あたしは観ていなかったのですが、リアルで観た家族から感想を聞いたので投稿してみます。
■自称・和解した懲戒請求者は女性
■洗脳だかマインドコントロールだか言ってた
■ネット住人?ネット住民?という変な言葉を使ってた
■請求者は余命に唆された無知な人たち
■でも年齢は30~40代でお金に余裕のある人たちっぽい
■余命の名は出さず
■何か気持ち悪い内容だった

以上、ちゃんと観ていたわけじゃないのでザックリな説明と感想とのこと。
一番下の感想は、たぶんネットスラングの使用に違和感があったからだと思います。その家族はほぼネットを使わないので……まあ実際ネットスラングをリアルで、しかも一般的なテレビ番組で使うとか正直引くけど。
で、開口一番「いや、その女って仕込みでしょ」と言ってしまいました。向こうが用意したサクラか、何なら最初から引っ繰り返すつもりで懲戒請求に参加させた反間か。
だって余命読者(請求された方々)は、ちょっとやそっとじゃ折れないでしょうから。皆さん確固たる意志と覚悟をもって、考えた上で判をついているだろうに。そういう意味では「唆された」とか「踊らされた」とかって、一番の侮辱だと思います。
とにかく家族から話を聞く限り、そのワイドショーは「余命=カルト・詐欺師、請求者=信者」「懲戒請求=犯罪」みたいな見せ方だった模様。
今までネットで見てきた反余命のレッテル貼りと完全一致すぎて草。そして名誉棄損レベル(請求した個々人の氏名が出ないと無理なのかな、分からないけど)且つBPO案件な番組内容だった模様です。一方の主張のみ取り上げて、都合の悪い事実は意図的に隠して……って、これはマスコミの通常運転か。
あと懲戒請求ってネット上じゃできないですよね。余命って実行ブログですよね。これだけネットが普及しているのに、いいかげん国民の声を「ネット限定」みたいに矮小・特殊扱いするのは無理があると見切りをつけて、レッテル貼りするにしても何か別の言葉を考えれば良いのに。
ところで、せっかくだから『そこまで言って委員会』や『プライムニュース』でも取り上げて頂きたいですね。もうちょっと可能性ありそうなのは『虎ノ門』『ニュース女子』あたりでしょうか。もちろんブログ名は有りで是非。

.....取り下げは1名。示談に応じた1名はたぶん100%なりすましだと思う。ともに男性である。

弁護士さんに脅されてるので匿名で
小坪議員ブログ、更新来ています。
ttps://samurai20.jp/2018/05/tyoukai/

.....同じ方向に進んでいても、かたや政治家、かたや個人である。立場が違うのでまったく同じ道を歩んでいるわけではない。要するに考え方も手法も違う。
提携は是々非々で意見交換、連絡は取り合っており、余命ブログと同じように閲覧されたらありがたい。

今此処
余命様およびスタッフの皆様、同志の皆様、お疲れ様でございます。
5月16日、我が家のポストにも武蔵小杉合同法律事務所から、通知書&合意書のお便りが届きました。
記載内容は「2520 日本人と朝鮮人の戦いが始まった②」の「匿名希望」様と全く同じであります。(尚、日付は2018年5月14日付けです)
余命様からのご指示をお待ちしたいと思います。
いつでも取り出せるように、お便りは大切に保管しておきます。
同志の皆様との「ひた押し」あるのみと心得ます。
※今回はHNを変更して投稿させて頂きます。

.....とりあえず、以下のメンバーの示談書、合意書、恫喝文書と懲戒請求者への損害賠償請求提訴の意思確認待ちである。赤字は確認済み。
佐々木亮  東京弁護士会   
悪魔の提唱者@6CLW77Y102 弁護士?
小倉秀夫   東京弁護士会
嶋﨑量   神奈川弁護士会
神原元   神奈川弁護士会
福島瑞穂  第二東京弁護士会
姜文江    神奈川弁護士会 在日コリアン弁護士協会(副会長)
宋惠燕    神奈川弁護士会
三木恵美子 神奈川弁護士会
櫻井みぎわ  神奈川弁護士会
北周士   東京弁護士会
猪野亮   札幌弁護士会
渡邉恭子  長野県弁護士会

これにTBSとか、朝日新聞、毎日新聞、神奈川新聞などが加われば最高である。
なんてことはない。これは2016年6月5日川崎デモと2017年7月16日川崎デモの再現である。ほとんど同じ役者に少々プラスしての売国奴ショーである。
日本再生大作戦は最終章にはいっている。戦後の精算が怒濤のように、まさにスパイラルがはじまっている。敵は本能寺だった。

 

余命戦士の端くれ
キター(゚∀゚)
仲間外れかと思ってたら来ましたよ!武蔵小杉!
通知書と合意書二枚
噂通り本文中には名前ないですね。
これはアレですか?
弁護士会は懲戒請求者の情報漏らしてませんってことですか?
神原らが中身作って弁護士会が宛名と発送係?
協力はしたけど情報漏洩はしてませんってか?
と言うかたちだけで漏らしてるんじゃなくて?

.....現状でも懲戒請求書の情報が、5月16日記者会見で個人名以外は事実上、公開されており、また、それを使っての損害賠償請求を告知している。明らかな恐喝であり、この責任は所属弁護士会幹部だけではなく、綱紀委員会委員全員にあることは明らかである。 守秘義務違反と目的外使用で告訴することになる。
告発しても検察がお仲間だから民事での損害賠償請求となる。ひとり、1000万円ほどの慰謝料請求となろう。もちろん刑事訴訟は別である。
攻守大逆転!少なくとも余命の読者は実感しているだろう。

 

真哉
訴訟費用は大丈夫でしょうか?
どの口座に振り込みしたら、よいですか?

.....訴訟資金は皆さんのご寄付をまったく手つかずでプールしている。約1000万円ほどあるのでやりかたしだいだね。
「日本再生大和会」では、ボランティアとしての運営だったのだが、定款に決めがなく、税法上の問題があるとして、会計事務所から指摘があり、人件費を計上することになったのだが、まさにあっという間に運営に支障が出ることが明らかとなって、解散ということになったのだが、定款にきちんとした決めがあれば全員ボランティアも有りとして「やまと」を立ち上げたものである。その報酬等の規定は以下のようになっている。

(報酬等)
第22条 当法人の理事は、原則として無報酬とする。
 2 当法人の理事または職員に対し、報酬、賃金または賞与その他の職務執行の対価を当法人から支出する場合、その額は、法令の範囲内で、社員総会の決議に基づき定める。
  1 前項の支出は、当法人への寄付金を原資として行ってはならない。
 せんたく小野勝氏の「一般社団法人やまと理事長」解任の最大の理由は、理事長報酬の要求や経費の付け替え、私的購入物の付け替え等の背任行為であった。
 現状、理事長印をはじめ銀行印、郵貯印の返還を求めているが、通告後にあらたな不法行為を繰り返している旨、連絡があった。通告書の受け取りは確認されているが、当人は依然として行方不明らしい。
先日、関係者より、活動開始の連絡があり、慎重に検討した結果、5月25日より支出開始許可を出すことになった。総攻撃の始まりである。
もうおわかりのように、懲戒請求事件?は在日朝鮮人と反日勢力のコラボである。これが一体となって日本乗っ取りを謀っている実態が明らかになった。
「日本人対朝鮮人」である。これは戦いであって、そこには人権もヘイトもない。
川崎デモ事件がなかなか動けなかったのは、刑事告発をお仲間である検察が門前払いしているため、民事に頼らざるを得ず、たとえ本人訴訟で頑張って勝訴しても、個人事案という面が強く、支援の呼びかけが難しかったからである。
今般の「朝鮮人学校補助金支給要求声明」を懲戒事由としての懲戒請求事件は、シナリオ通り、日弁連が朝鮮人支援組織であることを自ら証明してくれた。まさに「諸悪の根源マンセー日弁連」であることを日本国民の前にさらしてくれたのである。これにより外患誘致罪の根拠が明らかとなった。一歩間違うと、売国奴のレッテルが貼られる可能性があるから、外患誘致罪無用論の方々はできるだけ早く関係記事を削除された方がよかろう。
懲戒請求事件と川崎デモ事件がつながったことから、民事は川崎デモ関連と懲戒請求関係と二本立てとなる。
川崎デモ事件における虚偽申し立て弁護士が神原元弁護士と二人の在日朝鮮人弁護士が一緒であること、佐々木亮弁護士共謀罪脅迫罪での告発が懲戒請求事件とダブっていることから、まず6名の弁護士にしぼって告訴という予定である。ひとり1000万円として訴訟関係費は100万円はかからない。最高裁まで十分戦える。
その間に、必要となれば、また皆さんにお願いすることになるが、この流れでは「勝負あり」という結果が見えているから、なんとか間に合いそうな気がするがねえ。
具体的に懲戒請求事件での本人訴訟の関係は5月末をめどに窓口をつくる。詳細は後日アップする。

 

H.Okada
お初に投稿させていただきます。2012年でしたか、余命の初代ブログを拝見して、その頃は、自殺も考えていたほど生活難で、その時に余命ブログの先見に驚き信者化しておりました。そのあと懲戒請求等を見ておりましたが、踏み出す勇気がございませんでした。ただ今回の件で、応援させていただきます。
嶋崎量弁護士は、カンパを煽ってます。
小倉秀夫弁護士は、反対意見に戸惑いを隠せず。はじめ参加するつもりで今迷っている状態です。
頑張ってくださいませ、お体をお気をつけて。

.....あほの弁護士数人が踊り出したおかげで、懲戒請求事件なんかどこかに飛んでしまっている。日弁連、弁護士会そのものが炎上しつつある。
海外の提携ボランティアからは、北朝鮮テロ国家支援団体として、「日弁連」と「傘下弁護士会」および対象となる個人弁護士の特定について問い合わせが来ている。
まあ、全体と全個人弁護士を指定しても、現状、米国財務省がやくざ組織の口座凍結をしているような程度で実害はないと思うが、問題は国際テロリスト指定だね。数年前と大きく状況が変わっているので、財務省でも口座凍結とテロリスト指定は権限外ではない。
話では旧民主党の政治家や川崎デモ関係での連中が大量にアップされているようだからこれから川崎デモ関係者は大変だね。実際に、カウンターデモに参加した有田やみずほとか、のりこえネット辛淑玉、しばき隊野間、TBS、朝日、毎日、神奈川新聞等は、再燃に対応できるかな?
すでに国内での関係法規はスライド指定となっており、面倒はない。また聴聞事案であるから、何もない者には関係がない。
たとえ国際テロリスト指定されても日本人なら口座凍結くらいのもので、社会的には死刑宣告と一緒だが、実刑が伴うことはない。問題は在日朝鮮人で、国際テロリストは母国への強制送還となるから笑ってはいられない。
「日本人対在日朝鮮人」という図式になったら、勝負は終わりである。