2515 2018/05/14アラカルト①

轟木龍藏
余命の皆様、スタッフの皆様、秘書様、いつも有り難うございます。
今朝の行橋市会議員小坪しんや氏のブログ「朝鮮有事と日本国内の被害(携帯小説風)【覚悟を決めた人はシェア】ttps://samurai20.jp/2018/05/novel/」の途中にも挿入記事がありますが、氏のツイートに「新規【事務弁護士会】立ち上げの話し」が書かれていました。 余命3年時事日記の面々が希望する第2弁護士会とは異なる様ですが、「社労士に対しての簡裁代理権」も含む議論がされる様です。司法ではない立法の領域でのお話しですが、とても心強いです。
さて、いわゆる濫訴的懲戒請求の訴訟の話しが出ていますが、その前に和解を提案される様です。多くの同士は和解に応じられないと思いますが、懲戒を出された当時と諸般の事情が変わられ和解をお考えの同士もおられるかも知れません。
その場合、一人との和解は他の残りの方からも同様の提案が来ると大変かとも思います。一人で悩まれないのが良いと思います。本ブログでも今週予定されている記者会見と10日程放置後の対応と書かれていますので、余命様の対応をお待ち申し上げたいと思います。
轟木龍藏拝

.....ウソも100回言えば本当になるという手法で攻撃してきている。神原元弁護士と2名の朝鮮人弁護士は2016年6月5日川崎デモにおいて在日組織青丘社の代理人として、ヘイトデモでないものをヘイトデモとして虚偽申告している犯罪者である。
これは日弁連上層部も知っていることで、日弁連会長声明と神奈川弁護士会会長声明「朝鮮人学校補助金支給要求声明」だけではなく、それも理由に懲戒委員会にかけたのである。 理由がない、あるいは不当である懲戒請求であるならば、却下すればいいものを「正当な懲戒事由がある」または「却下する理由がない」ということで正規に綱紀委員会にかけたのである。
この懲戒請求が不当というのなら、その「綱紀委員会にかける」という処分をした弁護士会に「不当懲戒」として訴えるべきであろう。懲戒請求者がどうのこうのという問題ではない。

 

みやこ
余命様、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。
以下は、全国の各弁護士会に対し行った懲戒請求に対して、逆ギレした弁護士の方のツイッターです。
弁護士神原元
@kambara7
フォローする @kambara7をフォローします
その他
朝鮮学校への補助金などを巡って弁護士に対して大量の懲戒請求がなされた件、不当な懲戒請求による損害賠償金の支払いを求め、本日、東京地方裁判所等に訴訟を提起した。現時点で被告は未だごく一部であるが、訴訟前に和解が成立した方を除き、最終的には請求者全員に裁判所までお越し頂きたいと思う。
0:29 – 2018年5月9日

昨日5/12(土曜)に武蔵小杉合同法律事務所から一通の封書を受け取りました。今回の各弁護士会への懲戒請求について
1)『貴重な時間や労力を奪われたほか、根拠のない請求によって名誉、信用等を不当に侵害され、精神的苦痛を受けた。』として不当な懲戒請求を行ったことについての合計250万円の慰謝料請求の通知書が一部
2)以下の内容の合意書二部
*懲戒請求申し立てに理由がなく違法であることを認め、弁護士(姜文江、宋惠燕ら)に対し謝罪する。
*懲戒請求申し立てによる損害賠償債務として、対象弁護士3名に各5万円、合計15万を支払う。期限2018年6月末日限り。
振込先ー三井住友銀行武蔵小杉支店 普通 口座:弁護士神原元第2預かり金 口座番号:2091812
*送金後は、本件について虚偽告訴罪として警察署等に被害届を提出しない。
*定められた損害賠償金を期限内に支払わなかった場合、本合意書は無効とする。

以上、取り急ぎご報告いたします。また、私自身は、謝罪や損害賠償金を支払う義務も意思もないことも併せてお知らせしまーす。時節柄、くれぐれもお体ご自愛くださいますように。

.....昨日、放談会記事でも述べられているが、追い詰められているのは反日と在日朝鮮人である。
連日、猛烈な妨害と投稿では暴力団まがいの恫喝メッセージがあふれている。しかしまあ、戦後の治安が弱体で反日や在日朝鮮人の蛮行やりたい放題の時代はすでにおわり、彼らの生き残りは被害者面をし、弱者を装い、人権を掲げ、ヘイトを叫ぶ手法に変わっている。
その仕上げが司法の乗っ取りだったが、ほぼ完了したところで現状、急停止している。
和解?を拒否して訴訟となった場合だが、訴訟事由が存在せず、また違法な手段をもっての告訴であるから負けることはない。彼らは負けることはわかっていて仕掛けているのである。これに対抗するには反訴しかない。
2月に余命が同人出版に切り替え、「川崎デモとテロリスト6,7」「五十六パパかく戦えり8,9」シリーズで6月の訴訟入りを予告している。彼らは攻撃は最大の防御という作戦を展開しているのである。
以下、第六次告発概要を見れば一目瞭然であるが、川崎デモや懲戒請求事案は、文字通り「反日と朝鮮人」vs「日本人」の戦いである。

202 川崎デモ三木恵美子告発状
203 川崎デモ宋 恵燕告発状
204 川崎デモ神原元告発状
205 川崎デモ櫻井みぎわ告発状
206 川崎デモ姜文江
207 伏見顕正告発状
208  東京弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
209  第一東京弁護士会全弁護士朝鮮人学校補助金支給問題
210  第二東京弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
211  大阪弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
212  兵庫県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
213  神奈川県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
214  沖縄弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
215  佐々木亮懲戒請求書
216  山本太郎告発状
217  神原元テロリスト告発状
218  上瀧浩子テロリスト告発状
219  辻元清美テロリスト告発状
220  野間易通テロリスト告発状
221  川崎デモテロリスト告発状①
222  佐々木亮脅迫告発状
223  福島瑞穂テロリスト告発状
224  辛淑玉(のりこえネット共同代表)告発状
225  有田芳生テロリスト告発状
226  川崎デモテロリスト告発状②
227 ツイッタージャパン社告発状
228  佐々木亮脅迫罪告発状
229  青林堂裁判についての告発状
230  日弁連朝鮮人学校補助金支給要求声明共謀罪告発状
231  佐々木亮弁護士共謀罪脅迫罪告発状
232  小倉秀夫懲戒請求書
233  嶋崎量懲戒請求書
234  渡邉恭子懲戒請求書
235  北周士懲戒請求書
236  渡邉恭子告発状
237  猪野亨告発状
238 猪野亨懲戒請求書
239  林、國本、大阪弁護士会懲戒請求書
240  札幌弁護士会3名懲戒請求書
241 宮本智懲戒請求書
33 在日コリアン弁護士協会告発状
35 在日コリアン弁護士協会会員弁護士告発状

兵庫県弁護士会白承豪会長は今期、標的になったので立候補もせずに逃げましたな。
朝鮮人グループのいちゃもんつけにひるんでおとしまえとしての和解金を払うのは自由である。これに対して戦うという方は告訴団を結成する。本人請求での逆告訴である。
5月16日の記者会見に出て来る弁護士は確信犯である。まとめて処理できるように今月中に具体的な準備作業に入る。
しかし神原元弁護士は致命的なミスをしましたな。
「204 川崎デモ神原元告発状」事案は五十六パパの当事者請求事案だったのだが、今般の「根拠なき」という理由付けには明らかな反証として使える犯罪事案である。

 

2(5)ちゃんにゅーそく+にあった余命関連スレに、興味深いコメントがありました。
信頼に足る物かどうか、余命様やスタッフの皆様のご感想をいただけましたら、幸いでございます。
万が一民事訴訟を起こされた場合の反論書テンプレらしきものです。
引用開始
>訴えられた場合の本人訴訟用(ちょくちょく改訂版)
答弁書
1、被告は懲戒事由があると思慮し調査検討義務を満たした上で懲戒請求を出した。
誰でもどんな立場でも認められている懲戒請求の権利を正当に行使しただけであり不法行為は行っていない
2、注意検討義務を満たすにあたって法治国家における最も重要で信用性の高い法的指針を示した最高裁の懲戒請求判例を全て読み解き、明らかに不法行為には当たらないことを認識し「究極的な調査検討義務」を果たした
3、「第八十九条、公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。」にあるように朝鮮学校は通常の思考で考えれば明らかな憲法違反であり、未だ拉致被害者の苦しみや核の脅威に晒されてる日本人としてその北朝鮮を賞賛し支配下にある朝鮮学校に対して支持表明をした弁護士会の行動は到底日本人の感覚では容認できない発想であり憲法違反の片棒を担ぐようなもので「弁護士としての品位を失うべき非行」と認識し懲戒請求を出したもので、何ら不法行為は犯しておらず原告の主張は失当である。
4、国民の誰もが保有している懲戒請求権を正当に行使しただけであり例えそれが一部の弁護士に結果的に集中したとしても、それは一人一人の意思の結晶でしかない。仮に懲戒請求してはいけなかったと仮定すると、いかなる理由と法的根拠で国民の権利や人権が制限されなければいけないのか、仮に一定の間隔を置いて懲戒請求しなければならなかったとすると、一括処理することが出来なくなり原告の業務に更なる手間が増えるだけで考えるだけで馬鹿馬鹿しい。
結局は本件以外のいかなる選択肢を選んでもそれ以上の苦悩しか生み出されない。
また正当な理由で出された懲戒請求が業務妨害に該当すれば、いかなる様態でいかなる条件が重なったら業務妨害なのか3通重なったらダメなのか10通重なったらダメなのか
全く予見不可能であり懲戒制度が萎縮するどころか全く懲戒請求が出来なくなってしまうという最悪の事態を招き非現実的で容認できない
5、大量の懲戒請求であっても弁護士会による一括処理、一括反論で済ましており弁護士自治を維持するための義務的労力の範囲内であり、社会通念上の受忍限度を越えたと認めることは出来ない。
原告の受けた精神的苦痛も朝鮮学校の憲法違反という国家の根幹に関わる重要な批評であり、社会的関心の高さゆえに甘受せねばならない当然の結果であり社会通念上の受忍限度を越えたとはいえない
以上
特に2の調査検討義務をしっかり満たした事と3の拉致被害者の苦しみや核の脅威など正当な懲戒事由であることをしっかり訴えてください。
これでまず負ける事はありません。
上記の条件を満たせば裁判所は一懲戒請求者にそこまでの責任を負わせません。
損害賠償の250万などハッタリなのです。
そして重ねて4、5を裁判官にしっかり理解してもらうように訴えましょう。
引用ここまで。
お忙しいところ誠に申し訳ございませんが、御目通しいただけましたら幸いです。

.....ここ二日ばかり同じようなことを書いているが、要は弁護士会が懲戒事由を少なくとも認めて綱紀委員会にあげている以上、根拠がないとか不当懲戒請求という話にはなり得ない。不当懲戒ならば申し立ての相手は懲戒権者である弁護士会であり、不当懲戒請求であるならば却下すればいいだけの話である。

 

オッキー
本日武蔵小杉合同法律事務所より損害賠償の通知書と支払いの合意書が届けられました。一人5万円で3人分で15万円を振り込めとのことです。尚合意に応じない場合は損害賠償請求訴訟を提起して1人50万円合計150万円を請求するそうです。3人の弁護士の名前は、神原 元、姜 文江、宗 恵燕です。在日朝鮮人と反日弁護士の本性あらわですね。シカトしていていいんですね?

.....何が合意書だよという話。恐喝で訴えられないように必死になっている。相手が150万円ならこっちは1500万円で10倍返しだな。「朝鮮人対日本人のバトル」が始まった。
悠久百姓
余命様、皆様お疲れ様です。
こちらにも12日に福岡県弁護士会から届きましたが、確かに「懲戒請求者から懲戒請求取下書が提出され、」と書いてあります。
やってません。誰が提出したのか?これは有印私文書偽造ではないでしょうかね。
もうやることが発狂じみていてあきれ返りますよ。これ、情報開示請求できるのでしょうかね。

.....この件はご本人から連絡があって、確認している。みなそれぞれに事情がある中で頑張っているのだから話はこれまで!
逆に闘争宣言がすでに10数人もいる。現在、180ほどのコメントを抱えて約50件見ているが、弱気な方はお一人だけ、どうなっちゃってんだろうと思うほどみなさん意気軒昂である。もう少しだね。

 

すくなびこな
アマゾンでベストセラー1位になりましたね!
総合で60位にも入っていました!
青林堂‏ @seirindo_book
アマベストセラー日本の政治1位!「このままでは日本は奴らに乗っ取られる!!」日本弁護士連合会は拉致実行犯が校長を務めるような朝鮮学校への補助金交付を求めています!日弁連の問題を誰よりも早く指摘していたのはモンスターブログ「余命三年時事日記」でした!
ttp://amzn.to/2qIWRsw 。

広告

2514 小坪氏との提携第一弾 吉田康一郎

小坪氏との提携第一弾である。全力応援をお願いしたい。

吉田康一郎@yoshidakoichiro
今日午前中、政治活動事務所看板(選管より交付された証票を添付した看板)と複数の支援者宅のポスターに、写真の通り「レイシスト」と印刷したシールが貼られていました。
刑法261条器物損壊罪相当。
警察署に被害届。

我が商店街は防犯カメラを設置していますので、行為者は録画されているでしょう。
ttp://imgur.com/j23XTUv.jpg
ttp://imgur.com/IMcjpF3.jpg
ttps://twitter.com/yoshidakoichiro/status/995521331545362432

中野区長選 吉田・元都議が出馬表明 /東京
ttps://mainichi.jp/articles/20180512/ddl/k13/010/015000c
議場にて「朝鮮学校」について言及し答弁を求めることがどれほどの覚悟を要するか、想像できるだろうか。言うは易しだが、”様々な圧力”がある中、公式の場で発言することがどれほどのことか理解できるだろうか。
自らの意思で選挙を戦い、皆様のお力添えを頂いてバッチをつけているわけだが、それに相応しい覚悟を持っている者は多くはない。また、能力も併せ持っている人材となると、さらに人数は限られてくる。

東京都において【朝鮮学校への補助金がカット】された。これは議会において一般質問が行われたからなのだが、その時にタイトルは『朝鮮学校への補助金全額削除を』というもの。これは、東京都議会の議事録に未だ公開されている。その際に質問に立った都議会議員が、吉田康一郎氏である。

6月3日告示の中野区長選に出馬の意向を示している。
吉田康一郎、その能力は凄まじく、行政側としても充分に通用するものだ。私のように、質問側で斬り込むことのみに長けた者は(つまり突破力や攻撃力、専門色)、議員が似合っている。だが、答弁する側の行政となると、また異なる能力(総合力や防御力)が求められてくる。保守系において、この能力を有する者は少ない。
実際に、朝鮮学校の予算が凍結された際の議事録を紹介する。

その伝説の質問は、平成22年第4回定例会 一般質問にて行われた。
警視庁とは、東京都を管轄する警察組織だ。そのため、東京都議会では答弁者には警視総監が立つわけだが、「朝鮮総連及び朝鮮学校に関する警視庁の認識」を引き出している。警視総監の答弁とは、警視庁の意向となる。対北朝鮮政策にも強い影響を与えたと推察され、いまだ有名な議事録だ。

朝鮮学校の補助金削除は、その後、知事が何人変わっても今も続いている。
ここが実は重要です。後の知事まで縛る事ができた立論だったということです。
当時、朝鮮学校の補助金の削除は議論はされていたが、実際の削除は初めてであり、首都東京都の実施は、全国の自治体に影響を与えました。北朝鮮の度重なる暴挙もあり、ついには国が通達を出すにまで至りました。今回、紹介するのは、その議事録になります。

質問においては【公安調査庁が提出した答弁書が閣議決定されましたが、その答弁書によると、朝鮮総連と朝鮮学校の関係について、密接な関係にあり、学校の教育内容や財政、人事に影響を及ぼしていると認識しているとされており、もとより朝鮮総連は北朝鮮政府がみずからの出先機関として取り扱っています。
 そこで、こうした閣議決定などを踏まえ、治安責任を有する警視庁の北朝鮮、朝鮮総連、朝鮮人学校に対する認識を伺います。】という、斬り込み方。

議会慣れした方からすると、上手いな!と感嘆するだろう。ここは、吉田氏の個人の考えではなく、あくまで閣議決定された資料を踏まえた形とし、ここまでのことを述べつつも半身ずらして被弾を避ける。あわせて行政には、国が決めた内容を踏まえて、と回答を迫るわけだ。ここで回答を求めた行政とは、警視総監である。

ネットが今ほど台頭する前のこと。ここまでのバトルが、確かにあったんだよ。古参の保守は、この名をよく覚えているだろう。吉田康一郎が、中野区長選に出馬予定。
楽観はできない。相手は現職ゆえ相当な苦戦が予想される。だが、仮に奇跡を手に入れることができたならば、東京都全体に、そして日本全体に激震が走るだろう。僅か一議席を与えれば、朝鮮学校の予算を全額削除した男だ。彼が政界に戻ってくれば、どれほどの衝撃を与えるだろうか。仮に区長になれば、その職権においては「外国人の生活保護」を撤廃したり、パチンコに地方税をかけたりと、やれることは無限にある。
政治家は、たらればの話はすべきではないと前置きはするが、我々に奇跡を与えて頂けたならば、私は吉田区長に「要望活動」を行うだろう。そして、吉田氏は、それを受けてくれると信じる。

余談になる。私と吉田康一郎をつないだ国会議員は、実は西村眞悟先生だ。
当時のエピソード、私が市議になる前の、古い古い話もしていこう。思えば、あれは九年ほど前になる。
追伸)
ちなみに、先ほどまで吉田さんと一緒にいた。

2513 懲戒請求放談会

司法関係者とジャーナリストのABCD4人の放談会。

A 久しぶりだね。皆さん元気?
B みんな元気だけど、肝心の余命さんは?
C この1週間大坂、熱海だそうだ。小坪さんともあうらしい。
D 小坪さんてあの小坪伸也さん?
C この記事がアップされるまでには終わっているだろうからいいけど。これマル秘だよ。A 小坪議員と余命さんの提携って、反日や在日、それに共産党はショックだな。
C 具体的な会談内容はこれからだね。
B ところで今、一番の話題は懲戒請求問題だと思うんだがこれA さんたのみます。
A 現時点では、どういう内容なのか100%把握していないのではっきりと言えない部分があるけど、これはどう考えても無理筋だね。
神原元弁護士ほか2名の損害賠償請求は「根拠がない懲戒請求で損害を受けた」というのが理由のようだが、そもそも懲戒請求は「なんびとも~あると思量するときは~できる」という国が国民に保障している権利だ。弁護士法も、これに「事由をつけて」と余計な文言を付加しているが法意は同じだ。
「朝鮮人学校補助金支給要求声明」が法違反として会長声明に賛同する傘下弁護士を懲戒請求しているのだから、それが明らかな事由であり根拠だね。
その根拠があるかないかを判断するのは弁護士会であり、神原元弁護士ではない。
不当懲戒と不当懲戒請求という文言は紛らわしいが、まったく別物で、不当懲戒は権限を持っているものが行使する処分に関するもので、この場合は懲戒者=弁護士会であり、被懲戒者の不服申し立てあるいは損害賠償の相手は所属する弁護士会となる。
不当懲戒請求とは、よくある事例として離婚訴訟がある。裁判結果に不満を持つものが相手側弁護士に嫌がらせをするもので、頻繁かつ意図的に虚偽理由をもって懲戒請求するものだ。今回のケースは該当しないね。
C 判例からして、あきらかな不当懲戒請求は却下できるのに、却下しないで綱紀委員会にあげたということは、少なくとも弁護士会は「懲戒請求事由に根拠がある」「却下する理由がない」と認めているわけだ。
綱紀委員会にあげられて業務を妨害されたというのなら、(根拠のない事由を根拠があるとして綱紀委員会にあげた)弁護士会の不当を訴えるべきであって、懲戒請求者は関係がない。
B 神原元弁護士はこのことを知っているんでしょうか?
A 知らないんじゃないの。
B だって弁護士でしょ。
A 余命さんに話したら、「弁護士だからな。法律は無理」だって。
C 要するに、最初の最初から間違っているということだよね。
A この神原元弁護士の訴訟は、懲戒請求書の扱いという大きな問題を抱えている。
つまり、懲戒請求者の情報はどこまで開示され、開示した弁護士会はどこまで責任を負えるのかという問題である。弁護士会が準公務員という立場では、関係する文書はすべて公文書と見るべきであろうし、それがたとえ私文書であろうとも守秘義務はあるはずだ。
神原元弁護士が所属する神奈川弁護士会は個人情報を開示することがあるという規定があるようだが、このような損害賠償請求裁判に使うことまで容認しているのだろうか。
もし、そういう規定があるにしても、今回の訴訟事件では明らかな目的外使用となるから、訴訟提起されたら神奈川弁護士会の少なくとも会長、綱紀委員会委員は民事、刑事責任から逃れることはできないだろう。
D なんとなくわかるんだが、訴えられたら具体的にどうすればいいんだろう。
B 余命さん曰く「どうってことはないよ」(笑い)これじゃわからないよね。
C いや、実際にその通りでね。「どうってことはない」のだよ。
まあ、裁判になったとして、裁判所から呼出状と訴状と答弁書の提出が来るが、この答弁書に以上の事実を書けばいいのである。ざっとこんなもんかな。
1.弁護士会が「懲戒事由を認め、綱紀委員会にあげた事実」は否定ができない。
これを否定し、懲戒請求の根拠がない旨の所属弁護士会の証明書の提出を求める。
根拠があるかないかを決めるのは弁護士会である。
2.懲戒請求者であることの証明を求める。
個人情報がいかなる形で開示されたかを相手に証明させる。綱紀委員会かそれ以前の弁護士会か、その他、漏洩がいかにして行われたかを証明させるのである。
3.損害賠償の具体的明細を求める。
例としてあげると、佐々木亮弁護士のおとしまえ発言の場合
1.根拠はある。
2.訴訟対象者の個人情報はどこから得たのかの証明を求める。
3.損害賠償の具体的明細を求める。
というようなことになるね。
訴状が来れば余命さんの指示があるだろう。
D 現状では「和解」なんかに応ずる必要はないということだね。
B 振り込み詐欺と一緒だからな。
D ということは反訴ができるよね。
C 本人訴訟となるが10名ほどをまとめてひとりあたり1000万円~2000万円程度の慰謝料請求となるだろう。グループで決めることだから金額は様々だね。
李信恵大阪裁判では保守速報がネット記事をまとめただけで2200万円の損害賠償請求訴訟で200万円という判決が出ているが、この事案は脅迫だからね。
訴えられたら、即、反訴となれば採算がとれまい。(大笑い)
D 余命側では懲戒請求者数は1300人ほどだといっていたけど、佐々木亮弁護士サイドは960名と差があるね。どういうことだろう。
A 第一次から第三次まで逐次の発送だったようだから、未処理がかなりあるということだろう。しかし、余命サイドは驚くほど団結しているな。現在、取り下げ1名、和解1名と聞いている。すごいね。
C 神原元弁護士他の二名は在日コリアン、つまり朝鮮人弁護士だからな。李信恵大阪裁判も在日朝鮮人が反日上瀧弁護士とのコラボだ。
朝鮮人が反日弁護士と組んで日本人を食い物にしているという図式がはっきりとしてきたからな。
川崎デモ関係で、在日青丘社の代理人として5人いるが、うち二名は在日朝鮮人だ。
この事案はヘイトデモではないものをヘイトとして仮処分申し立ての代理人となった犯罪であり、明らかな懲戒請求事案である。
債権者代理人弁護士 三木恵美子
宋 恵燕
姜 文江
神原 元
櫻井 みぎわ
さすがに売国奴確定だから三木と櫻井は腰を引いたのだろう。訴訟には加わっていないようだね。
A 余命さんが佐々木亮弁護士民事訴訟はせいぜい50名程度だろうということで訴訟費用の予算を組んでいたら、とんでもない人数が踏ん張っていて負担ができなくなったといっていた。これうれしい悲鳴だよな。
しかし、よく見るとこの面子はみな川崎デモ事件のメンバーと被るね。ということはこれから、しばき隊やのりこえネットが参戦するということだね。5月16日の弁護士連中の記者会見が楽しみになりました。
D 本当にやるかね?
C ここまで大々的に予告したらやらざるを得ないだろう。
D 余命さんとか余命三年時事日記の名前が出るということ?
A でれば最高だがね。さすがに隠すだろう。でないとやぶ蛇だ。
D ところでせんたくチャンネルの件だけど、どうなってるの?警察関係はB さんだね。
B 小野とかいうやつに警察があおられていたからね。かなり本気でやるだろう。
D でも在日がらみだと政治案件にならない?
B 今回のケースは逆に在日や反日勢力がバックにいる可能性が高いから動くだろう。
すでに「社団法人やまと」から依頼を受けてすべての資料を分析中だ。ほぼ終わっているので民事、刑事の告訴は可能という状況になっている。
A 在宅起訴?それとも逮捕まであるんだろうか?
B 少々微妙だけど、単純な恐喝事件じゃないからね。せんたくチャンネルの放映の中では佐々木亮弁護士や北周士弁護士の関与が疑われるようなチャットもあるから放置はできないだろう。
チャットの部分はみなHNだから、動くとすれば逮捕だね。プロバイダーに中途半端な個人情報の開示を求めるよりはガサ入れしたほうが早い。また、芋づる式に弁護士が関与していることが発覚した場合も犯罪者が弁護士だったという図式なら抵抗がない。
在日朝鮮人と日本人の闘いとなれば「猛烈なハンデ戦」である。勝ちは決まっているけどきれいに大掃除するにはもう少し時間がかかる。気を引き締めていかなければならないね。    つづく