日別アーカイブ: 2017年7月2日

1708 懲戒請求アラカルト22

momo
余命翁様、並びにスタッフの皆様、日々のご尽力に深く感謝いたします。本当にありがとうございます。
遅ればせながらご報告いたします。
6月15日付で第二東京弁護士会から特定記録郵便にて懲戒請求調査開始の通知が届いております。3枚綴りでした。
1枚目、調査対象弁護士は早稲田裕美子(第578号)戸田綾美(第579号)神田安積(第580号)出井直樹(第581号)
2枚目、別紙にて578号乃至581号に関しての連絡事項が記載されており、既に別の方がご報告されている内容と同じ文言でした。
特に4番目には調査に関し、必要に応じて、貴殿から事情をお聞きすることがあります。その際は、日程調整のご連絡をお入れいたします。
とありますが、まるで脅迫文のような文言ですね。
3枚目は交付申請書なるものが付いていました。皆さんおっしゃる通り、放置プレイで良いのですね。
もう1通は、6月28日付の調査開始通知書が神奈川県弁護士会より29日に届きました。料金別納郵便という形で青い封筒で1枚だけ入っていました。
対象弁護士は、
第590号三浦修、第591号高橋健一郎、第592号安達信、第593号苑田浩之、第594号宮下京介、第595号種村求、第596号二川裕之、第597号木村保夫、第598号三木恵美子、第599号宋恵燕、第600号上原元、第601号櫻井みぎわ、第602号姜文江とあり、
その下には、言い訳がましい姑息な文言が記載されておりました。
本会が対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続きを終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。
なお、懲戒の自由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続きを開始することができないことになっております。
本当にこのように、今の日弁連は在日に晩食されて、身内だけでやりたい放題といった印象を受けました。
以上、簡単にご報告のみにて失礼いたします。

大和酒
余命爺スタッフの皆さま。
日々の活動・激務に感謝の毎日です。
くれぐれもご自愛の程を。
以下、弁護士からの通知の報告です。

第二東京弁護士会
懲戒請求受付 平成29年6月20日
文書日付 平成29年6月27日
会長名、捺印(実印)ともにあり
綱紀委員会への調査要請日 平成29年6月27日
事案の表示
平成29年(コ)第1247号~1250号
綱紀委員会の文書、交付申請書も同封
内容 懲戒請求事案の調査に関する照会

兵庫県弁護士会
懲戒請求受付 平成29年6月20日
文書日付 平成29年6月28日
会長名、捺印(実印)ともにあり
綱紀委員会への調査要請日 平成29年6月28日
事案の表示
平成29年(綱)第1648号~1654号
調査開始通知書に懲戒手続きの概要説明付き

たこ
余命様、スタッフの皆様、日本再生大和会の皆様
いつも有難うございます。
6月15日付で、第二東京弁護士会から封書が届きました。
・懲戒請求事件の調査開始について(通知)
・ご連絡
・交付申請書
の3通です。
また、6月28日付で、神奈川県弁護士会からも封書が届きました。
・調査開始通知書 1通です。
PDF等必要でしたら、WEB等でご掲示頂ければ送付させて頂きます。
取り急ぎ、ご連絡まで

讃岐うどん
余命爺様、PT様、大和会様、昼夜の激務ご苦労様です。
6月18日に第一東京弁護士会から簡易書留。
6月27日に和歌山弁護士会から普通郵便親展が来ました。
余命爺様、御自愛下さいませ。

団塊をやじ
余命さま、PT各位様、日頃の激務、感謝しております。
先般、第一東京弁護士会 懲戒請求にて、人物特定の問い合わせに、余命様の無視の指示を待たず回答したのですが、本日(6/29)簡易書留にて「当会会員 吉岡 毅 弁護士」を6/20付けで綱紀委員会に調査を求めましたので通知します。との通知がきました。
アリバイ作りの作業とは思いますが、御連絡まで。

ネプチューン28号
余命さん、PTの皆様、日夜日本再生の為のご奮闘、有難うございます。
さて、各弁護士会事務所から、調査開始の通知が届いていますので、ご報告申し上げます。
通知文は、ほぼ省略させていただきますが、何件か懲戒請求者への、恫喝あるいは牽制とも思える記述が見られました。
① 群馬県弁護士会  6月21日 ただのコピー
② 新潟県弁護士会  6月23日 朱印あり、割り印なし
③ 大阪府弁護士会  6月26日 朱印あり、割り印あり
④ 第二東京弁護士会 6月27日 朱印あり、割り印あり、親展及び特定記録郵便

調査開始の通知に続いての「ご連絡」
〇〇〇〇殿
第二東京弁護士会綱紀委員会
委員長  櫻井光政
ご連絡
平成29年(コ)第1671号乃至第1674号に関し、下記のご連絡がございます。

1.住所・連絡先の変更があった場合は、直ちに書面で当委員会に届け出てください。
2.今後、当委員会に提出される書類はA4版・横書・左綴じと  し、5部ご提出下さい。証拠書類等については縦書きでも結構ですが、書証番号(甲第一号証、甲第二証と順番に付けます)を付記するよう、ご協力下さい。
3.対象弁護士から提出された弁明書・書証等の交付を求める場合は、当委員会宛に交付申請書を提出していただくことになります。交付申請に対する回答は当委員会で協議の上、ご通知します。また、交付申請が無くても、当委員会が必要と判断したときは、対象弁護士から提出された文章を貴殿に送付することがあります。
4.調査に関し、必要に応じて,貴殿から事情をお聞きすることがあります。その際は、日程調整のご連絡をお入れします。
5.綱紀委員会の調査は、貴殿ご指摘の対象弁護士の行為について、懲戒委員会の審査を求めるか否かを決めるための手続きです。当委員会での調査結果h、最終的に「議決書」という書面にまとめて、貴殿に送付いたします。
以上
⑤ 京都弁護士会 6月27日 朱印あり、割り印なし
対象弁護士ごと一枚づつの通知書
⑥ 仙台弁護士会 6月28日 朱印あり、割り印なし
7人の対象弁護士まとめて一枚の通知書
⑦ 岐阜県弁護士会 6月28日 朱印あり、割り印なし
調査開始通知書に加え、綱紀委員会からのメッセージ

貴殿から懲戒請求のあった、上記懲戒請求事案について、事案の調査のため、下記事項につきご回答いただきますようお願いいたします。

懲戒事由のうち、「当会でも積極的におこなわれている」行為とは、当会が2010(平成22)年7月27日付で「高校無償化法の平等な適用を求める会長声明」を出したことを指しますか。
そうでない場合は、当会の度の行為を指すのか平成29年7月21日までに、回答して下さい。
なお、上記の会長声明は指す場合は、回答は不要です。
⑧ 札幌弁護士会 6月29日 朱印あり、割り印なし。7人分まとめて1枚の通知書
⑨ 東京弁護士会 6月29日 朱印あり、割り印あり、特定記録郵便
⑩ 第一東京弁護士会 簡易書留郵便 朱印あり、割り印あり

懲戒請求の受理通知
貴殿からの平成29年6月19日付け(当会受付日:平成29年6月20日)、でなされた懲戒請求について、当会は平成29年22日付をもって受理し、懲戒委員会に審査を求めるか否かについて綱紀委員会に事案の調査を求めましたので通知します。

当会会員 小田修司弁護士 (事件番号:平成29年 一綱第421号事件)
送付書類:上記以外に、懲戒の請求(懲戒手続)についての説明書(A4 4枚)と、懲戒請求に関する回答書 1枚
以上ご報告まで。

広告

1707 懲戒請求アラカルト24大阪、京都

yachtrightwing
余命爺様
スタッフの皆様
yachtrightwingです。
日々の活動、大変お疲れ様です。
私宛に、6/27に新潟県弁護士会と大阪弁護士会から、6/29に岐阜県弁護士会、第二東京弁護士会及び京都弁護士会から手紙が来ました。全て普通郵便、料金別納郵便です。
平成29年6月23日
懲戒請求者 ________ 殿
新潟県弁護士会
会長 兒 玉 武 雄
調 査 開 始 通 知 書
貴殿からの平成29年6月19日付け懲戒請求について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので通知します。
事件番号 新弁平成29年(綱)第1772号 対象弁護士 遠 藤 達 雄
事件番号 新弁平成29年(綱)第1773号 対象弁護士 兒 玉 武 雄
事件番号 新弁平成29年(綱)第1774号 対象弁護士 奈 良 橋 隆
事件番号 新弁平成29年(綱)第1775号 対象弁護士 氏 家 信 彦
事件番号 新弁平成29年(綱)第1776号 対象弁護士 磯 部  亘
事件番号 新弁平成29年(綱)第1777号 対象弁護士 岡 田 典 仁
平成29-(綱)-3288〜3296
2017年(平成29年) 6月26日
(懲戒請求者)
________ 殿
大 阪 弁 護 士 会
会長 小原 正敏
ご 通 知
貴殿からの平成29年6月20日当会受付の懲戒請求について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、通知します。
本会が、相当の期間内に懲戒の手続を終えない時は、貴殿は弁護士法第64条の規定により、日本弁護士連合会に異議を申出ることができます。
なお、懲戒事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって、懲戒の手続を開始することができないこととなっておりますので、その旨ご了解ください。
また、貴殿の住所・電話番号等連絡先を変更した場合は、すみやかに書面にて届出てください。

事件番号  平成29年(綱)第3288〜3296号事件
対象会員 中本 和洋 (登録番号 017542)(第3288号)
松葉 知幸 (登録番号 016186)(第3289号)
中井 洋恵 (登録番号 020799)(第3290号)
平野 惠稔 (登録番号 021285)(第3291号)
岩佐 嘉彦 (登録番号 021253)(第3292号)
山本 健司 (登録番号 022099)(第3293号)
入江  寛 (登録番号 023703)(第3294号)
中務 正裕 (登録番号 023739)(第3295号)
山口 健一 (登録番号 015724)(第3296号)
以 上

平成29年6月28日
懲戒請求者 ________ 殿
岐阜県弁護士会
会 長  浅 井 直 美
調 査 開 始 通 知 書
貴殿からの平成29年6月19日付懲戒の請求について,弁護士法第58条第2項の規定により,本会は綱紀委員会に事案の調査を求めたので通知します。

1.事案の表示
事案番号 対象弁護士
平成29年(綱)1373号 山田秀樹
平成29年(綱)1573号 畑 良平
平成29年(綱)1773号 浅井直美
平成29年(綱)1973号 武藤玲央奈
平成29年(綱)2173号 竹中雅史
平成29年(綱)2373号 平松卓也
2.調査開始日 平成29年6月21日
XXX(3桁の数字)

平成29年6月28日
懲戒請求者 ________ 殿
岐阜県弁護士会綱紀委員会
委員長  毛 利 哲 朗
懲戒請求事案の調査に関する照会
事案の表示
事案番号 対象弁護士
平成29年(綱)1373号 山田秀樹
平成29年(綱)1573号 畑 良平
平成29年(綱)1773号 浅井直美
平成29年(綱)1973号 武藤玲央奈
平成29年(綱)2173号 竹中雅史
平成29年(綱)2373号 平松卓也
貴殿より懲戒請求のあった、上記懲戒請求事案について、事案の調査のため下記事項につきご回答いただきますようお願いいたします。

懲戒事由のうち、「当会でも積極的に行われている」行為とは、当会が、2010(平成22)年7月27日付けで「高校無償化法の平等な適用を求める会長声明」を出したことを指しますか。
そうでない場合は、当会のどの行為を指すのか平成29年7月21日までに、回答して下さい。なお、上記の会長声明を指す場合は、回答は不要です。

2017年(平成29年)6月27日
懲戒請求者 ________ 殿
第二東京弁護士会
会長 伊 東  卓
懲戒請求事件の調査の開始について(通知)
貴殿からの,平成29年6月20日受付の懲戒の請求について,弁護士法第5
8条第2項の規定により,本会は綱紀委員会に事案の調査を求めたので通知し
ます。

1.事案の表示 平成29年(コ)第1335号乃至第1338号
1.対象弁護士
早稲田 祐美子(第1335号)
戸田 綾美(第1336号)
神田 安積(第1337号)
出井 直樹(第1338号)
以上

2017年(平成29年)6月27日
懲戒請求者 ________ 殿
第二東京弁護士会綱紀委員会
委員長 櫻 井 光 政
ご 連 絡
平成29年(コ)第1335号乃至第1338号 に関し,下記のご連絡がございます。

1.住所/連絡先の変更があった場合は,直ちに書面で当委員会宛に届け出て下さい。
2.今後,当委員会に提出される書類はA4版・横書・左綴じとし,5部ご提出下さい。証拠書類等については縦書きでも結構ですが,書証番号(甲第1号証,甲第2号証と順番に付けます)を付記するよう,ご協力下さい。
なお、提出された書類は原則として返却いたしません。
3.対象弁護士から提出された弁明書・書証等の交付を求める場合は,当委員会宛に交付申請書を提出していただくことになります。交付申請に対する回答は当委員会で協議の上,ご通知いたします。また,交付申請がなくても,当委員会が必要と判断したときは,対象弁護士等から提出された文書を貴殿に送付することがあります。
4.調査に関し,必要に応じて,貴殿から事情をお聴きすることがあります。その際は,日程調整のご連絡をお入れいたします。
5.綱紀委員会の調査は,貴殿ご指摘の対象弁護士の行為について,懲戒委員会の審査を求めるか否かを決めるための弁護士会内の手続きです。当委員会での調査結果は,最終的に「議決書」という書面にまとめて,貴殿に送付いたします。
以上

2017年(平成29年)6月27日
懲戒請求者 ________ 殿
京都弁護士会
会長 木 内 哲 郎
懲戒請求事件の調査の開始について(通知)
貴殿からの2017年(平成29年)6月19日付けの懲戒の請求について、弁護士法第58条第2項の規定により、本会は、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、通知します。
なお、貴殿の住所・電話番号等連絡先を変更された場合は、速やかに、書面で本会綱紀委員会あてお知らせください。

1.事案の表示 平成29年(綱)第10275号
2.対象弁護士 浜垣 真也
※懲戒の請求に関して提出された個人情報は、懲戒の請求にかかる全ての手続にのみ使用いたします。
(同上につき略)

1.事案の表示 平成29年(綱)第20275号
2.対象弁護士 後藤 真孝
(同上につき略)

1.事案の表示 平成29年(綱)第30275号
2.対象弁護士 小川 顕彰
(同上につき略)

1.事案の表示 平成29年(綱)第40275号
2.対象弁護士 大倉 英士

1.事案の表示 平成29年(綱)第50275号
2.対象弁護士 松浦 由加子

1.事案の表示 平成29年(綱)第50275号
2.対象弁護士 松浦 由加子
京都弁護士会のみ、1枚に1事案にて来ましたので、他のコピペ部分は略しました。
全て赤い会長印が押印されており、一部は割り印もありました。
余命爺様の御指示に基づき、一切反応はしないこととします。
暫く様子を見て、落ち着いた頃に全てのコピーをヤング倉庫宛に送付したいと思います。

因幡の白兎
余命爺様大和会スタッフの皆様疲労困憊のご様子でとても心配しております
無理を少しでも控えてご自愛下さいませ
本日5通通知書が届きましたのでご連絡致します
1 京都弁護士会 家族宛2名
2017年6月27日
京都弁護士会会長名 捺印有り
懲戒請求事件の調査の開始について(通知)
対象弁護士1名につき一枚の用紙で5名分

2 第2東京弁護士会 私宛1通家族宛1通
2017年6月27日
第2東京弁護士会会長名 捺印有り
懲戒請求の調査の開始について(通知)
事案の表示
平成29年(コ)
第1751号乃至第1754号
対象弁護士名 4名
別紙にて脅しの文面一枚
公付申請書一枚

3 和歌山県弁護士会 私宛1通
平成29年6月26日
和歌山弁護士会会長名 捺印有り
調査開始通知書
事件番号 第42~45号
あおぞらへんろさん・sw7さん・ちびにゃんさんと事件番号が確かに違いますね(笑)
姑息な相手には公布申請書など放置プレーですね!!
梅雨時で気温差があり体調を崩しやすい時期ですが余命同士の皆様もご自愛頂きこの先の戦いに向かいひた押しに頑張りましょう
負けられませんよ!勝つまでは\(^^)/

マンセー名無しさん
滋賀弁護士会から、個人宛てに6月22日付けで、調査開始通知書。角印あり。
札幌弁護士会から、個人宛てに6月23日付けで調査開始通知書。角印あり。
京都弁護士会から、個人宛てに6月27日付けで懲戒請求事件の開始について(通知)が届きました。角印あり。
京都は対象弁護士ごとに1枚の5枚セットでした。紙質が悪いのが特徴でしょうか。というか、懲戒請求事件って、事件なんですかね?
用語としてこういうものなんでしょうか?
札幌も会長自ら、対象弁護士なんですねえ。
今のところ、九つの弁護士会から通知書が来てます。
群馬、大阪、広島、仙台、岐阜、茨城、滋賀、札幌、京都。

1706 懲戒請求アラカルト23

小田原の住人
余命さん、チームのみなさん。お疲れさまです。
全国の同志の皆様には、日々各都道府県の弁護士会から、コレクションが届いているものと思われます。告発状を送付するのが遅くなってしまった私には、最近になってやっと届くようになりました。この度の事務作業においても、大和会の皆様には大変な重労働を強いていることに申し訳なく思っています。現時点での状況は以下の通りです。
1群馬会 6月3日着 普通郵便 一枚(通知書コピー)
2新潟会 6月26日着 普通郵便 一枚(通知書)
3大阪会 6月28日着 普通郵便 一枚(通知書)
4岐阜会 6月29日着 普通郵便 二枚(通知書及び照会案内)
5第二東京会 6月29日着 特定記録 四枚(通知書、ご連絡及び交付申請書)
6京都会 6月29日着 普通郵便 五枚(通知書)
7仙台会 6月30日着 普通郵便 一枚(通知書)
8兵庫会 6月30日着 普通郵便 一枚(通知書)
9札幌会 7月1日着 普通郵便 一枚(通知書)
10東京会 7月1日着 特定記録 二枚(通知書)
11第一東京会 7月1日着 簡易書留 七枚(送付状、受理通知書、懲戒請求説明書及び回答書)
過日、新聞とテレビしか情報源がない母親からこのような事を言われました。NHKのニュースを見終わった後、「みなさん、安倍さんを辞めさせたいみたいだけど、他にやれる人がいるのかしら?」。一瞬「えッ!」と思いましたが、「そうですね。いませんね。」とだけ返答しました。いわゆる情弱と言われる世代の方々にも、マスコミやマンセー国会議員の異常さに気付き始めていることと思っています。
余命さん、チームのみなさん。どうかご自愛ください。


[弁護士会通知書 6月]
17日 東京弁護士会(報告済)
18日 第一東京弁護士会(報告済)
19日 福岡県弁護士会
23日 兵庫県弁護士会

ちょこ
余命様 同志の皆様
お疲れ様です。
昨日、兵庫県弁護士会から書簡が届きましたので、ご報告させていただきます。

眩暈
第一東京弁護士会から書留が来てそれきりだったので、もう1通ぐらい来てもいいのでは、と思っていたら、本日和歌山弁護士会から親展という封筒とペラ1枚の調査開始通知書が届きました。
事件番号ですが、(綱)574~(綱)577号でした。
先日ご報告した際に第一東京弁護士会の事件番号を書き忘れました。
こちらは事件番号:一綱第261号綱紀事件でした。
蒸し暑くなって来ました。体調にはくれぐれもお気を付けてお過ごしください。

かんちゃん
余命侯様、PTの皆様お疲れ様です。遅くなりましたが、
●平成29年6月16日付で福岡弁護士会より懲戒請求の受付通知がA4 1枚で届きました。平成29年 (綱)第105号 乃至 第111号事件として受付。
●平成29年6月20日付で兵庫県弁護士会より調査開始通知書が届きました。(A4 1枚) 事案番号 平成29年 (綱) 第1314号ないし同第1320号。
●平成29年6月26日付で和歌山弁護士会より調査開始通知書が届 きました。(A4 1枚)事件番号 和歌山弁 平成29年(綱) 第138号〜第141号 (この通知書がもっとも簡潔明瞭でした・・・笑)
以上 お知らせ迄

合点承知之助
本日、二つ目として和歌山弁から届きました。#1698と同じ文面です。この一連の通知の行く末が気になるところです。
リスト…..ブルッ!コソボ…..ブルブルッ!!

群青
余命爺様
PTのみなさま。お世話になります。
久しぶりに投稿させていただきます。
簡潔に、(6月28日現在)自分のところに届いた調査開始通知書です。
滋賀弁護士会
札幌弁護士会
広島弁護士会
大阪弁護士会
岐阜県弁護士会
茨城県弁護士会
仙台弁護士会
群馬弁護士会
追伸
z_kagemusya_zzz (旧:zzz_◎◎_zzz)様
静岡県には、保守の会という会も活動しています。
他にも、以外にこの県には国旗や旭日旗を一年中掲げているつわものもいます。みんなでがんばりましょう。
某情報サイトより
タカタは本当に残念でした。タカタが再現できなかったトラブルで転落していく。アメリカ(半島人工作)でたたかれ、残骸が中国に拾われる。
トヨタ。東芝。シャープ。ソニー。金融。郵政。いずれも支那と半島の工作なんでしょうかね。
自分的には支那も半島人も反日アカ日本人も日本国からおいだしというより、地球上から消えてもらいたいですな。
さて、今年も8月15日には、靖国神社昇殿(拝殿の中)参拝に行く予定です。保守の有名どころが結構きていて楽しいです。
詳細が知りたい方は、コメントください。
最後になりましたが、余命爺様。本当にお体にはご留意くださいますようお願い申し上げます。唯一の希望です!!
以上

とろりん。
余命様、余命スタッフ様、いつもありがとうございます。
こちらにも東北、関東、関西にある弁護士会から懲戒開始通知書が来ました。
皆様がアップされているのと同様の事柄が書かれております。
日本の弁護士は日本国の法に則った職業なのですから、日本国がなくなればその資格の意味はなくなります。
反日行為は自らの資格を揺るがす行為なのですから、この大量の懲戒請求の意味を国民の目線で捉えて戴きたいものです。(とろりん。)

御隠居
御隠居 への返信
余命翁様、スタッフの皆様、関係各位の皆々様お疲れ様です。
私の所にも和歌山弁護士会より、平成29年6月28日付けで、本日(6/28夕方)調査開始通知が届きましたのでご報告申し上げます。

はちべえ
いつもお世話になっております。
群馬・大阪・仙台は先日コピーをお送りしましたが、その後
6/23に岐阜
6/24に茨城・広島
6/26に札幌
6/27に滋賀
からお返事が届きました。
アップロードをされている方に見習い、それぞれの封筒と中身をアップロードしました。
http://firestorage.jp/download/7981e1b7b095ca6f842bc9d7d4a63b00049fe167
期限は3日間だそうです。
よろしくお願いします。

JDSMIKASA
こんばんは、余命殿。JDSMIKASAです。さきほどポストに滋賀弁護士会の通知書がはいっていたのでお知らせします。
懲戒請求受付 平成29年6月5日
文書日付 2017(平成29)年6月22日
会長名、捺印(実印だが薄い)ともにあり
調査開始日 平成29年6月21日
事案の表示 平成29年(綱) 第540号~第543号

みやこ
余命様、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。懲戒請求について、27日現在、以下の弁護士会より通知がありましたのでご連絡申し上げます。
仙台弁護士会、茨城弁護士会、広島弁護士会、岐阜弁護士会は普通郵便で、札幌弁護士会は親展郵便で、大阪弁護士会は配達証明付き書留郵便で通知を受け取っています。
特記事項として、『札幌弁護士会ー今後は綱紀委員会から必要に応じて通知があります。住所、電話番号など連絡先を変更した場合は書面でお届けください』、『大阪弁護士会ー懲戒事由があったときから3年を経過したものは弁護士法第63条によって、懲戒の手続きを開始することができないこととなっておりますので、その旨ご了解ください。住所、電話番号等連絡先を変更した場合は、すみやかに書面にて届出てください』、『岐阜県弁護士会ー調査開始通知(開始日 6月9日)とともに綱紀委員会委員長 毛利哲朗より懲戒請求事案の調査に関する照会が同封されています。内容は懲戒事由のうち、「当会でも積極的に行なわれている」行為とは、当会が、2010年7月27日付けで「高校無償化法の平等な適用を求める会長声明」をだしたことを指しますか。そうでない場合は、当会のどの行為を指すのか平成29年7月14日までに回答してください。なお、上記の会長声明を指す場合は回答は不要です。」
以上、6件の弁護士会からの通知を夫とともに受け取りました。これら形式的な文章を読み進めながら思うことは、『朝鮮学校は高等学校ではない』の当たり前の常識ともいえることが、なぜ、法律を専門とする弁護士に理解できないのか?本当に日本人の弁護士だろうか?などなどーーーです。少し憂鬱になりました。

あわの國
6月27日時点で群馬弁護士会、新潟弁護士会、大阪弁護士会より調査開始通知書が届いております。
内容は皆様方がコメントでも触れられていますので飛ばしますが、法的な縛りのない懲戒請求に対して、必要のない調査通知書を送るのは請求者に対して誠実な対応を取られた思うこととしました。
ですので、こちらが期待するのは請求者の意思(クレーム)に対しての弁護士会としての意見、調査後の処理についての誠実な案内です。
請求内容に対してそれは弁護士会としての意見なのか、それとも一部の会員での表明だったのか、または、日本の置かれた立場からなぜそのような表明をしたのか等の報告を期待しています。
もし、これが一部の者の意見だとした場合には弁護士会を名乗った以上、他の多くの会員はその表明に対して損害請求の権利があるのではないでしょうか?せめて会費の返還ぐらいは求めてもいいのではないかと思います。
もちろん、弁護は属する弁護士会から選出していただきたいものです。
まあ、そいいう話は置いておいて、皆様のコメントを眺めていると余裕があるように感じました。メディアと野党の言う共謀罪が成立したのが大きいかなと思いますね。そのメディアですが、国家権力を監視する立場にあると大きな勘違いをなされているようですが、メディアに求めているのは正確な情報なのです。共謀罪ではなくテロ等準備と正確に伝えて欲しかったです。
そのメディアと国家権力を監視するのが一般国民の義務であり、権利です。
ネットが発達しつつある現状、情報を正確に伝えられなメディアは淘汰されて欲しいものですね。

マンセー名無しさん
今しがた、出掛けにポストを見たら、愛知弁護士会から来てました。
個人宛てで6月30日付け。角印あり。
取り急ぎ、ご報告まで。

はちべえ
いつもありがとうございます。
本日7/1、ようやく地元愛知から「調査開始通知書」が届きました。
愛知にはその外に「懲戒請求に関する注意事項」という紙が同封されていました。
6/28に届いた、大きな封筒に入った更紙のような京都弁護士会のものと共にアップロードしました。
http://firestorage.jp/download/82f85284029c54dab0e54092bca2e1f2b0d43912
期限は3日間です。
お忙しくしていらっしゃるようですがくれぐれもお体にはご留意下さいますように。

pumppump999
弁護士会からの通知書が溜まりましたので、コピーしてお送りいたします。押し入れを整理していたら、昭和60年12月の古新聞が出てきたので見たら、中曽根第二次改造内閣の閣僚メンバーが掲載されている紙面の裏面に、野党党首の動静が載っており、日本社会党の石橋正嗣委員長の欄には、午前、党本部に李珍珪朝鮮総連第一副議長。金日成主席の賀状と佐々木元委員長への弔電を受ける。とありました。
北朝鮮による日本人拉致が行われていた時期に、臆面もなく堂々と交流していて、呆れるやら悲しいやら、日本人ってどこまでお人好しなのでしょうか。かれらに付け込まれるわけですね。 (pumppump999)

因幡の白兎
昨日に引き続き今日7通の封書が届きましたのでご連絡致します
1 仙台弁護士会 家族宛2通
平成29年6月28日
仙台弁護士会会長名 捺印有り
調査開始通知書

2 岐阜弁護士会 家族宛2通
平成29年6月28日
岐阜弁護士会会長名 捺印有り
調査開始通知書
懲戒請求の調査に関する照会

3 兵庫県弁護士会 家族宛3通
2017年6月28日
兵庫県弁護士会会長名 捺印有り
調査開始通知書

明日から7月に入り11日テロ等準備罪の施行日が迫りますがパヨクの抵抗を楽しみにお手並み拝見ヽ(^○^)ノ

1705 懲戒請求アラカルト21神奈川弁護士会通知書③

warrior-monk
余命殿、余命スタッフ殿
大変お疲れさまです。
本日、神奈川県弁護士会から調査開始通知書が送られてきました。
事案番号 第1682号~第1694号
弁護士会の公印は 【公印省略】となっており、押印されていません。割印は用紙の上部に押されています。
取り急ぎ、ご報告まで

如月千剣破
余命翁様、PTの皆様、日頃は日本再生の為にご尽力下さいまして、誠にありがとうございます。
既に他の読者様から詳細が既報かとは思いますが、余りにも吃驚しましたので取り急ぎご連絡致します。
本日6月29日午後に神奈川県弁護士会から青の料金別納郵便の封筒にて親展で封書が届きました!
取り敢えずご一報をとコメントを書き出したらお鍋を火にかけていたのを忘れ焦がしてしまいましたので、詳細は他の読者様に譲ります(微苦笑)。
汚染の激しい隣県の様子を生暖かい目で見守っていましたが、我が県も似たり寄ったりのようで、告発されている現知事が再選を果たしたのは良かったのかどうなのか……、今後の様子に注目して行きたいと思います。
まだまだ告発処理でお忙しいかと存じますが、時節柄ご自愛下さいまして、ご活躍下さいます事をお祈り申し上げます。
私も日々の官邸メール・入管通報、余命ブログの拡散等、出来る事を地道に続けて参ります。
今後共、日本を守る為にご指導ご鞭撻下さいませ。
またご協力出来る事がございましたら幸いです。
取り急ぎ、不二之国よりご連絡迄。

追伸
神奈川県弁護士会からの調査開始通知書は、割印有り、公印省略(と記載)、調査請求日6月27日、6月28日付けの書式Aー②と称するA4用紙1枚で、【事案番号】となっております。
他に〈連絡事項〉が3件程記載されておりますが、詳細はPDFをUPされる読者様に譲ります。
6月29日現在、私の手元には他に第二東京弁護士会からの1通のみでしたので、次に来るのは何処からだろうと待ち望んでおりましたところ、思い掛けない所から封書が届き吃驚した次第です。
普段ROM専で静観しておりました私が、如何に慌てて書き込みをしたかお察し頂けるかと思います(笑)。
「1699 懲戒請求アラカルト16」に「事件」と「事案」について記載がありましたので、改めて第二東京弁護士会の通知書を確認したところ、【事案の表示】となっておりました。
しかしながら、同封の「交付申請書」文章内には、「上記懲戒請求事件につき,」と記載されており、文言に不統一があります。
これも何か高度な文章解釈が隠されているのでしょうか?(微苦笑)
夕方、昆布豆を煮始めた合間に夕刊を取りに行き、郵便受けに入っていた(緘)の封印のある青封筒に興奮し、すっかり鍋の事を忘れ豆を焦がしてしまいましたw
「炒り豆に花が咲く」ということわざが頭に浮かびましたが、今後の展開を興味深く見守って行きたいと思います。
風邪でダウンされたスタッフ様もいらっしゃるそうですが、皆様くれぐれもご自愛下さいませ。
如月千剣破 拝

AO
お加減はいかがですか。神奈川県弁護士会から親展で何か届きました。気がむいたら開けてみます。ご報告まで。(AO)

匿名希望V
余命翁様、余命PTの皆様お疲れ様です。
今日、やっと神奈川県弁護士会から調査開始通知書が来ました。
皆さん、何通も来ているみたいなのですが、私は第二東京弁護士会とこの手紙の二通だけです。
貴殿からの書き懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。
【対象弁護士】
第83号 三浦 修、第84号 高橋 健一郎、第85号 安藤 信
第86号 苑田 浩之、第87号 宮下 京介、第88号 種村 求、
第89号 二川裕之、第90号 木村 保夫、第91号 三木恵美子、
第92号 宋 惠燕、第93号 神原 元、第94号 櫻井 みぎわ、
第95号 姜 文江、
【調査開始日】  平成29年6月27日

日の本の民 弥栄
余命様、チームスタッフの皆様 毎日のご活躍お疲れ様です。
第一東京弁護士会に引き続き、6月27日に和歌山弁護士会、6月29日に神奈川県弁護士会から共に普通郵便にて調査開始通知書が届きました。

和歌山弁護士会
懲戒請求日 6月6日
文書日付 6月26日
会長名、捺印あり
事件番号 和歌山弁平成29年(綱)第566号~569号

神奈川県弁護士会
文書日付 神弁発第1863号 6月28日
事案番号 平成29年(綱)第876号乃至第888号
調査請求日 平成29年6月27日
会長名(公印省略)との記載
文書上部に割り印あり
(連絡事項)
1.懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表1人を選任し、書面で届け出てください。
なお、原則として今後の通知又は連絡は、懲戒請求者代表宛に致します。
2.通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てください。
3.追加書面(証拠書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願い致します。対象弁護士が複数の場合は、その数だけ増やしてください。ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複写して、複写をご提出ください。
書式A-② 20160401版
連絡事項の特記がありましたので、転記致しました。
以上ご報告致します。

とりとり
余命チーム、大和会、の皆様日本再生の為、日夜ご苦労様です。
私の所(福岡県)にも神奈川弁護士会より通知書が届きましたのでお知らせいたします。
朱肉割り印あり
神弁発題1863号
平成29年6月28日
神奈川県弁護士会会長 延命雅之【公印省略】
調査開始通知書
貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。
【事案番号】平成29年(綱)第2163号乃至第2175号
【対象弁護士】
第2163号 三浦 修、第2164号 高橋 健一郎、第2165号 安達 信、
第2166号 苑田 浩之、第2167号 宮下 京介、第2168号 種村 求、
第2169号 二川 裕之、第2170号 木村 保夫、第2171号 三木 恵美子、
第2172号 宋 惠燕、第2173号 神原 元、第2174号 櫻井 みぎわ、
第2175号 姜 文江
【調査開始請求日】平成29年6月27日
書式A━② 20160401 版
私に届いたのは東京第二弁護士会と神奈川弁護士会の2通です。

ひふみ
余命さま、スタッフの皆さま、深く感謝申し上げます。
お手伝い出来ずに口ばかりで申し訳ありません。
長い闘いとなるかと思われますので、どうぞご自愛ください

さて、弁護士会から調査開始通知書が届き始めましたので、ご連絡致します。
これも皆様のご尽力の賜物、日本浄化に向け歩み始めている証であります。
6月29日現在、私の所には、群馬弁護士会、新潟弁護士会、大阪弁護士会、京都弁護士会、第二東京弁護士会、岐阜県弁護士会から、調査開始通知書が届きました。
群馬弁護士会は公印を押したもののコピーでした。他は公印が押してあり、大阪弁護士会と第二東京弁護士会は割り印も押してありました。
京都弁護士会は親展、第二東京弁護士会は親展・特定記録で発送されています。他は普通郵便です。
なお、京都弁護士会と第二東京弁護士会は、「懲戒請求事件の調査の開始について(通知)」
という見出しで、事件扱いにするのかと驚いています。
また、弁護士会綱紀委員会から、事情を聴くため連絡する場合がある旨の文書も来ています。もしそういう連絡が来ましたら、ご連絡ご相談させて頂きたく思っています。(来るならこいやと腹は座っております)

群馬弁護士会
対象弁護士 小此木清、池田貴明、今村奈央
調査開始日 平成29年6月21日
(これまでにアップされているものと同様ですので文面は省略します)

新潟弁護士会
対象弁護士 遠藤達雄、児玉武雄、奈良橋隆、氏家信彦、磯部亘、岡田典仁
(これまでにアップされているものと同様ですので文面は省略します)

大阪弁護士会
会長 小原正敏
ご通知
貴殿からの平成X年X月X日当会受付の懲戒請求について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、通知します。
本会が、相当の期間内に懲戒の手続きを終えないときは、貴殿は弁護士法第64条の規定により、日本弁護士連合会に異議を申出ることができます。
なお、懲戒地涌があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって、懲戒の手続きを開始することができないこととなっておりますので、その旨ご了解ください。
また、貴殿の住所・電話番号等連絡先を変更した場合は、すみやかに書面にて届出てください。
対象会員 中本和洋、松葉知幸、中井洋恵、平野惠稔、岩佐嘉彦、山本健司、入江寛、中務正裕、山口健一
(事案番号等省略)

京都弁護士会 会長 木内哲郎
懲戒請求事件の調査の開始について(通知)
貴殿からのX年X月X日付けの懲戒の請求について、弁護士法第58条第2項の規定により、本会は、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、通知します。
なお、貴殿の住所・電話番号等連絡先を変更された場合は、速やかに、書面で本会綱紀委員会あてお知らせください。
※ 懲戒の請求に関して提出された個人情報は、懲戒の請求にかかる全ての手続きにのみ使用いたします。
対象弁護士 浜垣真也、後藤真孝、小川顕彰、大倉英士、松浦由加子
(事案番号等省略)

第二東京弁護士会 会長 伊藤卓
懲戒請求事件の調査の開始について(通知)
貴殿からの、X年X月X日受付の懲戒の請求について、弁護士法第58条第2項の規定により、本会は綱紀委員会に事案の調査を求めましたので通知します。
対象弁護士 早稲田祐美子、戸田綾美、神田安積、出井直樹
第二東京弁護士会綱紀委員会 委員長 櫻井光政
ご連絡
平成X年第X号乃至第X号に関し、下記のご連絡がございます。

1.住所・連絡先の変更があった場合は、直ちに書面で当委員会宛に届け出て下さい。
2.今後、当委員会に提出される書類はA4版・横書・左綴じとし、5部ご提出下さい。証拠書類等については縦書きでも結構ですが、書証番号を付記するよう、ご協力ください。
3.対象弁護士から提出された弁明書・書証等の交付を求める場合は、当委員会宛てに交付申請書を提出していただくことになります。交付申請に対する回答は当委員会で協議の上、ご通知いたします。また、交付申請がなくても、当委員会が必要と判断したときは、対象弁護士等から提出された文書を貴殿に送付することがあります。
4.調査に関し、必要に応じて、貴殿から事情をお聴きすることがあります。その際は、日程調整のご連絡をお入れいたします。
5.綱紀委員会の調査は、貴殿ご指摘の対象弁護士の行為について、懲戒委員会の審査を求めるか否かを決めるための弁護士会内の手続きです。当委員会での調査結果は、最終的に「議決書」と言う書面にまとめて、貴殿に送付いたします。
以上

岐阜弁護士会 会長 浅井直美
調査開始通知書
(文面省略)
対象弁護士 山田秀樹、畑良平、浅井直美、武藤玲央奈、竹中雅史、平松卓也
岐阜弁護士会綱紀委員会 委員長 毛利哲朗
懲戒請求事案の調査に関する照会
貴殿より懲戒請求のあった、蒸気懲戒請求事案について、事案の調査のため下記事項につきご回答いただきますようお願いいたします。

懲戒事由のうち、「当会でも積極的に行われている」行為とは、
当会が2010(平成22)年7月27日付けで「高校無償化法の平等な適用を求める会長声明」を出したことを指しますか。
そうでない場合は、当会のどの行為を指すのか平成29年7月21日までに、回答して下さい。
なお、上記の会長声明を指す場合は、回答は不要です

1704 2017/07/2女性3題

ちょっと一服ということで、女性3題。

こつる
日本万歳!
6/28、和歌山弁護士会から調査開始通知書がきました。
1枚ぽっきり普通郵便で、ちょっと寂しかったのでどんな弁護士会か調べてみました。
会長の 畑純一氏は 今回 対象弁護士にはなっていませんが、
所属事務所のHPを見ると
ttp://wakayamagodo.com/lawyers.html
「日本労働弁護団常任幹事」と「全国クレ・サラ対協幹事」になっています。
「日本労働弁護団」とはなんぞや・・・と検索すると
ttp://roudou-bengodan.org/proposal/
労働組合や、闘争の御用達弁護士団体ですね。
事務所は連合会館の中にあります。
案の定、なんでもかんでも労働者や人権に結びつけて反対しています。
「共謀罪法案の採決強行に抗議する声明」(2017年5月)
「共謀罪創設に反対する声明」(2017年3月)を出しています。
闘争本部ニュース
ttp://roudou-bengodan.org/toso_honbu/
No.90に「共謀在は必ず廃案にもちこみましょう」
No.87に「共謀罪創設に反対する働く者の集会 満員御礼!」
No.86に「共謀罪反対集会、いよいよ来週!」
No.84に「共謀罪法案閣議決定。組合の危機!」
No.81に「共謀罪に反対する集会を開催します!ぜひご参加ください」
このタイトルが、7月11日のテロ等準備罪が施行されたあと、
どうかわっていくのか、ちょっと楽しみです。

そして、「全国クレ・サラ対協」とは?・・・を検索すると

「安保関連法案の撤回と貧困対策・生活再建問題への重点的取組みを求める決議 」 (2015年7月11日)
と、こちらも 安保と生活を無理やり結び付けています。
違和感を感じたのが、カジノ法案に反対している決議が5件もあるのに、パチンコ規制を求める決議が1件しかないことです。
サラ金とパチンコの親和性は強く、ぜひともこちらの団体にはもっとパチンコ規制を訴えてもらいたいものです。
通知書をいただくことで、弁護士会の会長の氏名が私たち一人ひとりに明示され、どんな人かな~と、調べるきっかけになって、いいですね。

ななこ
沖縄ヘイトって一体何なんでしょう?言葉の意図的な誤用は人間の脳を退化させてエゴを暴走させるだけではないか?と半ばうんざりする今日この頃でございます。個人的な印象でヘイトが一番印象に残っているのは、デフ・レパードの When Love & Hate Collide という曲です。ドラマーのリック・アレンが事故で左腕を失った後に収録されたMVは柔らかい作りでそれなりに感動的でした。

ヘイトを濫用する側は事実をデマと言い換えて、正しい認識を偏見にすり替えています。きれいはきたない、きたないはきれい、何でもありのあべこべのごちゃまぜ。しかしそれは「利権の伸張拡大」を意図しているだけに、非常にたちが悪いです。下記に、沖縄関連のすり替えと捏造による煽動について投稿いたします。

6月16日には、山城博治被告がスイスのジュネーブにある国連ビルで、国連NGOの反差別国際運動(IMADR)、フランシスカンズ・インターナショナル、アムネスティ・インターナショナル、沖縄国際人権法研究会の共催で行われたシンポジウムで演説を行いました。保釈中にもかかわらず、です。国連の名を借りた反日・反政府活動に自由に参加できる身分でありながら、日本政府による人権侵害を訴えるという、支離滅裂なことが起きています。渡航を許可した裁判所、同道した弁護士も外患罪相当ではないでしょうか。

■山城氏ら、人権侵害、沖縄の基地負担訴え 国連NGOシンポ
2017年6月17日 06:30
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-516462.html
【ジュネーブ=島袋良太】沖縄の基地問題と表現の自由に関するシンポジウムが16日午後(日本時間同日夜)、スイスジュネーブの国連ビルで開催された。
米軍基地建設に抗議中に逮捕された沖縄平和運動センターの山城博治議長ら登壇者は、沖縄の過重な米軍基地負担の状況を紹介した。同時に山城氏の長期勾留問題などにも触れ、民主主義の根幹をなす表現や報道の自由が萎縮させられる懸念を説明した。国際NGO関係者など約60人が参加した。

国連NGOの反差別国際運動(IMADR)、フランシスカンズ・インターナショナル、アムネスティ・インターナショナル、沖縄国際人権法研究会の共催。
国連特別報告者のデービッド・ケイ氏も登壇した。ケイ氏は山城氏の長期勾留について「対日報告書でも書いたが、軽微な罪にこれほどの圧力を与えるのか」と懸念。「政府が市民に平和的に抗議する空間を与えることが必要だ」と指摘した。
山城氏は米軍北部訓練場のヘリパッド建設への抗議中に逮捕されて以降、5カ月にわたり勾留された経験を説明し「不当な弾圧は許されない」と強調した。
金高望弁護士、沖縄タイムスの阿部岳記者も登壇した。(琉球新報)

また、沖縄ヘイトに抗議するとのDHC糾弾デモが6月22日に行われましたが、これも大変お粗末なものでした。嘘と捏造に基づくデモには大変寛容な日本ですね。デモの中心はレイバーネットであり参加者は推定60代とおぼしきシニア層。ライブにはアメリカからスカイプで我那覇真子さんも参加されて、報道されない沖縄に関する事実がいくつも配信されました。

■【東京MXニュース女子問題】
市民団体「沖縄ヘイトを流すニュース女子に抗議を」→百田尚樹さんら「じゃあ急遽、生放送しよう」虎ノ門ニュースで生配信→デモ隊到着→スタジオ前は…
2017.6.22 21:00
http://www.sankei.com/life/news/170622/lif1706220055-n1.html
(全文はリンク先で読めます)

東京MXテレビの番組「ニュース女子」をめぐり、同番組を放送倫理・番組向上機構(BPO)に市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が番組内容の審議を申し立てた問題に関し、市民団体「レイバーネット」を中心としたデモ隊が22日、「デマで沖縄への偏見をあおるな!東京MX『ニュース女子』はおかしいぞ!虎ノ門・赤坂サウンドデモ」と題したデモを行った。
(略)
レイバーネットを中心とする「沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志」は「ニュース女子」を嘘番組と非難し、「機動隊に暴力を振るう」「危険なので撮影を断念」などとデマを流した、と指弾。番組を「沖縄ヘイト・デマ」だと断じている。

スタジオでは、「和田政宗参院議員の秘書が基地移設反対派のおばあさんに殴られ、那覇地検の検事が秘書に電話をかけ、被害届を取り下げるよう迫った」「沖縄県東村に住む依田啓示さんは私的検問をしていた基地移設反対派と言い合いになり、トラブルになった」などと反対派の横暴を列挙。
デモ隊が到着したころには沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=傷害、公務執行妨害罪などで公判中=が沖縄防衛局職員に暴行する場面を流し、「これが沖縄の平和運動の実態だ」などと百田さんらが解説した。

番組では「琉球新報、沖縄タイムスをただす県民・国民の会」代表運営委員、我那覇真子さん(27)がスカイプで中継して生出演。国連人権理事会でスピーチしたいきさつを回想。「私の後でスピーチした山城被告は、自分たちの平和運動が弾圧されていると主張したが、恥をさらしに行ったようなもの。本当に弾圧されていれば、被告の立場で海外には行けない」と主張。「ほかの(国の)発言者は民族虐殺を受けたり、国に弾圧され、亡命した上で顔を隠して発言するなど、山城被告などとは次元が違う」と述べた。(WEB編集チーム)

メディアの偏向報道はもはや修正不能であり、日本国民の知る権利を著しく阻害するだけではなく日本の国益を直接侵害していると言えるかと考えます。
28日には中国で国家情報法が施行されたこともあり、中国が国外での情報工作活動に法的根拠を与えたことも非常に深刻なことと受け止めています。このような真の人権侵害から目をそらし、日本国内で嘘と捏造を流布するメディアは日本国民の生命財産の安全を脅かす敵でしかありません。

■中国、国家情報法を施行 国内外の組織・個人対象
2017/6/28 19:44
【北京=共同】中国で28日、国家の安全強化のため、国内外の「情報工作活動」に法的根拠を与える「国家情報法」が施行された。新華社電によると、全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会で昨年12月に審議入りし、今月27日に採択された。国家主権の維持や領土保全などのため、国内外の組織や個人などを対象に情報収集を強める狙いとみられる。
習近平指導部は反スパイ法やインターネット安全法などを次々に制定し、「法治」の名の下で統制を強めている。だが、権限や法律の文言などがあいまいで、中国国内外の人権団体などから懸念の声が出ている。
国家情報法は工作員に条件付きで「立ち入り制限区域や場所」に入ることなどを認めたほか、組織や市民にも「必要な協力」を義務付けた。(日経)

日本の沖縄報道やいわゆる沖縄ヘイトを言い募る勢力が何をどのように捏造してきたか、一目瞭然の動画が作成されています。我那覇真子さんの演説と、山城被告の平和活動が好対照となっていますので、ご参考までURLを貼らせていただきます。

■我那覇真子さん 山城博治被告 国連演説比較動画 改訂版

四季の移ろい
余命さん、スタッフのみなさん、こんにちは。
こちら「1700 懲戒請求アラカルト17」を読ませて頂き、今までずっと漠然ながら思っていた事をきちんと考え、少しだけ書き出してみました。(約600字はまた超えてしまいました。すみません…。)

記事中の「神奈川県弁護士会会長声明」の「3」にある、
「核実験や拉致問題等の国家間の問題を,それらについて何の責任もない朝鮮学校の児童・生徒に対する補助金交付と関連づけ、その抑制の理由とすることは,憲法26条,子どもの権利条約28条,29条,30条等に違反するものである。」
ですが、「それらについて何の責任もない朝鮮学校の児童・生徒」の「何の責任もない」根拠は何かな、どこから来ているのかな、と思いました。
(それにその理屈が通るのなら対韓国の話とは言え、慰安婦問題や強制連行(これらはそもそも捏造)の事も、今の日本の子供達には何の責任も無いですね。しかも根拠の無い捏造だし。
その学校の方針で勝手に?やっているとはいえ各ご家庭の旅行費用負担のもと、子供達に根拠の無い捏造に対し謝罪修学旅行をさせている高校もありますもんね。)

また「核実験や拉致問題等の国家間の問題」と書いている事から、その問題がある事を認識し認めていますね。これらの問題は全て日本と日本国民が被害者です。その問題がある事を認識し認めているって事は、日本と日本国民が被害者だと認めているという事ですね。
その解決に向けて、本国や日本国内にいる大人の朝鮮人達は努力をしたのでしょうか。
土台の根本の大本の問題な「国家間の問題」であり、日本と日本国民が被害者である「核実験や拉致問題等の国家間の問題」の解決の為の行動もせず、「それらについて何の責任もない朝鮮学校の児童・生徒」と、「何の責任もない」の根拠を示さないまま憲法第26条違反を言うのは、先ず土台の根本の大本の「国家間」の問題を解決してから言える事、と思いました。
同じく「3」に
「そもそも,朝鮮学校に係る補助金交付は,子どもの教育を受ける権利や,教育における機会均等・財政的援助・文化的アイデンティティの尊重等を実質化するために行われている措置であり,そのような補助金交付は,教育上の観点から客観的に判断されるべきものである。」
とありますね。
教育を受ける権利、「教育における機会均等・財政的援助・文化的アイデンティティの尊重等を実質化するために行われている措置」の権利は、先ず土台で根本で大本である「国家」があってこそ、更にその「国家」が正常に正当に真っ当に機能してこその、その「国家」による正常な正当な真っ当な教育の権利の保障が初めて成り立つと思います。「国家」が成り立たないとその上に立つものも成り立たない。
国が持つ文化的アイデンティティだって、「国家」があってこその話なのでしょう?
でも日本と日本国民が被害者の「核実験や拉致問題等の国家間の問題」をそちらが解決しないと、日本と云う「国家」は正常に正当に真っ当に機能しないし、北朝鮮と云う「国家」(日本は国家承認をしていませんが)に対して正常に正当に真っ当に機能出来ないのじゃって思います。
客観的とはそう言う事じゃないのかなって。
正常な正当な真っ当な教育を受けられる権利を保障する土台で根本で大本である日本と、その国の国民に「核実験や拉致問題等の国家間の問題」で被害を与え、それによる北朝鮮に対する国民感情も無視し、正常な正当な真っ当な機能を損なわせておきながらそれらを解決もせず無視して更に飛び越えて、日本国内の朝鮮人の為の教育の権利を主張するのは客観的とは言えないです。土台の「国家」である日本と日本国民を犠牲にし踏み台にした優遇だし、ただの我が儘です。

ましてや同じ「3」にある、
「本年6月3日に公布・施行された「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」で許されないとされている差別的言動を,政府自らが助長するおそれもある。」
など、(繰り返しになりますが)土台の根本の大本の「核実験や拉致問題等の国家間の問題」の「国家間の問題」の解決もせず、その被害者の日本と日本国民と、国民の北朝鮮に対する感情を無視して、自分達の感情だけを前面に押し出すなんて、やはり被害者たる日本と日本国民を犠牲に踏み台にした優遇の我が儘の極み。と思いました。

それから。
『日本国憲法第二十六条  すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。』
『第十条  日本国民たる要件は、法律でこれを定める。』
(e-Gov法令データより)
「国民とは→国家を構成する者のことで,その国の国籍を有する者がそれにあたる。」
(コトバンクより)
日本国民たる要件の法律とは「国籍法」の事ですね。
『すべて国民は』の『国民』とは(色々読みましたが)日本国籍を有する者になりますが、朝鮮学校に通うお子さん達の国籍の割合を「3」で共に示してから憲法第26条を語って頂ければ、と思いました。(この考えは間違いでしょうか?間違いでしたらすみません。)

…幼稚で稚拙な思いだし説明がくどくてすみません、頭悪いからスマートな言い回しが出来ないんです。無知な為に色々酷い間違えかもですし。自分なりに脈絡つけて書いたつもりですが…。
でも更にもっと色々思いましたし、【神奈川県に対し、神奈川朝鮮学園に通う児童・生徒への学費補助を行うことを求める会長声明】も読んで色々思ったのですが、なんにせよ文字に起こすにはきちんとした知識が無いと無理だし自分にはそれが超無い為に、えらい時間がかかる。他にも投稿出来るなら成るべくしたいのですが、理論武装的な知識が無い為に無理ぽいです。でも色々読んでみます。余りに辛い思いを辛い感情を押さえるのは、とても辛いものですから。
いつもありがとうございます。(四季の移ろい)

1703 懲戒請求アラカルト20神奈川弁護士会通知書②

jianjia
お忙しいところ皆様にありましてはご健勝のことと存じ上げます。さて神奈川弁護士会より通知書が届きましたのでお知らせいたします。そのまま放置というご指示に倣いこのままとします。
朱肉割り印あり
神弁発題1863号
平成29年6月28日
神奈川県弁護士会会長 延命雅之【公印省略】
調査開始通知書
貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。
【事案番号】平成29年(綱)第2513号乃至第2517号
【対象弁護士】第2513号 三木恵美子、第2514号 宋 恵燕、第2515号 神原 元、第2516号 櫻井みぎわ、第2517号 姜 文江
【調査開始請求日】平成29年6月27日
本会が対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続きを終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議申し出ることができます。
なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続きを開始することができないことになっております。

1.懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表1人を選任し、書面で届けでてください。なお、原則として今後の通知または連絡は、懲戒請求者代表あてにいたします。
2.通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てください。
3.追加書面(証拠書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願いいたします。対象弁護士が複数の場合は、その数だけふやしてください。ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複製して、複写をご提出ください。
※本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します(書類等については、対象弁護士へ交付することがあります)。
以上

HHL
余命チーム、大和会、様日本再生の為、日夜ご苦労様です、
感謝します。
やっと来ました、しかも神奈川県弁護士会です、公印省略、上部に
割り印、事案番号 29年(綱)第2523号乃至至第2527号、です。
くじ運が悪く今度も外れたかと、思って居たところです、神奈川とは大当たりでした。

柏餅二千年
本日神奈川弁護士会から調査開始通知書が届きました。神弁発第1863号平成29年6月28日神奈川弁護士会会長延命政之【公印省略】とあります。私に届いたのは今のところ東京第二弁護士会と神奈川弁護士会の2通です。

匿名のanonymous
昨日に続き本日、神奈川県弁護士会より親展にて調査開始通知書が届きましたのでお知らせいたします。
割り印
〒〇〇〇〇
住所
〇〇〇〇殿
神弁発1863号
平成29年6月28日
神奈川県弁護士会
会 長 延命 政之               【公印省略】
調査開始通知書
貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。
【事案番号】  平成29年(綱)第863号乃至第875号
【対象弁護士】
第863号 三浦 修、 第864号 高橋健一郎、第865号 安達 真、
第866号 苑田浩之、 第867号宮下京介、第868号 種村 求、
第869号 二川裕之、第870号 木村保夫、第871号 三木恵美子、
第872号 宋 惠燕、 第873号 神原 元、第874号 桜井みぎわ、
第875号 姜 文江
【調査請求日】 平成29年6月27日

本会が対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続を終えないときは、懲戒請求は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。
なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続を開始することができないことになっております。
〈連絡事項〉
1. 懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表1人を選任し、書面で届けてください。
なお、原則として今後の通知又は連絡は、懲戒請求者代表宛にいたします。
2. 通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てくさい。
3. 追加書面(証拠書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願いいたします。対象弁護士等が複数の場合は、その数だけ増やしてください。ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複写して、複写をご提出ください。

※ 本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します。(書類等については、対象弁護士へ交付することがあります)。  書式A-➁  20160401 版

横浜市民
いつもありがとうございます。
本日、神奈川県弁護士会より青い封筒で調査開始通知書1枚のみ郵送されておりました。
割印有り、公印省略
神奈川県弁護士会
会長 延命 政之
調査開始通知書
貴殿からの下期懲戒請求事案について、網紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。
【事案番号】平成29年(網)第2033号乃至第2045号
【対象弁護士】
第2033号 三浦 修、 第2034号 高橋 健一郎、
第2035号 安達 信、 第2036号 苑田 浩之、
第2037号 宮下 京介、 第2038号 種村 求、
第2039号 二川 裕之、 第2040号 木村 保夫、
第2041号 三木 恵美子、 第2042号 栄 蕙燕、
第2043号 神原 元、 第2044号 櫻井 みぎわ、
第2045号 姜 文江
【調査請求日】 平成29年6月27日
本会が対象弁護士などを懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続を終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に意義を申し出ることができます。
なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続きを開始することができないことになっております。

だそうです。
第二東京弁護士会の恫喝とは違うなぁ、とは思いますが。
ちなみに第二東京弁護士会ともども息子の分も入れて二通送られてます。
第二東京弁護士会の封筒は一通未開封で放置してます。
他の方々にも神奈川県弁護士会からの通知書が届いていることでしょうが、とりあえずお知らせいたします。

年増の撫子
余命さま
スタッフの皆さま
いつも有難う存じます。
取り急ぎご連絡申し上げます。
神奈川弁護士会より「調査開始通知書」が赤字「親展」普通郵便にて届きました。
〇〇○〇殿
神弁発第〇〇号
平成29年6月28日
神奈川弁護士会
会長  延命政之
[公印省略]
[対象弁護士]
三浦 修、  高橋 健一郎、  安達 信
苑田 浩之、 宮下 京介、   種村 求
二川 裕之、 木村 保夫、   三木 恵美子
宋 恵燕、  神原 元、    櫻井 みぎわ
姜 文江
[調査請求日]     平成29年6月27日
具体的な番号は省きました。
会長はどうやら「延命」を願っているようですね。
嫌がらせがカワ(・∀・)イイ!!

本会が対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続を終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。
なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法63条によりって懲戒の手続を開始することができないことになっております。
1.懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表者1人を選任し、書面で届け出てください。
なお、原則として今後の通知又は連絡は、懲戒請求者代表宛にいたします。
2.通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てください。
3.追加書面(証拠書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願いいたします。対象弁護士が複数の場合は、その数だけ増やしてください。ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複写して、複写をご提供ください。

*本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します(書類等のについては、対象弁護士へ交付することがあります)。
以上です。
コピー等が必要でしたら郵送いたします。

長野
神奈川県弁護士会から青封筒で来たので丸写し。
捺印
神弁発第1863号
平成29年6月28日

神奈川県弁護士会 会長 延命 政之 【公印省略】
調 査 開 始 通 知 書
貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。
【事案番号】 平成29年(綱)第 2124 号乃至 2136 号
【対象弁護士】
第 2124 号 三浦 修、 第 2125 号 高橋 健一郎、
第 2126 号 安達 信、 第 2127 号 苑田 浩之、
第 2128 号 宮下 京介、第 2129 号 種村 求、
第 2130 号 二川 裕之、第 2131 号 木村 保夫、
第 2132 号 三木恵美子、第 2133 号 宋惠燕、
第 2134 号 神原 元、 第 2135 号 櫻井 みぎわ、
第 2136 号 姜 文江、

【調査請求日】 平成29年6月27日
本会が対象弁護士を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続を終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。
なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続を開始することができないことになっております。
<連絡事項>
1. 懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表1人を選任し、書面で届け出てください。
なお、原則として今後の通知 又は連絡は、懲戒請求者代表宛にいたします。
2. 通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てください。
3. 追加書面(証拠書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願いいたします。
対象弁護士が複数の場合は、その数だけ増やしてください。
ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複写して、複写をご提出ください。
※ 本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します。(書類等については、対象弁護士へ交付することがあります)。 書式Aー② 20160401 版

五省
余命さま、プロジェクトの皆様、余命読者の皆様、いつも勇気を頂いておりますありがとうございます。余命様疲労骨折ですがお大事にしてください。また、ダウンされてるプロジェクトの皆様お身体ご自愛ください。
我が家に神奈川県弁護士会から普通郵便の親展にて届きました。
朱印割印
〒○○○
住所○○○○
○○ ○○ 殿
神弁発第1863号
平成29年6月28日
神奈川県弁護士会 会長 延命 政之
【公印省略】
調査開始通知書
貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、おしらせします。
【事案番号】平成29年(綱)第616号乃至第628号
【対象弁護士】
第616号 三浦 修、第617号 髙橋 健一郎、第618号 安達 信、
第619号 苑田 浩之、第620号 宮下 京介、第621号 種村 求、
第622号 二川 裕之、第623号 木村 保夫、第624号 三木 恵美子、
第625号 宋 惠燕、第626号 神原 元、第627号 櫻井 みぎわ、
第628号 姜 文江
【調査請求日】平成29年6月27日
本会が対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続を終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。
なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法63条によって懲戒の手続を開始することができないことになっております。
〈連絡事項〉
1.懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表1人を選任し、書面で届け出てください。
2.通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てください。
3.追加書面(証拠書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願いいたします。対象弁護士が複数の場合は、その数だけ増やしてください。ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複写して、複写をご提出ください。
※ 本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します(書類等については、対象弁護士へ交付することがあります)。 書式Aー② 20160401 版
以上
朱印の割印はありましが、公印は【公印省略】でした(笑)
また、書類は一枚限りでした。

1702 懲戒請求アラカルト19神奈川弁護士会通知書①

神奈川は投稿が多い。久しぶりの投稿の方が多いので、重複をそのままに気にしないでまとめてアップした。
なにしろ1字1句丁寧に打ち込まれているのが伝わってくるのでそのようにした。
コメントも入れずに大変失礼だと思うが、まあ、お祭りと思っていただければと思う。
書式と、気がついた誤字脱字についてだけ訂正してある。ご了承願いたい。
おかげさまで本日からフルメンバーである。

A・K
余命チームの皆様日々のご努力感謝申し上げます。
重複していましたら申し訳ありません。
神奈川県弁護士会から「調査開始通知書」が届きました。 割り印ありです。

神弁発第1863号 平成29年6月28日 神奈川弁護士会 会長 延命 政之[公印省略]

貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。一部省略
[対象弁護士]
第486号 三浦修・第487号 高橋健一郎・第488号 安達信・第489 苑田浩之
第490号 宮下京介・第491号 種村求・第492号 二川裕之・第493号 木村保夫
第494号 三木恵美子・第495号 宋恵燕・第496号 神原元・第497号 櫻井みぎわ・
第498号 姜文江
[調査請求日]平成29年6月27日
本会が対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続きを終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。なお、懲戒の事由あったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続きを開始することができないことになっております。
〈連絡事項〉以下省略

町会請求
香ばしいネ。申奈川弁護士会から通知が来ました。
日本人を拉致する国家とその国民に対し援助する必要を感じない。
それらを幇助する士業は免許資格剥奪、及びすべての国家資格取得を永久停止にしていただきたい。
朝鮮学校関係者が首領様に嫌がらせをやめるよう懇願すればよいこと。

ばたつよ
昨日、神奈川弁護士会から通知書が届きました。ただ些か気になる事が2点ありましたので私の妄想を書き込みたいと存じます。気になる点を以下に記載します。
①会長名の下の【公印省略】。
②懲戒の事由があった時から3年経過したものは弁護士法第63条により懲戒手続きの開始が出来ない。
①に付きましては延命政之会長は余命ブログの愛好家ではないかと。公印を押せば公式文書として扱われ、さりとて公印無しの文書では神奈川弁護士会は懲戒手続きを「公式に」行う気が無いと叩かれる。その隙間を通り抜ける妙手だと感心致しました。
②に付きましては感心出来ませんでした。これは「3年放置すれば懲戒は出来ないよ。」と言っているのと同じです。この懲戒請求は弁護士会のガス抜きであるとの証拠が一つ出て来たと見て良いかと。
神奈川からの通知が来て舞い上がってしまいました。稚拙過ぎると思われましたら破棄で御願い致します。駄文失礼致しました。
肘を大切になさって下さいませ。

バルカン
余命殿 スタッフ殿
ご自愛ください。

さて、神奈川県弁護士会から調査開始連絡書が来ましたので、報告いたします。

神弁発第1863号 平成29年6月28日 会長 延命 政之 公印省略(尚、割印あり。)
事案番号:平成29年(網) 第369号 乃至第381号
調査請求日:平成29年6月27日
連絡事項:
①懲戒請求者が2名以上ならば、代表者を選任せよ。
②証拠書類等は、甲号証として、6通の提出。
尚、対象弁護士が複数の場合は、その数だけ増やせ。
以上 バルカン

匿名希望
余命様 スタッフの皆様 いつも有難う御座います。
来ました!神奈川県弁護士会!親展便で届きました。
調査開始通知書1枚きりです。(もし、同様のコメントが沢山ありましたら不掲載でお願い致します)
以下は文面です。(契印はあります)

神弁発第1863号
平成29年6月28日
神奈川県弁護士会  会長 延命 政之
[公印省略]
調 査 開 始 通 知 書
貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせ致します。
[事案番号]  平成29年(綱)第174号乃至第186号
[対象弁護士]
第174号 三浦修、第175号 高橋健一郎、第176号 安達信、
第177号 苑田浩之、第178号 宮下京介、第179号 種村求、
第180号 二川浩之、第181号 木村保夫、第182号 三木恵美子、
第183号 宋恵燕、第184号 神原元、第185号 櫻井みぎわ、(183号恵は旧字です)第186号 姜文江
[調査請求日]  平成29年6月27日
本会が対象弁護士を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続を終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。
なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続を開始することができないことになっております。
(連絡事項)
1.懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表1人を選任し、書面で届け出てください。
なお、原則として今後の通知又は連絡は、懲戒請求者代表宛にいたします。
2.通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てください。
3.追加書面(請求書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願いいたします。対象弁護士が複数の場合は、その数だけ増やしてください。ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複写して、複写をご提出ください。
*本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します(書類等については、対象弁護士へ交付することがあります)。
以上、取り急ぎお知らせ致します。皆さま梅雨の時節柄、どうぞ体調にお気をつけられてご自愛くださいませ。

眩暈
ついに神奈川県から調査開始通知書が6/28付けで本日届きました。紙一枚ですが割り印があります。詳細は以下の通り。
神弁発第1863号
平成29年6月28日

神奈川県弁護士会
会長 延命 政之【公印省略】
調査開始通知書
貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。
【事案番号】 平成29年 (綱) 第850号乃至第862号
【対象弁護士】
第850号 三浦修、 第851号 高橋健一郎、 第852号 安達信、
第853号 苑田浩之、 第854号 宮下京介、 第855号 種村求、
第856号 二川裕之、 第857号 木村保夫、 第858号 三木恵美子、
第859号 宋惠燕、 第860号 神原元、 第861号 櫻井みぎわ、
第862号 姜文江
【調査請求日】 平成29年6月27日
本会が対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続を終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。
なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続を開始することができないことになっております。
〈連絡事項〉
1.懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表1人を選任し、書面で届け出てください。
なお、原則として今後の通知又は連絡は、懲戒請求者代表宛にいたします。
2.通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てください。
3.追加書面(証拠書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願いいたします。対象弁護士が複数の場合は、その数だけ増やしてください。ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複写して、複写をご提出ください。
※ 本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します(書類等については、対象弁護士へ交付することがあります)。

全文再現してみましたが、連絡事項として懲戒請求者を代表者1名に絞れと書いてありますね。手続き的にこれは許されるんでしょうか?
あと甲号証として6通*n人分というのも通常の事ですか?この場合だけだと6×13=78という計算になりますが。日弁連サイトはフローのみで通常の手続きの流れ等は記載がないので、素人にはわからないですね。
※以降も書類を対象弁護士に渡す趣旨の事が書いてありますが、そういう事はよくある事なのか、何とも言えません。
なにせ神奈川県ですから。

讃岐うどん
余命爺様、PT様、大和会様、昼夜の激務ご苦労様です。
本日神奈川県弁護士会から普通郵便親展が到着しました。
◯◯◯◯殿            神弁発第1863号
平成29年6月28日
神奈川県弁護士会
会 長 延命 政之
【公印省略】
調査開始通知号
貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。
【事案番号】 平成29年(綱)第889号乃至第901号
【対象弁護士】
第889号三浦修、第890号高橋健一郎、第891号安達信号 第892号苑田浩之、第893号宮下京介、第894号種村求、 第895号二川裕之、第896号木村保夫、第897号三木恵美子、第898号宋惠燕、第899号神原元、第900号櫻井みぎわ
第901号姜文江
【調査請求日】  平成29年6月27日
本会が対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続を終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続を開始することができないことになっております。
〈連絡事項〉
1.懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表1人を選任し、書面で届け出てください。
なお、原則として今後の通知又は連絡は、懲戒請求者代表宛にいたします。
2.通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てください。
3.追加書面(証拠書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願いいたします。対象弁護士が複数の場合は、その数だけ増やしてください。ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複写して、複写をご提出ください。
※本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します(書類等については、対象弁護士へ交付することがあります)
書式A-② 20160401版
※は、圧力ですかね!?(笑)転けました。
余命爺様、皆様、御自愛下さいませ。

山脈(やまなみ)行進曲
余命様お疲れさまです。
神奈川県弁護士会より、調査開始通知書が届きました。
神弁発第1863号 平成29年6月28日
事案番号平成29年(綱)第1864号乃至第1876号
6月15日付けで、第二東京弁護士会より届いてからやっと2件目です。
以上報告です。

宮崎マンゴー
本日30日、神奈川県弁護士会より
調査開始通知書1枚届きました。
会長【公印省略】6月28日
(綱)第1422号乃至1434号、請求日6月27日
書式Aー②2016401版
ご報告させていただきます。
余命先生、プロジェクトチーム・スタッフの皆様、くれぐれもお身体にお気をつけ下さいませ。祈

赤トンボの戦い
前回は第二東京弁護士会から特定記録郵便で投函されておりましたが、本日6月30日に神奈川県弁護士会より届いておりました。
割印あり、
神弁第1863号
平成29年6月28日
神奈川県弁護士会
会長 延命政之[公印省略]
調査開始通知書
貴殿からの下記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので、お知らせいたします。
[事案番号]平成29年(綱)第1695号乃至第1707号
[対象弁護士]
第1695号三浦修、第1696号高橋健一郎、第1697号安達信、第1698号苑田浩之、
第1699号宮下京介、第1700号種村求、第1701号二川裕之、第1702号木村保夫、
第1703号三木恵美子、第1704号宋惠燕、第1705号神原元、第1706号櫻井みぎわ、
第1707号姜文江
[調査請求日]平成29年6月27日
本会が対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき又は相当の期間内に懲戒の手続を終えないときは、懲戒請求者は、弁護士法第64条によって日本弁護士連合会に異議を申し出ることができます。
なお、懲戒の事由があったときから3年を経過したものは、弁護士法第63条によって懲戒の手続を開始することができないことになっております。
〈連絡事項〉
1.懲戒請求者が2人以上あるときは、協議によって懲戒請求者代表1人を選任し、書面で届け出てください。
なお、原則として今後の通知又は連絡は、懲戒請求者代表宛にいたします。
2.通知文または文書の送付先を変更したときは、直ちに書面で届け出てください。
3.追加書面(証拠書類等)は、調査の関係上、甲号証として6通ご提出くださいますようお願いいたします。対象弁護士が複数の場合は、その数だけ増やしてください。ご提出いただきました書面は返却いたしませんので、予めご了承ください。原本は複写して、複写をご提出ください。
※本件に関する書類等は、懲戒請求事案についての調査等に利用します(書類等については、対象弁護士へ交付することがあります)。
書式A-②20160401版
以上送付されておりました。
週末暑さが厳しくなるとの事です。
余命様、PT の皆様、どうかご自愛下さいませ。