日別アーカイブ: 2016年11月24日

1324 外患罪と尖閣漁船事件

週末、大和会において保守会議が予定されている。これは会長の体調不調により延期されていたもので、今後の告発を含めた対応がテーマである。告発状については、すでに40件を超えているが、そろそろ検察の方も対応してくるだろう。
従前、検察の対応については記述しているが、なりふりかまわぬ却下とその後の対応については売国民主党の時代に具体的な先例があるので、参考にされたい。
ただ前回とは違い、国民が目覚めており、また、現状は安倍政権下であるので、最終的には親韓金田法相は罷免更迭、新法務大臣により検事総長に対して指揮権発動ということになりそうだ。
かなり長文となったが、分けるよりはということでまとめて掲載する。

たぬき
尖閣漁船事件に関しての国会議事録からの抜粋です
◆◆◆◆◆菅直人内閣◆◆◆◆◆

第175回国会 外交防衛委員会 第2号
平成二十二年九月二十八日(火曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/175/0059/17509280059002a.html
○佐藤正久君 副大臣、政治的な責任を負えるのは法務大臣だけなんですよ。そうでしょう。法務大臣は、だから、検察庁法第十四条において個別の案件についても検事総長を指揮することができるとなっているんですよ。そうでしょう。政治的責任を負えるのは法務大臣だけなんですよ。検察は法と証拠に基づいて粛々と判断するんですよ。それが結果として外交的な影響とか政治的な影響があれば、そういうときに初めて法務大臣が指揮権を発動する、それが規定でしょう。
今回、外交的な理由というものを挙げて判断しました。検事総長は事前に法務大臣に説明したんですか。協議したんですか、決定の前に。
○副大臣(小川敏夫君) まず、後段の質問の、この決定の前に協議したかという点でございますが、それはしておりません。決定後に報告を受けたということでございます。
それから、前段の点でございまして、
「法務省が検察官の処分について責任を負わないのか」
という話がございました。
ただ、一般的に検察の捜査というものは本来政治が主導するものではございませんで、司法の独立あるいは捜査というものが独立しておるわけでございまして、一般的には、逆に捜査に政治が介入すれば介入したこと自体が批判されるという性質のものでございます。
やはり検察官の処分はあくまでも検察官の処分としてございまして、これが、例えば不起訴が不服であれば検察審査会に申し立てるといったような手続によって担保されているものでございます。検察官の個々の事件の処分につきまして法務省が責任を取るという性質のものではないと、このように考えております。
○佐藤正久君 全くずれていますよ。検察がのりを越えてしまったんですよ。法と証拠に基づいて判断すればいいのを、政治的な理由とか外交的な理由を挙げて判断しているんですよ。
 検察の方が政治、外交に寄ってきてしまったんですよ。そういうときはやはり政治が責任を取らないといけないんですよ。だから、この十四条があるんですよ。これが本当に検察が自分でやったら大暴走ですよ。何でもできますよ、これだったら。検察が、政治的な理由あるいは外交的な理由、財政的な理由、だからこうしました、全部通っちゃいますよ。
だからこそ、そういう粛々とやって、それでもこれは政治的な影響があるとか外交で影響が高いというときに指揮権を発動できるようになっているわけですよ、これ。全く逆のことを検察からやっておいて、知りませんと。これは本当に、今大事な発言されましたけれども、法務大臣に全く事前に協議もせずに検察が外交的な理由というものを判断の一つとして決断を下したということが事実であれば、これは検察の暴走であり、また法務大臣の指揮監督不十分ですよ。
結果として、今国益にどれだけ迷惑を掛けていると思っているんですか。以前よりも要求は高くなった。しかも、多くの巡視船や監視船がガス田やあるいは尖閣の諸島で動いている。責任を負えるわけないじゃないですか。だから、いろいろ外交的な配慮というものは、それは外務省がやるべきなんですよ。それを今回の釈放の理由にしている。全くおかしい。私は、これが本当であれば、やっぱり担当した那覇の地検の責任者あるいは法務大臣は罷免に値すると思いますよ。違いますか。
○副大臣(小川敏夫君) なかなか佐藤委員と私の答弁かみ合ってないんですが、その根本は、佐藤委員は、何か今回の検察の処分が法と証拠に基づいていないと、そして、本来検察がやるべきではない外交問題について判断したという前提に立って質問をされておるようにうかがえるんですが、先ほども繰り返し申し上げておりますように、検察官の処分は、刑事訴訟法二百四十八条に従った、法と証拠にのっとった手続によって処分を行ったものでございますし、また、先ほども繰り返し述べておりますように、検察官はその刑事訴訟法の規定に基づいて処分を行ったもので、外交問題を検察官が行ったというものではございません。(発言する者あり)

第176回国会 本会議 第2号
平成二十二年十月六日(水曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/176/0001/17610060001002a.html
○谷垣禎一君
(前略)
いずれにせよ、真相を明らかにすることが重要であり、那覇地検次席検事及び検事総長の証人喚問を求めます。もちろん、一般論としての検察捜査の独立性に十分配慮した上で、外交案件が密接に絡んだゆえの特例扱いとしてこれを要求いたします。総理の前向きなお答えを求めます。
(後略)

第176回国会 予算委員会 第2号
平成二十二年十月十二日(火曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/176/0018/17610120018002a.html
○柳田国務大臣 先ほども触れましたとおり、第二百四十八条にのっとって地検は粛々と判断を下したものと私は思っております。
なお、その報告を聞いて、私は指揮権を発動しなかったというのが事実でございます。
○菅内閣総理大臣 私は、今の石原さんの一連の議論を聞いていて、必ずしも私の中ではよく流れがわからないんですね。つまりは、政治が判断しろと。しかし、例えば逮捕するしないというのを直接、総理がしろとかするなとかという、そこまで判断をすべきだというところまで言われているのか。
基本的には、いろんな判断がいろんな段階であると思いますが、少なくとも海保も一つの捜査機関でありますので、そこでの判断があり、その後は検察の判断があり、釈放についても、それは例外的に指揮権発動という規定が法律にあることは私も承知しておりますけれども、今、法務大臣が言われたように、そうではなくて、検察官の判断の中には、先ほど私が多少詳しく申し上げたら、何か役人の文書を読んでいると言われましたが、詳しく言わなければいけないときには間違っては困りますので、つまりは、こういう初犯であったとか、いろんなことの要素に加えて、そうした総合的な判断ができるというふうになっているわけでありますから、そういう判断のもとに検察当局が下した判断に対して、それを法務大臣として、そのことを了としたといいましょうか、認めたということは、私は、法務大臣としての判断は全く正しかった、このように思っております。

○仙谷国務大臣
今回の場合には、司法当局がその持てる権限内で、つまり、起訴便宜主義の考え方のもとで、あらゆる事案の性質、その程度、あるいは刑事事件としてどの程度の悪質性があるのかというようなことに、さらに総合的な判断として日中関係のことあるいは国民のことを考えて判断をされたと。私は、これは検察官の起訴便宜主義の中での判断の枠内で考えたんだなということで、私も了としたわけであります。

第176回国会 予算委員会 第3号
平成二十二年十月十五日(金曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0014/17610150014003a.html
○小野次郎君 それでは、官房長官は中国人船長を早めに釈放するしかないと考え、事件直後から大林検事総長に接触して、指揮権発動にも言及して善処を促したという趣旨の報道、これは全く事実無根なんですか。少なくとも、事件直後から大林検事総長に接触してという事実はあったんですか、なかったんですか、お伺いします。
○国務大臣(仙谷由人君) どこでそのようなことが主張されたり喧伝されたりしているのか知りませんけれども、事実はありません。

第176回国会 法務委員会 第2号
平成二十二年十月二十一日(木曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0003/17610210003002a.html
○桜内文城君 ありがとうございます。
これらの事実を踏まえて、これから具体的内容について質問をさせていただきます。
まず、多くの報道によりますと、那覇地検の独自の判断だと政府の高官がよく言っているというふうに言われておりますが、しかし検察庁法七条一項、あるいは今おっしゃいました事実関係からしますと、検事総長の指揮監督の下でこういった釈放という判断は最終的に検事総長によってなされたという認識を持ちますけれども、これでよろしいでしょうか。
○政府参考人(西川克行君) 先ほど申し上げたとおり、九月の二十四日、検察当局の会議というのは、最高検察庁におきまして那覇地検、福岡高検、最高検が一堂に会して今回の釈放の方針を決めたということでございます。当然、その方針は検事総長も了解、了承したということでございます。

第176回国会 法務委員会 第2号
平成二十二年十月二十二日(金曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/176/0004/17610220004002a.html
○柳田国務大臣 約一月ぐらい、るるいろいろなところでお話をしていますので、総合的に判断した結果だというのは、もう私の主張は御理解をしていただいているものと。それが正しいか間違いかは別問題ですが。
先ほど平沢委員がおっしゃっていたように、この検察の、地検の判断が間違いだったら、指揮権を発動すればいいじゃないかとおっしゃるわけですね。私は、間違いじゃない、わかったという認識でそのまんましただけなんです。指揮権発動ということについていろいろ意見があるんだったら、指揮権について議論をするのはやぶさかではありませんけれども、私は、指揮権というのはあくまでも慎重にやるべきだ、そういう思いでやっています。
○柳田国務大臣 だから、そこが平沢委員と私の理解の違うところでございまして、何度も繰り返し同じことを答弁させてもらっていますが、総合的に判断した結果、那覇地検が処分保留で釈放されたものですと。そこに対して政治介入があったのかないのかとよく質問されますけれども、私たちはやっておりませんと。その結果に対して、では、おまえは指揮権を発動しろと言われたら、私は、指揮権を発動しませんでしたと答えているだけなんですけれども。
○柳田国務大臣 今回の被疑者の釈放方針の決定は、検察当局において行ったものと承知いたしております。
 私は、検察としての方針の報告を受け、検察に対する指揮権を有する法務大臣として考えた結果、この方針に異議を差し挟むことはせずに了解し、検事総長に対する指揮権を行使しませんでした。
 那覇地検が高検ともに最高検とも相談した結果でございますので、検察当局というふうに答えさせていただきました。

第176回国会 予算委員会 第4号
平成二十二年十月二十五日(月曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0014/17610250014004a.html
○森まさこ君 法務大臣には、私、先週木曜日、法務委員会でこの問題については詳しく質疑したんです。皆さん、どうぞインターネットで見てください。全く答えていない。
パネル六を御覧ください。尖閣諸島の事件と大阪地検の証拠改ざん事件を時系列で比較したものです。船長に対して勾留を延長し、立件に向けて意欲が感じられた直後に前田検事のデータ改ざんが報道されました。最高検は、身内の不祥事を抱えて弱い立場に置かれ、菅総理の中国船長の件を早く処理できないかとの発言を聞いて、その暗黙のプレッシャーをはねのけることができなかったのではないかと報道で指摘をされております。
もし、菅総理や官房長官や柳田法務大臣、政府が言うように一切政治介入がなかったということであるならば、こういうことです。
身内の不祥事を抱えた検事総長が政府の意向を勝手にそんたくして、大臣の指揮権発動は回避し、しかし法の解釈は曲げて、全く場面の違う二百四十八条を適用して中国人船長を釈放した。つまり、検事総長が保身のために法治国家の検察たる誇りを投げ捨てたということです。検事総長は即刻辞任をすべきです。証拠改ざん事件も、大阪地検内の検事の起訴や関係者の処分だけで終わらせようとしており、検察の抜本改革に向けての自浄作用は働いていません。
よって、菅総理、政治介入していないという、検察がすべてやったという、それだったら、検事総長の罷免を求めます。いかがですか。菅総理です。
○国務大臣(柳田稔君) 尖閣諸島事件と大阪地検証拠改ざん事件は別事件でございます。また、政治介入は尖閣諸島事件においては一切なされておりません。
○森まさこ君 菅総理、お願いします。
○内閣総理大臣(菅直人君) あくまでも検察当局は個別事案に対して対処したものであるというふうに認識をいたしております。そういう意味で、今回のことで私が何か検察に対して人事権を行使するということは考えておりません。

第176回国会 法務委員会 第3号
平成二十二年十月二十六日(火曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0003/17610260003003a.html
○国務大臣(柳田稔君) 事件発生して、その後私が法務大臣に就任をいたしました。それ以降、適宜、担当の局長からは報告を受けておりました。二十四日の日に、釈放の記者会見をする前でございますけれども、お昼前にその報告を聞いたということで、私が指揮権を発動したわけではなくて、その報告を聞いて、分かりましたというふうに答えただけでございますので、私は政治介入をした覚えはありません。
○若林健太君 刑事訴訟法二百四十八条に定める起訴便宜主義を根拠に、検察官は起訴をすれば有罪になる可能性があっても起訴しないという判断をすることができるということであります。しかし、今回、処分保留として釈放した理由の一つとして、日本国民への影響や日中関係を考慮すると、検察はそのように発表されておられます。
 一検察官が国益の判断をしているというふうに思われますけれども、大臣はこの件についてどのように思われるでしょうか。
○国務大臣(柳田稔君) 私は、委員御指摘のように、二十三日に外務省の職員から意見を伺いました、先ほど御指摘されましたように。ということで、外務省職員が説明した事実に基づいて那覇地検が判断したものだと私は理解をいたしております。
○若林健太君 ただいまの話では、私が今お聞きしたのは、一検察官、那覇地検の一検察官が日本国民への影響や日中関係を考慮すると、こうその理由を挙げて、四つの理由のうちの一つとして挙げて処分保留のまま釈放と、こういう決定をしたと、こういうことであります。
この行為そのものは国益に対する判断をされていると、このように思いますけれども、大臣はどのように考えておられるでしょうか。
○国務大臣(柳田稔君) 地検、個人がとおっしゃいましたけれども、高検並びに最高検、報告を上げまして、皆さんで協議をして方向を決めたと。ですから、検察当局という私たち言葉を使っているのはそういう理由でありまして、それを受けて方針を決定したというのは我々の、私の認識でございます。
なお、だからそういう意味では、お話を聞いて決めたんだと。国益のことについて検察が判断するのかと聞かれても、事実のことをお話しするしかないので、外務省職員に来ていただいて話を聞いた、その事実に基づいて那覇地検が、最終的に発表したのはそこです、決めたのはそこですから、判断をしたものですというふうにお答えするしかないんですけれども。
○若林健太君 これは何度も議論になっているところで、なかなか平行線をたどってしまうところだと思いますが、私は、本件は実は逮捕の時点から大変な外交問題を含む案件であると、このように本来認識すべき問題だったというふうに思います。
したがって、逮捕するときやそれ以前に、事前に官邸や外務省の意向を打診して聴取するのが当然のことであったと。そして、一検察官が国益の判断をしたという、もしそういうことであればそれ自体が問題でありますけれども、本来政府が主導して判断すべき案件であって、検察にその判断を任せたことに大きな間違いがあるんではないのか。法務大臣が指揮権を発動して政府主導で行うべき案件ではなかったのかと、このように思いますけれども、大臣の御所見をお伺いしたいと思います。
○国務大臣(柳田稔君) 若林委員は、私が刑事局長から報告を聞いたときに、二十四日、報告を聞いたときに、それは駄目だと、起訴をしろという指揮権を使うべきだったというふうな御意見に私は聞こえるんですが、私の判断は、報告を聞いて、それで分かりましたといって答えただけなので、私はただそうしただけですというふうに御報告するしかございません。

第176回国会 法務委員会 第4号
平成二十二年十月二十八日(木曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0003/17610280003004a.html
○森まさこ君 そうしますと、処分保留で釈放される場合があると。その根拠条文が二百四十八条であると。先例を作ってしまったということになりますが、私はこのことは甚だ危険であるというふうに考えております。
大臣はこれまで、検察がすべてやったことで指揮権は発動していないとおっしゃる。検察がやったことについて、私は本当に、法律上大きな疑義があると思っています。このことについて何回議論しても、大臣との間の議論をしても納得がいかないんです。ですから、私はやはり、当事者である那覇地検の検事正と検事総長、こちらの委員会に参考人として来ていただかなければいけないと思っておりますので、お二人の参考人招致を委員長、求めます。

第176回国会 予算委員会 第6号
平成二十二年十一月八日(月曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/176/0018/17611080018006a.html
○柳田国務大臣 今回の事案につきましては、事あるごとに、折々ちゃんと報告を受けておりました。そしてまた、二十四日の朝にも報告を受けました。処分保留、保釈、その理由についても話を聞かせてもらいました。その結果として、私はわかったと申し上げただけでございまして、指揮権を発動した事実はございません。

第176回国会 予算委員会 第8号
平成二十二年十一月十日(水曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/176/0018/17611100018008a.html
○柳田国務大臣 今回の件につきましては、予算委員会でも何回にもわたって説明をさせてもらっておりますけれども、検察当局において、法と証拠に基づいて適切に判断した、私はそういう報告を受けまして、わかりましたと申し上げました。指揮権の発動はいたしておりません。これが事実であります。

第176回国会 法務委員会 第5号
平成二十二年十一月十一日(木曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0003/17611110003005a.html
○森まさこ君 私は同じ日だと伺っているので事実を確認したいと思って質問したんですが、お答えがなくて残念です。
今まで尖閣諸島の質疑をさせていただきまして、やはり本当に私はすっきりしない。ビデオの原本の公開をこの委員会でずっと要求しておりますが、早く公開されることを望みますし、それから、先ほど指摘させていただきました、那覇地検が九月二十四日に釈放の記者会見をしたときの那覇地検の次席検事の参考人招致を求めたいと思います。委員長。

第176回国会 予算委員会 第5号
平成二十二年十一月十七日(水曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0014/17611170014005a.html
○国務大臣(柳田稔君) 処分保留のままの釈放の理由につきましては当委員会でもるる述べてまいりましたけれども、今日もテレビ中継でありますので、国民の皆様に御理解をいただくために少し時間をいただきまして話をさせていただきます。
釈放の理由については、犯罪事実は収集した証拠によって明白であるもの、ですから公務執行妨害で逮捕、送致された、そういうふうに認識をいたしております。その後、外務省職員からの説明の聴取を含め、捜査の結果、被害の程度、犯行の計画性の有無、我が国における前科の有無等に加えて、身柄を勾留したまま捜査を継続した場合の我が国国民への影響や今後の日中関係を考慮した、そういう総合的な判断の下、処分保留のまま釈放したと、そういうふうに報告を受けております。
衛藤委員御指摘のように、その検察の判断に対して、指揮権を有する私、法務大臣がいろいろと考えて、指揮権を発動しろというふうな御意見もあることは聞いておりますけれども、私はこの検察の判断を了として指揮権は行使しなかったということでございます。

第176回国会 予算委員会 第6号
平成二十二年十一月十八日(木曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0014/17611180014006a.html
○国務大臣(柳田稔君) ですから、先ほどから申していますとおり、処分訓令規程というのは今回の事案には当てはまらないというのが私の考えでございます。
そして、今回の事案につきましては、処分保留のまま釈放したときには、私の判断で指揮権は行使いたしませんでした。しかるべきときに起訴、不起訴を決めるときが来るだろうと。そういう前に、宮沢先生はその前に指揮権を発動して起訴しろとおっしゃるのかどうかよく分かりませんけれども、私の判断は、当然決定が出る前に私の方に報告が上がるはずですから、それを受けて、聞いて最終決定をなされるものと私は考えております。
○宮沢洋一君 今のは割合ちょっと、もう一回聞いて、やっぱりそうだったのかと思ってびっくりしているんですけれども。
外交的判断をするものじゃないとおっしゃって、那覇地検の次席検事、何て言ったかって、勾留したまま捜査を継続した場合の我が国国民への影響や今後の日中関係を考慮いたしますとと。これは外交的判断じゃないんですか。こんなものをやった次席検事は、まさに法務大臣と一緒、罷免しなきゃいけないじゃないですか。

第176回国会 法務委員会 第7号
平成二十二年十一月二十五日(木曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/176/0003/17611250003007a.html
○森まさこ君 私ども自民党の調査団は、那覇地検の検事正と次席検事にも会ってきたんです。この委員会に参考人招致を要求していますが、なかなかかないませんでしたので、向こうに赴いて会ってまいりました。個別の事案だからというようなことはおっしゃいませんでしたよ。
全体的な捜査がほぼ終了したと、釈放時には捜査がほぼ終了したとおっしゃっていました。その後、だって本人もいない、仲間も乗組員もいない、船も返した、こちらの船ももう全部修理が終わっている、何ももう調べるものがないんですよ。ほぼ終了して、返してからもう一か月半以上たっているから、皆さんがおかしいと思っているんじゃないですか。
私、この委員会には次席検事と検事正、参考人招致要求しておりますから、今後ともまた追及したいと思いますが、答弁が長いのでなかなか時間が足りないんですけれども、次の質問に移らせていただきたいと思います。
給与法についてですけれども、菅総理は九月の代表選で、勧告を超えた削減を掲げていました。これを今回は人事院勧告どおりの改定が行われた。このことについて法務大臣の御見解をお願いします。

◆◆◆◆◆野田佳彦内閣◆◆◆◆◆

第179回国会 法務委員会 第3号
平成二十三年十一月二十二日(火曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/179/0003/17911220003003a.html
○丸山和也君 じゃ一言。前より大して進んでないけど、進みそうで余り進まなかったんですけど、大臣としては、そうだとすると、那覇地検が判断をしたということに、政治的状況を見て判断したということなんですけれども、こういうことについて、やや遺憾だなと、踏み込み過ぎているなというふうに思われませんか。それとも、そういう政治判断は、もうこれから前例になるわけですからね、それがそうとすれば。その点についてはどのようにお考えですか、検事が政治的判断をするということについて。
○国務大臣(平岡秀夫君) 今委員の方から那覇地検の判断についてということでありましたけれども、私が承知している限りにおいては、那覇地検が判断するに当たっては、最高検も含めて検察全体として考えた、判断をしていったというふうに承知をしているところでございます。
そういう状況の中で、個別の事案について、私がこれについてどうであったかこうであったかということについてコメントすることは差し控えさせていただきたい、このように思います。

第179回国会 法務委員会 第2号
平成二十三年十月二十七日(木曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/179/0003/17910270003002a.html
○国務大臣(平岡秀夫君) 先ほど来からるるお答えしているように、この件については指揮権の発動はなかったといいますか、検察当局の方で国内法と証拠に照らして判断してまいったということでございますので改めて検証ということについては考えておりません。

第180回国会 法務委員会 第2号
平成二十四年二月二十八日(火曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/180/0003/18002280003002a.html
○国務大臣(小川敏夫君) ちょうど、当時私、副大臣をしておりましたが、私の見ている範囲では法務大臣が指揮権を発動したという事実はございませんでした。
それから、現場の検察官がそのような判断をするわけでは、そんな重大な判断をするはずがないじゃないかというお尋ね、御意見でしたが、やはり現場の検察官は事件を受けた以上、これは起訴する、起訴しないという意味、終局処分をどうするかという意味も含めて、それがやはり重大であっても、これは処分の決定をしなきゃならない立場にあるわけでございますから、現場の検察官がそうした判断をするということは私は異常なことだとは思っておりません。

◆◆◆◆◆安倍晋三内閣◆◆◆◆◆

第183回国会 予算委員会 第10号
平成二十五年四月二十三日(火曜日)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/183/0014/18304230014010a.html
○丸山和也君 過去に一回だけだったと思うんですけれども、今回、平成二十三年の九月二十六日の産経新聞によりますと、松本前内閣参与が、菅、仙谷氏が政治判断によってこれ釈放したんだろうと、こういう、間違いない、ほぼ間違いないと。官邸側の誰が法務省、地検に釈放しろと命令をしたのかと。少なくとも菅氏はしていないでしょう、
仙谷氏の可能性が高いと。まあこれはっきりと、ほぼ断言に近いことをやっているんですけれども、そうだとすると、これ、法務大臣、これはやみ指揮権発動ということになるんじゃないですか。
○国務大臣(谷垣禎一君) やみ指揮権という今御主張ですが、これ、私受けております報告は、これは検察当局において決定したものであると。そして、その決定に当たっては那覇地方検察庁が上級庁である福岡高等検察庁、それから最高検察庁と協議して決定したものであるという報告を受けております。

広告

1323 11/24アラカルト3

ななこ
悠久百姓様、大切なご指摘ありがとうございます。わからなかったことお詫びいたします。
休眠預金法案、登壇者の中に怪しげなNPOがおんぶにだっこで選挙を支えている御仁がおりますな。NPOのうさんくささを知り尽くしていながら、自分の選挙と議席という利権が第一なのですな。応援しているNPOは、震災に便乗して今でも募金活動をしていますな。避難しているわんちゃんねこちゃんをだしにしているけれど、お困りの動物の寿命がどれくらいなのか一般の人間が知らないと思っていますな。この御仁はNPOだけではなく上手に擬態したパチンコのお金もいただいていますな。
今の政治屋がどれほど偉そうなことを言っても、どれほど身の清潔さを主張しても、全部自分の議席が第一。身内だけが大事。その身内が特亜になったら特亜が大事。そうしてできあがったのが今の朝鮮人がわがもの顔で日本人を奴隷扱いする日本だという訳ですな。本当に本当に、世も末でございます。

たぬき
日月が経つのは早いもので、余命ブログを読み始めてからもうすぐ3ヶ月になります。
以前提案させていただいた余命三年三姉妹のネーミング、「あまり(余)・みこと(命)・みとし(三年)」。三年は「みとし」にするか「みとせ」にするか迷ったのですが、御歳神にあやかって「みとし」にしました。
コメントでちょくちょく見かける独特の語り口調や余命ブログが漫画化されるとの記事を見て、御歳神社が聖地化されたらいいななんて思いながら三姉妹の名前を考えたのを思い出しました。

ななこ
余命様、スタッフの皆様、雪が降っています。実は寒冷化と極移動が始まっているという説もあり、世界の激動をひしひしと感じる今日この頃です。今回は、告発リストの見える形での保存について考えてみました。
まかろん様が、“ジャパニズムに毎号幾つかずつ載せて貰えたら嬉しいな”とコメントされているのを拝見して、「永久保存版 外患罪告発リスト」の企画を思いつきました。周辺のスタッフの方々、青林堂様にアイデアとしてたたき台にでもしていただければ幸いです。(もうすでに進めていらっしゃるかもしれませんが)

永久保存版 余命三年時事日記 外患誘致罪告発状
仮題「そうだ売国しよう! 外患誘致罪告発状リスト」
イラストは「ジャパニズム」「そうだ難民しよう!」「さよならパヨク」のはすみとしこ先生
【内容】
・告発状一件につき、何をして告発されたのかを、はすみとしこ先生のイラストでわかりやすく説明する。
・告発状の内容について被告発人全員と全文を掲載し、添付した参考資料についても注記する。
・告発の増加に応じて、第一弾、第二弾と進めていき、全巻そろえて手元におけるようにする。
全体的にはこんな感じで、(前作外患誘致罪からの引用にて)外患罪適用条件下にあることを説明し、国を守るための最後の切り札であることも同時に掲載します。その上で、いつでも外患罪について楽しく学べて、厳しく追及するための参考資料ができると、参照するためにも拡散するためにも使えてよろしいのではないかと考えました。さらには、時を経れば正確な歴史資料にもなると思います。(現在ジャパニズムは総合で123位まで上昇しています!)

てーけー
いつもありがとうございます。
何かとてつもなく有事発生に近づいているような気配がするんですが、
気のせいですかね?

.....在日や反日勢力も民進党や共産党も、みんなじり貧状態で有効な手段がなく焦っているのだ。表に見えるものと実態は違う。彼らが騒ぐほど蚕食の実態が一般国民に拡散していく。11月20日吉祥寺デモは市街地中心部でおこなわれた。銀座、川崎、吉祥寺と保守側は動画撮影班を主力に対応している。総動員はかけていないのにあのありさまだ。
標的がはっきりしてきたので、今後、在日や反日勢力とデモ等で直接対峙することはなさそうだが霞ヶ関周辺がどうなるかなあ。とりあえず12月中は大丈夫だろう。

こたママ
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
実は、1318 の記事でおっしゃっていた「長文でURLだらけの」投稿の1つが私のものに違いないと思い、お詫びのコメントを送るべきか、それともコメント欄存続のためにフェードアウトするべきか一晩思い悩んでおりました。全文掲載はペナルティーなのでしょうか…
何はともあれ「沖縄にはがきを送ろう!」運動について掲載いただきありがとうございました。これからはなるべくお邪魔をせず、来るべき号令に備えます。お前が言うなと思われるかもしれませんが、余命チームの皆様も出来るだけお休みになり英気を養って下さいますように。(こたママ)

.....11月に入ってから未処理の投稿が、約200ばかり残っている。そのほとんどが長文、URLつきで、複数テーマが混在している。
趣味のブログなら問題はないだろうが、余命ブログは日本再生の最前線である。投稿にはどんな仕掛けがあるかわからない。実際になりすましなんて序の口で、あらゆる手口でやってくる。削除は簡単だが、目を通して投稿の中身を把握してアップするという作業は神経を使うだけでなく、とにかく時間がかかる。
11月の未処理投稿が200あるが、処理してアップした投稿数は500以上もあるのである。余命のメインの仕事は投稿記事の整理ではない。間に告発状のデータ整理から告発文の記述、いろいろな打ち合わせがはいる。
投稿記事を切り貼りとか編集はできないから、取りかかったらやめられない。当然他への影響が出る。よって、できるだけテーマを絞って短くしていただきたい。ならば処理が早くなる。

CatmouseTail
終わってます・・・w
ソース: ttps://twitter.com/CatNewsAgency/status/801270969721495552
CatNA
‏@CatNewsAgency
CatNAさんが琉球新報辺野古・高江ヘリパッド問題取材班をリツイートしました
「韓国から若者が数人駆け付けました」「韓国から若者が数人駆け付けました」「韓国から若者が数人駆け付けました」「韓国から若者が数人駆け付けました」「韓国から若者が数人駆け付けました」「韓国から若者が数人駆け付けました」「韓国から若者が数人駆け付けました」
CatNAさんが追加
琉球新報辺野古・高江ヘリパッド問題取材班 @henokonow
23日正午すぎ、N1ゲート前。韓国から若者が数人駆け付けました。韓国でもでもがかなり多くデモが行われているようです。#高江

とちの木
余命様 スタッフの皆様
お疲れさまです。
記事の更新に追いつけていない時に限りコメントが載っていたと知り、慌てるという相変わらずのドタバタぶり…(汗)
主婦です様、小幡勘兵衛様
アドバイス有難う御座いました。
難民視点の話題、TVでもさんざん取りあげられているのに頭に浮かばなかったとは…頭悪すぎ(;^_^A
必殺仕事人、良いですね。
日頃TVに向かい、「さっさと潰れろ!」と叫び、息子達にドン引きされてる風な私ですが、昔から好きで、今でも夜の再放送見てしまうのですが、なんとも良いタイミング。
お~と心にグッときてしまいました(o^^o)
拡散の難しさは、日本人の覚醒のスピードもありますが、成りすましの存在があるので、敵味方の選別迄やらなくてはいけない事ですよね。
本当に厄介です。
でも、いつも思う事は、余命ブログに集う読者の皆様方のコメントに、勇気と元気をもらえるという事です。
皆様方有難う御座います。
反日日本人、成りすまし外国人馬鹿集団もありがとね~

追伸
コメントの最後に、日の丸入れたのに消えてる…残念無念(つд`)
.....コメント欄はテキストファイルだからね。

通りすがりの桜井支持者
初めまして
youtubeチャンネルの件ですが最近桜井誠関連動画を無断転載し挙句広告を貼り付け更に保守活動の為だと言って寄付金を募るチャンネルが多数ありました
おそらく削除されたのはその手のものではないでしょうか?
確かに拡散には貢献したかもしれませんが元動画の撮影者たちのことを思うととても許せるものではないと思います
桜井誠の名を使った詐欺行為とも思われます
現在桜井誠自信はyoutubeを使っておりません 行動保守のyoutubeチャンネルは作られていますが殆ど使用されていません しかしチャンネル自体は残っています
そのことからyoutubeが言論弾圧したとはまだとても思われません
すこし冷静に見て判断していただきたいと思います
尚現在撮影者として支援されておられる方々のチャンネルはどれも残っていますのでそちらを見られることを勧めますし勧めていただきたいと思います
桜井誠のオレンジラジオもツイキャスに全てアーカイブされているのでそちらで聴かれるよう願い致します
長々と長文失礼いたしました

ドサンピン@量産壱号
皆様お世話様です。 ドサンピンでございます。
kelheim様がおっしゃている、「日本第一党」党首、桜井誠先生のアカウント停止の件。
・現在のYouTubeはGoogleの傘下にあります。
・基本的に全てをアメリカ本社に集約しているように思われます。
なるほどねぇ。 日本には支社を置いてないのかもしれんと。
がははははははは、俺様いいこと思いついちゃった^p^

ttps://www.google.co.jp/intl/ja/about/company/
企業概略
創業
1998 年
創設者
ラリー ペイジとサーゲイ ブリン
法人化
1998 年 9 月 4 日
株式公開(NASDAQ)
2004 年 8 月 19 日
本社
1600 Amphitheatre Parkway
Mountain View
CA 94043

Googleを外患誘致罪で訴えるとすれば、このお二人さん、日米犯罪人引き渡し条約のマトになりますぜ^p^
ジョーカーよりも強烈なカードを安倍ちゃんは手に入れられるようになる。
誠ちゃんも、Google相手に戦争をおっぱじめられますわな。
ありえないことが現実になるぜ?www 巨万の富豪が一夜にして死刑告発の容疑者よ、ぎゃはははははは^w^

ドサンピン@量産壱号
皆様お世話様です。 ドサンピンでございます。
こりゃ、ロシアに対しても外患罪適用でしょうなぁ。 モロに稲田防衛大臣の答弁に当てはまりますな。
こいつらは、韓国が竹島でやらかしている狼藉と全く同じ真似をやらかしました。 役満をツモッてしまいました。
目下俺様トサカにきておる次第。 所詮は鎌とハンマーの総本山か。 これだからトロツキストは信用ならんのだ。
日共もロスケも元は同類ぞ。 国内に巣食っている親露組織もこの件でケチがついて一気に大掃除の始まりじゃぁ。

クリル諸島、ロシアがミサイル複合体「バル」、「バスチオン」を配備
2016年11月22日 20:03(アップデート 2016年11月22日 20:36) SPUTNIK スプートニク日本
太平洋艦隊の公式新聞「軍事当直」の報道で、沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」がクリル諸島のイトゥルプ、クナシル両島に配備されたことが明らかにされた。
プーチン大統領と安倍首相 APEC首脳会談の場で平和条約とクリルでの協力拡大を議論 同紙の報道によれば、沿岸ミサイル師団「バル」の人員らは2015年の段階ですでに日本海水域での演習射撃の実施に向けて準備を開始していた。
クリル諸島に最新の沿岸ミサイル複合体を配備する計画についてはこれより前、国防省指導部が明らかにしており、2011年の段階ですでにロシア軍参謀本部内の消息筋情報としてロシアのマスコミ報道にはクリル諸島に沿岸ミサイル複合体「バスチオン」が配備される計画だという情報が流れていた。
「バスチオン」では600キロ以上の海岸部の防衛を目的としたもの。集中砲撃および電子戦の条件下でもあらゆるタイプ、級の船舶を攻撃することが出来る。各複合体が最高で36基の「ヤホンテ」ミサイルを搭載できる。
第2次世界大戦以来、調整されないまま続いている露日の領土論争は両国関係の躓きの石となっている。12月半ばに迫ったロシア大統領の訪日を前に南クリル諸島(日本の表現する北方領土)は日本のマスコミの注目を再三にわたって集めている。専門家、マスメディア、政治学者、世論は露日の領土問題の解決方法について、さまざまな憶測をたてている。

第183回国会
衆議院 法務委員会 第15号
平成25年5月29日
稲田政府参考人(法務省刑事局長)
今の点につきまして、私の方から、まず解釈につきまして若干御説明させていただきたいんです。
今御指摘のありました外患誘致罪における「日本国に対し武力を行使させた」ということの意義そのものにつきましては、これも一般に言われているところでございますが、我が国に対して壊滅的打撃を与えた場合に限らず、
例えば  <<<我が国の領土の一部に外国の軍隊を不法に侵入させたとき>>>
もこれに当たるというふうに解されているところでございます。
その上で、今御指摘のような話につきましても、外国との通謀があって、しかし武力行使に至らなかった場合でありますとか、さらには、外国との通謀を開始いたしましたが合意に達せず、通謀自体が未完成な場合であっても、それは外患誘致罪の未遂犯として処罰の対象となると解されているところでございます。
先ほど委員御指摘もございましたように、この罪につきましては、予備罪、陰謀罪もございますので、ただいま申しました未遂に至らないような予備、陰謀の段階でも処罰の対象となっているというところでございまして、重大な打撃を我が国に与えた後でなければ罪を問うことができないというものではないというものであるというふうに考えております。(引用終わり)

クマ
いつも重要な情報をありがとうございます。
公務員が、不正にマイナンバーカードの暗証コードを集めているので、情報提供させて頂きます。
やり方は、端末への暗証コード入力時に公務員の方の端末から何らかの細工をして入力エラーを出させる。

それを数回繰り返し、「入力が間違っている」とタッチパネルの暗証非表示状態から表示状態へと職員がタッチパネルを操作して変更。

その後は職員が傍らに立ち、表示状態のまま暗証コードを入力させ盗み見。
別の支所ではタッチパネル自体起動せず、職員が紙に書かせた暗証コードを入力。
(因みに、不審に思い後日別の役所へ行き、そのコードを入力したところ入力エラーで再設定し直すことに…。)
背乗り工作になりふり構わなくなっています。

1322 朝日新聞告発状

まかろん
昨日乗った成田線で、成田~の車内放送、日本語当たり前、シナ語えっ?次まさか…と思ったら…何語?(チョン語だと思って聞いたら、たまに観てた北朝鮮の~スミダー!ではなかった…でもチョン語?)
秋葉原の電気屋を一瞬思い出して笑ってしまいました
日本語英語なら解る、というか当たり前
シナとチョンは英語、得意って言ってませんでしたっけ?(笑)
日本に来ても、日本語理解しようとしない民族
アレだけシナコリアは国際国(人)と謳っておいて英語解らない?(爆)
日本に来てもシナコリア語に拘る、だから土人って言われるんだよ、と久しぶりにシナコリアン軽蔑の笑いが思いっきり出てしまいました(軽い軽蔑は毎日ある)あれだとまるでシナコリアは日本の属国みたい(日本語主→属国語、後)お断りですが
あと気になってたのは天気予報
数年前から全く当たらなかったのが(最近予報を見なかったので解らなかった)ここ数日当たってる…余命様告発時期からでしょうか?
気象予報士なんて胡散臭い人ばかりだったし(石原息子は除く)
昔の下駄投げてた時代?の方が当たってたと思ってました
何かを行動する時に利用するなら(拉致や上陸など)その暗号だった?とか…(段々思考がスパイ映画化していくなー(汗))
前々から気になってたことを思い出したので書いてしまいました
申し訳ありません
どうぞご自愛くださいませ

ななこ
余命三年時事日記漫画化記念といたしまして、あえてフィーチャリング外患罪で、ちょっと替え歌を作ってみました。お目汚しですが、こんな感じでいかがでございましょう?

きゃりーぱみゅぱみゅ インベーダーインベーダー

外患罪外患罪(がいかんざいがいかんざい)

こ・く・は・つ こ・く・は・つ こ・く・は・つ
日本再生だ!
WOW WOW WOW いぇいいぇいいぇい
あいつ 売国奴 売国奴
どどど 売国奴 売国奴
WOW WOW WOW いぇいいぇいいぇい
あいつ 売国奴 売国奴
どどど 売国奴 売国奴

内部リーク 耳から密告
キミに委任状 伝えて検事
伸ばす枚数 続く告発
そんなに言うなら
こ・く・は・つ 日本再生

が・が・が・が・外患罪
ヤツはきっと いぇいいぇいいぇい
が・が・が・が・外患罪
キミの町にも ザイコザイコザイ
バイバイバイバイ 売国奴
ヤツはきっと いぇいいぇいいぇい
が・が・が・が・外患罪
こ・く・は・つ 日本再生

が・が・が・が・外患罪
ヤツはきっと いぇいいぇいいぇい
が・が・が・が・外患罪
キミの町にも ザイコザイコザイ
バイバイバイバイ 売国奴
ヤツはきっと いぇいいぇいいぇい
が・が・が・が・外患罪
告発 告発 告発
日本再生だ!

悠久百姓
余命様、PTの皆様お疲れ様です。
ななこさま、いつも情報提供ありがとうございます。
鏡音レンさんの動画の中で、麻原彰晃の若い頃と出ていた写真は、我が福井県の旧名田庄村でずっと診療所を続けているお医者さんです。7~8年前にひげがあったのですが、今は剃ってます。

ちょこ
余命様
皆様
いつも日本再生活動お疲れ様です。
当方が住む土地では、急に自治区の役員が半分出てこなくなりましたw
一方、中国人が増えているようなので、外国人同士の抗争が起きないかどうか心配ではあります。
さて、1305のトピックでとん平様がおっしゃっていた件ですが、資料を添付いたします。

「休眠口座について考えるための情報サイト」
休眠預金法案成立まで、あとわずか!緊急院内集会のお知らせ
http://www.kyumin.jp/news/index.html#ns132

┏━・‥…━━━━━━━━━━━━━━◆
┃休眠預金活用法案 緊急院内集会のお知らせ
┃in 東京 【11月21日(月)16:00~】
┗━・‥…━━━━━━━━━━━━━━◆

毎年1000億近く発生する、休眠預金。
現在銀行の雑収入になり埋もれたているこのお金を、「制度と制度のはざ間で苦しむ人々のために活用していこう」と6年前から始まった休眠預金活用の動き。
諸外国ではすでに休眠預金活用は実現され、成果が生み出されつつあります。
そして日本でも、ついに休眠預金法案が臨時国会に提出されようとしています。
しかし短い臨時国会。採決まで辿り着くには、大きな障害がいくつも待ち構えています。
あと一歩。もう少し。
手を伸ばせば届きそうなところに来ている今、市民社会の声を、向かい風を受けて前に進もうとしている議員の皆さんに、届けていこうじゃありませんか!
NPO、福祉・教育関係者、休眠預金活用によって日本を良くしたいすべてのみなさん、ぜひお集まりください!!

休眠預金活用法案 緊急院内集会のお知らせ

日にち:11月21日16時〜 (受付開始:15:40)
場所:衆議院第二議員会館 地下一階第一会議室
東京都千代田区 永田町2丁目1−2
http://bb-building.net/tokyo/deta/458.html

申込フォーム:https://goo.gl/forms/sCrZbudnIrBlReWE2

登壇者(予定):
坂井 学 衆議院議員 自民党
山本朋広 衆議院議員 自民党
谷合正明 参議院議員 公明党
岸本周平 衆議院議員 民進党
大塚耕平  参議院議員 民進党
平木だいさく  参議院議員 公明党

コーディネーター:
駒崎弘樹 新公益連盟 代表理事
一言コメンテーター:
鵜尾雅隆 日本ファンドレイジング協会 理事長
大西連 NPO法人もやい 代表理事
などなど、日本のNPO業界を代表される方々が結集予定
…もやいが参加する時点で、反日勢力に餌を与えるのが目的のようですね。
駄文長文失礼しました。

YS
余命翁様、プロジェクトチームの皆さま、いつも有難うございます。
辺野古基地建設反対が外患罪適応対象ということなので、日教組関連で投稿します。
日教組香川教職員組合(〒760-0008 高松市中野町15-24 佐藤ビル1F)は自分達の悪事をWebで報告していました。「辺野古に基地は造らせない大集会」に参加してます。
ttp://www.jtu-k.com/activity_detailes.php?eid=00016
魚拓
http://megalodon.jp/2016-1120-2149-44/www.jtu-k.com/activity_detailes.php?eid=00016
わざわざ自分達の新聞でも記事にしています(2015年12月号)。
ttp://ws-st.info/cmsdesigner/dlfile.php?entryname=jtuknewspaper&entryid=00009&fileid=00000002&/%E6%97%A5%E6%95%99%E7%B5%84%E9%A6%99%E5%B7%9D%E6%96%B0%E8%81%9E2015%E5%B9%B412%E6%9C%88%E5%8F%B7.pdf
2015年8月号の1面の写真に「香川総がかり行動」という横断幕が載っていましたので、ググってみると「総がかり行動実行委員会」なるHPがありました。ttp://sogakari.com/
もちろん辺野古は反対しています。ご丁寧に賛同者の一覧を掲載していました。
ttp://sogakari.com/wp-content/uploads/2016/09/%E7%B7%8F%E3%81%8C%E3%81%8B%E3%82%8A%E8%A1%8C%E5%8B%95%E8%B3%9B%E5%90%8C%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7.pdf
魚拓
http://megalodon.jp/2016-1120-2200-36/sogakari.com/wp-content/uploads/2016/09/%E7%B7%8F%E3%81%8C%E3%81%8B%E3%82%8A%E8%A1%8C%E5%8B%95%E8%B3%9B%E5%90%8C%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7.pdf
この人たちもアウトですかね?(YS)

告 発 状

東京地方検察庁 検事正殿             平成28年11月15日

告発人
○○○○

被告発人
朝日新聞社
村山美知子(社主)
飯田真也(代表取締役会長)
渡辺雅隆(代表取締役社長)
東京都中央区築地5-3-2
03(3545)0131

第一 告発の趣旨
被告発人の以下の行為は、以下の罪名に該当し、看過できないので、厳重に処罰されたく、ここに告発する。

第二 告発の罪名
刑法第81条 外患誘致罪

第三 告発の事実と経緯
現状、韓国との竹島問題、北朝鮮との拉致問題や核ミサイル実験問題、そして中国との尖閣問題等は法の定める有事にあたる事態であるのは国民が等しく認めるところである。
2016年10月11日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国軍が18年から鬱陵(ウルルン)島に中・大隊以上の海兵隊部隊を巡回配置する計画を明らかにした。
韓国海兵隊司令部は同日、国会国防委員会に提出した業務報告資料において、「巡回方式で鬱陵島に兵力を配置し、攻勢的な部隊運用のための与件を整える」との方針を明らかにした。来年から現地訓練場と宿営施設の建設工事を始めるという。
配置される海兵隊部隊は上陸突撃装甲車を含む基本的な戦闘装備を備え、北朝鮮に対する警戒や圧力を強めるほか、作戦領域として鬱陵島の東方約90キロにある竹島を念頭に置く見込みだ。韓国メディアは、「外部勢力が独島(日本名:竹島)に侵攻する兆候がみられた場合、鬱陵島の海兵隊が独島に上陸し防衛することになる」と伝えている。
このような事態に対応するため、日本国憲法では刑法で外患罪が定められている。
この適用と運用についてはすでに国会において以下のように見解が示されている。

第183回国会
衆議院 法務委員会 第15号
平成25年5月29日
稲田政府参考人(法務省刑事局長)
今の点につきまして、私の方から、まず解釈につきまして若干御説明させていただきたいんです。
今御指摘のありました外患誘致罪における「日本国に対し武力を行使させた」ということの意義そのものにつきましては、これも一般に言われているところでございますが、我が国に対して壊滅的打撃を与えた場合に限らず、例えば我が国の領土の一部に外国の軍隊を不法に侵入させたときもこれに当たるというふうに解されているところでございます。
その上で、今御指摘のような話につきましても、外国との通謀があって、しかし武力行使に至らなかった場合でありますとか、さらには、外国との通謀を開始いたしましたが合意に達せず、通謀自体が未完成な場合であっても、それは外患誘致罪の未遂犯として処罰の対象となると解されているところでございます。
先ほど委員御指摘もございましたように、この罪につきましては、予備罪、陰謀罪もございますので、ただいま申しました未遂に至らないような予備、陰謀の段階でも処罰の対象となっているというところでございまして、重大な打撃を我が国に与えた後でなければ罪を問うことができないというものではないというものであるというふうに考えております。(引用終わり)

日本国憲法における外患罪は対外存立法である。その法意はいかなる事態においても国家の存立と国民の安全と平和を守るというところにある。この法の施行に際しては、自由、人権その他が制限されることがあるし、特に紛争相手国や関係国については、国益上、反日行為は厳しく罰せられる。
その意味において、情報源たる新聞、テレビ等のメディアの責任は重大である。
にもかかわらず、日本のメディアはその責任をまったく果たしていない。
日本の戦後史の史実からして正しい検証も報道もしていない。李承晩ラインから慰安婦ねつ造問題、南京虐殺報道等目にあまる。
最近では日本の存立に関わる問題について、ねつ造、あるいは報道しない事例が頻発している。
2010年7月の中国の国防動員法施行は、明らかな対日戦争準備法にもかかわらず、まったく報道がない。一連の韓国における法改正も同様である。
2012年8月10日の李明博大統領竹島上陸は一部報道があったものの、一連の日本を貶める発言についてはまったく報道していない。
天皇陛下侮辱発言
「日王は韓国国民に心から土下座したいのなら来い。重罪人にふさわしく手足を縛って頭を踏んで地面にすりつけて謝らせてやる。重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。そんな馬鹿な話は通用しない。それなら入国は許さない」
また次のような一連の暴言を頻繁に繰り返している。
「たった60万人の在日韓国、朝鮮人に支配された1億人の日本人奴隷」
「北朝鮮の復興は心配ない。日本にやらせるのだ。私が日本にすべての金を出させる。我々はすでに日本を征服しているからだ。奴らの金は我々が自由にできる。日本は何も知らない。フジテレビが証拠。日本人はよだれを垂らしてみている。私に任せろ。日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された私の兵隊だ」
2013年3月11日には北朝鮮労働新聞が休戦協定破棄の宣言を報じるが報道なし。
この流れに、ついに2013年5月29日に冒頭記述した 第183回国会衆議院法務委員会において、外患罪に関する質疑応答が行われたが、これについても報道なし。
2013年10月25日には、それまで隠蔽してきた韓国軍の竹島防衛演習が、韓国、聯合ニュースによって、写真付きで報じられるが、これについても報道なし。
韓国では、韓国憲法39条により「すべての」国民に国防義務が課せられている。すでに、動員令は大統領権限に法改正されているがこれもまったく報道なし。
このメディアの姿勢を懸念して、政府はついに2013年12月17日国家戦略保障会議において、竹島に関する領有権問題は「紛争」と明記する。
これはすでに、日韓は外患罪適用下にあることを宣言したものだ。これにより、日本在住の韓国人、北朝鮮人は敵国人であり、通名使用の者は便衣兵として処理が可能な状況となっているが、これを報道しているメディアは一紙もない。
また、2016年2月1日に、中国、国営中央テレビが、7軍区(平時体制)から5戦区(戦時体制)への再編完了、戦区発足宣言を報じるも、これを日本メディアはまったく報じていない。
以上の諸々の事案については以下のように、ネットやブログ、書籍等で具体例を挙げて指摘し、改善を求めてきた。

例1.Wikipediaで通名報道につきNHK、朝日新聞、毎日新聞は他紙と違い、特異の報道をしているという指摘。在日本名を隠蔽し、通名のみを報道。(敵国人の犯罪を隠蔽し、日本人の犯罪にすり替えようとする悪質、反日、反国家行為)
例2.フジテレビ。スポーツ中継にて、日本国歌をカット、韓国国歌を流す。日本優勝式典をカット。呼称を日韓でなく、韓日とする。(日本の国旗、国歌を貶め、本来あるべき呼称をあえて侮辱する反日、反国家行為)
例3.韓国李明博大統領、天皇陛下侮蔑謝罪要求発言に関し、全TV捏造か隠蔽報道。
(日本の国家元首天皇陛下を侮辱かつ謝罪要求に関して捏造、隠蔽は重大な反日行為)
例4.中国戦時動員法制定に関し、緊急かつ重大ニュースにもかかわらず一紙以外は全く報道せず。(敵国の宣戦布告ともいえるような戦争準備法を報道せず。明白な利敵行為)
例5.朝日新聞の、捏造された南京虐殺報道、慰安婦報道。(現、日中、日韓関係を悪化させた主要因ともいえる捏造報道犯。反日、反国家犯罪の典型例)
例6.異様な毎日新聞反安倍キャンペーン。(仮想敵国の最大の敵を貶める利敵行為)
例7.偏向靖国報道。
例8.河野談話。村山談話。鳩山の反日行動。管の北朝鮮金銭問題。前原外国人献金問題。
(この連中のしてきたことを許せる日本人はいないであろう。外患罪確定事犯)
例9.民主党の韓国民団丸抱え選挙。米グレンデール市における慰安婦像設置に見られるような、外国人特定地域集積による危険きわまりない外国人参政権を推進する公明党、共産党、民主党、社民党、そして元民主党の議員の売国行為。(あげた政党の全国会議員が少なくとも外患援助罪に該当する可能性がある)
例10.マスメディアの報道しない在日特権の数々。(日本人との差別、反日、反国家行為)

しかし、これに加えて、メデイアすべてがヘイトデモにかこつけて6月5日川崎デモを偏向報道、沖縄基地問題でも事実をねじ曲げ、ねつ造まがいの偏向報道を繰り返している。
すでにTBSと沖縄タイムス、琉球新報は告発済みであるが、我々はここについても、もはやこの事態を看過することはできないとして告発に踏み切ったものである。

1321 11/24アラカルト2

日本人
余命先生、日本再生PTの皆様、愛国読者諸賢兄の皆様
厳選韓国情報様からの転載です。
●ネット上ヘイト 法務省が対策強化
【時代の正体取材班=石橋 学】法務省がインターネット上のヘイトスピーチ対策に乗り出している。22日の参院法務委員会で相談体制の強化やネット上の啓発活動を報告し、金田勝年法相は「ネット上のデマへの対応も含め人権擁護活動にしっかり取り組みたい」と答弁した。有田芳生氏(民進党)の質問に答えた。
差別書き込みの相談には同省に新設したヘイトスピーチ被害対応チームが主導し、窓口の地方法務局と連携して対応するなど新たな取り組みを始めている。
一方、人権侵犯事件として扱うものが特定の個人に対する人権侵害に限られていることから、有田氏は「ヘイトスピーチ解消法では不特定多数に向けた差別的言動も不当だと定義されている」と指摘。萩本修人権擁護局長の「指摘通り、立法事実に含まれる」との答弁を受け、「○○人は出ていけ」といったヘイトスピーチについても「被害の訴えを受け付ける新たな体制づくりを」と注文をつけた。
2016/11/23 神奈川新聞

長文大変失礼しますが、外患誘致事案オンパレードなので人権擁護局の2014年からの動きを2回に分けて時系列で並べます。

野間易通 @kdxn
●しばき隊のメンバーは全員がチョソン・インミングンの便衣兵です。
2014/5/27にしばき隊 野間易通 がツイート
しばき隊のメンバーは全員がチョソン・インミングンの便衣兵です。
とツイート
●余命ブログ1268 11/6アラカルト④(0)にて、ななこ様よりの援護のご投稿
>日本人様がご投稿の記事で問題にされた萩原秀紀元法務省人権擁護局長が、ネットの書き込みを削除要請する「有効性」について語っている記事がありました。長くなりますが、看過できない内容ですので投稿いたします。
2014年6月17日 (火)
「人権の擁護」
5月15日卓話要旨
法務省人権擁護局長 萩原 秀紀氏(金 秀紀)
※詳細は1268 11/6アラカルト④全文ご参照ください。
一部抜粋します。
「インターネットの書き込みなどによる名誉毀損、プライバシー侵害の場合、被害を受けている方から申告を受け、人権侵害が確認できた場合は、プロバイダーや管理者に対して削除要請を行います。強制力はありませんが、裁判を起こすのに比べ、ネット上の名誉毀損あるいはプライバシーの侵害情報をすみやかに取り除く上で有効な方法と考えています。
●【衝撃スクープ!】法務省人権擁護局、民団・総連と繋がっていた
(カミカゼじゃあの氏投稿)
※上記タイトルでググって下さい。

2/2【衝撃スクープ!】法務省人権擁護局、民団・総連と繋がっていた
※上記タイトルでググって下さい。
保守速報2015年01月19日 ※カミカゼじゃあのさんの投稿
→一部抜粋します。

960:カミカゼ@\(^o^)/
・んじゃあいくぜwww法務省の外局の人権擁護局さんよお
おめーら人の税金でおもしれえことしてるようじゃあねえか?wwww
・なあ?人権擁護局関連で関わってるの朝鮮人関係ばっかじゃねえのか?
民主党とよろしくやってるよお?
・ヘイトスピーチ規制ってのは、オメーらの利権守るための予防策かい?
・あ。そういえば武者小路(人権擁護局とつるんだNGO人権フォーラム21関係者)って言えば民主党の有田大先生とも仲いいんだっけか?www
・法務省は北朝鮮と民団と関連ある組織の人間がいるので、
法の下の平等が損なわれかねないってなwww

●2015年8/10 So-Netに複数の在日団体からの削除要請で余命ブログ
が削除

…類似した点と線を結びつけて限りなく円に近い図形を作り、犯罪のマトリックスを作り出す事を推理と言います。
上記●とググったじゃあのさんのコメントを繋げると実に16角形(以上)ができます。
推理は警察用語なのでここは読者考察としておきましょう。もう実態のホログラムが浮き出してます。
さらに時系列で並べると…。
ずばり、So-Netブログに余命ブログ削除の指導をしたのは法務省人権擁護局ではないですか?
業者に対しての官庁からの指導・通達は電通捜査を見てもわかるように絶対的な効力を発揮します。
官庁に睨まれるのが営業停止、免許剥奪などの命取りになるので天下りなどが横行するんです。
問題の前々代人権擁護局長、荻原秀紀こと金秀紀→前局長岡村和美(現消費者長長官)→現局長、萩本修。萩本新局長は裁判官出身。
こいつら日本国パブリックエネミー認定ですね!

気まぐれな窓
特許庁のパチンコででてくる特許一覧です。お使いください。
ttps://www7.j-platpat.inpit.go.jp/tkk/tokujitsu/tkkt/TKKT_GM201_SearchResultEasy
パチンコの機器の根幹は以下。中毒の女性の発言の意味です。
有名な内容で、いろいろなところで解説されているものですが・・・
パブロフの犬よろしく、パチンコは楽しい、儲かると刷り込み、それを繰り返して記憶を部分強化、そこから大数の法則で当たりにくく(あるいは店が確率を下げ)なるが脳は快楽を覚えていて、中毒の出来上がり。
強い光の明滅や大きな音で脳に入る情報をパチンコだけにすることで、その速度を速めているというわけです。
だからサブリミナルがあろうとなかろうと、事の深刻さは変わらないわけで(またサブリミナルは現象としては立証されているが、効果・条件がはっきりせず、不確実とされている)、パチンコは薬物と一緒ですよ。薬物中毒患者にとって、麻薬は強かろうが弱かろうが依存の対象でしかないんですから。まあうちも一度家族が行きましてもう行くなと念を押して事なきを得ましたが、二度目に行ってしまったらもう終わりですね。そうなるといわゆる【行くほうが悪いんだよ】と言われる状況になってしまうのです・・・。

まかろん
ガンダーラを歌った歌手で、ビューティフルネーム?
一人にひとつ、と歌詞の歌があったような、うろ覚えですが(それも嘘っぱちだった訳ですが)
世界にひとつだけの花もだし、映画や歌等で一時期流行った「オンリーワン」とか…
世界を含めて洗脳してる先にあるのは「個人主義」
今の日本人の姿(優秀な白人も含め)
あなたは特別だとかいうくせに、突出した能力は叩く社会にし(アカが)、それでも優秀なら「変わり者」烙印を押す(簡単なお仕事なので特亜等マスコミがやってますね)
一般社会に埋もれながら地道に日本人に嫌がらせしてるような底辺捨て石は、この先便衣兵でアウト
牢屋に行ったら在日は強制送還されるだけ(野放しと同じ!)…捕まえずに○するには泳がすのが一番(どうせ日本人血税で生きてるんだし)ですかね
早くシナコリアを「戦争敵国」と認定して欲しい
トランプ氏就任後でしょうが、待ち遠しい
今みたいに全てが中途半端だと、仕事行かなきゃいけないし、奴等は中途半端に火病ってるしで面倒です…
連投申し訳ありませんでした

こたママ
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
以下、掲載不要です。
国民の一割覚醒に向けた「沖縄にはがきを送ろう!」拡散運動、使い物になりませんか? 告発のお邪魔にならないように何とか自分で出来るところまでやってから、「はがき作戦」にしていただけないかとお知らせしたのですが… 育ての親(と勝手に思っている)の余命ブログを飛び出してがんばってみました。(自画自賛です。すみません!)
手前味噌で恐縮ですが、葉書という媒体は、今後の可能性も含めて非ネット層向けに結構良い手だと思っています。入管通報、集団告発、官邸メールでひた押しにする準備段階でもあり、こんな時にお呼びでない、ということかもしれませんね。あるいは、何かまずい事があるのに私は気づいていないのでしょうか。
ただ、1つお伝えしたいことは、この大事な時、余命チームと一部の読者の方々が身を粉にして働いてくださっている時に、大多数の読者・サイレントマジョリティは、自分にも何か出来る事はないかとエネルギーを持て余してじりじりしているのです。「.....ここまできたら無理をすることはない」などとおっしゃらず、もし害になるのでなければ、拡散運動で後方支援をしている気にさせて下さい。きっと良いウォームアップになります。また、事ここに至っては、行動する愛国者の皆さんも「余命」と距離を置くとか言っている段階ではない、と腹をくくってこられていると思います。
もし前回のコメントが長すぎるようでしたら、下記のものはいかがでしょうか? もちろんノーコメントの掲載でも構いません。お忙しい時に、困らせてしまうようなコメントを送ってしまってごめんなさい!
また、青林堂さんのツイッターでもご紹介いただいたことをご報告します。余命さんのお力を勝手に使ってしまい、申し訳ありませんでした。
では、皆様暖かくして、どうかお身体をお大事になさってください。

(以下が短いバージョンです。)
余命様、チームの皆様、いつもありがとうございます。
入管通報、集団告発、官邸メール開始の号令をお待ちしています。
その傍らで出来る事として、国民一割覚醒を目指す拡散運動「沖縄にはがきを送ろう!」を考えてみました。沖縄県と11の市の長、一般窓口、議会議長宛てに、みんなではがきを送るという拡散運動です。非ネット層の覚醒のために使えませんか? 詳細は下記をご覧ください。
「沖縄にはがきを送ろう!」~大和心覚醒を目指す拡散運動~
ttp://www.twitlonger.com/show/n_1spa05s
(参考)
「待ち望むもの」ブログ(豆腐おかか様、ありがとうございまいした!)
「メール&お手紙大作戦・業務連絡」
ttp://meron.vanillapafe.info/archives/7925
「沖縄にお手紙を送ろうのリスト(追記あり)」
ttp://meron.vanillapafe.info/archives/7967
(こたママ)

ジョイス
トランプ氏の当選にほっとしてます。メラニア夫人はご子息のために、NYの自宅に住み続けるという記事を見ました。これって、ひょっとして安倍首相の入れ知恵かしら?

kelheim
余命爺さま、皆様こんばんは。
持病ぶり返しで暫く療養するつもりでしたが、看過できない事態が起きましたのでご連絡いたします。
■YouTube 日本第一党、桜井誠氏の主張紹介用アカウントを削除
ttps://www.youtube.com/watch?v=yKZ431_Mnrg
※こちらは状況を説明するための動画サイトです。
■YouTube このアカウントは、スパム、詐欺、誤解を招くコンテンツに関する YouTube ポリシーやその他の利用規約に対する度重なる違反、または重大な違反のため停止されています。
ttps://www.youtube.com/channel/UCf1xtf5Y8KGqolgJ6CPb5Sg
※停止された状態のサイトです。
保守派への言論弾圧はfacebookだけかと思っていましたが、とうとうYouTubeにも入り込んできました。
しかも、日本の政党の党首のアカウントでです。
これは単なる言論弾圧でなく、政治的な意図が確実に働いています。
日本ファースト、在日特権を失くすと言った事を掲げている「日本第一党」党首のアカウント停止は、在日韓国人や朝鮮人を利するものであり、日本人を蔑ろにしているということで、外患誘致に相当するのではないのでしょうか。
YouTubeも外患誘致リストにアップすべきかと思います。
但し、現在のYouTubeはGoogleの傘下にあります。
■Googleは「どうしてYouTubeといっしょになったか?」
ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/11/news068.html
以上を踏まえて、Google社の東京オフィスのマネージャーを対象にした方がよいかと思い少し調べてみましたが、現在のGoogle社東京オフィスのマネージャーの情報が見つけられませんでした。
基本的に全てをアメリカ本社に集約しているように思われます。
まずは、日本の政党の党首のアカウント停止と言う異常事態を外患誘致として告発した方が良いではないのかと言う提案まで。
必要に応じ、他の情報も収集いたします。

24応援(@24oueninfo1)
段躍中氏の情報を追加します。FBなどは、魚拓のが見やすいです。
日本僑報社
,株式会社日本僑報,東京都,豊島区西池袋3-17-15湖南会館内 TEL03-5956-2808 FAX03-5956-2809
http://jp.duan.jp/kaisha.htm
段景子(代表取締役社長),株式会社日本僑報,東京都,豊島区西池袋3-17-15湖南会館内 TEL03-5956-2808 FAX03-5956-2809
日本僑報社報道センター http://duan.jp/news/riyu.html
日本僑報社FB:https://www.facebook.com/DuanPress
魚拓:http://archive.is/CrbUT
段躍中氏FB:https://ja-jp.facebook.com/people/%E6%AE%B5%E8%BA%8D%E4%B8%AD/1194980900
魚拓:http://archive.is/YB2KI

小幡 勘兵衛
地元の輩には今の所見当たらない気がするが新宿あたりに行くと荒迷逃や民侵逃のポスターに、いかにも属国連中っぽいツラ構えが割と多く見られて奇異に思う
何であんなのばっかなんだろうか…?
スーパー等でも外国人研修生を雇い入れる事については…下手すると店自体が潰されたりしそうな気がする。以前、名前は忘れたが芸能人がコンビニのバイトの経験談を話し、曰く、レジの監視カメラは店員を見張る為のものと言っていたくらいだからだ。つまりはそういう事なのだろう。爆笑問題の太田氏に至っては釣り銭の計算ができずにテキトーに渡していたと言うし、そうなると釣り銭ちょろまかしが横行どころか最初はひたすらに低姿勢、位が上がって金庫の在り処を知る様になったら即決行、みたいな事件が多発するのでは?日本人なら機転が利くであろう場合でも融通が利かずに客を怒らせて客減らしの一因にもなりそうだ。
先日起きた秋篠宮紀子妃御一行を乗せた車の衝突事故については…以前週刊新潮に載っていた記事が気になった。紀子妃がどなたかとの公務の量や質を比較してその割には警護が少ないと不満を漏らしている、そんな感じの内容だ。で、その不満をぶつけられた職員が比較対象の方には優しい言葉をかけられるのでそちらの方の虜になっているとか。ぱよく云々と言うより人間としてダメなのかなぁ…
時折皇宮警察のヤツが大ポカやって逮捕されたりするし、身分は違うが一昔前に東儀秀樹による暴露でヒマな時は皇居内でスケボーして遊んでたと聞いた時にはいいのかソレ?と思ったほど。皇居内外でお勤めする事自体、家柄やら何やらで普通の人間では手に届かない名誉な職業なのに何で何で…そう言えばある殿上人も窮屈な生活に飽きて一度は下界に降りたいと訴えた所、ある人にその下界の人間に支えられて我々がいるのだと諭されて踏みとどまったと言うが、何と言うか下々には理解できない事を言ったりやったりするのがなぁ…だから狂散みたいのが堂々と蔓延るのだろう。実に残念だ。
話は変わるが、とにかく有名な寺社仏閣のそばには結構な数のよその国絡みの店があるわけだが、やはり連中は見張りとして存在しているのだろうか?ぱよくが突入する神社の前を通ったら思いっきりチャイな言葉で携帯かけてる店員を見てそうとしか思えなかった。要は日本人に分からなければ何話したって大丈夫という事だろうか。あ、爆買い連中を本日も見かけたなぁ。ロシア見物にでも行けばいいのに…陸繋がってるんだし。