日別アーカイブ: 2016年6月14日

856 巷間アラカルト106

信濃太郎
余命様、並びに、スタッフ様
長文になりますが、非常に重要なことだと思いますのである程度、詳しく書いて投稿いたします。お許しください。日本人側からの暴発を避けたいのです。不適切な場合は削除願います。

真太郎氏への反論
貴殿は貴ブログの冒頭(タイトル下)で「このぶろぐは余命三年時事日記に書き込んだまたは書き込む前のコメントです」と述べておられます。これより、以下の引用文も余命ブログに投稿されたものと推察します。非常に危険な投稿文だと思いますので、以下、「信濃注」欄で逐一、反論していきます。

.....以上の投稿についてであるが、どこを探してもご指摘の記事が見つからない。再度ファイルナンバーおよび期日、その他の情報をお願いしたい。

こつる
余命爺様 余命スタッフの皆様
新設会社のあちら系の氏名が増えている件、返答ありがとうございます。
そうか、今まで通名だった人たちだったのか、と合点がいきました(怖いけど)。

加えて、中国名の社長による新設会社も多いのです。今年にはいってからだと思います。(中韓両方とも) 日本国内で毎年数千人は逃げ出しているという中国人労働者の受け皿なのか、日本侵略への拠点作りなのか、と少し心配です。

また、西日本新聞に先週末「民泊ポリス オスカー」という広告が掲載されておりました。こちらも新しい会社のようです。違法民泊を通報する窓口会社のようなのです。これが本当であれば、「違法民泊ではないか」と思う方は通報されたらいいのではないかと思いますが、逆にこの会社があちら側だったら 民泊側にすぐさま逃げる情報を与えてしまいます。
この会社が信用できるかどうか、どなたか情報をお持ちではないでしょうか?
ネットでは登記簿は見つからなかったのです。

.....日本人には当たり前の事が、昨年7月9日以降は外国人登録法の廃止、新住基制度の施行による事実上の通名廃止、そしてまた2016年1月からのマイナンバー制度施行、それも在日や企業にも適用されることで在日に関する社会環境が激変している。
日本人には関係ないので報道されないだけだ。商取引は税金関係、社会保障全般の不正は少なくともあぶり出されている。ご指摘の関係も政府は手を打っている。

日南子
余命様・皆々様
色々とお忙しい時に申し訳ありません、私が時々訪れる岡崎研究所HPをご紹介させて下さい。既に同じような内容が動画などで紹介されていますのでお邪魔でしたら削除お願い致します。  本文は4千字ほどになります。
*************************************
世界における日本人
by 岡崎久彦 on 2013年6月 4日 16:38

日本人とは一体何者なのだろうか? それが最近改めて問われたのは、東日本大震災以来である。
在日米軍は、大震災と津波の報に接して、時を措かずに「ともだち作戦」を実行した。現地の交通が途絶しているなかで、沖合に空母を浮かべて、ヘリや上陸用舟艇等の機動力をフルに使って救援活動に従事した。

ところが、行ってみると、全てが驚嘆することばかりだったという。どこに行っても、住民から礼儀正しい感謝の念を以て迎えられる。救援物資を提供すると、この場所はまだ大丈夫だから、他にもっと困っている地域があるなら持って行って欲しいと言われる。
混乱に乗じたいかなる犯罪行為も暴力にも遭遇しない。すべての活動において、ピストル一梃を携帯する必要もなかった。アメリカでもカトリーヌ台風に襲われたニュー・オーリンズではこうは行かなかった、と言うのである。

そして、感想を漏らしたという。「文明国、シヴィライズド・ネイションとはこういうものか!」と。

こうした日本人の特質は、大震災の前から指摘はされていた。日本が財政赤字と少子高齢化社会を抱え、平成に入って以来、長い経済的停滞に沈み、中国に追い越されても、なすすべもなく、政治では、鳩山、菅と、おそらくは日本憲政史上最低の内閣が続き、もう日本はおしまいだと言われた時期があった。

そうした中でも、アメリカの日本専門家たちは、―もちろんそれが彼らの役割であるのであるがー日本を弁護する論陣を張っていた。
こうした日本への期待が最低の時期にマイケル・オースリンは言っている。
「これだけの社会的変動にもかかわらず、今でも、日本は一体性のある、犯罪の少ない、安定した社会である。殺人率は10万人について0.5人という驚くべき低さであり、しかもその過半数は親類、知己の間である。(強盗殺人はほとんど無いの意)教育水準も高いままである。国民は政治経済の停滞に不満ではあるが、ロシア人のように飲んだくれているわけでもなく、中国人のように暴動に訴えているわけでもない。・・・」

その前から良く言われていることは、東京は、世界でただ一つ、夜中に女性が一人で歩いても安全な都市であるということであり、お釣り銭を確かめずにそのままポケットに入れる唯一の国民だということである。お互いを完全に信頼し合って生きているのである。
それがどこから来るのか、それが国家の将来にとってどういう意味があるのか、長い間、漠然と、その意味を探ろうと思っていた。

今年私は長谷川三千子女史と『日本の民主主義に将来はあるか』と言う対談本を出した。そして、古代ギリシャにおける民主主義の発生とそれが辿った歴史、そして、ノルマン人の支配の下のアングロサクソン社会において生まれた民主主義とその近代の発展、そして、それのフランス、アメリカへの波及の経緯を論じているうちに、一国の政治と言うものは、その国の地理的歴史的環境、その民族の伝統を越えられないものであることがわかってきた。
それならば、こういう日本特有の国民性の淵源はどこに求めたらよいのであろうか。そしてそれが日本の政治の将来にどういう影響をもたらすのだろうか。こうした、疑問が浮かんできた折も折、古事記の一四〇〇周年記念の年となり、日本歴史ブームも起こっている。そこで、日本民族の遠い過去の歴史に遡って日本人の国民性の淵源を探りたいという気持ちになった。

まず縄文時代に遡って、小林達雄先生の教えを乞うているうちに、縄文時代には飢饉が無かったということを教わった。日本の縄文時代の文明の歴史は従来考えられていたものより古く、五千年ぐらい前にはすでに定住村落があったようであるが、大陸の古代文明と違う所は、それが農耕社会でなく狩猟採取社会であり、また、外敵から身を護る城市の必要が無かったということである。
たしかに、飢饉と言うものは、特定の作物特に米、麦の生産に適さない不順な気候が一年以上続いた場合に起こる。
東京湾付近で貝を採取し、森で栗やドングリを拾って、それに適した人口を維持してきた社会が、急に食糧不足に陥るということはあり得ないのであろう。
また、氷河時代が終わって、一万年ぐらい前に、日本にわたって来た縄文人にとって、日本列島は未開の新天地であったろう。旧石器時代の遺物はあるようであるが、人口比から言ってそんなものは問題外である。
とすれば、十八、九世紀におけるアメリカの西部開拓と同じで、移住者にとって生活範囲を広げるチャンスは無限にあった。
また、備えるべき外敵も無かった。

かつて石平氏と日本の歴史を論じた時、彼は感嘆していた。外敵による大殺戮もなく、大飢饉も無い、そんな幸せな歴史を持つ国があるだろうか、と。
もちろん日本が米作時代に入ってからは時折の飢饉はあった。また、戦国時代には信長による一向宗信徒虐殺などもあった。しかし、それは中国民族が史書に詳しく書いて残しているような大殺戮、大飢餓の歴史に較べれば、日本国民は想像できないぐらい恵まれた環境の中で育って来た民族だというのである。

日本人の甘さはそこからも来ている。敗戦のとき、関東軍は「居留民の保護に万全を期せられたい」という降伏条件の下に、武器をソ連軍に引き渡した。しかし、いったん武力を失ったあとの日本人に対する暴虐、凌辱は誰もが知っている通りである。ソ連、フィンランド戦争の末期、フィンランドの救国の英雄マンネルハイム将軍は、「国軍はまだ健在である。国軍を失えば、停戦も無い」と判断して粛々と降伏して、国民の安全を護った。関東軍も在留邦人を全部日本に送り返してから武装解除すれば良かったのである。日本人の歴史的なナイーヴさが、満州の悲劇を招いたのである。

日本人は相手の善意を信頼してしまう。一言で言えばおっとりしているのである。それは日本の恵まれた歴史的環境が生んだものである。
私は同じような例をタイで見た。バンコック周辺は今や穀倉地帯であるが、人間が定住する十四,五世紀までは無人の沼沢地帯だった。史上常に新田開発途上であり、食糧はありあまり、タイには「飢餓」に相当する言葉が無い、という。
そう言えば日本を発してアジア大陸を、朝鮮半島、満州、華北、華南、ベトナムと回ってタイに至るまで、レストランでサーヴィスの女性が警戒心なく笑顔で迎えて呉れるのは、日本とタイだけである。

奈良朝の繁栄も、関東平野の開発が進んでいた最中であった。日本で初めて、銅が採れた、金が採れたという時代である。
国が滅ぼされた高句麗、百済の人はもとより、統一新羅の繁栄を誇った新羅からも移民が関東に入居している。大英帝国から、アメリカに移住する人が居たと同じである。
縄文時代から弥生時代を経て、奈良時代まで、経済のパイが増大し続けたという恵まれた環境が、いまに至る日本人の余裕のある態度を産んだのであろう。
もう一つ私がかねて心にかかっていることがある。
韓国に在勤した時私は兪鎮午という哲人を毎月のように訪問して、韓国政治について教えを乞うた。兪鎮午氏は、まだ李朝の頃というから七、八歳のころであろう、その時習字をした白楽天の琵琶行の詩があまりに見事なので皇帝に献上されたという伝説的な大秀才である。日本時代,京城帝国大学が創設されたが、それに入学を許された最初の朝鮮人であり、卒業の時は一番だったという。李承晩に対抗して大統領選挙に出馬した時に脳梗塞を患い、それ以降は引退していられた。

その兪鎮午氏が言っていた。日本時代日本人は朝鮮人は愛国心が無いと言って蔑視した。朝鮮人にも愛国心はある。ただ、日本人の愛国心の特色はそれが政府と一体になっているところだ。蒙古の朝鮮半島侵略の際は王室は江華島に逃避して安寧を貪り、人民は何十年も蒙古の劫略に曝された。それで国民が政府を信用するわけがないではないか、と。
朝鮮人は政府の言うことを聞くと必ず騙されると思っていた。現に、東学党の乱の始まりは、政府が治水のためと言って農民を動員してダムを作らせた上で、水の使用料として重税を課したのを怒った農民が、ダムを破壊したのが発端である。
江華島に避難した高麗高宗の時期は、日本では、まさに後世まで武家政治の手本と仰がれた北条泰時の治世である。

日本には仁徳天皇以来の善政の伝統がある。単なる説話とも言えようが、記紀には武烈天皇の虐政の記録もあるのだから、あながち嘘とも言えない。というよりも、善政の語り伝えがあるという事実だけで、国民の政府に対する信頼感が違うのである。また、江戸時代だけでも、真に善政を行おうという名君、賢臣が輩出している。
日本人ほど国家社会を信頼して生きている国民は無い。日本以外のどの国民でも、いざというときに持って逃げる貴金属、宝石の類は持っている。日本人のように有り金を全部郵便局に預けて安心している国民などはない。

明治百年のときに、老人たちに何が一番のショックだったかと訊いたのに対して、異口同音に二・二六事件だと答えていた。その間日清,日露の大戦争があり、広島の原爆があり、敗戦と占領もあった。しかし、すべての事件において、国民は政府と一体になって、政府を信頼して生きてきた。それが二・ニ六事件では、政府がクーデターで倒される危機に直面したので、国民が誰に頼って良いのか分らなくなったのである。
また裏から言えば、国民はそれほどに政府に信頼して生きているのである。

最後に日本の皇室の国事に対する御精勤ぶりにはただただ頭が下がる。また、両陛下の御製の中に顕われている常に国、民を思う御心には感動する。
そして何よりも私が驚嘆するのは、陛下にお仕えする宮内庁、警察の下々までが、それを当然と考えていることである。こんな皇室、王族が、他に、世界にあり得るだろうか。
千何百年の歴史で、他の王朝のどこにも現れる佞臣、奸臣の類はほとんど無い。
以上、私のまだ浅い日本史の勉強で、不思議に思うことを未整理のまま書いた。まだまだこれからも日本人の特質を知る勉強を続けようと思っている。
***********************************
皆様のお心の穏やかなるひと時となりますよう。。
白子改め日南子
(HN及びメルアド変更致しました、IPアドレスは変更ありません)

FL
今回初めて個人の意見としてコメントさせて頂きます。
当方北九州市に住んでおりまして、事情により在日企業に勤めております。
今まさに進行している在日朝鮮人の危機的状況を、本当に知らされていないのか、起こるわけがないと思っているのか、わからないように隠しているのか判りませんが、特にピリピリするでもなく(憎たらしい事ですが)のんびりしております。
さて、余命HBが発売された頃配布用に買ったものが一冊余ったので何かないかと思ってふと思いついたのが図書館への寄付でした。
さっそく北九州市立中央図書館の蔵書をインターネットで調べると余命本1が1冊あり、予約数が8となっておりましたので、HBの需要も高いだろうと思い寄付をしたのですが、いつまでたってもインターネット検索で出てこない。
配布用に購入したので汚くて廃棄という事はまず無いと思うのですが・・・。
捨てられたのかなーやっぱり廃棄する場合は連絡を貰う様にした方がよかったのかなーと今更ながら後悔しております。

さて、自分の事ばかりでは何なので有益かと思われる情報を。
北九州市には「もらって安心災害情報配信サービス」という、パソコンや携帯のアドレスに指定した災害情報・避難勧告等をメールして貰えるという行政サービスが存在するのですが、そのサービスの登録ページにはこう書かれてあります。

**平成25年10月1日(火曜日)午前10時00分から、「特別警報」の配信を開始します。**
特別警報は「数十年に一度しかないような非常に危険な状況」において発表されるため、市民のみなさまの安全確保の観点から、気象情報(気象注意報・警報等)の選択の有無にかかわらず、当メール配信サービスに登録されている「全ての方」に特別警報発表(解除)の情報を配信します。

北九州市以外の市町村でもこういったサービスはあると思うので、探してみては如何でしょうか?

両親や友人に話をしても「そんな事起こるわけない」「インターネットに毒されすぎ」「非常時の準備なんかしても無駄」と言われ、妻に話をしても大して関心がない様なので、せめて自分だけでもと少ない小遣いでコツコツと非常用バッグの中身を埋めております。
正常になった日本がどの様に素晴らしいものかを見たいがためです。
正直でまじめな人にしわ寄せがいき、狡賢く自分達の事しか考えない人が得をする今の日本にはもううんざりです。
これからも微力ながら少しずつでも協力していきたいと思います。

広告

855 巷間アラカルト105

真太郎
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
信濃太郎さんへ
貴重なご意見ありがとうございます。

「武力攻撃」の解釈の違い
ご承知の通り、武力攻撃は我が国に対する「外部から」の武力攻撃をいいます。
「外部から」を我が国の領土(領空、領海を含む)の外からと解釈すれば信濃太郎さん。
「外部から」を日本人ではない外部の人つまり、外国人からのと解釈すれば真太郎です。
川崎デモ強制解散は、北鮮工作員有田に先導された南鮮人ゲリラ及びスパイ(日本の領土を武力占拠している敵国の国民。宣戦布告はないが、領土武力占拠で戦時とみなし全員軍籍)どもが、(重火器等のない)武力攻撃をちらつかせて日本人を追い払った川崎事変だと真太郎は解釈しています。

>(前略)「国内で積極的に武力行使すべきだ」ということが世論として広まれば、日本人側から暴発する可能性が高くなります。日本人側から暴発すれば日本人が悪者にされてしまいます。中韓朝、在日の思う壺です。この先、何十年、再び中韓朝、在日に日本を貶められます。(後略)
これらに関しては、真太郎は信濃太郎さんとは日本と日本人と日本人の心に対する考えが違うとしか言いようがありません。日本人は朝鮮人みたいに火病を起こしませんし、日本が中共南北朝鮮に負けるのを前提にしているのも理解出来ません。
真太郎は、日本が現在行われている「見えない戦争」(「冷戦」の次に始まった戦争。ただし、真太郎の造語)に勝つと信じていますし、日本が勝つように余命ブログにコメントしています。

もも
お世話になります
最近見つけたサイトですが、こんなのも保存しといたほうがいいでしょうか?
安全保障関連法に反対する学者の会
賛同者署名リスト anti-security-related-bill.jp/list.html

ななこ
けいちん様
RDDというのは、私の知る限りにおいては何のデータもない白紙の状態から電話番号を発生させるのではなく、元のリストがあるようです。確認したことではなく、どうやらそうらしいという類推ですが。
ですから、調査の主体によってもっているリストの傾向があり、例えばデイブレイク新聞の調査なら、デイブレイクの購読者などのリストである可能性があります。
NHKの好きな意見を言う人のリストを作って、その中からRDDで番号を無作為発生させて電話を掛けるというからくりなのではないかと憶測しております。そうすれば、数字の操作は簡単ですよね。

一筆奏上
ヤフーニュース、ここまできたかといった文面ですね。
川崎デモをあくまでもヘイトスピーチとして認識させたいんでしょうね。
これはマスコミだけではありません。ネット上でもでした。

「お前らの表現の自由は 他人の人権よりも上にあるのか?」2016/6/12
上記文面で検索をすると、あちらの方本人がまとめた記事がヒットします。
報道番組からでしょうか、あちこちのデモの写真と、野次が貼り付けられています。
(この野次のテロップは本当に発言したものかは定かではないですね)
この記事はニュースを装っていない、生の声のような気がします。敵方がデモについてどう思っているのか、の。
半分は「自分は悪くないのにヘイト言われている、排除されようとしている…」と本心から
(自己中心的で被害者意識の塊である某国人は、本心から自分は悪ではないと思っている事が多いようです。
「弟」である日本人は自分達の言う事を聞くべきであり「兄」への反抗は許されないと普通に思っているとか)
もう半分はヘイトされる側という自覚がありながらも、必死でごまかそうとしているような。そんな印象があるのです。

田舎ママ様
日本人と申します。
ヤフーニュースの貴重な情報提供、有難うございます!
在日エージェント筆頭候補、孫正義率いるソフトバンクが筆頭株主となっているヤフージャパン、ついに正体を現しましたな。
田舎ママさんの抜粋されたヤフーニュースの記事の以下の部分
「在日特権」とされる事例のほとんどは、ゼロ年代初頭に隆盛した『同和利権の真相』(宝島社)の中にある、「被差別部落」を「在日(コリアン)」に読み替えた嘘とデマの混交である。(引用ここまで)

残念ながら、『同和利権の真相』(宝島社)は私、読みましたし、現在も持っています。
私は根本的に図書館で本は借りません。
一部屋を全て書庫にし、床が抜けるくらいの書籍を貯蔵しています。
絶版になったり、TSUTAYA図書館のような資料焚書疑惑もあるからです。
そのうえで申し上げますが、もうこの時点でヤフーのこの記事は大嘘です!

今世間で言われている在日特権をいくつか挙げてみますと、
1.何通りも使用できる通名により、多数の銀行口座開設が可能であり、脱税や犯罪歴の隠蔽が日本人に比べ圧倒的に可能であった事。
2.共産党の傘下にある日弁連と民団の斡旋により、日本人の申請が殆ど通らない生ポの受給が即決で可能になる事。
3.年金掛け金を払ってないくせに補助金という形で年金同等の給付金を特別永住者の朝鮮人老人が貰っている事。
4.多くの自治体による在日の住民税の半額近い減免。
5.密入国集団、またその子孫で構成されている在日商工会は「民族差別・弾圧」を理由に、納税の義務を負っている日本人商工会には許されていない、国税庁に納める税金の交渉権を持ち、結果として大幅な脱税を認可されている(五か条のご誓文)
6.韓国、北朝鮮に親族がいる場合、払った税は親族の数だけ還付される。
しかも国税は韓国・北朝鮮に渡って親族への送金・戸籍などを確認することはできず、在日の申告がそのまま通るため、事実上無税で日本のインフラを使用し生活し、商売を行える。
7.一条校でない朝鮮学校・韓国学校に自治体から補助金がでており、文部科学省の教育プログラムに沿っていないこれら反日教育機関に大学受験資格が与えられている。
8.また、国際的言語として殆ど全く通用しない韓国語がセンター試験の試験項目に加えられており、戸籍上韓国・朝鮮人である在日の第二言語がセンター試験の総合点に加算されている(朝鮮に馴染みのない日本人学生にはこの点数はそのままハンディキャップとなっている)。
9.メディアに在日採用枠が設けられていて、在日であるだけでマスコミの構成員になれる。
10.大阪、名古屋、神奈川、岩手、滋賀、奈良、三重県、高知、沖縄、鳥取県では外国人が公務員になれる。

切りがないのでこのくらいにしておきますが、余命本の他にも在日問題を扱った書籍やマンガ嫌韓流はもちろん、ユーチューブでは在日自身がTV局への在日枠の件を自慢している動画があちこちのサイトに拡散されています。

さて、ヤフーニュースに記載されていたという、ヘイトスピーチは『同和利権の真相』(宝島社)の中にある、「被差別部落」を「在日(コリアン)」に読み替えた嘘とデマの混交である、との根拠となったこの本には、これら在日特権に類似する記事は90%以上ありません!
これに近いのは京都などの同和の多い地域で、市役所や官庁への同和地区出身者への特別採用枠があったこと、そして部落地区への特別な住宅優遇策(都営や県営団地より安い家賃で、自治体の用意したマンションに住める事)ぐらいです。
補助金などは0年度を境に打ち切られた模様ですが、実態はどうでしょうか?それも含めてもこのヤフーニュースの記事の90%以上は捏造だと言ってるんです。
確かに被差別部落出身者はそうでない人より格安住宅への入居権や市役所への採用枠などの特権があるのは事実ですが、「そこまで言って委員会」で竹田恒泰氏が暴露して火がついてしまった、在日の通名の複数使用、何度でも変名自由という、脱税・犯罪歴隠蔽などの悪用できる特権の数々などは全く書いていない。
ましてや敗戦と同時に日本を裏切り、その後も居直って日本乗っ取りを企てる朝鮮人と、日本の階級システムに組み込まれていた部落問題を利権にしている解放同盟の問題は利権構造は一緒かも知れないが、根幹が違います。

『同和利権の真相』に強調されていることを敢えて言うならば、部落解放同盟の支部長、幹部の大半が、広域暴力団の幹部と同一人物であること、そして日教組との癒着です。
とりわけ日教組・系列の全教祖に加入していなかった広島県世羅高校の教師たちが、授業中の発言の言葉尻を捉えられて解放同盟加入者の親たちに連日監禁状態に置かれて自己批判をさせられ、校長以下教員たちが片っ端から連続自殺に追いやられた事件が目玉記事になっております。
この世羅高校は、その後韓国への修学旅行で、生徒たちに無理やり‟慰安婦強制連行”に対する土下座謝罪を強制したことで名を馳せた高校ですね。

工作員の拠点である民団、または総連の支援・援助を得て通信インフラの乗っ取りを企んでいる(在日の証言あり)と私が‟勝手に”確信している孫正義、ついに尻尾を隠せなくなりましたな!
覚醒した私は現在ソフトバンク携帯を解約し、ヤフーの検索エンジンは使いません。
(以上、日本人より)

あしながおばさん@さよならパヨク
初めて投稿します。関東在住の50代女性です。
先祖は7代前までの記録があり(商人や農民です)、300年前以上前から続くお寺にお墓があります。
わたしは、かつてフェミニズムの学びから市民運動に参加し、関連の公共施設やNPOの職員も経験したことがあります。
「西早稲田」にも足を運びましたし、福島瑞穂や辛淑玉の後援団体のメンバーだったこともあります。
30歳直前から40歳まで関わっていましたが、その後半あたりから、徐々に違和感を覚え始めます。 「この人たちは、真に問題を解決してよりよい社会にしたい、というよりも、単に“敵”を設定してそれに対抗したいだけじゃないのか?目の前の“敵”がいなくなったら、新たな“敵”を探して、反対のための反対を続けていくんじゃないのか?」
そしてわたしはそれらすべての関わりを捨て去り、淡々とした毎日を送っていました。

時が経ち、たまたま自由な時間が持てる状況になったここ2年ほど、表に出ている事件の裏側をネットで深堀りするようになりました。
キッカケとして大きかったのは、飛鳥の覚醒剤事件や「ラッスンゴレライ」です。
正直なところ、わたしは歴史や政治経済の話題がものすごく苦手なので(年表や人物名などが覚えられない)、「覚醒誘発剤」としては芸能の話題がドンピシャでした。

そしてそこから芋ずる式に次々と「マスゴミ」「パヨク」「在日」等々の悪行に出くわし、現在に至る、というわけです。
確か余命との邂逅前にスヒョン文書、花王文書を見たと思うのですが、このインパクトは相当大きかったです。

あるときユーチューブで、池田信夫さんが福島瑞穂の疑惑について解説している慰安婦問題の動画を見ていて、夜中なのに思わず「この売国奴!!」と叫んでしまいました。
市民運動時代のことを思い、よくも騙してくれたな、と。

また、勤務していたNPOは生協系だったのですが、当時の事務局長(女性・日本名)は、民主党支持、管直人とはカラオケに行くような間柄、姜尚中の大ファン・・・とくれば真っ黒ですね(笑)。
この女性、自分はもう引退するからあなたが事務局長をやって、と言い、いくら固辞しても「いえ、やって頂きます」とこちらの意思を全く尊重せず一方的に繰り返して言うという信じられない態度を取りました。
普段この女性は楚々とした言動をしていたのですが、こと宴席ではセクハラまがいのことを言ったことがあり、そのギャップに面食らったこともありました。

結局わたしはそのセクハラ発言も含めて不満をぶちまけて辞めたのですが、そこで感じた疑問や違和感は、「在日コード」を使うと謎が解ける感じがします。
ちょっと「立つ鳥跡を濁して最後っ屁」だったことを気に病んでいたのですが、これもある意味「ブーメラン効果」だったんじゃないかと思って、自分に免罪符を発行しました(笑)。

フェミニズムに関しては、わたしが関心を持ったキッカケが、母が「女は早く結婚して家庭に入れ。高卒で充分」という考えを押し付けてきて、大学進学を希望していたわたしにとって受け入れがたいものだったということです。
「個人的なことは社会的なこと」というスローガンに共鳴し、ここに答えがあったか、とのめり込んでいきました。

フェミを喧伝してきた主要メンバーがあちらさんだったのは残念なことですが、時代を経て変化してきた部分の果実は享受させてもらい、それと日本乗っ取りとは話は別だということを、全方面(右翼、左翼、中立)に向かって明確にしたい気持ちがあります。

わたしが関わったフェミの活動家の女性の中には、息子さんが自衛隊員だったり、日本を代表するような企業の役員を夫に持つ方などがいました。
フェミと言えばパヨク・在日、という図式が単純に当てはまるものでもありません。
かつてのわたしのように、気付かずに在日界隈の駒として動いてしまっている人もいるのではないかと憂慮しています。
遠くからですが、一刻も早く覚醒することを願って止みません。

そして、しばき隊リンチ事件、川崎デモ事件に重要人物として登場する辛淑玉。
その明快な語り口に心寄せていたわたしはもういません。
あなたの欺瞞が白日の下にさらされる日を心待ちにしています。

余命ブログスタッフの皆様、読者の方々の益々のご活躍をお祈りしております。
すみれの会への寄付はいずれ落ち着いたころにさせて頂こうと思っております。

りゅうりゅうママ
余命様
夏のボーナスにて、すみれの会に寄付いたします。
日々、日本人として心穏やかではおられぬニュースばかりで、焦りや不安などを和らげる安定剤的なこのブログ、読者様の情報にて、荒ぶる感情を抑えております。貴重な情報をありがとうございます。最近、骨董品店にて軍刀を購入致しました。生き抜くために改良されておりまして。取り扱いには要注意とのことで、地元の刀鍛冶の方が開かれている道場に通っております。
心穏やかでない日々に、日本人の心を改めて勉強させて頂いております。
もしもの時に、どう動くか。どう守るか。冷静に判断出来るように。
備えあれば…なんとかですょ(*^▽^*)

.....HBからして迫力がある。まあ、無理をしないように(笑い)

854 巷間アラカルト104

雁木
余命様、プロジェクトチームの皆さま、いつもありがとうございます。
すみれの会への送金が受付され、微力ながら参加できたことをうれしく思っております。
ところで、ご家族の覚醒でお悩みの方が多くいらっしゃるようですね。お目汚しになるやもしれませんが、私の家内の覚醒について書いてみようと思います。
結論を先に申しますと、余命本をトイレに置くことで覚醒に至りました。私はお風呂場、トイレで趣味の本を読んだり、思案するのが子供のころから好きでした。家をリフォームして、そこはとても明るく快適な寛ぎの場となり、中国古典一日一言や落語100席といった短編の文庫本を1冊のみ置いて読んだりしておりました。家内も時々見ていました。
(1冊のみ置くのがよかったと思います。それしか選択肢がないので)
ちょうど余命2代目の頃に貴サイトに辿り着き、『本当かどうかわからないけど、すごい事を書いてるサイトがあるよ。』
『この事件の記事が各メディアで全然違う扱いだ。おかしいよね。』
『余命さんの本を買ってみたよ。気になったらすこし見てみる?』
『信じ難いような物凄い事があるけど、・・どうなんだろう。どう思う?』
そして、トイレに余命本のみ置いてみました。
家内は自から手にして読み、覚醒にいたりました。

ざっとこんな流れでの我が家の覚醒成功談なのですが、これを書こうか書くまいかかなり悩みました。それというのも、このご著書は神棚にあげたいほどなのに、よりによってトイレだなんて・・。本当に申し訳ない気持ちです。また、気分を害された方にはお詫び申し上げます。ごめんなさい。
それでも、余命さんを盲信してるのではないことを伝えつつ、無理強いせずに余命さんと過去の事実を知ってもらうという事ができたのはよかった。そういう意味では、こういうのもアリとお赦しいただけるかもと思って投稿いたしました。
なお、ご本は全て初版本を購入し、カバーをかけて大切に拝読しております。  雁木

逐一
初めて投稿させていただきます。
こちらを購読はじめてから2年ほどになります。興味深くかつ重要なお話の数々をありがとうございます。
私自身はこれから先も平穏無事な世の中であって欲しいと思いますが、こちらでのお話や世間の空気などから不測の事態も考えなければならない昨今であります。
自身の備えも必要ですが、自分の周りを知るということも大事だと思います。そんなこんなで考えているうちに思いあたったのがネットカメラです。
私のところで申しますと都心部に高いビルがあり、そこのカメラが結構鮮明に時々刻々の映像を映してくれています。
結構危ないと思われる地域も写してくれているので心強く思います。煙や火が上がればすぐに分かります(そういうことにならないことを祈りますが)。
検索すれば各地方のカメラがあると思うので、ブラウザなどにブックマークしておくと少しは心の安心があるかもしれません。
つまらないことですみませんでした、では失礼致します。

こつる
新設会社ニュースにてこのところ、 あちら系の氏名での 合同会社の設立が増えています。名前がそれだとわかるだけでもましなのでしょうが、ちょっと気になる動きです。

.....昨年7月9日から実質的に通名が使えなくなっているのである。ラインの役員名が公表されていたが、ほとんどが韓国人で、散見する日本人名も通名在日はほとんどいなかったようだ。今月8日、9日の韓国軍による竹島防衛演習が報道されたが、日本政府の出方次第で一瞬で通名在日は便衣兵ゲリラとなることが周知されたのであろう。恐ろしくて通名など使えないよな。

建久
余命さん、スタッフさん、ありがとうございます。
保育所の建設反対には、2つの意味があるように思えます。
一つに、子育ては施設が無くて面倒だよ思わせる事。
もう一つは、教育施設の近くにパチンコ屋を作る事が出来ないと言う事。
昔、公園デビューの事を、さんざんTVで放送していたのも子育て大変と認識させる為だったんじゃないかと。
出生率の低下とママさんのコミュニケーションの寸断を、狙っていたのかと思う。
TVの話題とニュース、意図的な誘導に基づいて放送されてますね。

.....もう現状は何でもありだからね。可能性はあるよな。

万里の河
紫陽花が大輪の花を咲かせる頃となりました今日この頃、余命翁様と戦略チームの皆様方、目的達成の為に、日々邁進なさっておられること、遠く北の地より応援しております。
銃器大国のアメリカで、数十人の人間が銃で虐殺されました事件。このニュースを見た瞬間、
「えっど・どうして・・だ・誰も銃持ってなかったの?」との思いが直ぐに浮かびました。だって、アメリカですよ、銃の犯罪が毎日発生するアメリカという国なら、護身用銃持ってると思っていましたもの。それがこんなに簡単に、50人?近くの人間が殺されるって理解出来ないですけど、でも、起きてしまいましたわ。これが、日本国で起きたらと思うと、背筋が寒くなります。日本の殺人事件の凶器の大半は、刃物だそうですが、刃物では大量殺人は、個人では無理なはず。じゃ、殺人者が大人数なら・・怖っ・・。
日本国内で、テロが起きたら巻き込まれた人間は、サリン事件のように黙って殺されます。警察・自衛隊は、後からきます。爆発テロ、銃器テロ、毒ガス・水道毒薬テロ、銃器テロ、暴動テロなどなど起きたら、警察が来るまで殺されるのを待つなんて有り得ない、逃げます。逃げるしか選択肢はないでしょうね。
イスラムテロリストや反日国から頼まれて、日本在住の人間がテロを起こす確率は相当に高いのでしょう。いつでも何処でも起こりえるテロ。どうしましょう?
余命時事日記では、「アメリカ大統領が誰になろうが、軍は、戦争準備体制に入った」と書かれておりましたし、ベトナムに深深度魚雷の提供とも有りましたし、1周間で支那国海軍は、全滅とも・・。それでも、支那国の国内事情で、局地戦が始まるのでしょうか?尖閣海域に、ロシアの軍艦まで出没。
この軍事行動は、支那国やロシア国の威嚇なのでしょうね。日本は相当に危険な状態にあるのでしょう。国内テロや暴発・暴動は、発生時期が分かりません。今そこにある危機として、遭遇した時の対処を自分なりに決めるべきですね。私は、逃げます、真っ先に。
国内日常平常運転状態では、憲法遵守・法治が当然でしょうが、国内同時テロ発生・非日常状態が始まれば、法治が及ばなくなるでしょうね。そうならないように、安倍総理チームと余命戦略チームの皆様方が、策を練られていると書かれておりました。目的が、平常運転のまま達成することを祈願しております。そうはならないような気が・・・。

あるけむ
田舎ママ様
あるけむと申します。コメントを拝見しました。
>ヤフーニュースに川崎デモについてこんなの載ってました。
ヤフーニュースは独自記事はほとんど無いので、記事の提供元・著者を確認することが重要です。
引用元は「ヘイトスピーチの”本体”  差別デモの「温床」とは?」だと思います。記事提供は、KKベストセラーズ社の雑誌「BEST TIME」のようですね。著者は「文/古谷 経衡」とあります。
個人的には、「古谷経衡氏は胡散臭い」と感じていますが、これ以上のコメントは控えます。
追伸)
ヤフーニュースに限らず、大手プロバイダのニュース記事は、ほとんど独自記事は無いので、立ち位置を考えるには提供元を確認するほうが良いと考えます。

おかちゃん
お疲れ様です。
やはり左翼はヘイトスピーチ規制法を過大解釈して利用してきてますねぇ。懸案はしていましたが。
選挙が近づいていますが、今日の自民党の桝添へのぬるすぎる追求を見ていて、これは対応を誤れば参院選に響いてしまうのでは、と心配になるものでした。
裏では次こそ都知事にふさわしい人間を用意して桝添を辞任させてほしいと願います。
もし自民がまともな候補者をたてられなかったり、候補者自体を用意できないと宇都宮みたいなのが知事になってしまいますからね。
なんにせよ、桝添への対応を自民は誤らないようにしないといけないと思います。

まかろん
ヨシフ話で、思い出しです
一昨年春、上野公園口で大規模に行われた拉致被害者を救う会の活動、横田夫妻がいらっしゃるので、いくつものマスゴミも来ました
私達はコンビニお握り二個とペットボトルお茶を貰い、道路端に座り込んで、お握りを急いで食べ、また募金と署名のお願いを続けました
ふと気づくと目の前にヨシフがチラシ配りしてました
心なしか皆避けてるような…邪魔してんじゃね?(心の声)
私が同じ活動を何度かした人に「何でアイツが来たの」と言うと「来るもの拒わず、一応議員だから(笑)利用するんだよ」
逆効果じゃないの?と思いましたが口にはしませんでした(大人だから)

ああいうのが居るから何時までも拉致問題が解決しない
そりゃそうでしょう
日本が必死になればなるほど、奴等にとっての切札となるのですから
奴等にとっては拉致問題は金の成る木
簡単に解決などするはずがありません…

日本はやり方を間違えてしまったのだと思います
長い間、金で全てを解決しようとしてきた
実際、そうしてきた

安倍首相が今、人道的な解決を求めても、簡単にはいかない訳です…
やっぱり、ヤル事をヤらないともう解決出来ないのかもしれないと考えてしまいます
つまらない事を書いて、申し訳ありません
いつもありがとうございます

けいちん
13日の19時のNHKニュースの文字起こしです。

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月より3ポイント上がって48%、「支持しない」と答えた人は1ポイント下がって35%でした。
NHKは、今月10日から3日間、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。今度の参議院選挙で、選挙権が得られる年齢が18歳に引き下げられることを受け、今回から調査対象も18歳以上の男女に広げ、全国の3076人のうち、65%に当たる1999人から回答を得ました。
それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月より3ポイント上がって48%でした。一方、「支持しない」と答えた人は、1ポイント下がって35%でした。
(中略)
今回の参議院選挙で、与党と野党の議席がどのようになればよいと思うかたずねたところ、「与党の議席が増えたほうがよい」が25%、「野党の議席が増えたほうがよい」が28%、「どちらともいえない」が42%でした。

安倍政権の経済政策「アベノミクス」への評価を聞いたところ、「大いに評価する」が5%、「ある程度評価する」が44%、「あまり評価しない」が33%、「まったく評価しない」が12%でした。

安倍総理大臣が、来年4月の消費税率の10%への引き上げを2年半、再延期する考えを表明したことについて、「大いに評価する」が15%、「ある程度評価する」が43%、「あまり評価しない」が25%、「まったく評価しない」が11%でした。
消費税率の引き上げを再延期することによる、財政再建や社会保障への影響について不安を感じるかどうか尋ねたところ、「大いに不安を感じる」が20%、「ある程度不安を感じる」が53%、「あまり不安を感じない」が18%、「まったく不安を感じない」が3%でした。
今の憲法を改正する必要があると思うか聞いたところ、「改正する必要がある」が26%、「改正する必要はない」が33%、「どちらともいえない」が32%でした。
(後略)

は?????
こんなのウソだろ。笑
一人で観ながら、突っ込まざる負えませんでした。
こう言う胡散臭いデータが出るたびに、本当に信憑性があるのか調べられる方法は無いものだろうかと考えてしまいます。

.....最低20%は操作している。これは経験値である。まあ、信頼できる媒体ではないから、数字は意味がない。(笑い)

C.O
余命3代目様
初代様からずっとブログを読まさせて頂いております。
日本再生の為に、余命本(1.HB.2)を購入し、友人等に読んで貰い、余命本の真実を拡散して頂くようお願いしています。
文才がなくて、上手く書けなく申し訳有りません。
(S県県知事(竹島に関連あり)は同級生なので、余命3年時事日記の情報は知らせております。)日本再生のため、頑張ります。

24応援(@24oueninfo1)
ちぃ への返信
とりあえずの方策ですがブロックすると相手が火病を起こしそうな勢いなら、
ツイッターのHPにログインして相手のアカウントにアクセスしてから「報告」で
スパムなりなんなり報告してミュートするといいと思います。
どれだけ執拗かにもよりますが、これだけで相手のリプは自分には見えなくなります。あとは自分の方の設定ですが、メアドなどは入れていらっしゃらないとは
思いますが、セキュリティーとプライバシーの項目を見直して、トラックされないようにしておいた方がいいと思います。